花火、ときどき牛

花火について、またときどき牛について

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

[5] おだてられ妄想ふくらむ 【牛】

2017-04-03 | 日記




こっちがブレーキで、こっちがアクセルか。

十数年ぶりに握ったハンドルに脳はフル回転で、
いちいち頭のなかで言い聞かせながら、足に指示を出していた。

ペーパードライバー講習でのことである。

教習所のなかで1時間。
そこで問題なしと判断されれば、外に出て一般道を1時間。
というのが、そこの教習所のペーパードライバー講習の内容だった。

教習官は、定年まであと数年という感じのおじさんで、
とりあえずほめておくことをポリシーにしているようだった。

教習所内の最難関、S字カーブを時速20キロでを通りぬけたときも、
「うまいなぁ。自分、ええスジしてるで」と、褒めてもらえた。

「ほんまは1時間、中で乗らなあかんねんけど、大丈夫そうやな。
 ちょっと、外でてみよか」

と言われ、教習所の門を出た。
唐突に、外の世界が広がっていた。

「うまいうまい。これならどこでも走れるで」

カーブをひとつ曲がるたびにおだてられながら、
武庫川沿いにしばらく走っていると、「空港」の標識が見えてきた。
伊丹空港を離陸したばかりの飛行機が、大きく弧を描き、フロントガラスの端を横切っていった。

新潟へと飛び、闘牛場をめざして車を運転する自分が頭に浮かんだ。


「このまま、高速、乗ってもいいですか?」

「お、おぅ…」

教習官が、声にならない声を出した。

 

*******************************
銀のステッキ旅行
〒665-0035 兵庫県宝塚市逆瀬川1-1-46
TEL 0797-91-2260(平日9:00~17:00)
■銀のステッキは会員制の「旅サロン」を主催しています。
■公式ホームページ:http://www.gin-st.com 
*********************************

『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [4] 何はなくとも「足」がい... | トップ | [6] 0より1より2が好きだ ... »