五味五感 BLOG /from Hokuto, Yamanashi, Japan

インタープリテーション、環境教育、婚活DE八ケ岳推進委員会、FM八ヶ岳

こんにちは!五味五感企画の五味愛美です。Hello! This is AIMI from Mt.Yatsugatake!

山梨県北杜市&八ケ岳地域の情報、環境教育、婚活関係などの情報を発信しています!

 ●【五味五感企画】五味五感企画のオフィシャルHPです。
 ●【FM八ケ岳】「五味愛美の八ヶ岳スタイル」82.2MHz。毎週月曜日12:00~on airです。
 ●【婚活de八ヶ岳推進委員会】面白いイベント盛りだくさんです!
 ●【エジソンの会】北杜市を楽しくする有志の会です。こちらもおかしな人の集まりです!
 ●【帝京学園短期大学】講師をしています。「自然観察」を担当しています。
 ●連絡はこちらから。 gomigocan@gmail.com

  ●【Translate】If you want to translate Japanese to English, please use "Google site".
 ●【Hokuto city Guide】this is information of our town.
 ● I'll challenge to write the sightseeing and Japanease life style in English information little by little.please enjoy it xx!!

ラジオの事

2016年04月05日 | FM八ヶ岳



FM八ヶ岳にお世話になっています。
かれこれ、振り返ってみれば、2009年には「キープ協会の番組」を1年間担当。2011年から「五味愛美の八ヶ岳スタイル」が始まって、今年で6年目を迎えます。こんなに長くラジオ局にお世話になるとは!本当に感謝です。

この4月からお昼12時~30分番組の「ワニスタランチタイム」を担当させて頂いています。

これを機にいろいろとラジオについて考えています。
ランダムに思った事を書き加えていこうと思っています。

まず「Waniスタランチタイム」で大切にしたいこと

●「ゲストの人となりが伝わりやすいようにすること」
そのために、固い情報ばかりではなく、その方の考え方などにふれられるといいなぁ。

●「創造力がかきたてられるような話し方」
頭の中でイメージしやすいような話し方をしていきたい。本当は中継とかでられると面白いんだけれど、それはまた、何かの機会に。。。

●「八ヶ岳の自然情報を紹介」
八ヶ岳の自然情報を伝えられるといいなぁと思っています。そのためにもアンテナを高く、面白い自然情報を集めておかなきゃ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【FM八ヶ岳ゲスト】見田さん、こさいさん

2016年04月04日 | FM八ヶ岳


本日から、「五味愛美の八ヶ岳スタイル」もお昼の時間「wani スタランチタイム」の中でお送りします。

【今週のゲスト】

生放送の第1回目のゲスト。
白州郷牧場役員の見田由布子さんと、同じく役員のこさいたろうさん。
白州郷牧場のお話をお聞きしましたよ。

【今週の自然情報】
白樺樹液のお話をしましたよ。
みんなで試飲をして美味しかったです。
朝、萌木の村の森から頂いてきました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「舟を編む」

2016年03月04日 | 本や映画
●『舟を編む』2013年
●監督:石井裕也
●脚本:渡辺謙作
●原作:三浦しをん
●概要:1つの辞書作りを通しての、ある出版社の、ある部署の物語。
●感想:
・人生は物語を紡ぐことだなぁ、と感じた。
・目の前のことを一生懸命やる美しさ。
・「1つの物語」「1つの物語」「1つの物語」この連続が、人生なのかもしれない。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"Think global,Act local" で動こう。

2016年03月01日 | ★ 観光情報・地域活性化
学びを学びっぱなしにせずに、まとめておこう、と心がけています。
学びや気付きは、もしかしたらメモやノートにまとめておく方が普通かもしれませんが、私はブログやHPの方が性に合っているんだなぁ。


