だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

ヒトラー暗殺、13分の誤算

2015-10-26 00:01:02 | 映画(は行)

ドイツ
ドラマ/サスペンス

    * * * * * * * *

「ヒトラー ~最期の12日間~」のオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督が、
1939年11月8日にミュンヘンで起きたヒトラー暗殺未遂事件の知られざる真実の
物語に迫るドラマ。
主演は「白いリボン」のクリスティアン・フリーデル、
共演にカタリーナ・シュットラー、ブルクハルト・クラウスナー。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

1939年11月8日、ドイツ。
ミュンヘンのビアホールでは、ヒトラーによる毎年恒例のミュンヘン一揆記念
演説が行われていた。
やがて悪天候のため、ヒトラーは予定より早く演説を切り上げ退席する。
その13分後、会場に仕掛けられた時限爆弾が爆発し、8人の犠牲者を出す。
実行犯として逮捕されたのは、ゲオルク・エルザーという36歳の平凡な家具
職人だった。ヒトラーは、エルザーの背後に何らかの大がかりな組織があると
確信し、秘密警察ゲシュタに徹底した捜査を指示する。
ところが、どんなに過酷な取り調べにも、単独犯との主張を曲げないエルザー
だったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

TOHOの1ヶ月フリーパスポート、4作目はそんなに混んでないだろうなって理由で
本作をチョイスして、『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ』に続いてTOHOシネマズ
なんばで鑑賞。

何か思ってたのと違った。

タイトルからして、主人公がいかにしてナチの目を盗みつつ、準備を進め、
爆破テロを実行しようとしたが、神様の気まぐれなのかちょっとした齟齬が
起きて13分の誤差が生じて失敗して、主人公も非業の死を遂げる的な緊張感
あるサスペンス物かと思ってたんだけど、そんな感じの内容じゃなかった。

始まって早々現場に爆弾をしかけるも失敗して隣国へ逃亡しようとして逮捕
される主人公。えっ!もうテロ実行で失敗なの?早くね?って思ったら
回想シーンが始まり、あっ、回想シーンでどうやって準備していったのか、
ナチス側の人間を欺きながら火薬を集めたりするシーンとかが描かれるんだと
思ったら、最後までそんなシーンはなかった。

ナチスの勢力が徐々に幅を利かせて浸透していく中、女好きな主人公が人妻に
ゾッコンになって寝取ってしまう過程が描かれていて、この主人公には
何ら共感するところがなく、何だかイマイチ。

個人的には主人公のエルザーを英雄として扱うのは納得いかない。
関係ない人間まで多数殺傷しておいてナチスに抵抗した英雄というのはおかしい。
単なるテロリストでしょ。


お薦め度:★★☆☆☆(2/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劇場版 蒼き鋼のアルペジオ ... | トップ | EARTH TO ECHO アース・トゥ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ヒトラー暗殺、13分の誤算 (佐藤秀の徒然幻視録)
泳ぐひとは自由を目指す 公式サイト。ドイツ映画。原題:Elser、英題:13 Minutes。オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督。クリスティアン・フリーデル、カタリーナ・シュットラー、ブルク ...
ヒトラー暗殺、13分の誤算 / Elser (勝手に映画評)
1939年11月8日、ミュンヘンのビアホール「ビュルガーブロイケラー」で発生したヒトラー暗殺事件の首謀者、ゲオルク・エルザーを描いた作品。 ヒトラー暗殺計画は、数多く計画されたのは知っていましたが、このゲオルク・エルザーの事は、不勉強で知りませんでした。でも....
ヒトラー暗殺、13分の誤算 / Elser (勝手に映画評)
1939年11月8日、ミュンヘンのビアホール「ビュルガーブロイケラー」で発生したヒトラー暗殺事件の首謀者、ゲオルク・エルザーを描いた作品。 ヒトラー暗殺計画は、数多く計画されたのは知っていましたが、このゲオルク・エルザーの事は、不勉強で知りませんでした。でも....
ヒトラー暗殺、13分の誤算 (あーうぃ だにぇっと)
ヒトラー暗殺、13分の誤算@ニッショーホール
ヒトラー暗殺、13分の誤算 (映画好きパパの鑑賞日記)
 1939年に起きたヒトラー暗殺未遂を描いた作品ですが、事件そのもののサスペンスというよりも、犯人の家具職人にスポットを与え、なぜ、テロリストでもない普通の市民の彼がこのような事件を起こしたかを掘り起こしています。  作品情報 2015年ドイツ映画 監督:...
ヒトラー暗殺、13分の誤算 (試写会) (風に吹かれて)
もし成功していたら... 公式サイト http://13minutes.gaga.ne.jp10月16日公開 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル  「ヒトラー ~最期の12日間~」 「インベージョン
映画:ヒトラー暗殺、13分の誤算 ELSER   狂気の時代に1人立ち向かおうとした男  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
狂気の時代に突入しつつあった1939年、爆弾によるヒトラー暗殺未遂が発生した。 たった13分、ヒトラーが予定より早く切り上げたことが、不運にもその計画を「未遂」に変えてしまった。 当然ゲシュタポは、多数ある敵国、国内外のレジスタンス組織その他に疑いの...
「ヒトラー暗殺、13分の誤算」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Elser」…aka「13 Minutes」2015 ドイツ 1939年11月8日、ミュンヘン。恒例のミュンヘン一揆記念演説を行っていたアドルフ・ヒトラーは、その日の悪天候によりいつもより早く演説を切り上げる。やがて人々が会場から去った後仕掛けられた時限爆弾が爆発する。それはヒ...
彼がヒトラー暗殺を決意するまで (笑う社会人の生活)
19日のことですが、映画「ヒトラー暗殺、13分の誤算」を鑑賞しました。 1939年11月8日 ミュンヘンでナチス指導者ヒトラーの演説が行われ 演説を予定よりも早く終わらせ退場した その直後、会場が爆破される 逮捕されたのはゲオルグ・エルザーという男だった。ゲシュタポ...
「ヒトラー暗殺、13分の誤算」、家具職人の青年がなぜヒトラーを狙ったのか (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 歴史映画好き ☆☆☆☆ 1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで演説中のアドルフ・ヒトラーを狙って爆弾が仕掛けられたが、あいにく悪天候で、時間が早められ、退席のわずか13分後爆発が起こり、8人が命を落とした。(ヒトラーは生き延びる) ...
ヒトラー暗殺、13分の誤算 (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞ヒトラー暗殺、13分の誤算/ELSER 2015年/ドイツ/114分 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演: クリスティアン・フリーデル/カタリーナ・シュットラー/ブルクハルト・クラウスナー/ヨハン・フォン・ビューロー 公式サイ...
ヒトラー暗殺、13分の誤算★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ヒトラー ~最期の12日間~」のオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督が、1939年11月8日にミュンヘンで起きたヒトラー暗殺未遂事件の知られざる真実の物語に迫るドラマ。主演は「白いリボン」のクリスティアン・フリーデル、共演にカタリーナ・シュットラー、ブルクハル....