土佐レッドアイ

アカメ釣りのパイオニアクラブ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

台風去った ヒラ釣れた

2018-10-02 08:32:41 | 釣り

2018年10月1日、台風24号が行き過ぎた翌日、朝いつものポイントへ行ってみましたが、波が高すぎて3投で終了。その夕方、たまに3発ぐらい連続で大きな波が押し寄せていましたが、何とかなるだろうと始めました。夕方、4時半。
 数投目にヒット、波打ち際まで寄せて、波の中で泳ぎ回りながらエラ洗い、痛恨のバラシでした。次の一投は反応なし。ばらしてから2投目にヒット、小型のヒラ、これは取り込みました。それからは3投に1回はヒットです。ヒットして、直ぐにバラしてそのままリトリーブしているとヒット。2尾目を取り込みました。
 ここで、仲間の内川さんに電話「おーい、アタリゆう、早うきいや」「すぐ行く」。
 内川さんの家から30分ほど離れています。
 それから、一尾取り込みましたが、バラシが多く内川さんが来るまでに、3尾キャッチしヒットは16回、バラシ7回という成績でした。



 内川さんが来て、からはいつものパターンでアタリが遠のきました。
 ヒットはたまにあるのですが、乗りません。
 内川さんは、ヒットが3回、バラシ1回というとき、暗くなってきたので私は帰る事にしました。

 今度の台風は風が強く、大波で内川さんの近所の漁船が2隻沈没したそうです。また、ビニールハウスのビニールが少し破れて修理をしたといいます。
「家の前の国道まで波が来て、石やらゴミやら大ごとやった」といいます。
「俺んところもミカンの木が何本も倒れて明日はその手入れをせんといかん」

 今回も大きな被害を日本中に残して台風24号は去りました。土佐は台風の常襲県、馴れているとはいえ来ない事を祈るばかりです。
コメント

2018年8月13日(月)伊尾木漁港 同窓会+

2018-08-15 08:15:34 | もよおし

 前日、内川さんから電話があり、開催当日、ナスの植え付けを手伝う事になった、午後4時頃から暗くなるまで仕事だというのです。私と辻本さんで早めに行って準備をするということになりました。
 当日、午前中はミカンの仕事をやろうとミカン畑にさしかかると、防風林がゆさゆさと揺れています。ありゃあー、しもうた。何かがワナにかかっちゅう。確かめに行くとイノシシでした。
 早く仕留めるのが良いのですが、止めを刺すと直ぐに処理しないと夏のイノシシはダメになります。午前中は仕事をしないといけないのでそのままほっといて、仕事にかかりまし。昼時に仕事を終え息子に手伝ってもらって仕留めて車まに積み込みました。
 大型でした。80キロはありそうです。
 仕留めて、車に運ぶのに時間がかかりました。家に帰りこんどは、泥だらけのイノシシを洗い、必要なナイフを揃え、ガスコンロやガスボンベ、まな板、調味料を車に積み込み出発したのが午後3時を過ぎていました。さらに、安芸漁港で氷を大量に買い込みイノシシをいれたコンテナにも入れ、会場の伊尾木漁港へ着いたのが4時ごろになっていました。 

 
 
<集合写真>


 
 
<食材になったイノシシ>



 イノシシのフィレ肉をソテー、これが大好評でした
 


下右は淡路集会以来20数年ぶりの島さん 久しぶりにお会いできて嬉しかったです




島根県からやってきたハタハタ これも私の大好物、美味しゅうございました






内川さんが獲ってきた瀬戸内のムール貝

 食材はまだまだ沢山ありましたが、カメラを忘れたばっかりによう写しませんでした。覚えている限り紹介します。●安田川のアユ(塩焼き)●安芸川のアユ(塩焼き)●どこそこ川のヒラスズキのムニエル●安田川のアユ(干物)●辻本隆夫妻の育てた自家菜園のスイカ●どこかの川エビ●旬のシカ(から揚げ)●クエの水炊き(めちゃ旨)●メジカの刺身●梨とモモのデザート●ケンサキイカの干物などなど どれもたいへん美味しゅうございました。

 新栄丸の船長からまたもビールが沢山届きました。差し入れして頂きありがとうございました。

 アユ釣りの話、ヒラスズキの話、昔話、マグロを手づかみにした男の話。レジェンドから若手まで話は尽きず、朝5時頃、車で目覚めた私の耳に談笑の声が聞こえていました。
コメント

2018 同窓会+ ことしもやるぜよ!

2018-07-18 15:01:37 | もよおし

 今年も同窓会+をやります。場所と開催要項はこれまでのとおりです。

 日時:2018年8月13日(月)午後〜14日午前中まで

 場所:高知県安芸市下山 伊尾木漁港(雨天でも屋根付き)
 
 持ってくるもの:たべもの(できれば余分に)のみもの(できれば余分に)、イス、テーブル、あれば(ランタン、蚊取り線香)

 2017年の同窓会+の画像です。

 

 
                         集合写真


 植村壮一郎さんたちがつくってくれたわら焼きタタタキ







 昨年はかなりまじめに磯のアカメを狙いましたがダメでした。今年はあなたが・・・・・・?
 アカメウオッチはできるかも?

