土佐レッドアイ

アカメ釣りのパイオニアクラブ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2016 同窓会+

2016-08-20 12:49:44 | もよおし
 2016年8月14日、第2回同窓会+を開催しました。今回の呼びかけはスワック、ロックダンスの辻本 隆さんと土佐レッドアイです。

 午後1時から会場設営をはじめ、各自好きな時間に集まりました。

 前回は悪天のため近くの磯でのアカメ釣りはできませんでした。今回は遠くの台風の影響で土用波があり少し濁っていました。昼間の釣りには濁りは良い条件になります。ポイントを案内しました。私もロッドを持ってここでは10数年ぶりのアカメ釣りです。ポイントを案内して少しロッドを振って帰るつもりでしたが、あまりの暑さにすぐにへろへろ、水分を持ってこなかったので一番先に退散しました。


広島からおいでた宇井さん親子の釣りシーン




 ルアーを持つのは橋爪拓也さん、ルアー「ハクト」の制作者、和歌山から駆けつけてくれました。お会いするのは淡路の集い以来、久しぶりでした。


植村壮一郎さんに持ってきたハクトのルアーたちを紹介する橋爪さん



辻本さんの持つのはハクトのエバ(メッキ)用ルアー

 このエバ用ルアーは、おもしろい釣りをさせてもらった思い出のルアーです。スワックの仲間と足摺方面で何年も年末年始、ヒラシーズンを一緒に遊びました。そんな釣行のある時、小さな漁港の中にエバの大群が入っていました。もう入れ食い状態。しかし、他のルアーは何尾か釣ると見破られてしまって釣れなくなるのですが、辻本さんが持ってきたハクトのルアーはそれだけで釣れ続くのでした。ギンガメアジ、ローニンアジ、カスミアジが入れ食い。これほどエバを釣った経験はありません。


食材を紹介します

 ●安芸川のアユ ●伊尾木川のアユ ●仁淀川支流 長者川のアユ ●仁淀川支流 中津川(?)のアユ、●土佐湾の鯛の鯛飯 ●安芸市の山のハクビシン ●安芸市の山のイノシシ ●安芸市の山のニホンジカ ●土佐湾のするめいかのヒイトイボシ ●瀬戸内海のケンサキイカ沖漬け ●室戸のカツオ刺身 ●室戸のハガツオ ●室戸のカツオのタタキ ●愛媛のマテガイなどなどなど

 宴会の最中、安芸の遊漁船「神栄丸」の松田船長からビールが差し入れがありました。神栄丸はこの晩は土佐湾のイカメタルで出船。参加できませんでした。松田船長ありがとうございました。
 

猛烈な暑さの中で一生懸命、食材をひたすら美味しく焼いてくれた川島博幸さんと地元の公文嘉昭さん、公文さんはアユをこだわってこじゃんと旨く焼いてくれました。岡田 勝さんも一生懸命焼いてくれました。岡田さん、川島さんはいつも縁の下の力持ち。公文さんもひたすら世話ばかり。楽しさを裏で支える思いやりです。お疲れ様。



本林将彦さんが持ってきてくれた銘酒、右は福島県金水晶酒造店の大吟醸原酒で「五三号」全国新酒鑑評会金賞で1タンクしかないという稀少種じゃない酒、左は淡路の集いで長野が気に入ってくれたとお会いするたび持ってきてくれる兵庫県の壺坂酒造純米吟醸酒「雪彦山 せっぴこさん」

 みんなで味わって、残りを持ち帰りカミさんと美味しくいただいています。本林さん、こじゃんとうまい!!






今回もお世話になった伊尾木漁協組合長の内川昭二さん、アユ焼き名人の公文嘉昭さん、照明やら後片付けなどお世話になった小松和彦さん、ありがとうございました。




全員集合

 
上杉家の家族秋田犬の「ライ」はようたんぼ(よっぱらい)をあきれて見つめています。そういえばライの家には女トラがいるらしいのでようたんぼには慣れているかも? 大人になってもああはなるまいと思っているのかもしれません。

参加されたみなさん、ありがとうございました。お疲れ様でした。またやりましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014/8/16 淡路島同窓会(2)古くからのと若いアングラーの集い

2014-08-18 10:12:51 | もよおし

 参加できなかった同窓生のために,集合写真を太いサイズで載せます.ああ,歳をとったのはおれだけじゃなかった.と.安心してください.



 参加した同窓生は,土佐レッドアイの3人,ロックダンス3人,バグース1人,オーパ1人,スワック2人(これはダブり)少し寂しいですね.またやろうといっていますのでこんどはもっとたくさんの同窓生に会いたい.

 新しいアングラーも参加してくれました.

 磯のアカメをみんなで釣ろうと目論んでいたのですが,「泣く子と自然には勝たれぬ」.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

淡路島同窓会 村越さんのオーストラリア

2014-08-18 08:22:56 | もよおし

 村越さんのオーストラリアの話にはやられました.これを見られたみなさん,お気を付けください.しかし,村越さんから叱られますので,詳しくは書きません.



 村越さんの得意満面な顔を見て!