さて、渡辺パコさんから、今回もいろいろと教えて頂きました。
YYI(八ヶ岳よのなかイニシアチブ)の勉強会。



今回も話題と気付きのメモを掲載しておきます。

《出た話題》

・マイクロコミュニティ(5万人程度の町はベスト)を拠点に合意形成型の意思決定の方法を模索したい。
・民主主義。
・都心で10名人が集まる、という意味合いと、マイクロコミュニティで10名集まるというのは意味が違う。
・まずは、世界の動きを確認をしよう。COP3の京都会議、COP21のパリ会議での「パリ協定」の内容。
........
(参考:パリ会議での合意の要旨)
→温室効果ガス排出量が速やかにピークに達して減り始めるようにする。今世紀後半には温室効果ガスの排出源と吸収源の均衡達成。森林・土壌・海洋が自然に吸収できる量にまで、排出量を2050~2100年の間に減らしていく。
→地球の気温上昇を2度より「かなり低く」抑え、1.5度未満に抑えるための取り組みを推進する。
→5年ごとに進展を点検。
→途上国の気候変動対策に先進国が2020年まで年間1000億ドル支援。2020年以降も資金援助の約束。
→(ちなみに、このパリ協定の目標の中では原発は採用しない、という前提)
.........
・再エネの中で、コストダウンが進んでいるのが太陽光パネル。こんなにも安くなるのかとびっくりするくらい。
・再エネのメインになっていくのは「ソーラー」ではないか、というのが世界的な動き。なぜなら(1)設置のスピードが早い(2)人に対する影響が他のものに比べて少ない
・北杜市でのカフェの事例紹介
・北杜市長坂での森伐採の事例紹介
・参加されたWさんの投資目的の事例紹介
・蓄電するバッテリーもコストが下がってきている。NAS(ナス)電池。リチウム電池。
・「森林法」がおざなりになっているのかも。
・大滝湧水の事例
・大滝湧水の周辺の森は昔から「御留林(おとめはやし)」という、涵養林だった。





《気付きや考えた事》

・世界の大きなトレンド(流れ)を考えて、この地域のことを考える必要がある。Think global,Act localという言葉が久々に頭をよぎった。
・「オフグリッド生活」という言葉を恥ずかしながら、初めて聞いた。なるほど、いいね。
・「森林法」を少し調べてみたいと思った。
・世相を変えるというのは、情報発信することが必要。ムーブメントを起こすということはどういうことだろう?
・参加されていた調所さんが「一人でも友人を連れて来るというアイディア」という発言をされて、なるほど、そこからだなと感じた。
・人間は感情の生き物。正論をロジックに理論的に話を進めていくことも必要だけれど、感情もうまくロジックな流れを作れたらいいのに。「はずかしい」「誇らしい」「安心したい」「不安感」などの感情も外せない要素。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2回目の森想勉強会

2016年02月26日 | 日々のこと
最近、いろんな気づきや学びがあるのに、それをまとめずに、次の気付きや学びの機会が来てしまう。やばい、やばい(笑)。
「この上書き保存人生なんとかしなくっちゃby染川香澄さん」
そうだ、そうだ。
ということで、少しだけでも、メモ程度でも、まとめておこうと思って。


今夜は、森想(もりそう)の勉強会。
「森想」は、北杜市在住の安藤義樹さん、深澤てるさん、ポール・スミザーさんが取りまとめをしていらっしゃる。
前回の勉強会でも気付きがあったのに(笑)、まとめてないわぁ(苦笑)


さて、今夜のこと。

佐藤柚香さんのスウェーデンのお話
佐藤さんご家族は3年間、スウェーデンで生活をされていました。その時のお話。北欧での森での関わり方についてお話をいただきました。

印象に残った事。
まずは、『自然享受権』のお話。
スウェーデンのポスターがこれまたかわいい。
スウェーデン語なので、理解ができないけれど、ここには「これはしていい」「これはしちゃだめ」など具体的に書かれています。
例えばね「5月1日~8月20日の期間は犬を森に放してはいけない」とかね。具体的でおもしろいねぇ。

