家と人、自分や仕事について

仕事で訪れる各地のこと、家のこと、自分の考え方など、出来る限り発信して行くつもりです。

ヨーロッパ視察

2016年11月27日 | 建築について


ドイツのハウスメーカーを視察したあと、イタリアのボォルツァーノで木材メーカーを視察しました。

これからフランスに向かいます。

いずれ詳しくご紹介したいと思いますが、とにかくタイトスケジュールです。

それでも街並みに紀元前が含まれた景色は、それだけでパワースポットです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホテルの蛇口について

2016年11月17日 | 建築について


一年のうち200日近くは出張先のホテルに泊まります。
なので、泊まるホテルにはそれなりにこだわりがあります。
こだわりの一つをご紹介すると、写真のような水回りが100点ですね。

シャワーにサーモが付いているので温度調整が楽、手洗いの方はお湯、水が別なので余計なお湯を使わないので環境に優しいです。

手洗いもワンレバー、またはサーモ付きの方が使う側は便利に思うのですが、ホテルはボイラーから蛇口までの距離が長いので、わずかな時間しか温水を出さない場合、ほとんどのお湯は配管内で無駄になっています。なので、お湯水別の方がエコということになります。

使い勝手が良くてエコ、こんな蛇口のホテルに泊まると得した気分になります。

マニアックな報告でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

省エネ対策講習会

2016年11月15日 | 建築について


新潟会場に新潟県立大の坂口先生をお招きして、省エネ対策講習会を行っています。

今日で10ヶ所目ですが、私とタキロン磯永さんのお話し以外は会場毎にお招きしている先生がほぼ違うので、お客様よりも私達の方が勉強になっている様で恐縮です。

残りは6ヶ所、勉強しながら情報発信もしっかりして行きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蕎麦そばソバ

2016年11月15日 | 地域ネタ




山形で板そば、長野で信州そば、新潟でへぎ蕎麦がなかったのでとり蕎麦、3日で制覇しました。

幸せです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三大車窓

2016年11月14日 | 地域ネタ


特急しなのからの車窓は三大車窓となっている様ですね。
今日の天気と私の写真がイマイチですが、棚田から広がる景色は良いですね〜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有料コンセント

2016年11月14日 | 地域ネタ


長野県の松本市で省エネ対策講習会を開催しています。

私の出番までの間にスマホを充電しようと思ってコンセントを見てみたら、有料‥‥。

お幾らなのかとても気になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メディアリテラシー

2016年07月15日 | 考え方

世の中には、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などにインターネットも加わって、とにかく情報が氾濫しています。

氾濫する情報の中から本質を見極める力を「メディアリテラシー」と言うそうです。

ヨーロッパでは子供の頃からメディアリテラシーの教育があるらしく、日本は遅れている状況とのこと。

あるアンケートで、新聞に書いてある情報を信じますか?と聞くと、日本人はほぼ信じる、ヨーロッパでは半分以上の人が信じないと答えるようです。

「情報は曖昧だ。鵜呑みにしてはいけない。」という教育が行き届いているようですね。

日本人は少々怖い状況で、新聞、テレビはもちろん、誰が書いたかわからないインターネットの口コミ情報なども信じてしまう傾向があります。

情報はできるだけたくさん、違う角度のものを仕入れて、より重要な物事であれば自ら取材をして、しっかりと本質を見極めることが大切ですね。

インターネットで見た情報を即座に発信して、枝葉がついて広がって、とんでもない情報として広がっていることが良くあります。

公的なメディアとして認知されているNHKでさえも誤報を流すことがあります。

誤報に国民が気付き、バッシングが起きると訂正、場合によっては謝罪をするのですが、気付かずにいるとそのまま放置されることがほとんどです。

テレビであれば視聴率、新聞雑誌であれば売上が重要になるので、情報が偏るのはある程度仕方がないと理解して「また大げさな報道しているな~」「随分偏ったことを言ってるぞ・・・」「このメディア酷過ぎる!」としっかり気づいて監視できれば、報道のされ方はもっと変わっていくのではと思っています。

