トピックス 株式会社アート科学
アート科学の新製品のご紹介をはじめ多岐に渡り綴っていこうと思います。
 



 従来よりご好評いただいていますpH、電気伝導度など6項目までの同時測定が可能な多項目水質計WQC-30がモデルチェンジし発売となります。

 河川や湖沼などの環境測定から工場排水などの水質管理まで様々な分野でご活用いただけるポータブルタイプの装置です。

 旧製品に比べ、濁度の低濃度測定や連続測定70時間の省電力モデル(測定項目により変更あり)となり、オプションでDO測定も可能となっております。

 ぜひこの機会にご検討いただけますようお願いします。

 詳細は、http://www.artkagaku.co.jp/pdf/WQC30.pdf

 お問い合わせは、弊社営業(電話029-270-5501、info@artkagaku.co.jp)まで。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 早いもので12月に入り、今年度も残りわずかとなりました。各メーカーも年度末に向けキャンペーンを出してくる時期です。
 弊社取扱メーカーでも続々案内が来ており下記東亜DKKにおいてもpH計更新キャンペーンとして製品保証を3年間に延ばした特典をつけています。是非この機会に更新の検討をしてみてはいかがでしょうか?

 キャンペーン詳細は、http://www.artkagaku.co.jp/pdf/P30.pdf

 お問い合わせは、弊社営業(電話029-270-5501、info@artkagaku.co.jp)まで



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 弊社取扱メーカーのメトラー社からこの度、ご好評いただいています融点測定装置にあらたなライナップが発売開始となりました。今回のモデルは「融点・曇点・沸点・上昇融点」の測定が可能となっており、製薬・化粧品業界の方には融点測定の自動化が行えます。また、カラービデオ録画、大容量の結果保存などご使用者の立場に立った使いやすいものとなっています。是非この機会に、ご検討いただけないでしょうか?
 
 詳細は、http://www.artkagaku.co.jp/pdf/MP80.pdf

 お問い合わせは、弊社営業(電話029-270-5501、info@artkagaku.co.jp)まで。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 この度、東亜DKKより新型pH計及びORP計が発売開始となりました。

1)パネル型pH調節計HBM-100B/パネル型ORP計HBM-102B
 http://www.artkagaku.co.jp/pdf/hbm100b_102b.pdf

2)現場設置型pH計HBM-160B/現場設置型ORP計HBM-162B
 http://www.artkagaku.co.jp/pdf/hbm160b_162b.pdf

現場設置のタイプをご検討の際は選択の一つにぜひ加えてください。

 本機の特長は以下となります。
・LEDバックライト付きの液晶表示器。
・電極特性の良否を自動判断しメッセージを表示(標準液校正時)。
・CEマーキング適合

 11月に開催されます「計測展2016 OSAKA」にも、本機の出展を予定しておりますので、是非ご来場賜りたくお願い申し上げます。
 また、当面は旧製品でありますHBM-100A/HBM-102AならびにHBM-160/HBM-162型につきましても併売とさせていただきます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 弊社では、世界でも有名なメトラー社の天秤の取り扱いをしています。
 そのメトラー社でミクロ天秤がモデルチェンジしました。新規導入及び更新の際の検討に含めてみてはいかがでしょうか?

(XPRシリーズ特長)
1)クラス最小レベルの設置面積のコンパクト設計
2)天びん内部の温度を安定させるアクティブ温度コントロールシステム
3)スマートフォン感覚で操作できる大型タッチパネルを採用したメインターミナル
4)天びん本体に設置された基本操作ができる2つ目のディスプレイ、SmartViewターミナル
5)計量結果のトレーサビリティを保証する公差プロファイル
6)日常の品質管理を行うGWP準拠機能および変更履歴管理

製品ページ詳細は、
http://www.mt.com/jp/ja/home/products/Laboratory_Weighing_Solutions/Micro_Ultra_Balances/XPR_MicroBalance.html      

 お問い合わせは、弊社営業(電話029-270-5501、info@artkagaku.co.jp)まで。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