「自然享受権」の4要素が紹介されました。
(1)「通行権」・・・徒歩、スキーなど、誰でも森を通行出来る権利。でも、最近、自然保護の観点から団体競技は不可、とのこと。
(2)「滞在権」・・・テントでの宿泊(1泊まで)を含め、休憩などは自由
(3)「自然環境利用権」・・・ヨット、釣りなどの自然を利用して遊んでいい権利
(4)「果実採取権」・・・土地の所有者に対価を払わず、果実やキノコを採取していい権利


ね。すてきだ~~(^^)。




●スウェーデンの森は、平坦で、雑草が少ない。国土の半分は個人の所有。

●スウェーデンの環境教育。
これは、私はちょっと以前に学んでいたことなので、ちょっと追加で書きたいところだけれど、今日出たお話は、4歳から環境教育が始まる事。「低炭素社会」「循環型社会」「自然共生社会」の3つを考えながら「サスティナブルな社会」を作っていこうという教育。

●森の墓地。
これはすてきだな、と思いました。
隣に座ったワイさんと「すてきね」って言ってました。私も私の墓地を考えちゃいました。

●今日の気付き
・スウェーデンは森と生活が近い。日本ももっと生活と森を近づける工夫ができるような気がする。
・森に入りやすい。規制も少ないし、土地の所有者に怒られることもない。
・ピクニックをしやすい、したくなる、とかがいい。
・自然享受権のポスターがかわいい。イラストがいい。デザインって大切。
・シンプルな暮らし。
・佐藤さんの感覚が素敵。3年間の間でいろんな視点で生活されていたことに刺激された。
・自己紹介は、参加する人によって内容が異なる。一様ではない。
・ヨハネ保育園は新しい園舎になってから待機児童がいる。入れない。他の保育園でももっと森に近いといい。
・小学校にあがると、急に森から距離が出るような気がする。
・今の北杜市の太陽光パネルの問題を考えると、環境教育をやって来た私たちの無力さを感じる。
・人々の中にある「経済」とか「お金」とか「蓄え」とか、、、「不安感」とか。その根源を考えたい。


「森想」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五味愛美プロフィール

●通称
  あいちゃん
  あいさん
  あいみちゃん

●今の私のキーワード
  森(学生の頃から22年間)
  環境教育(学生時代を含め20年間)
  インタープリター(プロとして15年間)
  森林療法(5年間)
  ワークショップ(15年間)
  地域活性化(15年間)
  イベント企画・司会(10年間ぐらい?)
  田舎暮らし(二世帯を始めて7年間)
  婚活ファシリテータ&コンサル(5年間)

●過去の掲載メディア
  ★日本エコツーリズム協会 の 「このガイドさんに会いたい100人」・選出
  ★エコライフマガジン「もうひとつのエコライフ~WOMAN'Sスタイル~」・執筆
  ★2007年 YBSテレビ 「ワンダフル甲州人」 出演
  ★2007年 FM八ヶ岳「キープ・カンティ・トーク」 DJ担当(1年間)
  ★2008年 JR中吊り広告/山梨ディスティネーションキャンペーン/八ヶ岳南麓エコツアーガイド
  ★2008年  書籍『森林療法あらかると』 NPO法人日本森林療法協会編・執筆
  ★2009年 山梨日日新聞 「彩職兼備」 取材
  ★2009年 八ヶ岳ジャーナル 「曙光」 取材
  ★2009年 「ReBueaty」山と渓谷社出版 取材
  ★2009年 『地球人』執筆
  ★2010年 JTの森「もりへようこそ」 インタビュー

●私のぶれない本職
  ネイチャーインタープリター

●今後やってみたい2011年のキーワード(どなたか一緒にお仕事をしませんか?)
  地域医療の改善
  予防医学
  異業者交流会
  女性の生き方の模索
  誰もが役割のある社会構造

●連絡はこちらへ
  メール:gomigocan@gmail.com
  山梨県北杜市高根町在住

●五味愛美の本棚
   ブクログ