土佐レッドアイ

アカメ釣りのパイオニアクラブ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10月の釣り

2019-10-06 16:24:25 | 釣り
 10月2日、台風18号の影響で高知県は局地的に豪雨、当地はそれほど降らず、川の増水、濁りもほどほどという程度だった。翌日、早朝ポイントへ行くも向かい風の強風でキャストは無理だったので
夕方、同じ場所へ行ってみたが東南の風と風波で釣りにならず。それではと、ちょうど追い風になるポイントへ移動。
 午後、5時半頃、バイトがあり乗ったのだが、ばりばりとエラ洗いでルアーははじかれた。それからしばらくノーヒット。暗くなりかけた6時まえヒット。なかなかの手応えで楽しませてもらってランディング成功。
 ネットに絡んだフックを外しているうち何とタモ網の柄を踏んでしまった。嫌な感触とバリっという嫌な音。「禍福はあざなえる縄のごとし」

 その後が悪かった。20分ほどの間隔2回乗ったのだが、手前まで寄せてバラシ。

 
 ヒットルーアーはタックルハウスのTKLM9/11 パールレインボー

 とっても美味しいヒラスズキでした。

 10月6日、波も治まり濁りもとれてきたので、これはエバのチャンスと早朝出かけた。

 朝まづめから入れ食い。 
 ハクトのエバルアー よくあたります。


 使ったルアー ハクト エバルアー タックルハウス ローリングベイト55 8㌘ ショアーズ ジグ6㌘ チェロミノー44 など

 楽しませてもらいました。
 
コメント

○○年ぶりのエバ(メッキ)

2019-09-20 08:10:06 | 釣り

 これ以上は入りませんとクーラーボックスに言われました


 和歌山の友人、橋爪拓也さんのフェイスブックで、いまエバ(メッキ)が良く釣れていると発信されています。
 
 私は、エバは40数年まえから、10年ほどのあいだ、よく釣っていて、子どもたちはエバを食べて育ちました。
 数十年、エバから離れていました。橋爪さんの記事を見て、なつかしいなあ、よし、エバを釣ろう!
 ところがタックルは以前使っていたものは、ほとんどガタガタ。ルアーだけは、2016年8月、「同窓会+」で橋爪さんが持ってきてくれたものを頂いたエバ用のルアーが4本あります。ロッドやリールは川スズキ用のものを代用です。
 

 ルアーメーカー「ハクト」の橋爪拓也さん。手にするルアーは懐かしのエバルアー(2016年8月、安芸市下山漁港にて)

 この、ハクトのエバルアーは強烈な思い出があります。これも数十年昔(歳をとるとこんな話がおおいなあ・・・)、スワックの仲間たちと、毎年、高知県西部の磯で年末年始、ヒラ釣りを楽しみ忘年会、新年会をやっていました。ある年のこと、ある漁港でエバが沢山釣れました。色々なタイプのルアーをみんなで、てんでバラバラに使って沢山釣ったのですが、だんだん食いがわるくなり群れは沈んでしまうのです。そのとき、仲間の1人がハクトのルアーを取り出したのです。いきなり、狂ったような入れ食いです。土佐レッドアイのだれも知らないルアーで、初めて見たのですが、それぞれ1本もらってからは、それこそ入れ食いを楽しみました。
 暗くなるまで思う存分エバ(ギンガメアジ、ロウニンアジ、カスミアジなどの幼魚)やイケガツオをつりまくりました。

 -宣伝-
font color="red">9月17日 18:58 ·
 ハクトパニクルミニサーフェスの在庫がわずかですが有ります❗️
税、送料サービスで通販します。
お支払は銀行振込みのみでお願いいたします‼️
在庫品
パニクルミニサーフェス
カラー ホワイト - 3個
ブラック - 3個
全長 45㎜ 重量 3.8g
各1個 ¥1,400-
今日釣れているルアーです。
(橋爪さんのフェイスブックより転載)

 2019年9月11日、午前6時半頃ポイントで始めました。ぼつぼつアタりがあり、25匹釣ったハズなのですが、数えてみると17匹しかいません。周りを見るとトンビとカラスが私の顔を見てニヤリとしているではありませんか。

 2019年9月11日の釣果

 その晩、エバを料理して家族にふるまうと、よく食べて育った娘は「美味しい!なつかしい」と喜びました。

 翌朝、暗いうちにポイントに入り、薄明かりの中始めると、いきなりヒット。それがよく引くのです。ドラグが鳴ります。おかしいなあ、ハマチクラスが来たかと思っていたのですが、波打ち際に何とかズリあげると、ネイリ(カンパチの若魚)ではないですか!36㎝ありました。


 ネイリがヒットしたのはタックルハウスのローリングベイトBR77SSS

 ローリングベイトの77㎜は少し大きいかとも思ったのですが、重量があるのでよく飛びます。このルアーにもよくエバが当たりました。前後のフックにダブルでかかる事が何度もありました。


 この朝は5時過ぎから7時頃までやって、エバ91匹、ネイリ2尾の釣果で、これは私の釣果数新記録でした。10リットルのクーラーボックスに入らなくなりました。

 翌13日、朝5時15分から釣り開始、一投目に来たのは何と、コノシロです。ちゃんと口にフックがかかっていました。コノシロを釣ったのは初めてでした。
 次々にエバとワカナ(2尾)ネイリ(2尾)を釣りました。

 
 ネイリの口にかかっているのはタックルハウスのローリングベイトBR77SSS

 この日は前日打ち立てた、自己記録を更新しようとエバの群れが沈むまでやって、エバ116尾を釣りました。浜から車までの重い事、遠い事!



