だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

僕達急行 A列車で行こう

2012-04-08 22:06:45 | 映画(は行)

日本
コメディ/ドラマ/青春

    * * * * * * * *

「家族ゲーム」「間宮兄弟」の森田芳光監督が長年温めてきた企画を自身の
オリジナル脚本で撮り上げたハートウォーミング・コメディ。
本作完成後の2011年12月に急逝した森田芳光監督にとってはこれが遺作となる。
鉄道を愛する2人の青年が、共通の趣味を通じて友情を深め、恋にも仕事にも
マイペースに奮闘していく姿をほのぼのとした心あたたまるタッチで綴る。
主演は「ノルウェイの森」「マイ・バック・ページ」の松山ケンイチと
「ワイルド7」「一命」の瑛太。共演に貫地谷しほり、ピエール瀧。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

大手不動産ディベロッパー“のぞみ地所”の社員、小町圭は、列車に乗り車窓を
眺めながら音楽を聴くのが好きな鉄道マニア。
一方、小さな町工場“コダマ鉄工所”の二代目・小玉健太も無類の鉄道好き。
そんな2人は、ふとしたきっかけで出会い、すぐに打ち解ける。ほどなく小町は
マンションを追い出されたのを機に、コダマ鉄工所の寮に転がり込み、2人は
友情を育んでいく。そんな中、九州支社に転勤になった小町。
交渉が難航していた地元企業の社長が偶然にも鉄道ファンだったことから、
事態を好転させることに成功する。
それとは対照的に、小町も小玉も恋愛のほうは少々苦戦気味で…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

森田芳光監督の遺作となった作品で、観に行こうと思いつつも、仕事だったり、
出かけるのが億劫になったりして、なかなか観に行けなくて延び延びになって
いたが、本日やっと鑑賞。

ほのぼのとしたなかなかに楽しい作品でした。

出張の度に乗る新幹線や初めての路線に乗るとテンションあがったり、
HOゲージやNゲージの鉄道模型があると飽きずにじっと見入ってしまう軽度の
鉄ちゃんなので、これは楽しく観られる作品だった。

登場人物や出てくる組織等が全部特急の名前で統一されていたりと、いろんな
路線の列車が出てくるので、鉄道好きな人なら大いに楽しめる一本だと思う。

好都合な展開でいろいろと突っ込みたくなるところもあるけれど、主演二人の
存在と脇を固めるキャスティングが良くて、最後まで飽きることなく楽しめた。

そういえば甥っ子2人とも凄い鉄道好きで、仕事帰りにおもちゃ屋でトレーン社の
鉄道模型をお土産で買っていくと狂気乱舞してたけど、小学生になって仮面
ライダーやウルトラマンとかヒーロー物に目覚めてしまい、鉄道には全く目もくれ
なくなったのがちょっと悲しい。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5デイズ | トップ | シャーロック・ホームズ シャド... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一時期 (sakurai)
2012-04-09 16:57:53
はまる時がありますよね。
ウチの息子らも一時的に鉄っちゃんになりましたが、すぐに変身方面に行ってしまい、今は完全、ガンオタです。
母は理解できません。。。。
鉄っちゃんは、どっか男性の専売特許って感じもしますよね。その辺のオタク心がうまーーく、いいバランスで描かれていたと思います。
合掌。。
Unknown (yutake☆イヴ)
2012-04-09 19:11:33
TBありがとうございます。

ほのぼのした作品でした。

気分は、すっ飛ばす急行でなく、快速テンポでよかったと思います。
>sakuraiさん (はくじ)
2012-04-09 23:57:00
こんばんは。
コメントありがとうございます。

やっぱ男子は一時期、鉄道にハマりますよね。
私も小さいころは兄弟でプラレールとかに嵌ってましたよ。
そういえばあんまり女性で鉄道好きっていう人は見たことないですね。
私個人としては気楽に楽しく観られる一本でした。
>yutake☆イヴさん (はくじ)
2012-04-10 00:03:21
こんばんは。
コメントありがとうございます。

