はぴの自作カフェ 2nd

子育てと仕事に勤しみながら自作PCを模索する漢の日常

AMD環境でファンレス・AC駆動を考える その8 最適なマザーA88XI AC V2をファンレスにする!(DB4ケース)

2017-01-13 16:59:33 | ファンレス AMD APU

雪が降りました。はぴです、寒さに凍えながら過ごしています。

日中には日差しも出たので道路等融けてしまいましたが、寒気はしばらく居残るようですので路面凍結など気を付けなければいけませんね。


なんかもう来月にはRYZENだとかSokcet AM4マザーが発売されちゃいそうな勢いです。
しかしほんとに発売するのかしら?遅れるんでない?と期待半分で待ち遠しいこの頃、そわそわしております。

そんな中ではありますが、

DB4ケースを使用してAMDのAPU A10-7860KをcTDP 45Wに低消費電力化にしてファンレス・AC駆動を目指しています


組してベンチ動かしたりしてたら最後までベンチ完走しちゃったりなんかして,良い感触をつかんでおりました。

このDB4にAMD APU環境を組んでみます。

当初、ストックの中でASRockのA88M-ITX/ACを使用する予定でしたが、何のことはなくDB4のヒートパイプの相性で断念しました。

いや、取り付けは可能なんですが、TDP110Wまで対応するといわれるLH6キットが使えないことが判明したためです。
標準搭載のヒートパイプではTDP65Wまで対応するようですがAMD APUでは発熱が処理しきれないと考えました。

取り付けませんでしたが、途中までASRock A88M-ITX/ACに取り付けの悪戦苦闘図をご覧ください。


当初予定していたASRock A88M-ITX/AC(使用しませんでした^^;)

CPUについてはコストパフォーマンスの高いA10-7860K(65W)を使用。
A8シリーズではなくA10シリーズで65Wの低消費電力を持つAPUです、cTDPにも対応して45W設定も可能。
なにより、GodavariコアでCPU半導体チップとヒートスプレッダの間には半田を使用しています。ですのでグリス使用のAPUよりも効果的に排熱してくれるだろうと考えました。





DB4への取り付けについては他のマザーでも同じですがだいぶ面倒くさい物となっています。
まず、CPUファン取り付け用のバックプレートをすべて取り外します。

ASRockのFM2+マザーだとプラスチック製のピンで止まっているのでマイナスドライバー等でやさしくこじってピンを上にあげます。





DB4に付属の止めネジに、付属の両面テープでマザーの4つの穴に接着します。





両面テープは粘着力が強めです。





DB4への組み込みは他のマザーでも同じなので続けます^^;

CPUのための放熱ブロックを載せて位置決め。
4隅にある黒プレートを6角ボルトを使ってCPUリテンションキットのネジ穴に合わせます。これはAMD/INTEL両環境で同じ方法です。

試行錯誤しながら調整・・・;;;;






AMD用のネジ穴調整をするとこんな様子になります。





改めてCPUへの放熱ブロックにヒートパイプを差し込みます。

もちろんのことではありますがヒートパイプと放熱ブロックの熱循環のため間にグリスを塗ります。

ちょっと塗り足りなかったかも・・・不安定なようならもう一回塗りなおしますか(ってかオーバーホールがとても大変です^^;)
リテンションキットのネジ穴へ付属の長ネジを使用して仮止め。

DB4標準のヒートパイプですとこんな感じになります。





DB4への組み込みの図。
TDP65Wまでの(余裕ある)CPUを使用するのであればこの状態の排熱構造になります。

INTEL製CPUならばこれでいけるかもしんない>w<





まぁ、しかしながら手間がかかりますなx

CPU冷却のヒートパイプが最重要で最難関な手数となるのでメンテナンス・オーバーホールは大変です。





今回のいけにえ、MSI A88XI AC V2 そしてボツったASRock A88M-ITX/acの図

AMD APUのためにTDP110Wまで対応するヒートパイプも投入するにはASRock A88M-ITX/acは使えません^^;;;



LH6キットのヒートパイプを使うためには下の写真でいうところ左右方向に這わせる必要があるんです。
そうなるとA88XI AC V2およびA88M-ITX/acともに右側の拡張スロット側か、左側の方に何もない空間が必要になるんですが・・・

両マザーボードとも左側にはATX電源コネクタやらS-ATAポートやらあって不可能です。
A88M-ITX/acに至ってはDDR3メモリスロットが鎮座してるのでアウト@@

拡張スロットへの増設をあきらめて右側へヒートパイプを這わせる選択肢しかないことになります。

で・・・





A88M-ITX/acがダメな理由~あろうことか拡張スロット側にEPS12Vのコネクタ&USB 3.0コネクタヘッダが存在する!!!

