一日の終わりに

良性のはずだった右胸のしこりが、検査の結果一転悪性の可能性あり。
わたしって乳がん?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひさしぶり~

2011-10-08 21:40:10 | 術後二年~
今日は、わたしの誕生日。

思いがけず、ちょっと嬉しいことがあった。

2年前、乳がんの手術をすることになって心細かったときに、
声をかけてくれた人がいた。

しばらくは、どうしているのかわからなかったのだけど、
どうやら元気そうだということがわかった。

たまたまそのことを知ったのだけれど、
とてもすてきなプレゼントだった。

ここのこと、これからどうしようかなと思っていた。
術後2年の検査のことをアップしよう、
その結果で、ここをどうするか考えようと思いながら、
放置していた。

放置していた間のことをアップするより先に、
嬉しいことをここに報告♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

節目

2011-08-11 16:42:44 | 術後一年半~
2年前の今日、入院した。
もうすぐ、術後丸2年になる。

そういう昨日、ゾラデックスの注射の日だった。

処方箋や予約表と一緒に、先生からのメモを渡された。

「今回で一応注射が2年間終了になります」と。

術後最初のゾラが9月だっただろうか。
ちょうど2年になる。
これで終わったのか。。。

「2年以上継続することもありますが、
標準は2年投与です」とも。

最近、ゾラの期間が延びていると、
いろんなブログなどで目にしていた。
実際、同じ主治医のブロ友さんも3年目を迎えた。

わたしの気持ち的には、
3年でも5年でもやりましょうよ、というところだ。

前にゾラの期間についてちらっと話が出たときに、
「延びる傾向にある。患者さんと相談して決めている」と言われていた。
だから、そのことを先生に相談するつもりだった。
9月の診察の時に相談すればいいのかななどと、
漠然と思っていた。

が、その9月の診察がなくなった。
昨日から半年後の来年が診察の予約。
今後は6ヶ月ごとになるらしい。

なんだか、もんもんとしてしまう。
夜遅くに帰ってきたオットに、注射が終わったことを言った。
そうすると、
「よかったやん。おめでとう」と言われた。

うん。
そういうとらえ方もあるんだよ。
標準治療で大丈夫だという判断なんだよね。

昨日、パソコンで検索していて、
先生の書き込みを見つけた。
乳がん関係の講演会か何かでのことについて、意見を述べているものだ。
専門家対象の内容なので、わたしには半分しか意味がわからなかった。

意味はわからなかったけど、
先生が懸命に治療に対応しているようすが、そこに見てとれた。
わたしのことも、しっかり考えてくれているだろうと思う。
普段の診察の様子からも、適当に流す人ではないことはわかっている。
もうすぐ3年目が始まる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今更ながらだけど。。。

2011-05-26 23:03:06 | 術後一年半~
立て続けに、人に言われた。

「すーちゃんのことがあったから、
brest-storokeさんは、ショックを受けてるんじゃないかと心配していた」

「すーちゃんのことを何も言わないから、
気にしてるのかなと思っていた」

はいはい、ご心配ありがとう。

乳がんと言っても人それぞれ。
同じじゃないから、経過も違う。

今のところ、わたしは大丈夫だと、
根拠のない自信に支えられてる。

まだ、2年経つか経たないかのわたしです。
そっと、これからも心配していてください。
でも口には出さないで。

最近はどうかな?
元気にしてるかな?
…って、わたしの様子から
そーっと見守っててください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再開

2011-05-26 22:54:22 | 術後一年半~
久しぶりに、ここに来た。
ブログ編集のトップページに、
ブログ開設から708日となっていた。

もう、2年になる。

思い出すことはいっぱいあるけど、
まだまだ過去形にはならない。

と、ここで「再開」とのタイトル。

ゾラとノルバでの治療を始めて、
ホトフラにほとほと参ってしまって、しかたなかった。
なんとか緩和できないかなと、あれこれ探りつつ、
出してもらった加味逍散を飲んでいた。

今年の年明け頃から、
なんとなく、ホトフラを感じなくなっていた。
冬の気温のせいなのか、漢方が効いていたのか。
いつのまにか、加味逍遙散を飲まなくなっていた。
気持ちも落ち着いていった。

そして春が来て、梅雨に入った。
ふとした瞬間に汗が滲む。

ああ、やっぱりホトフラは治ってない。

そう思って、加味逍遙散を再開。

次の診察までに、検査のオーダーが出ている。
PET、マンモ、血液検査。
これらは、術後2年のチェックとなる。
無事、やり過ごしたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011年3月23日 O病院)

2011-03-24 22:45:12 | 術後一年目~
春だというのに、お彼岸が過ぎたというのに、まだまだ寒い診察日だった。

今回も、ダンナは仕事の都合で来られない。
わたし一人での診察。

ずーっと気になっている、指のしびれ、むくみについて尋ねようと思っていた。

術後すぐから、右手人差し指はしびれていた。
その後気にならなくなったと思っていたら、今度は関節が曲げにくくなってきた。
これは、薬の副作用かもしれないと思っていたが、
気づけば、右手人差し指が浮腫んでいるような気がする。

とは言っても、朝起きたときだけ。
マッサージすると、いつの間にかよくなっていた。

それが、昨年の秋頃から、むくみがひどくなってきたように感じていた。
ひどいと言っても、指は曲がるし、関節が関節とわかるくらいのむくみ。
そしてこの1ヶ月ほどの話だが、
朝は必ず、右手3本の指がしびれるようになった。
もちろん、軽くだがむくんでもいる。
でも、手をグーパーグーパーしてると、動きがなめらかになる。

などということを話した。
先生はわたしの両手をとり、じっくりと見る。

「ゾラを打つと、関節が動きにくくなるんですよ。
でもそれだと、両手に症状が出るはずですしね」

「センチネルだけしかしてませんから。
でも、センチネルでもなった人もいますからね」
(えー。それってリンパ浮腫のことでしょー?)

「ゾラもあと5回で終わりですから、様子を見ながら…」

え、え、え~~!。
最初に2年間との話で始まったゾラだが、
最近はいろんなブログで、延長の話を目にする。
そのことを先生に言うと、
「少し前は、患者さんと相談して長くしようという時もありました」と、
過去形のお話。

ああ、そうなんですか。わたしは2年なんですか。
なんか複雑。
ゾラが終わったら、おばちゃんから乙女になっちゃったり???

指のむくみが、もっとひどくならないかが心配だというわたしに、
「少し、様子を見ましょうか。
どうしても気になるなら、整形を受診するか…」と。
いえいえ、そこまで逼迫してませんから。

そのあと、ひとつ質問をしてみた。
「先生。この胸の形は、もうこのままですか?」
術後すぐに、「もう少し形が変わりますよ」と言われたのがショックだった。
1年7ヶ月経って、まだまだ変形するのか知りたかったから。

「今、横に1本、引きつれみたいになっていますね。
これがもう少しきつくなるかもしれません。
放射線をしていないので、このあたり(下のライン)はあまり変わらないと思います」

忙しいのに、たくさんの人がまだ待ってるのに、
こんな質問に、ちゃんとつきあってくれてありがとうです。
わたしにとっては、とっても大事な質問なんです。これでも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加