都合良い展開ながらも、キャスティングがよく、ほのぼのとした内容でなかなかに楽しい
作品でしたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
僕達急行 A列車で行こう (LOVE Cinemas 調布)
昨年11月に急逝した森田芳光監督の遺作。鉄道マニアの2人の青年が趣味を通じて知り合い、恋や仕事にイキイキと生きる姿を描いたコメディードラマ。主演は『ノルウェイの森』、『マイ・バック・ページ』の松山ケンイチと『ワイルド7』、『一命』の瑛太。共演に貫地谷し...
映画『僕達急行 A列車で行こう』 観てきた〜♪ (よくばりアンテナ)
久しぶりにきれいな松ケンを見た♪ 清盛とはうってかわって、サラリーマン姿にちょっとホッとする私(^_^;) 決して私は鉄子じゃないですが、 この映画は鉄道オタクじゃなくても充分楽しめるんじゃな...
僕達急行 A列車で行こう/松山ケンイチ、瑛太 (カノンな日々)
まさかこんなにも早く森田芳光監督の遺作を目にすることになるなんて思いもしませんでした。森田芳光監督は大林宣彦監督と並んでまだ子供だった私に邦画の魅力を教えてくれた大き ...
僕達急行 A列車で行こう (佐藤秀の徒然幻視録)
人も会社も全て鉄ちゃん化映画 公式サイト。昨年末急死した森田芳光監督の遺作。松山ケンイチ、瑛太、松坂慶子、貫地谷しほり、笹野高史、西岡徳馬、ピエール瀧、伊武雅刀、村川 ...
『僕達急行 A列車で行こう』 (beatitude)
のぞみ地所の社員、小町圭(松山ケンイチ)とコダマ鉄工所の二代目、小玉健太(瑛太)は、ともに鉄道を愛する者同士。ふとしたきっかけで出会った2人は、すぐに仲良くなる。住まいにも、鉄道が見える景色“トレインビュー”を追求する小町は、コダマ鉄....
映画 「僕達急行 A列車で行こう」  (ようこそMr.G)
映画 「僕達急行 A列車で行こう」
『僕達急行 -A列車で行こう-』 2012年3月22日 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『僕達急行 -A列車で行こう-』 を試写会で鑑賞しました。 言わずと知れていますが、森田監督の遺作となってしまいました。。。 前作の『武士の家計簿』は良い映画でした。 その前は・・・『家族ゲーム』でしょうか? もうウン十年前の話です。 間空きすぎだろって突...
「僕達急行-A列車で行こう-」鉄道を通じて触れ合った鉄道マニアたちの友情と共有 (オールマイティにコメンテート)
「僕達急行-A列車で行こう-」は鉄道好きの青年が鉄道を通じて知り合い、趣味の鉄道を通じて仕事や恋愛模様が描かれた鉄道マニアストーリーである。昨年12月に亡くなった森田芳光監 ...
僕達急行 A列車で行こう (いい加減社長の映画日記)
森田芳光監督の遺作・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 小町圭は大手企業のぞみ地所の営業マン。 車窓から景色を眺めながら音楽を聴くのが至福の時。 一方、小さな町工場コダマ鉄工所の跡取り・小玉健太も無類の鉄道好き。 そんな二人が知り合って意気投合。...
僕達特急 A列車で行こう (こみち)
JUGEMテーマ:邦画      ◆ 森田芳光監督の遺作    京浜急行やJRの車庫近辺の映像は、懐かしさを   感じますね。そして、鶴見線。ホームの横が海なのは   初めて行ったときに...
「僕達急行 A列車で行こう」ニコニコ映画 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ヲタでもいい、イケメンであれば。 ヲタでもいい、優しい青年に育ってくれれば。
僕達急行 A列車で行こう(’12)−追悼・森田芳光監督ー (Something Impressive(KYOKO?))
先週8日、神保町の日本教育会館一ツ橋ホールで、今月24日公開の森田芳光監督の遺作「僕達急行 A列車で行こう」の試写会、「マリリン 7日間の恋」と連日になったのですが、これも都合合ったので母と見てきました。結構広いホールが満杯状態。 森田監督追悼としては...
僕達急行 A列車で行こう (花ごよみ)
主演は 松山ケンイチと瑛太、 二人は鉄道マニアの青年を演じています。 貫地谷しほり、村川絵梨、ピエール瀧、 笹野高史、伊武雅刀、西岡徳馬、松坂慶子等が共演。 監督は 森田芳光。 森田監督は2011年12月に他界されました。 もうこれから監督の、 映画はないんだと....
僕達急行 A列車で行こう (to Heart)
ココから 世界のどこだって行ける!! 恋と仕事と好きなコト――森田芳光監督からのラストエール 製作年度 2011年 上映時間 117分 脚本:監督 森田芳光 音楽 大島ミチル 出演 松山ケンイチ/瑛太/貫地谷しほり/ピエール瀧/村川絵梨/星野知子/伊東ゆかり/松平千里/伊武雅刀/...
僕達急行 (映画的・絵画的・音楽的)