DB4ケース付属のUSB 3.0コネクタも使えなくなっちゃうしこれは致命的@@





一方のA88XI AC V2には拡張スロット側にはCPUソケットがすぐそばまで来ています。

ヒートパイプを這わせるには最良な構造になっております。
というわけでMSI A88XI AC V2を使うことにした次第です。





仕切り直し。
新しい気持ちで組んでいきます。

マザーを選ぶDB4・・・





LH6キットのヒートパイプも使用しての組みつけ。
なんか生えてきてる^^





ようやく形になってきました。





同じようにDB4本体に組み込み。
放熱ブロックはDB4の側板に黒色のステーを利用して固定します。
間にサーマルパッドをかませてます。





DB4ケースの側板2面にCPUからの排熱が行われる構造になっていますね。

CPUからのヒートパイプを増やして4面すべての側板に
接地するようにすればより冷却強化できるんでしょうか?





電源にはMini-boxのpicoPSU-160-XTを使用。低消費電力駆動には欠かせない存在です。
以前の記事でファン有り・ACアダプタ駆動PCにも使用しているなかなか便利な電源基板です。

今回はオリオスペックさんで購入した「PW-160/92 160WファンレスAC Adapter化キット」を使用。
ACアダプタの容量が12V 16A最大192Wという容量の大きな物がセットになっているという便利なものなのです。

picoPSU-160-XTは12V定格8Aの96W給電が可能というもの。
瞬間では15Aの180Wを60秒ということから、12V16A最大192Wという余裕を持ったACアダプタを付けてくれたんですね。

なのでまるまる192W(12V16A)を使えるわけではないのに注意です。

しかし、このACアダプタを使用するには工作が必要でして、






DB4ケースの電源部分にはこのようなパネルが装着されています。
このパネルを外すことで純正電源のAC100Vのアダプターをネジ止めしてACケーブルを挿すことが出来るようになります。

そしてこのパネルを使用することでACアダプタ用のDCジャックがネジ止めできます。
Pico-PSU等のACアダプタ駆動用の電源のためのものですね。


そのまま使おうかとも思ったんです。そのほうが簡単だし・・・


電源に使用する予定のPico-PSU-160-XTはオリオスペックさんで購入しました。
それは「PW-160/92 160WファンレスAC Adapter化キット」というものでして、ACアダプタの容量が12V 16A最大192Wという容量の大きな物が一緒になっているという便利なものなのです。

しかし、そのアダプタを使うには、このDB4純正のDCジャック用パネルでは穴が小さすぎて取り付け不可という。
12V 10A程度までのACアダプタだとこのパネルには取り付けることが可能です。

穴を大きくすればオリオスペックさんのACアダプタが取り付け可能になりますが、純正パーツを改造するのは気が引ける^^;




この純正パネルはネジ止めで取り外せる・・・



同じサイズのパネルを作っちゃえば?・・・・









作っちゃいました!
ACアダプタ 12V 16A 192W専用の大きい穴タイプのアルミパネルです。


厚みは2mmの物を使用(近くのホームセンターには純正の厚み2.5mmのものはありませんでした。)
サイズは、50mm×26mmの長方形(ジグソーで一気にいったので不格好です;;)
中央に13mmの穴
中央から9.5mm程度の長辺の位置に3mmの穴
固定用のネジ穴は、上記の純正アルミパネルから採寸。

2mmの穴をあけた後M3のタップでネジ山成型。

とこんな小さな角片でもやることは結構手間かかってます。





これでACアダプタ 12V 16A 192W専用のアダプタジャックが取り付けれるw
2個のネジで固定するタイプを使います。
通常のDCジャックとは形が違いますね。





こんな様子で取り付けます。

色が黒だったらなお良かったですね。
ええ、色を塗る時間まではとれませんでした。ってかそこまでのやる気がありませんでした^^;