マスコミが一斉に同一のことを報道すると、それを鵜呑みにした国民ほとんどが袋叩きのように一個人を袋叩きにする、そんな魔女狩りのようなことがここ最近続いています。

あまり愉快なことではないです。

情報は情報でしかないと割り切って、真実は別にあると疑ってかかることも時には大切だと感じます。

メディアリテラシー、磨いて行こうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地震と風邪

2016年06月29日 | 地元ネタ

先日函館市で震度6弱の地震があり、多くの方から心配の声掛けを戴き大変恐縮でした。

今回の地震は、函館駅周辺の繁華街では震度4、北斗市で震度3と、局所的だったこともあり被害は最小限でした。

函館市は市町村合併でとても大きくなっており、今回震源となったのは市街地から北東に遠く離れた場所でした。

今更そんな報告をしてもしょうがないのですが、実は当日私は風邪を引いて自宅で休んでおりました。

そこで微妙な地震。

テレビを付けると函館で大地震!と報道されています。

心配した方からたくさんの電話を戴き「福地さん大丈夫ですか?」と聞かれます。

正直私は当時咳が止まらず寝不足で、全然大丈夫じゃなかったのですが「大丈夫じゃないです。」と言うわけにも行かず「大丈夫です!」と言い続けるのがつらかった、というご報告でした。

今はすっかり元気です。

ありがとうございました。

以上です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英文に気を付ける

2016年05月24日 | その他

本日下記のようなメールが来ていました。

ATTENTION! The travel authorization submitted on June 23, 2014 via ESTA will expire within the next 30 days. It is not possible to extend or renew a current ESTA travel authorization. You will need to apply for a new ESTA travel authorization. Please reapply at https://esta.cbp.dhs.gov if travel to the United States is intended in the near future. If there are 30 or more days left on the old authorization you will receive a warning message during the application and be asked if you wish to proceed.

何かの悪戯だと放置していたものの、少し気になったので翻訳してみたところ、一昨年シアトルに行った際に発行したESTAの期限切れの案内でした。

アメリカに行くには現在ESTAというものを発行しなくてはいけません。

しばらくアメリカに行くことはない予定ですが、前回みたいに突然行くことになる可能性もあるので、気が付いて良かったです。

ESTAの期限が30日以内に切れるので渡米する際は再度発行するように、と言った比較的大切なメールですが、ほとんどフィッシングメールの雰囲気です。

英語がすぐにわかるようになる道具が欲しいです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

与論島いきなり一人旅(11)

2016年05月19日 | 与論島いきなり一人旅

翌日は朝からびっくりするほどの快晴で、ギラギラとした日射で溶けて(焦げて?)しまいそうです。

船は午後なので時間があります。

荷物は宿に預け、近くの海を散策するのですが、日差しが強すぎます。

日陰を探して岩陰に入るとカニが大量に逃げまどいました。

カニもやっぱり暑い様子です。

逃げ遅れたカニを捕獲しましたが、今回のところは食べずにリリースしました。

浜辺でオリオンビールを飲んでみましたが暑すぎて、グーグルマップで見つけた図書館に避難しました。

図書館は快適で、与論島の歴史などを眺めながら過ごしているとアッと言う間にフェリーの時間です。

A社長と食べる予定だった北海道の珍味が余ったので宿のおかみさんに差し上げたところ、逆にいろいろとお土産を戴き大変恐縮でした。

与論島のお得な賃貸し一軒家をご紹介戴いた(何と月一万円!喫煙者不可)のですが、条件が良かったのでもう借主は決まったと思われます。

私はしばらく移住の予定はありませんが、また必ず来たいと思いました。

フェリー乗り場までお送り戴き、与論島とお別れです。

2泊しかしていませんが名残惜しい気分になります。

帰りは翌日の移動の関係で、フェリーで那覇港まで向かいます。(那覇港と那覇空港は近いです。)

本部港を経由して行くので移動時間に五時間弱かかりますが、とにかく内容の濃い与論島の旅に浸る良い時間となりました。

 

日本地図で見ると豆粒みたいな大きさの与論島にも、いろいろな歴史や営み、葛藤や喜びがあって、個人的にとても感慨深いものがありました。

島の数だけ営みがあると思うと、日本地図を眺める度に全ての島に行ってみたくなります。

一つでも多く島を見て、また与論島に戻ってきたいと思います。

 

 

「与論島いきなり一人旅」は一年前のことを、写真を見ながら思い出しつつ投稿したので、情報に勘違いや間違いがあるかも知れません。

ただ、素敵な島であることは間違いないのでご了承いただければと思います。

皆さんも一度行かれてみては?

 

おしまい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加