 『僕達急行 A列車で行こう』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)この映画は、見終わった後の観客の気分をできるだけ楽しくしようと意図したものでしょう、すべてのことがうまくいくように筋立てされています。   登場人物の名前の付け方から始まって(注1)、彼らが抱え....
僕達急行 A列車で行こう (あーうぃ だにぇっと)
僕達急行 A列車で行こう@有楽町朝日ホール
僕達急行 A列車で行こう (KATHURA WEST)
かって《鉄ちゃん》だった僕には、これは嬉しい作品です。これぞ《適温適湿敵風》と心地よく感じ、それにしても《絶妙に中途半端な作品やなァ》とにんまりと愉しむ。現代的話題を扱っているんですが、これまた《絶妙に古風な感覚》も味わせてくれます。《昭和サラリーマ...
僕達急行 A列車で行こう (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
全国規模の不動産会社に勤務する小町と下町の鉄工所の跡取り息子の小玉。"鉄っちゃん"な2人は、ある時、ローカルな路線の車両の中で出会い、その後、東京で再会します。配管の欠陥の修理のため住んでいたアパートを出なければならなくなった小町は、小玉の鉄工...
劇場鑑賞「僕達急行 A列車で行こう」 (日々“是”精進! ver.A)
電車旅って、いいね… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203240004/ 僕達急行 A列車で行こう (集英社文庫) 長尾 徳子 集英社 2012-02-17 売り上げランキング : 41502 Amazonで詳しく見る ...
鉄道愛。『僕達急行 A列車で行こう』 (水曜日のシネマ日記)
森田芳光監督の遺作となった作品。鉄道マニアたちの物語です。
『僕達急行 A列車で行こう』 間違われないためのルールとは? (映画のブログ)
 どこの誰かは知らないけれど、よく見かける人はいるものだ。  通勤電車で乗り合わせる人などその典型だろうが、私の場合は特定の映画館で同じ人を見かけることがある。なかでも珍しいのが中年男性の二人連...
『僕達急行 A列車で行こう』 (こねたみっくす)
まさに「鉄道バカ日誌」じゃなイカ!趣味仲間に社長がいて仕事がうまくいく。趣味を通して見ると結構狭い人間関係。そして趣味に興じてのんびりしていても無問題。 故・森田芳光 ...
『僕達急行 A列車で行こう』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「僕達急行 A列車で行こう」□監督・脚本 森田芳光□キャスト 松山ケンイチ、瑛太、貫地谷しほり、村川絵梨、ピエール瀧、       星野知子、伊東ゆかり、笹野高史、伊武雅刀、西岡徳馬、松坂慶子■鑑賞日 3月24日(土)■劇...
僕達急行 A列車で行こう (だめ男のだめブログ)
「僕達急行 A列車で行こう」 監督 森田芳光 出演 松山ケンイチ(小町圭) 瑛太(小玉健太) 貫地谷しほり(相馬あずさ) ピエール瀧(筑紫雅也) 村川絵梨(日向みどり) 星野知子(日向いなほ) 伊東ゆかり(大空ふらの) ...
僕達急行 A列車で行こう (迷宮映画館)
追悼です。
映画『僕達急行-A列車で行こう-』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
魅力的な主役のおふたりに加え ピエール滝さんも出ていらっしゃる! さらに、森田監督からの「ラストエール」という事で 公開
映画『僕達急行 A列車で行こう』★快速ペースで気持ち良く進行\(^o^)/〜雑感です。 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/155598/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。     『 A列車で行こう 』はジャズナンバーにもありますが 九州を走る急行の名前だそうで...
「僕達急行 A列車で行こう」 ライフスタイルは人それぞれ (はらやんの映画徒然草)
森田芳光監督の遺作となってしまった作品です。 全編ほのぼのとした雰囲気が漂ってい
映画・僕達急行 A列車で行こう (読書と映画とガーデニング)
2012年 日本 昨年急逝された森田芳光監督の遺作です 主人公は鉄道が大好きな二人の若者鉄道は好きだけれど、オタクとか熱中人とかまではいかないそんな自分にも十分楽しめる映画でした 大手不動産会社、のぞみ地所東京本社勤務の小町(松山ケンイチ)は好きな音楽を...
僕達急行 A列車で行こう (りらの感想日記♪)
【僕達急行 A列車で行こう】 ★★★☆ 映画(17) ストーリー 大手不動産ディベロッパー“のぞみ地所”の社員、小町圭(松山 ケンイチ)は、
「僕達急行 A列車で行こう」:わざとご都合主義でベタ (大江戸時夫の東京温度)
映画『僕達急行 A列車で行こう』は、森田芳光の遺作となったわけですが、鉄道ファン
