だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

のぼうの城

2012-11-08 00:01:00 | 映画(な行)

日本
時代劇/アクション

    * * * * * * * *

一大ベストセラー『のぼうの城』の元になった和田竜のオリジナル脚本を、
「ジョゼと虎と魚たち」「ゼロの焦点」の犬童一心と「ローレライ」「日本
沈没」の樋口真嗣の共同監督で映画化したエンタテインメント時代劇大作。
天下統一目前の秀吉が唯一落とせなかった城として知られる“忍城(おし
じょう)”の史実を基に、2万の豊臣軍に対しわずが500の兵で抵抗した果敢
な籠城戦の行方を、領民から“のぼう様”と慕われた城代・成田長親はじめ
個性豊かなキャラクターが織りなす奇想天外なストーリーと迫力の合戦シーン
で描き出す。
主演は「陰陽師」の野村萬斎、共演に榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地
雄輔、山田孝之、市村正親、佐藤浩市。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

天下統一を目前にした豊臣秀吉は、最後の敵となった北条勢への総攻撃に乗り
出す。包囲された小田原城を残し、支城が次々と陥落していく中、周囲を湖に
囲まれ“浮き城”の異名を持つ“忍城”にも危機が迫る。ところが、小田原城
の援軍に向かった城主・成田氏長に代わって城を任された従弟の長親は、
のんびり屋で何を考えているか分からず、武将としての器も到底あるようには
見えなかった。しかしなぜか領民からは慕われ、“でくのぼう”が由来の
“のぼう様”という嘲笑と親しみが入り交じるアダ名で呼ばれていた。
そんな長親に対し、秀吉の命を受けた石田三成が総勢2万の大軍を率いて開城
を迫ってきた。忍城に残る500の軍勢では太刀打ちできるわけもなく、長親に
秘かな想いを寄せる城主の娘・甲斐姫や、長親の幼なじみで歴戦の猛者・丹波
はじめ、誰もが開城を受け入れるものと思っていたが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

本作が映画化されるとニュースで知って以来、公開が待ち遠しくて仕方なかった
作品。もちろん忍城の戦いのことは知っていたし、原作も既読済み。

大変面白かった。キャスティングの勝利。

武芸はてんでダメで飄々とした感じの“のぼう様”こと成田長親に野村萬斎を
持ってきたのが大きい。彼以外で適役はいないんじゃないかと思える程。

それと最初はミスキャストかなって思ってた上地雄輔の石田三成が思ってた
以上に良かった。もうちょっと横柄なイメージの三成でもよかったような気も
したけど。
他にも山田孝之の大谷吉継、佐藤浩市の正木丹波など周りを固めるキャスト陣も
良かった。

石田三成が本陣を置いた丸墓山古墳から忍城を望むCGシーンは圧巻で
大いに見応えあった。

北海道の忍城を再現したオープンセットを使った合戦シーンも見応えあったし、
あっというまの2時間半で、個人的には大いに楽しめる戦国エンタテイメント
時代劇だった。

ただ個人的に、ちょっと細かい所で気になったのが何点かあった。
・水攻めのシーンが盛り過ぎじゃね?
 あんな津波のようにはさすがに襲ってこないでしょ。

・備中高松城攻めの時の高松城のCGの出来がイマイチだった。

・備中高松城攻めの時点では長束正家は羽柴秀吉の家臣ではなく、
 丹羽長秀の家臣だったはず。

・何人か時代劇っぽくない台詞まわしに違和感を感じた。

でもエンタテイメント作品としては全然許容範囲内だし面白くて楽しめたので
問題なし!


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パラノーマル・アクティビティ4 | トップ | 伏 鉄砲娘の捕物帳 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長束の (sakurai)
2012-11-09 09:10:02
いやらしさ、ピッタリでした。
のぼう様!じゃなくて、萬斎様!過ぎたのが、難点であり、見どころであるという。
水攻めはあんなに急には来ないですよね。
じわじわじわじわ・・・だろうと。
>sakuraiさん (はくじ)
2012-11-12 01:43:47
こんばんは。
コメントありがとうございます。

