海外のバイナリーオプションのリスクを考えてみよう。

海外のバイナリーオプションを利用するにあたって考えられるリスクをまとめてみました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海外のバイナリーオプションのリスクについて。

2014-11-27 17:44:34 | バイナリーオプション 海外 リスク
日本のバイナリーオプション

日本のバイナリーオプションのリスクについてまずは説明しましょう。

日本のバイナリーオプションは、特定の商品を定められた期日内に定められた価格で売買を行う取引です。
現在の日本のバイナリーオプションでは、ラダーオプションと言って取引開始時に7本の権利行使価格を設定し、利用者が選択した権利行使価格よりも「上昇するか」「下降するか」を予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引が主流化しています。

取引時の保有可能ロット数には上限が設定され、損失限度額の設定も行われています。
ペイアウト金額は、1ロット当たり1.000円固定とされている業者が多いのが現状です。それぞれの業者で取引停止条件が設定されおり、その条件に該当した場合は取引が取り消されるリスクもあります。

国内バイナリーオプションの取引方法はある程度シンプルなものではありますが、利用者の利益は確実では無いリスクがあります。予期せぬ損失の可能性のリスクがある事をご理解ください。

また、国内バイナリーオプション取引では信託保全が適用されており、利用者の資産はバイナリーオプション運営会社とは別に提携先の銀行に保管されるため取引を行う証券会社が万が一倒産した場合でも預けている資産の保障がありますので、その点では海外のバイナリーオプションと違って安心できます。

現在は、国内のバイナリーオプションでは新規口座開設者に限って、口座開設前に「知識確認テスト」が存在します。その知識確認テストに合格しなければ新規口座開設を行う事が出来ないのでご注意ください。



それでは、海外のバイナリーオプションにはどのような特徴があるのでしょうか?また、どのようなリスクがあるのでしょうか?

海外のバイナリーオプションについて

海外のバイナリオーオプションは「国内規制の適用」がなく、従来のハイロウ取引が利用可能となっております。これが海外のバイナリーオプションの魅力の一つです。
取引時間には、10分、5分、3分、1分など、短い時間での取引が可能になっております。取引の種類にも、ハイロウ、ワンタッチ、レンジなど、シンプルで豊富な取引方法が利用可能です。

口座開設時のテストは無く、中にはメールアドレスの登録が完了時点で口座開設完了となる業者もあります。非常に簡単です。入金額や取引金額は、業者ごとで違いますので、業者ごとの詳細情報でお確かめください。
海外のバイナリーオプションでは、クレジットカード、銀行送金、電子マネーでの入金作業ができ、利便性も高い事から国内からの利用者が非常に多いです。
しかし、海外バイナリーオプションは取引時に申込める金額の設定が高いゆえに、リスクも高いとされています。損益が大きくなるリスクや、信託保全の適用が無い為に取引側の会社が倒産した際の資産の保障がないリスクなどがあります。
出金時の手数料も国内に比べると高く、出金にかかる時間も長い業者も多い事実があります。税金の申請なども、国内業者を利用している際の申告と海外業者での申告方法には違いがあるので、税金の申告の際には注意して正しい申告方法に沿った申告を行う事が求められます。

 

→オススメの海外のバイナリーオプションはココ!(信頼度No.1)

 

↓こちらのバナーからもどうぞ↓

▼信頼度No.1の業者▼
binary60(バイナリー60)
出金渋りなし!
日本人向けの安全・安心をモットーに運営している海外バイナリー業者!
▶サイトを見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加