中の配線もOK。





こちら側の空間はストレージを搭載するための物です。

光学ドライブやデーター用ストレージを増設しても電源容量には余裕がありそうですが。





メモリが変わってますが気にしないでください^^;
内部空間が広いので熱が上部に逃げやすくなっています。





あとあと考えて、A88Xチップへの放熱対策に前回製作したヒートシンクも流用することにしました

必然的に当環境で初のファンレス・AC駆動のPCであるNT-ZENO3システムは解体・休眠することに。
その解体作業を経てこの自作ヒートシンクも取り外すことが出来たのです。





さて、電源オンします。

音も何もせず立ち上がるA88XI AC V2、静かに動いちゃいます・・・・

まず、UEFI設定で、あらかじめAPUのGPUクロックを600MHzに下げます(定格758MHz)





DDR3メモリは、定格のDDR3-2133MHzへ設定。





もちろん、cTDPは45Wへ設定。

これに関しては65W設定での動作が可能か検証してみたいところ。





そしてWindows 10をインストール。
熱で暴走するということもなく、普通にインストール成功でした。







無音です。これは凄いかも>w<

起動する音が聞こえません。電源ランプで起動しているのがわかる位なので、ちょっと面白いかも。




にほんブログ村

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

AMD環境でファンレス・AC駆動を考える その7.5 速報!ファンレス・AC駆動でFFベンチが落ちずに動作した!(DB4ケース)

2017-01-07 15:44:44 | ファンレス AMD APU

こんにちは、はぴです^^
風は冷たいですが日ざしはあたたかな今日日となっております。
来週からは寒波がやってくるそうなのでいよいよ厳しい冬がやってくるのでしょうか?


現在最終兵器DB4ケースを投入してファンレス・AC駆動のAMD APUなおしゃれマシン(?)を製作中です^^

電源コネクタ用のアルミ板を自作したりして仮組を終了し、OSもインストールして皆様お楽しみの(してない?)ゲームベンチを回してみました。


落ちずに完走してくれました!AMD APUがファンレスで動きました!


GPUコアの排熱もうまくいっているようです^^v
以前のファンレスPCですとGPUへの負荷が途端に熱暴走につながっていました。
今回はヒートパイプの本数の多さも貢献してか大丈夫でした。

ただ、設定的にはA10-7860K本来のスペックではなく
GPUコアクロック 757MHz → 600MHzにダウン

のUEFI設定をしています。
そのほかはcTDPを45W、DDR3-2133MHz
[Overclocking]-[CPU Features]-[Power Policy Mode]を「Battery Life」に(デフォルトはPerformance)と設定しておきました。

そして、ゲームベンチ!

CPU fanが0回転に注目!

FFベンチXIV 1280×720 DirectX 9 高品質(ノートPC) 3766 快適






FFベンチXIV 1280×720 DirectX 11 高品質(ノートPC) 2980 やや快適




フリーのCPU温度測定ソフトだとAMD製APUでは正常な値を表示しないので、MSI COMMAND CENTERを使い温度変化もみてみました。
どちらのベンチ測定でも60度を超えない範囲で推移していました。

夏場になると、さらに過酷な環境になるので要検証ではありますが、AMD APUでもファンレス・AC駆動も不可能ではなさそうです。



にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AMD環境でファンレス・AC駆動を考える その7 これが最適か?!ファンレスAC駆動の最終兵器ケースDB4

2017-01-05 16:46:43 | ファンレス AMD APU

みなさんあけましておめでとうございます。
今年もゆるゆるな更新になるかと思いますが長い目で見てやってください。
今年はAMDer待望の新製品の登場です。
ようやく待ち望んだSocket AM4プラットフォームが登場します。
ハイエンドCPU Ryzen。
そしてAPU Bristol Ridge。
自作に降りてくるのはだいぶ後になるようですが”期待せずに”待ちましょう。



さて、完成はしたものの放置気味な長時間検査をつづけていたファンレス・AC駆動PCですが現状こんなことになってました^^;
とてもファンレスです!とは言えない状態になっています。・・・未完成です;;



