五味五感 BLOG

五味愛美、インタープリテーション、環境教育、婚活DE八ケ岳推進委員会、FM八ヶ岳、帝京学園短期大学、八ヶ岳観光圏

こんにちは!五味五感企画の五味愛美です。Hello! This is AIMI from Mt.Yatsugatake!

山梨県北杜市&八ケ岳地域の情報、環境教育、婚活関係などの情報を発信しています!

 ●【五味五感企画】五味五感企画のオフィシャルHPです。
 ●【FM八ケ岳】「五味愛美の八ヶ岳スタイル」82.2MHz。毎週月曜日12:00~on airです。
 ●【婚活de八ヶ岳推進委員会】面白いイベント盛りだくさんです!
 ●【エジソンの会】北杜市を楽しくする有志の会です。こちらもおかしな人の集まりです!
 ●【帝京学園短期大学】講師をしています。「自然観察」を担当しています。
 ●【八ヶ岳観光圏】観光地域づくりマネージャーとして、八ヶ岳の観光振興に携わっています。
 ●連絡はこちらから。 gomigocan@gmail.com

  ●【Translate】If you want to translate Japanese to English, please use "Google site".
 ●【Hokuto city Guide】this is information of our town.
 ● I'll challenge to write the sightseeing and Japanease life style in English information little by little.please enjoy it xx!!

帝京学園短期大学の野外実習4月14日

2017年04月14日 | ★ インタープリテーション




【ゴロゴロ寝てる!?帝京学園短期大学の野外実習

自然の美しさや豊かさを知る保育士になって欲しい、そんな想いを込めてp(^_^)q
2013年から始めて5年目になります。

・1年生の初めての野外実習だったので、基本的なアイスブレイクと自然体験活動を。
・まだ授業が始まって1週間。話していない仲間たちもいるので、少しグループワークを。
・遊具がない場所でも遊べること。
・五感をフルに使うといろんな発見があること。
・たくさんの種類の自然物がちょっと意識を変えるだけで発見できる事。
・ねっころがったり、うつ伏せになったりと自然を近くで感じてもらいたい。
・まずは自分たちが楽しめる事などを体験してもらいました。

【見つけた自然物】
もぐら塚、カブトムシの殻、セミの抜け殻、マツボックリ、ヤシャブシの実、クリ、サルノコシカケ、地衣類、バッタの仲間、さくらんぼの古い物、赤い新芽、毛むくじゃらの葉っぱ(クローバーの新芽)、キノコ類、黒い石、どんぐりの根、ウグイスの鳴き声、カラ類の鳴き声、落ち葉の音、カラスの鳴き声、桜の樹皮、どんぐりの中身、鳥の羽

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【おもしろ論文】さえずりによるウグイスの個体識別

2017年04月11日 | 論文


●濱尾章二,1993,さえずりによるウグイスの個体識別,日鳥学誌41,1-7,

<わぁお。ほんまでっか!>
ウグイスの鳴き声の個性は、練習量じゃなかった!素人でも1シーズンでウグイスのさえずりだけで個別識別が出来るようになるんですって!

<個人的感想など>
・ウグイスのさえずりによって一地域内のほぼすべての個体を識別できる!
・さえずりのパターン「ホーホケチッ」「ホーホケキチン」「ホーホホホヘイヨ」「ホーホケキョロン」「ホーホケキョッ」「ホーホホホヒョロッ」
・25羽の雄のさえずりに30パターン
・さえずりを仮名書きにした記録を見ながらであれば、1〜2分さえずりを聞いているうちに25羽のうちどの個体であるかを特定することができた!
・おもしろい!今シーズンやってみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【論文】病棟の騒音と環境音について

2017年04月11日 | 論文



●松本じゅん子,多賀谷昭:病棟の騒音に対する環境音の効果,信州公衆衛生雑誌Vol.6、60-61

<わぁお。ほんまでっか!>
病院内の騒音の不快感を消す環境音は何でもいいと言う訳ではない。ししおどし、シジュウカラ、ウグイス、エンマコウロギ、風鈴(鉄)などが良いらしいよ。

<個人的感想>
・病院内の騒音とは、血圧計の蓋を閉じる音、ワゴンの移動車、カーテンの開閉音など。
・環境音で調査したのは、小川のせせらぎ、ししおどし、シジュウカラ、ウグイス、アブラゼミ、ヒグラシ、エンマコウロギ、スズムシ、風鈴(鉄)、風鈴(ガラス)の10種類。
・その中で、ししおどし、シジュウカラ、ウグイス、エンマコウロギ、風鈴(鉄)の音が聞こえている場合は快適さは高かった。
・「環境音」はなんでも良いって訳ではないんだな。なぜ「ししおどし、シジュウカラ、ウグイス、エンマコウロギ、風鈴(鉄)」が高かったのだろうか?その辺りは疑問である。
・介護の現場でも「騒音」と言われるものは「看護」の現場でも同じである。介護の現場ではBGMは「テレビの音」が多いとのこと。なるほど。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【論文】男性保育者養成について

2017年04月08日 | 論文



●田辺昌吾,2010,「保育者養成カリキュラムに関する一考察 -養成カリキュラム改革および男性保育者養成に焦点をあてて-」,四天王寺大学紀要,50,237-248