萬斎様!感が過ぎたのかもしれませんが、彼ののぼう
様を観てしまうと、彼以外でのぼう様の適役者が思い
つかないです。

水責めシーン、盛らずにじわじわじわっていう演出に
しとけば公開延期なんてなかっただろうに・・・って
思ってしまいました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
のぼうの城  監督/犬童一心&樋口真嗣  (西京極 紫の館)
【出演】  野村 萬斎  榮倉 奈々  上地 雄輔  佐藤 浩市 【ストーリー】 天下統一目前の豊臣秀吉が、北条勢を攻めようとしている頃。周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々が平穏に暮らす武州・忍城には、領民から“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人...
のぼうの城 (映画情報良いとこ撮り!)
のぼうの城 浮城と呼ばれる城に、のぼう様と呼ばれる成田長親が居た。 のぼうとは、どうやらでくのぼうと言う意味らしい。 彼は、人気だけは、抜群だった。 そんな城に2万の軍勢を従えた石田三成がやって来た。 成田長親は、わずか500名の兵で、応戦するこ...
劇場鑑賞「のぼうの城」 (日々“是”精進! ver.F)
でくのぼうの、大勝負… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211020003/ のぼうの城 上 (小学館文庫)和田 竜 小学館 2010-10-06売り上げランキング : 19Ama...
『のぼうの城』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は、残る北条氏討伐のため大軍を持って本拠地小田原城を包囲し、その支城にも軍勢を差し向けた。忍城攻略に向かったのは石田三成を総大将とする二万の兵、対する忍城に立て篭もるのは僅か五百・・・。 和田竜のベストセラー小説『のぼうの...
映画『のぼうの城』観てきたよ~~\(^^@)/ (よくばりアンテナ)
面白かった~~~!! もう一回観たいと思います! この作品で野村萬斎さん大好きになっちゃったわ~~~(*^。^*) 小説版を読んだのは2年前記事はコチラ その時は知らなかったんだけど、この作...
のぼうの城 (Akira's VOICE)
カタルシスは無いが達成感はある。  
のぼうの城 (花ごよみ)
和田竜作「のぼうの城」を、 犬童一心監督と樋口真嗣監督で映画化。 実在した武将・成田長親を描く。 主演の成田長親(のぼう様)には野村萬斎。 のぼう様とはでくのぼうの意味で 領民から親しみをもって受けいられている。 和平交渉に向かった長束正家(平岳大)の....
のぼうの城 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
忍城(おしじょう)の水攻めを2万の豊臣軍が行ったが落城できなかった史実をもとにわずか500の兵で戦った様子を描いた物語だ。何よりも見所は、野村萬斎演じる成田長親の型破りな人物像だ。浮城と呼ばれた所以をじっくりと観ることができる。
のぼうの城 (佐藤秀の徒然幻視録)
のぼうの田楽、石田三成の猿楽 公式サイト。犬童一心、樋口真嗣監督、野村萬斎(振付も)、上地雄輔、榮倉奈々、佐藤浩市、成宮寛貴、山口智充、山田孝之、平岳大、前田吟、鈴木保奈 ...
【のぼうの城】人心は水より強し (映画@見取り八段)
のぼうの城        監督: 犬童一心、樋口真嗣    出演: 野村萬斎、榮倉奈々、佐藤浩市、市村正親、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳大、西村雅彦、平泉成、夏八木勲、中原丈雄、鈴木保奈美、前田吟、中尾明慶、尾野真千子、芦田愛菜 公開: 20...
のぼうの城/野村萬斎、榮倉奈々 (カノンな日々)
犬童一心監督の作品としてかなり珍しい感じの大掛かりでスペクタクルな時代劇だなぁと思っていたら樋口真嗣監督との共作だったんですね。戦のシーンなど大スペクタクルなところは ...
のぼうの城 (はるみのひとり言)
試写会で見て来ました。見てから日にちが経つのでちょい記憶が薄れつつあるのですが・・・。天下統一を控えた秀吉さんに降伏する武将が多い中、唯一大軍から城を守った「のぼう様」こと成田長親さんのお話です。歴史物だけど堅苦しくなく楽しんで見れました。いきなりNO.2...
「のぼうの城」みた。 (たいむのひとりごと)
東日本大震災のために公開が延期されていた作品が漸く解禁となった。理由は言うまでもないが、この作品の肝が”水攻め”だったから。天災はもちろんだが、人為的に城下を水没させるなどもってのほかということだ。私
「のぼうの城」 人の力と銭の力 (はらやんの映画徒然草)
和田竜さんの小説「のぼうの城」の映画化作品です。 こちらについては珍しく原作を先
のぼうの城 (映画と本の『たんぽぽ館』)
戦いまする                       * * * * * * * * *  本を先に読んでいて、大好きだったのと、野村萬斎ファンでもありますので、 すぐに見に行きました。 今作はもともと脚本として書かれたもので、 それを小説に書き直し....
「のぼうの城」 (ゆっくり歩こ。)