1.AC駆動はcTDP45Wの効果でOK ~ 100W以下の駆動を実現可能なAMD製のAPUとしてはKabiniコアよりも高性能(Kabiniコアはむしろ低消費電力が強いですね)
2.NT-ZENO3の仕様は95WまでのCPUを冷却可能だが仕様上GPUに高負荷をかけるようなゲームやベンチは使用禁止の文言が! ~ 当然ですがゲームベンチでは落ちました’@@’
3.NT-ZENO3の排熱能力ではAMD APUを完全に冷却しきれない。ファンレスとなるとAMD APUでは特に無理そう><。
  Windowsが立ち上がっただけの状態では排熱も十分そうで問題はなさそうなのだが・・・
4.ブルーレイ再生時で動画鑑賞時、Fluid Motion等のGPUを使うような設定で落ちることが多発してきた。 ~ 再起動がかかることが発生してきました;;


負荷時動作時にはNT-ZENO3の両脇にある放熱板が暖かく・熱くなってきます。


USBファンをつけるとすこぶる安定する・・・それじゃファンレスじゃなくなっちゃうよね?!ね!?

空気の流れがあるととたんに安定するから当然といえば当然か・・・
でもこれではファンレスが目的なのに苦しい展開だし・・・^^;




で、なにやらファンレス出来そうな筐体が発売されたようなので突撃してみました^^
STREACOM社製の「DB4」 ~ ファンレス仕様のキューブPCです!!!



 

仕様ではTDP65Wまでの対応となっておりますが、オプションのヒートパイプキット「LH6」を使用すればTDP110Wまで対応できるとのこと!
AMD APUでのファンレス駆動を目指すには避けて通れないPCケースかもしれません!




ファンレス・AC駆動を目指すべく高価なPCケースとなってしまいました++
BristolRidgeなAPUとMINI-ITXなSocket AM4マザーでこのファンレス・AC駆動も目指したいのですが待てど暮らせどいまだ発表ならず><
Kaveriな環境にて考えている次第です。

BristolRidgeなAPUはCarrizoコアですからより低消費電力なシステムが作れそうな気がしますが。
Kaveriと同じようにGPUの発熱が押さえ込めれば同じようなファンレスが実現できそうですね。発売が楽しみであります。





梱包を剝がしていくと見えてきましたDB4ケース!





ズッシリと重たいです。重量は7.5kg、側板が4mmほどの厚みのあるアルミ製で放熱板を兼ねています。
見た感じはおしゃれなインテリア風。





こちらが底面部分。
マザーボードのバックパネルとなるアクセス部がここに来ます。
通常一般的なPCケースの背面部が、このDB4ケースでは底面に来る構造になっています。







角の一角に電源スイッチが。
こちらが底面になって見にくく場所が分かりにくいですね。

こんな時はあれですよあれ、あの便利アイテムを使えば解決!






もう一角にはUSB 3.0ポートが2個。
USBハブで引っ張り出すのも便利かも。





さらにもう一角には電源ケーブルを取り付けるための穴が。
この状態ですとDC端子の中継部を取り付けるようになっていますが、ACコードを取り付けるようにも出来ます。
純正のZF240を取り付ける時に使用するようです。





天板部はプラスチック製です。3mmの厚みがあり、4隅の6角ボルトで固定されています。
オプションのスリム光学ドライブベイ増設キット「DB4-ODD kit」を使用することでスロットインタイプの光学ドライブを使用することが可能になります。





内部構造の様子。
中央部に縦にマザーボードが固定されます。






天板を外したら、側板を固定しているこの上部中央付近のネジをつまんで外します。4面それぞれの側面にネジがついているので緩めます。
うち2個のネジはマザーボードベースを固定する役割も持っています。







そうすると側面が上に少しずらすことが出来ますので・・・






片側が外れます。
上にずらすことで大きな穴から固定ピンが外れる構造です。





斜めにして外していきます。片側が向かい合う側板で固定されるようになっています。





同じように、残りの側板も上にずらして外していきます。





放熱も兼ねる肝心の側板。
ガッシリとして重量感があります。





表面はスリットが入っています。
中まで無垢のアルミ合金。





剥けました^^








APU(CPU)からの熱をヒートパイプで側板に伝える構造のためマザーボードの種類が限られます。

AMDマザーで対応するのはASRock AM1H-ITXが載っています。
これは低発熱のKabiniコアですね。

KaveriマザーだとGPUの排熱が冷却しきれないんでしょうか?
・・・MSI A88XI AC V2マザーだと拡張スロットの上を這うようにすればオプションパーツのヒートパイプも取り付けることが可能なようなので取り付けていきたいと思います。

実は今度のは仮組でFFベンチ完走したりしてますのでちょっと期待高いです。



にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KabiniなオーディオPCを作る WD Black2活用できる???