 とにかく高知勢は全滅.村越さんは高知は実にいいところだ.と大満足.

 一番最初に私たちがやられてからは,次から次へと参加者が増えるたびに村越さんの目が光り「かもがきた」と満面の笑みでつぶやくのです.

 シマノの取材で集いにはずっといることはできませんでしたが,オーパの佐々木洋三さんとシマノのスタッフが餌食になるはずと思っていたときの画像です.

 ところがです.ところがそうはイカの金○.シマノの一番若いスタッフが正海じゃなかった正解を答えてしまったのです.

 「シマノ憎し」と思ったかどうかは知りませんが,この集いで正解したのはたった1人です.村越さんはだいたい20人に1人は正解がでるようなのでまあ妥当でしょうとか何とかいっていたのですが,高知はお馬○だと思っていたかもしれません.

 このあとで,到着したポニーテールのパワフルおじさんも大坪さんも不正解でした.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

淡路島同窓会 やるぜよ!

2014-07-16 17:34:28 | もよおし

 さて、記憶がさだかではなくなってきて久しいのですが、ここにアップした写真は2000年12月16日に写したものです。以上のような状態ですので、日時、数字、名前など間違っていてもゆるしてくださいね。(ゆるさん!ぶんなぐる)という方は、8月16日に現地でかかってくるように。下山漁港へ放り込みます。

 関西のルアーアングラーが一同に集まって顔つなぎをしながら楽しい時間を共有しようと、当時の土佐レッドアイ大坪保成とマッドネスの中井一成さん、橋爪拓也さんが呼びかけて数年、毎年淡路島へ集まって集会をしていました。

 スワック(大阪を中心に)・マッドネス(和歌山)・木下哲夫さん率いるアスク(愛媛)・ビー(徳島)・赤木光広さんのパープルライズ・本林将彦さんのバグース(兵庫)・佐々木洋三さんのオーパ・土佐レッドアイ(高知)・ウインピー(徳島)・パッションブルー(和歌山)・イエローソルトウオータークラブ(兵庫)・辻本隆さん率いるロックダンスなど、これ以上思い出せません。うちを忘れるとはけしからんと思うチームはコメントくださいね。



 散会するまえの集合写真

 

 土佐レッドアイの大坪保成が持ち込んだ伊尾木川のアユの塩焼き



 ロックダンスとマッドネスの美女を両手に花でご機嫌の岳洋社元名編集長住田さん



 オーパの料理、闇汁ではなかった、ふぉんどぼーとか何とかでしたっけ?



 サントリーの製品を両手に、しあわせそうな佐々木さんと住田さん 
 この写真を見るたびに幸せのお裾分けをいただいています



 毎回大好評で「商売にできる」と最大級の評価だったパープルライズのお好み焼き、ほんとうに美味しかったです



 ロックダンス勢揃い



 ロックダンスはモツ焼きでしたっけ?

 超一級のスズキのポイントを目の前にして、私たちははなから釣りをする気がなくみなさんとの再会と各チームの料理を楽しみに出かけたものでした。それでも一番最初の集いの時はきちんとタックルを用意して短時間ではありましたが、きちんと釣りもしました。

 よう釣りませんでしたが。

 何回目の集まりだったか忘れましたが、前日私が伊尾木川で釣ったタイリクスズキとヒラスズキを持ち込んだところ、会場のすぐ前の浜で辻本隆さんがマルスズキを釣りました。日本で釣れるスズキが3種そろったわけです。釣りに狂った人々の集い、いっちょう食べ比べ、味比べをしようではないかということになりました。土佐レッドアイの3人で刺身をつくり、利き酒ならぬ利き刺身をやったのでした。
 3つの紙の皿に盛った刺身を参加者それぞれが食べてどの皿の刺身が最もうまいかの票をいれたのです。

 どのスズキが一番おいしいと評価されたとおもいます?

 なんとなんと、タイリクスズキが一番評価がよかったのでした。

 私の予想は、一位がヒラスズキ、二位が当日釣ったばかりのマルスズキ、三位がタイリクスズキでしたが、普段から食べ慣れているベテランアングラーはタイリクスズキが一番うまいと評価したのでした。

 タイリクスズキでは以前、たくさん釣って近所に配って失敗したことがあります。この話はまたの機会に。


 おーい、「淡路島同窓会」をやりますぞ~!

 ●時:2014年8月16日午後2時頃から(アカメフォーラムとアカメ釣り大会が終了してから移動)

 ●場所:高知県安芸市下山漁港敷地

 ●寝る用意(テント、車など、寝ないで磯のアカメを釣るという人はそれでよし)
 ●食い物・飲み物持参のこと(他人の分も持ってくることはこばみません)
 ●同窓生でなくとも参加希望の方はおいでください(だいたいの参加人数を把握したいので、参加するとのコメントをいただけるとありがたいです)

 想像もしてないようなロケーションでのアカメ釣りが体験できます。タックルを用意してきたほうがええですよ

 雨天でも漁協の屋根付きの場所が利用できるそうです。土佐レッドアイの内川が漁協のえらいて?

 みなさん、連絡を取り合ってくださいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加