この映画は予告編を観るたび興味アリ!でした 原作は本屋大賞で話題になってた時、読んでみたいと思いつつ・・・ 歴史モノが苦手なので やめたのを覚えています 石田三成とか・・ 名前はかろうじて知ってる程度 歴史はよくわかんないけれど・・・ 野村萬斎の演...
のぼうの城 (うろうろ日記)
試写会で見ました。舞台挨拶に野村さんと榮倉さんと上地さんがきていました。豪華です
のぼうの城 (うろうろ日記)
試写会で見ました。舞台挨拶に野村さんと榮倉さんと上地さんがきていました。豪華です
のぼうの城 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 野村萬斎なくして本作はあり得ない!それくらい嵌まってた
のぼうの城---感想♪ (★ Shaberiba )
地元埼玉でこんな戦いはあったとはびっくり。学べたことに感謝かな。
のぼうの城 (迷宮映画館)
わかりやすい作りと、半端ない存在感の萬斎さん。
映画「のぼうの城」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「のぼうの城」観に行ってきました。戦国時代末期、豊臣秀吉の配下だった石田光成率いる2万の軍勢に攻められながら、たった500の兵力、避難してきた民百姓を含めても300...
「のぼうの城」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・日本/CIエンタテインメント=アスミック・エース配給:東宝、アスミック・エース 監督:犬童一心、樋口真嗣特撮監督:尾上克郎原作:和田 竜脚本:和田 竜撮影:清久泰延、江原祥二音楽:上野耕路
「のぼうの城」三成の理不尽な要求に戦を選んだでくのぼうの人々を惹き付けて勝利した人心掌握術 (オールマイティにコメンテート)
「のぼうの城」は1590年に豊臣秀吉が北条小田原攻めの時に石田三成が攻めた成田長親守る忍城の攻防戦を描いた実話のストーリーである。天下統一目前の秀吉相手にわずか正規の ...
[映画『のぼうの城』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆秀吉の小田原征伐の時代、北条方についていた支城が一つ、成田家の忍城は、石田三成率いる二万の軍勢を前にして、降伏か戦うかの決断を迫られる。  領民から「でくのぼう」の「のぼう様」と慕われていた成田長親は、暫定的に当主となり、500人の兵での、勝ち目のな...
のぼうの城 (いい加減社長の映画日記)
時代劇は、そんなに好きじゃないんだけど、予告編を観ると、なかなか面白そうだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 天下統一目前の豊臣秀吉は、関東の雄・北条勢を圧倒的軍勢で攻めようとしている頃、周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々....
のぼうの城 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画 JUGEMテーマ:映画館で観た映画     2万人の大軍に500人の兵がどうやって立ち向かったのかが   知りたくて、「のぼうの城」を見ました。   様々な戦略により石田三成率いる豊臣...
のぼうの城 (勝手に映画評)
石田三成による忍城水攻めの史実を元にした映画。 2011年9月17日公開予定であったのですが、同年3月11日の東日本大震災をうけ、その水攻めのシーンが津波を思い起こさせるということから一転公開延期となった後、満を持しての公開です。いや、確かに水のシーンは、津波を...
映画・のぼうの城 (読書と映画とガーデニング)
2011年 日本 和田竜さんによる原作は読んでおらず、映画も鑑賞予定に入れていなかったのですが 口コミ情報での評判は上々、さらに佐藤浩一ファンの主人がどうしても行きたい、と言うので夫婦50割で観てきました 天下統一目前の関白、豊臣秀吉の命により小田原...
のぼうの城 (とりあえず、コメントです)
和田竜の原作を犬童一心&樋口真嗣の二人の監督と、野村萬斎主演で映像化した作品です。 文庫本になった原作を公開まで待ちきれなくて読んでから、観るのをずっと楽しみにして来ました。 迫力の映像と共に、約400年前の世界に引き込まれるような物語が綴られていました。 ...
映画を観た~のぼうの城~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
『のぼうの城』を109シネマズ木場3で観て良し悪し半々ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★ああ榮倉奈々が可愛いなあ。それが大事だよお】    まず、榮倉奈々が可愛い。 多分、この映画だから可愛いというのではなく、 榮倉奈々という生き物自 ...
のぼうの城 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  和田竜のデビュー作であり、第29回城戸賞(2003年)を受賞した脚本『忍ぶの城』が映画化されたわけだが、『のぼうの城』というタイトルで書いた小説が大ベストセラーとなり、直木賞候補にまでなってしまったため、映画のタイトルも『のぼうの城』に変更した