2016-10-23 17:29:30 | オーディオPC AMD

今年も残すところ2か月ちょっと、Socket AM4なBristolRidgeの足音が聞こえてまいりました(BTOパソコンで発注されたようですね)

年の暮れ気忙しいはぴです^^;心ばかりが焦ってます;;

時期的に今年の初めの話になってしまって申し訳ありませんが、オーディオ専用PCなるものを組んでおりました。

というのも流しでAMラジオを聞いていたのですが、電波の拾いがわるく当環境では雑音が入りまくって楽しめないという状況になっておりまして;;
まぁ、自作PCがたくさんある中で雑音出まくりか、AC電源ライン周りに雑音が乗っかっちゃってるのかと納得してまして。


「ラジコ」っつう便利なものがあるんだねっていうことになりましたのですはい。
AMラジオの、インターネット流し版なわけですね。これがまた快適に満喫できるわけです。
私は、住んでるところのラジオが聞ければ良いので雑音が入らなく聞ければそれで満足という。


せっかくなので、ラジコが聞けて、ついでにUSB DACなどつなげてちょっとしたクラシカルな音楽が手軽に聞ければなと思い。
旗艦となる低消費電力PCを自作しようかと思い立ったのが・・・今年の2月ごろ・・・

あまりにも楽しんでいたせいか記事にすることを忘れていたってことになります。
・・・写真はアップしていたんですけど・・・





そんなオーディオPCに最適なものが、こちらAsRock QC5000-ITX/WIFI!!!

AMD渾身の低消費電力KabiniコアなAPU A4-5000搭載。
PS4や、XBOX ONEに搭載されているJaguarアーキテクチャのCPUコアを4個搭載しCPUクロックは1.5GHz。
GPUコアにはRadeon HD 8330を搭載。128基のSP、GPUクロックは500MHz
メモリはシングルチャンネルですが、DDR3L-1600をサポートする。

このAPUに一通りのシステム機能を統合するSystem on Chipとなっています。

S-ATA3 6.0Gb/sが2ポートAPU側からと、ASMedia ASM1061から2ポートの合計4ポート。





Realtek RTL8111E搭載のギガビットLAN
無線ネットワークはWIFI 802.11n
USB 2.0 6ポート(バックパネル2ポート、内部4ポート)
USB 3.0 6ポート(バックパネル2ポート(APU)2ポート(Etron EJ188H)、内部2ポート(Etron EJ188H))
Realtek ALC892 7.1CHオーディオ
と、一揃えの機能を整えています。





APU A4-5000はマザー直付けになっています。
ヒートシンクもファンも小さいです。





SATAコネクタの表記でSATA3-A1,A2がASMedia ASM1061側の2ポート、SATA3-1,2の表記がAPU側の2ポートとなります。
メモリスロットは、DDR3 1600とDDR3L 1600にも対応。

AMDプラットフォームにもいよいよDDR4の波が来そうですね。





PCI-Expressスロットはx16形状ではありますが、x4レーンまでの対応です。






Mini-PCI Express Slotもありますが、WiFi無線カードが差し込み済み。
m-SATAには対応していません><






USBヘッダ、COMヘッダ周辺。





CPUクーラーの高さは低いです。
バックパネル部の高さや、背の低いメモリと同じ程度の高さしかありません。





ケースに組み込み~の全景。





ACアダプタ駆動の低消費電力設計となっています。採用するケースがNT-TX5000という超コンパクトケースで、電源をNT-ZENO/DC100という100Wの物を使用しています。
AMDでは、このKabiniコアでしたら消費電力をあまり気にしなくて良いですね。

・・・Kabiniコアの後継ってZENの低消費電力バージョンになるんでしょうか?