 翌日からは、うねりが入って、エバは全く釣れなくなり、台風が過ぎるのを待っています。


 3日間で使ったルアーたちです。

多用したローリングベイトBR77SSSは塗装がはげてヨレヨレです


コメント

 2019年の「同窓会+」 は見送りです

2019-07-25 17:32:16 | もよおし
 
 お知らせが遅くなりました。すみません。

 今年の同窓会+は、呼びかけ人4人のうち3人が都合が悪くて開催を見送る事になりました。

 2014年に第1回を開催してから、これまで4回開いてきました。

 事故もなく楽しい集いを続けられたのは、仲間の皆さんのおかげです
 
 残念ですが、またお会いできる日を楽しみにしています。


    
     

    
     

    
     

    
     



                 呼びかけ人:土佐レッドアイ(内川昭二・大坪保成・長野博光)辻本 隆
コメント

台風去った ヒラ釣れた

2018-10-02 08:32:41 | 釣り

2018年10月1日、台風24号が行き過ぎた翌日、朝いつものポイントへ行ってみましたが、波が高すぎて3投で終了。その夕方、たまに3発ぐらい連続で大きな波が押し寄せていましたが、何とかなるだろうと始めました。夕方、4時半。
 数投目にヒット、波打ち際まで寄せて、波の中で泳ぎ回りながらエラ洗い、痛恨のバラシでした。次の一投は反応なし。ばらしてから2投目にヒット、小型のヒラ、これは取り込みました。それからは3投に1回はヒットです。ヒットして、直ぐにバラしてそのままリトリーブしているとヒット。2尾目を取り込みました。
 ここで、仲間の内川さんに電話「おーい、アタリゆう、早うきいや」「すぐ行く」。
 内川さんの家から30分ほど離れています。
 それから、一尾取り込みましたが、バラシが多く内川さんが来るまでに、3尾キャッチしヒットは16回、バラシ7回という成績でした。



 内川さんが来て、からはいつものパターンでアタリが遠のきました。
 ヒットはたまにあるのですが、乗りません。
 内川さんは、ヒットが3回、バラシ1回というとき、暗くなってきたので私は帰る事にしました。

 今度の台風は風が強く、大波で内川さんの近所の漁船が2隻沈没したそうです。また、ビニールハウスのビニールが少し破れて修理をしたといいます。
「家の前の国道まで波が来て、石やらゴミやら大ごとやった」といいます。
「俺んところもミカンの木が何本も倒れて明日はその手入れをせんといかん」

 今回も大きな被害を日本中に残して台風24号は去りました。土佐は台風の常襲県、馴れているとはいえ来ない事を祈るばかりです。
コメント

2018年8月13日(月)伊尾木漁港 同窓会+

2018-08-15 08:15:34 | もよおし

 前日、内川さんから電話があり、開催当日、ナスの植え付けを手伝う事になった、午後4時頃から暗くなるまで仕事だというのです。私と辻本さんで早めに行って準備をするということになりました。
 当日、午前中はミカンの仕事をやろうとミカン畑にさしかかると、防風林がゆさゆさと揺れています。ありゃあー、しもうた。何かがワナにかかっちゅう。確かめに行くとイノシシでした。
 早く仕留めるのが良いのですが、止めを刺すと直ぐに処理しないと夏のイノシシはダメになります。午前中は仕事をしないといけないのでそのままほっといて、仕事にかかりまし。昼時に仕事を終え息子に手伝ってもらって仕留めて車まに積み込みました。
 大型でした。80キロはありそうです。
 仕留めて、車に運ぶのに時間がかかりました。家に帰りこんどは、泥だらけのイノシシを洗い、必要なナイフを揃え、ガスコンロやガスボンベ、まな板、調味料を車に積み込み出発したのが午後3時を過ぎていました。さらに、安芸漁港で氷を大量に買い込みイノシシをいれたコンテナにも入れ、会場の伊尾木漁港へ着いたのが4時ごろになっていました。 

 
 
<集合写真>


 
 
<食材になったイノシシ>



 イノシシのフィレ肉をソテー、これが大好評でした
 


下右は淡路集会以来20数年ぶりの島さん 久しぶりにお会いできて嬉しかったです




島根県からやってきたハタハタ これも私の大好物、美味しゅうございました






内川さんが獲ってきた瀬戸内のムール貝

 食材はまだまだ沢山ありましたが、カメラを忘れたばっかりによう写しませんでした。覚えている限り紹介します。●安田川のアユ(塩焼き)●安芸川のアユ(塩焼き)●どこそこ川のヒラスズキのムニエル●安田川のアユ(干物)●辻本隆夫妻の育てた自家菜園のスイカ●どこかの川エビ●旬のシカ(から揚げ)●クエの水炊き(めちゃ旨)●メジカの刺身●梨とモモのデザート●ケンサキイカの干物などなど どれもたいへん美味しゅうございました。

 新栄丸の船長からまたもビールが沢山届きました。差し入れして頂きありがとうございました。

 アユ釣りの話、ヒラスズキの話、昔話、マグロを手づかみにした男の話。レジェンドから若手まで話は尽きず、朝5時頃、車で目覚めた私の耳に談笑の声が聞こえていました。
コメント