<ほんまでっか!?男性保育者が社会課題のワークライフバランスを救うかも!?>

<個人的感想>
・面白かった!この視点でもう少し調査をすすめても楽しいと思う。同僚の先生にすすめようかな。
・男性保育士が増えることの影響で一番私が感心を持ったのが、この部分。
「また、男性保育者の存在が家庭、社会に及ぼす影響として、男性保育者のいる園に通う子どもの家庭は、いない園に通う子どもの家庭よりも父親の育児分担率が高いこと、保育所への送迎率、保護者会への参加率が高いことなどが示されており、加えて男女共同参画社会の一層の推進、母子家庭の増加に伴う家庭内での男性モデルの減退に対する対応策としてなど社会的な意識も指摘できよう(p241)」という部分。
・この想定部分も注目したい。
「父親的な役割について考えたい。社会的には「男性の育児」が感心を集め、父親の育児休暇やワークライフバランスなどについて論じられることが増えてきた。先述した先攻研究から、男性保育者の存在が家庭、特に父親に対して影響を及ぼしていることが明らかにされている。加えて男性保育者の子どもとの関わり方を父親が参考にしたり、男性保育者がいることによって自己の子育てや園での保育に意識が向いたりすることも想定される。さらに保育者が保護者に対して行う支援を行う必要性は、幼稚園教育要領も保育所保育指針も言及しているが、その保護者にはもちろん父親も含まれる。父親に対する支援は同性である男性保育者のほうが行いやすいという可能性も想定される。」
・今回の調査は男性学生2名と現役男性保育士1名の3名での調査だけれど、そんな感じでも紀要だったら論文になるんだなぁ(論文素人でごめんなさい)

・そして、帝京の清水先生と話をしていたら「そうなんですよ。男性保育士や男性実習生に求められる事って「男らしさ」なんですが、保育士の男らしさって具体的ではないですよね」って話していました。
これは、体型的にまとめると意味あるものになるなぁ、と感じたのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二時交通について。

2017年01月20日 | ★ 観光情報・地域活性化


先日、二次交通の会議に出ました。
二次交通ってね、目的地からさらに目的地まで行く手段のこと。
どこの地方もこの二次交通は課題でしょう。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥
二次交通の会議の中で気付いたこと。
⚫︎北杜市や、富士見町、原村でのリゾートエリアを回っている「リゾートバス」。色々と工夫されているけれど、それぞれの路線で課題多し。
⚫︎利用者が増えている路線、減っている路線、理由分からず。
⚫︎今、話題のUBER。六本木で導入されているが、基本的には「タクシー会社が無い地域」が基本。例えば離島。
⚫︎我が地域のように、タクシー会社もある、バス会社もあると言う地域でのUBERはまだ、認められないかも。日本の多くが「タクシー会社はある、バス会社もある」の地域。さて、どうしようか。
⚫︎ここから私の気づきと雑談。
→八ヶ岳エリアはレンタカー少ないよね。小淵沢駅前と、清里のニコニコレンタカー。北杜市さ、こんなに太陽光パネルがあるんだから、電気自動車のレンタカーを導入したらどうだろう?電気代安くしてさ。みんなの移動を電気自動車にする、ってどう?
→で、この電気自動車は、市民ももちろん使えてパソコンで予約するの。都会にあるタイムズレンタカーのように。
→北杜市市民バスは、観光客も利用していいんですって。でもね、路線が「地名でしか」表記されてなかったり、路線が多かったりして統一のサイトに載せるのには苦労が必要そう。なるほど、我が家の近くの路線バスは1日18本もある(びっくり!)。
→タクシーもさ、ちょっとだけ大型タクシーとかあるといいなぁ。例えば2人夫婦(おじいちゃんおばあちゃん)と3人家族(若夫婦と子供)みたいな時に、1台のタクシーで移動出来るといいよね。
→なんて、考えました。これから考えなくちゃね。
‥‥‥‥‥
ちなみに、北杜市民バスは快適です♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五味愛美プロフィール

●通称
  あいちゃん
  あいさん
  あいみちゃん

●今の私のキーワード
  森(1994年〜。学生の頃から)
  環境教育(1994年〜。学生時代を含め20年間)
  インタープリター(2000年〜。プロとして15年間)
  森林療法(2005年〜2010年)
  ワークショップ(2000年〜。)
  地域活性化(1998年〜。)
  イベント企画・司会(2011年〜。)
  田舎暮らし(2007年から二世帯を始めました)
  婚活ファシリテータ&コンサル(2011年〜。)
  短大の非常勤講師(2014年〜。)
  ラジオパーソナリティ(2011年〜。)

●過去の掲載メディア
  ★日本エコツーリズム協会 の 「このガイドさんに会いたい100人」・選出
  ★エコライフマガジン「もうひとつのエコライフ~WOMAN'Sスタイル~」・執筆
  ★2007年 YBSテレビ 「ワンダフル甲州人」 出演
  ★2007年 FM八ヶ岳「キープ・カンティ・トーク」 DJ担当(1年間)
  ★2008年 JR中吊り広告/山梨ディスティネーションキャンペーン/八ヶ岳南麓エコツアーガイド
  ★2008年  書籍『森林療法あらかると』 NPO法人日本森林療法協会編・執筆
  ★2009年 山梨日日新聞 「彩職兼備」 取材
  ★2009年 八ヶ岳ジャーナル 「曙光」 取材
  ★2009年 「ReBueaty」山と渓谷社出版 取材
  ★2009年 『地球人』執筆
  ★2010年 JTの森「もりへようこそ」 インタビュー

●私のぶれない本職
  ネイチャーインタープリター

●2017年現在の仕事
  五味五感企画
  婚活de八ヶ岳推進委員会
  エフエム八ヶ岳ラジオパーソナリティ
  帝京学園短期大学非常勤講師
  山梨県総合計画審議会委員

●連絡はこちらへ
  メール:gomigocan@gmail.com
  山梨県北杜市高根町在住