60mm、1500RPMの低静音ファンが2個あり、内部の空気の流れを確保しています。





BD-ROMドライブと、SSD/HDDドライブは1個ずつ搭載可能で、前面パネルと一体になったドライブベイを上部に挟み込むような設計になっています。





ここまでくるとMINI-ITXサイズのケースゆえに内部が混み込み状態になってしまいます。






配線を取り回しするのが難しい~~~@@;





こうしてみるとATX電源周りって配線が多いですね。
配線を綺麗にまとめるのは難しいです^^





材質はメインが鉄製です。
組み上げるとそれなりに強度があり、しっかりしています。






オーディオPCセッティング完了!!!~





USB-DACには、ソニー製のMAP-S1を使用しております。
MAP-S1はDSD音源も再生できるUSB-DACで、これ自体でオーディオCDや、AM/FMラジオも聞けるシステムオーディオとなっています。

しかし、当環境ではAM/FMラジオは雑音が入りまくって気持ちよく聴くことが出来ません><;








KabiniなA4-5000のOS起動後のCPU負荷はこんな感じです。





USB-DACを経由して音源を再生してもCPUパワーはあまり変わりません。
音楽再生では十分すぎる性能ですね。





AMD環境では、今後Socket AM4シリーズが登場しますが、AMDで低消費電力パソコンを使用するならKabiniコアのAPUもまだまだ使えます。
興味が尽きないのは、Socket AM4ではサウスチップ等もCPUに統合されますので、それで組んだ場合に低消費電力、あるいはファンレス運用が可能になるかどうかですね。

ファンレス・ACアダプタ駆動のSocket AM4システムが組めるとなると面白そうです。


 
にほんブログ村

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

FreeSyncで144HzなLG 34UC79G-Bを調達しました

2016-10-19 21:29:56 | モニター・ディスプレ...

こんにちは、はぴです^^
昨日、今日と暑い日差しが降り注いで過ごしやすく作業しやすい日々となりました。
朝晩の気温や、吹く風は涼しく冷たいので気持ちよく熱くなった身体を冷却してくれました。

最近の物欲センサーが液晶モニターに向いておりました^^;

高解像度化、4K、FreeSyncと来れば次は144Hz???

となったらもう心惹かれないわけがない!!!

LG製の34UC79G-Bでっす、ウルトラワイド曲面ディスプレイ!!!

まぁ、4Kじゃなく、2560X1080なんつう変わった解像度なんですが@@

FreeSyncで144Hzというのが大きな特徴ですね^^




FreeSyncで高いリフレッシュレートというのはそうそう無く、G-Syncでのそれが数多く発売されていたりするのですが、
144HzというのはFreeSyncでは初めてのモニターかもしれない?

LGは意欲的でお買い得な製品を出してきてますね。






今回、初めての曲面パネルです。
梱包の箱を開けると、曲面パネルの取り扱い方を書いた段ボールが真っ先に現れます。






その段ボールの蓋を外し、上部に覆われている発泡スチロールをどかすと、液晶パネルに挟まれている目的の発泡スチロールがありますので取り出します。






これが、先ほどの中の蓋に書かれていた曲面な発泡スチロール。






この上に、曲面な液晶パネルを置きます。
パネルが曲がっているので、床にこの置き方すると怖いかもしんない++。





こちらが台座部分、金属製でズッシリとした重さがあります。
結構な大きさがあります。






こちらも金属製でしっかりとした作り。
赤のラインはRADEONグラボにお似合いでしょうか^^





台座とはネジ2本で固定します。
今回はしっかりとドライバーでネジ締めを行いました。





34UC79G-Bパネル裏面の様子。
34インチともなると「大きい」です^^;





端子は画面下からさすタイプではなく、後ろから直接(パネルに垂直に)差し込むタイプ。

DisplayPort Ver 1.2が1個
HDMI Ver 2.0が2個、USB 3.0ポートが2個
著作権保護技術 HDCP 2.2 に対応。






台座の取り付けはあっという間の簡単設計。
上部の2つの爪を合わせて、傾けていくと・・・





カチッと音がしてロックされ固定されます。
ネジで固定する必要が無いので簡単便利です。





組み立て完成形。






さっそく設置してしまいました。
デカいっす@@




DisplayPortでの接続です。
なぜかわかりませんが一回で画面が映ってこない現象があったりします。
DisplayPort関係で画面が映らなくなるトラブルとかあるようなので様子見しております。
省電力設定で画面が復帰しない?とかいうこともあるようですね?++


34インチの大きさがあるだけに見やすいですね。縦は1080しかないのでちょっと物足りない感じ?でしょうか。





144Hzでの設定など簡単に設定できましたが、惜しむらくはその体感がまだ実感できないことです。
てか使用しているグラボがGeForceなのでFreeSync使えないですし>w<




にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加