想い出の森田芳光&『僕達急行 A列車で行こう』 (ラムの大通り)
「森田芳光監督が亡くなって、 はや一週間が経とうとしている。 最初にこの訃報に接したのはツイッターだった。 そのツイートをした本人も疑問符の形で書いていたため、 すぐさまウイキペディアにて確認。 だが、にわかには信じられない。 それはそうだろう? つい最近、....
僕達急行 A列車で行こう (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】草食系男子の鉄オタが友だちになって、
映画「僕達急行 A列車で行こう」 (FREE TIME)
4月1日の日曜日にファーストデーを利用して映画「僕達急行 A列車で行こう」を鑑賞しました。
□『僕達急行 -A列車で行こう-』□ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2011年:日本映画、森田芳光監督&脚本、松山ケンイチ、瑛太、貫地谷しほり、村川絵梨、 ピエール瀧、星野知子、伊東ゆかり、笹野高史、伊武雅刀、西岡徳馬、松坂慶子出演。
「僕達急行 A列車で行こう」 (ゆっくり歩こ。)
「間宮兄弟」 好きなので、勝手にそんな感じかな〜 なんて想像しちゃってました うーーーーーーーん、 ・・・・・・・・ これは演技、作り過ぎなんでは?  松山ケンイチと瑛太はまぁ・・ 何とか許せるとして、 女子の演技が・・・ (あずさとみどり) 2人とも...
映画「僕達急行 A列車で行こう」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「僕達急行 A列車で行こう」観に行ってきました。松山ケンイチと瑛太が演じる鉄道マニアの2人が、ふとしたきっかけから出会い意気投合し、仕事に恋愛に精一杯生きる様を描い...
僕達急行 A列車で行こう (とりあえず、コメントです)
森田芳光監督が松山ケンイチ&瑛太主演を迎えて創り上げたコミカルなドラマです。 二人が楽しそうに並んでいる写真を観た時から、すごく観たいなと思っていました。 予想以上に軽快に笑えてとても楽しい気分になれる作品でした(^^)
「僕達急行 A列車で行こう」 (みんなシネマいいのに!)
 鉄道マニアの青年2人が趣味を通して知り合い、恋愛や仕事に大奮闘! 計らずとも2
僕達急行 A列車で行こう      評価★★★★90点 (パピとママ映画のblog)
「うさぎドロップ」の松山ケンイチと「ワイルド7」の瑛太が鉄道マニアに扮し、恋に仕事に奮闘する姿を描いたコメディ。九州ロケを敢行し、合計20路線80モデルにもおよぶ車両の登場が鉄道映画らしいこだわり。共演は「パレード」の貫地谷しほり、「ALWAYS 三丁目の夕日&#0...
僕達急行 A列車で行こう (映画尻エリカ)
『僕達急行 A列車で行こう』 (2011・日本・1h57) 監督・脚本 : 森田芳光 出演 : 松山ケンイチ、瑛太、貫地谷しほり、ピエール瀧、笹野高史、松坂慶子 鉄道好きの青年二人は、それぞれの進む道をそれぞれのペースで歩いてゆく。 独特なコメディ。その独...
「僕達急行 A列車で行こう」 (古今東西座)
昨年の暮れ、森田芳光監督の訃報を耳にした時、あまりにも突然の出来事に驚く一方、実感が沸かず「悲しい」気持ちになれなかった。何しろ途切れることなく作品を精力的に撮り続けていた印象の森田監督。病気で久しく作品が途絶えていたなら訃報も受け入れられたのかもしれ...
僕達急行 A列車で行こう (Diarydiary! )
《僕達急行 A列車で行こう》 2011年 日本映画 鉄道をこよなく愛する小町と小
「僕達急行 A列車で行こう」 (てんびんthe LIFE)
「僕達急行 A列車で行こう」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 2012-036 森田芳光監督の遺作となってしまったこの作品。 苦手な瑛太ではあるけど、W主演の片割れは松ケンなのでクランクインの段階から見ようと思ってた作品。 思った以上のヲタク作品で、苦手な人にはも...
「僕たち急行 A列車で行こう」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
森田芳光って、いろいろなタイプの映画を撮っているけど、こういう軽いタッチの映画が本来の彼の持ち味なんじゃないのか。 ひょうひょうとしていて、どこか脱力系の憎めないコメディ。 デビュー作の「の・ようなもの」がすでにそうだったし、最近でいえば「間宮兄弟」が...
僕達急行 A列車で行こう (愛猫レオンとシネマな毎日)
「家族ゲーム」「失楽園」「間宮兄弟」「椿三十郎」「武士の家計簿」 まだまだ数えきれない程の映画をこの世に残してくれた森田芳光監督。 コメディからミステリーまで、これ程いろんなジャンルの映画を 作れる方は、いないんじゃないかと思います。 ワタシ的には、監督...
僕達急行 A列車で行こう (がらくた新館)
森田芳光監督の遺作となってしまった、鉄道ファン讃歌です。 なんか画面に自分がいる