『のぼうの城』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「のぼうの城」□監督 犬童一心□脚本・原作 和田竜□キャスト 野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳 大、       西村雅彦、平泉 成、夏八木 勲、中原丈雄、鈴木保奈美、前田 吟、中尾明慶、  ...
■のぼうの城 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第286回「時間が経過したとはいえ、あのシーンには・・・」 今日の作品もどうしても見たいと思った作品ではありませんでした。その理由としては邦画であることに加え時代劇だということ。何千、何百もある作品の中から研鑽され配給される洋画と違い、邦画には駄作が多...
『のぼうの城』 試写会で鑑賞~ (pure breath★マリーの映画館)
                    豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうがいた。 『のぼうの城』 監督・・・犬童一心/ 樋口真嗣 出演・・・野村萬斎、佐藤浩市、山口智充、成宮寛貴 他    【解説】 戦国末期、豊臣秀吉、石田三成勢の2万人の大軍に屈せ....
『のぼうの城』 (beatitude)
戦国末期。天下統一を目前に控えた豊臣秀吉(市村正親)は、最後の敵、北条家に大群を投じていた。周囲を湖で囲まれ“浮き城”の異名を持ち、人々が平穏に暮らす“忍城”に対し、秀吉は2万の軍勢で落とすよう、寵愛の家臣・石田三成(上...
のぼうの城 / 根っこがしっかりでくのぼう (えんためのぼやき)
基本情報 出演 野村萬斎、佐藤浩市、山口智充、成宮寛貴 監督 犬童一心、樋口真嗣 公開 2012年 あらすじ 天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍...
映画「のぼうの城」 (FREE TIME)
映画「のぼうの城」を鑑賞しました。
のぼうの城 (映画的・絵画的・音楽的)
 『のぼうの城』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作は、1年前に劇場公開される予定だったものが、3.11によって今頃公開の運びとなったものです。  物語の舞台は、およそ400年前、戦国時代末期の忍城(現在は、埼玉県行田市)。  時の関白の豊臣秀吉(...
★のぼうの城(2011)★ (Cinema Collection 2)
この男の奇策、 とんでもないッ! 上映時間 145分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝=アスミック・エース) 初公開年月 2012/11/02 ジャンル 時代劇/アクション 映倫 G 【解説】 一大ベストセラー『のぼうの城』の元になった和田竜の オリジナル脚本を、「....
『のぼうの城』('12初鑑賞89・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 11月3日(土・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 11:15の回を鑑賞。
のぼうの城 (愛猫レオンとシネマな毎日)
豊臣秀吉が天下統一目前にして、唯一落とせなかった城゛忍城゛ 城主、成田長親は領民から゛のぼう様゛と慕われる男。 どんな奇策を使って、2万の豊臣軍に、わずか500人の軍勢で 挑んだのか? コレは面白かった!戦国痛快活劇としてオススメ! 震災の影響で、1年以...
のぼうの城(2012-144) (単館系)
のぼうの城 MOVIX川口 天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には 最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。 その城には領民からでくのぼう...
のぼうの城 (Diarydiary! )
《のぼうの城》 2011年 日本映画 石田 三成率いる大軍が落とせなかった忍城、
《のぼうの城》・・・痛快で愉快な狂言芝居 (Kathura West)
のぼうの城 監督:犬童一心、樋口真嗣 キャスト:野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、夏八木勲、芦田愛菜、市村正親、佐藤浩市、他 2012/日本 オフィシャルサイト 史実にに基づいた物語(フィクション)だということです。歴史男...
のぼうの城 コミカルでキャスティングも変テコで下手すりゃB級になりそうなのに・・・! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=57 -6-】 明日の朝から米子で仕事なので前日入り、岡山から14時5分の特急やくもに乗るはずやったのに倒竹があったようで午前からその列車までが運休となる。 次の15時5分から運転再開となるのだが指定席は取れなかったので、2時間ちょっと立っては辛いしまだまだ時間...
のぼうの城 (いやいやえん)
これ劇場で見たかった作品でした。だって戦国時代でしょ、しかも忍城攻め。原作は弟がもっていたのですが、わざと未読。それでもキャスティングはどうかと思いましたよ、案の定でしたが。 忍(おし)城の攻防戦を描いた作品で、対するは石田三成率いる2万の大軍。史...