 旨いモノもって!面白い話をもって! さあ!!集まろう!
コメント

アカメTシャツ 

2018-07-09 08:56:37 | もよおし
 スワック、ロックダンスの中野友昭さんから、Tシャツのプレゼントが届いた。

 今回のTシャツは、プロトタイプらしい。




 大人気の    https://redeye.base.ec/
メーカー製品。
 他にもとても素晴らしい速乾タイプのTシャツが発売されている。

 中野さんは、「少し派手かも・・・・・・」というコメント付きだったが、カミさんの評価ではとても似合っているとの事であった。


 中野さん ありがとうございます。
コメント

新しい図鑑「釣魚1400種図鑑」847ページ 定価2.500円(税別)が届いた

2018-07-03 17:03:28 | その他
 2018.7.3 台風7号の影響が続いている。今のところ当地は雨はそれほどではないが、突風でビニールハウスが倒壊するという被害が出ている。

 小西英人さんから、新しい図鑑「釣魚1400種図鑑」847ページ 定価2.500円(税別)が届いた。 英人さん ありがとうございます。






 中を見ていて、ページをめくる手が止まった。182ページ アカメ科でアカメの幼魚の美しい写真が載っている。おお!この幼魚には見覚えがあるゾ。これは1999年種子島第1回調査行(9月18日~21日)の時に捕まえた記念すべき種子島アカメの幼魚だ。「アカメの国:種子島の稚魚を求めて(http://akamenokuni.com/tigyoomotomete.html)」
 それまで噂であった種子島のアカメの生活史のサイクルを初めて確認した幼魚だったのです。
 

 写真:最初は英人さんと2人で、ネットを引いていたのですが、英人さんがメヒルギの沈木に激突、膝を怪我してしまってそれ以降、相棒のかわりを努めてもらった種子島在住の園田 豪さんとネットを引いています。


 
 写真:園田さんとアカメを見つめる英人さん。

 
 写真:アカメの幼魚の撮影準備

 この時、種子島調査のきっかけを作ってくれた松山政敬さん、「長野さん、オキノフナを釣りました。標本に送ります」と初めて種子島のアカメの現物を送ってくれました。

写真:松山政敬さん

  
 1999年から2001年までネット引きを手伝ってもらった園田兄弟。アカメを持っているのが兄さんの豪さん、クーラーを手にしているのは弟の毅さん。
 種子島アカメ調査団のみなさんとは今も親しくお付き合いしてもらっています。
 20年ほど昔の種子島の情景が昨日の事のようによみがえります。

 ということで、この図鑑の写真はこの時のアカメだと思います。そうですよね、英人さん。


 576ページでまた止まった。ウツボ科の所だ。
 「アミメウツボ」こいつも曰くがある魚だ。
 1999年から3年連続して種子島の調査をした。英人さんは2回目には参加できなかった。2001年、3回目の調査のときである。
 英人さんとは1回目も3回目も、お隣の島「屋久島」へ渡り、ここでオキノコイと呼ばれているアカメであろうという魚の調査をすることに決めていたのだ。が。1回目は前出のように英人さんの怪我と大型台風に追い返されてしまっていた。屋久島行はお預けをくらったのである。

 さて3回目、今度こそ屋久島へ行くぞと勇んでいたのだが、英人さんがウツボに食いつかれたのだ。
 英人さんの仕事で大きな比重を占めていたのが、釣ったりネットで採集したりした、あらゆる魚は幼魚だろうが成魚だろうが、大きかろうが小さかろうが、長かろうが短かろうが全て撮影することだった。うなぎを撮った。ヒラスズキを撮った。ゴマフエダイを、チャイロマルハタを私が釣ったときは「おお、この魚の写真は初めてだ」と喜んでくれた。

 長モノ(ウナギなど)を写すときは撮影板の上で「つ」の字型にしてから撮影することになっているらしい。英人さんは生きている魚をきれいに写すことにこじゃんとこだわっている。なにしろ生きている長モノはつの字にしてもじっとしているはずがない。それは無茶だと思うのだが、つの字にしてカメラを構えようとするとS字になったりへの字になったりする。それでも繰り返し、繰り返しにこにこしながら、へこたれない。カメラマンはえらいのです。
 ある港で夜釣りをしていた。英人さんのするめの餌にアタリがあり、上がってきたのがウツボだったのです。
 当然のごとく棒きれでそのウツボをつの字にしようとするのですが、ウツボはすこぶる元気でタフなのです。
 何度もなんどもつの字にしているうちに頭に来たウツボは英人さんの右手親指に食いついてしまったのです。ご存じのようにウツボの歯はするどくて長いのです。痛いと握った左手の間から血がぼたぼたと落ちます。急いで病院へ駆け込んだのですが、親指には何本もの歯の深い傷がついており、縫い合わせる事ができないため治りが遅いがしかたがないという事でした。

 アミメウツボでした。

 屋久島は2人にとって鬼門でした。
 
 これほど歳を重ねると私はもう無理です。
 
 嗚呼 屋久島や 屋久島や

 ひでとさん いまもいい仕事をしていますね。この図鑑は宝物にします。
 
 種子島、屋久島は無理でも、高知へ遊びにおいで下さい。うだうだ、ぶつぶつ話をしながら英人さんのするめ餌の仕掛けを教えてもらいたいなあ。いっしょに夜釣りでもしましょう。
コメント (3)