あいち沖縄会議

「普天間基地」撤去~辺野古に新基地いらない~
定例街宣~第3日曜日栄バスターミナルにて午後4時から~

沖縄関係イベント・アクションのお知らせ 6/25

2016-06-20 | 記録

沖縄関係イベント・アクションのお知らせ 6/25

愛知県を中心に、沖縄に関わる催し・イベント等をご紹介します。
正確な情報・詳細はイベント主催者のホームページ等をご確認下さい。

【愛知】5/24(火)~7/2(土)
ピースあいち企画展「辺野古から沖縄・日本を考える」
と き:5月24日(火)~7月2日(土)
ところ:戦争と平和の資料館 ピースあいち 3階展示場
     名古屋市名東区よもぎ台2-820
     地図:http://www.peace-aichi.com/map.html
入館料:大人300円 小中高生100円(通常の入館料金) 
同時開催:石川文洋写真展・辺野古(2階 プチ・ギャラリー)
問合せ:TEL/FAX052-602-4222(開館:火~土曜、祝日の11:00~16:00)
その他:http://www.peace-aichi.com/

【愛知】6/18(土) ~6/30(木)  
映画「シチズンフォー スノーデンの暴露」劇場公開
  米国政府のスパイ行為を告発した元CIA職員。
  世界が震撼したスノーデン事件の全記録。
  http://gaga.ne.jp/citizenfour/
と き:6/25(土) ~6/30(木)  16:55~ (114分) ←変更、1回だけになりました。
    以降は劇場問合せ
ところ:伏見ミリオン座(地鉄「伏見」6番出口徒歩1分)
料 金:基本当日 一般1800円 高校・大学生1600円 中学・小学生1200円 シニア1200円
問合せ:伏見ミリオン座 TEL:052-212-2437
その他:http://www.eigaya.com/theater/million/#info

【愛知】6/25(土)   
共同行動定例街頭宣伝行動
戦争法廃止!辺野古新基地建設反対!安倍内閣退陣!
と き:6/25(土) 11:00~12:00
ところ:栄スカイル前
問合せ:052-871-5433(愛労連・関) 

【愛知】6/26(日)  変更あり!
選挙へ行こう! GO VOTE ! flash mob  
と き:6/26(日)13:00~13:30 ←変更
ところ:栄スカイル前(サカエチカ7番出口すぐ) ←変更
内 容:7月10日は参議院選挙投票日。
    今回の選挙から、18歳以上の若者も投票ができます。
    生活を守るために、選挙で未来を変える意思表示を。
    より困難な状況にある10代の若者と共にフラッシュモブを行います。
    世代を超えてつながろう!...
メッセージ:※プラカード等は、主催が配布するものをご使用下さい。
     ※服装は、青・紺・黒・白、でのコーディネートで。
       今回は 歌 メインでやります。歌が大好きな方、ぜひご参加ください。
       いっしょに歌って、日曜日の栄に歌声をとどろかせましょう♪
呼掛け:T-ns SOWL TOKAI 安保関連法に反対するママの会@愛知☆有志 命どぅ宝あいち 原発ゼロNAGOYA ACTION
詳 細:https://www.facebook.com/events/1751366838416713/

【愛知】6/26(日)
第32回ユニオン学校
と き:6/26(日)15:00~
ところ:全港湾開館2階会議室(地鉄「名古屋港」1番出口右すぐ)
参 加:会場カンパ500円
内 容:1限目 港湾労働運動の歴史と体験
        語り:土井照雄(元港地区労事務局長)
    2限目 「沖縄平和行進2016」参加報告
        杉本恒(全港湾名古屋支部副委員長)
        松本朗(ユニオンと連帯する市民の会)
主 催:ユニオン学校運営委員会
連絡先:080-3543-9205(松本) 090-4235-0662(近森)

【愛知】6/28(火)~30(木)
写真展「辺野古のいま」
と き:6/28(火)~30(木)10:00~16:00
ところ:名古屋東別院会館(地鉄「東別院」4番出口)
     ロビーAOギャラリー
参加費:無料
内 容:辺野古抗議行動参加者の撮影した写真
主 催:写真展「辺野古のいま」実行委員会
問合せ:090-9934-8988(松本八重子)

【愛知】6/30~7/2
選挙に行こう!移動シネマ
2016年松井久子監督作品 ドキュメンタリー映画
「不思議なクニの憲法  声をあげる 私たち」

と き:6月30日(木)@大曽根 18:30~(18:00開場) 定員20名
ところ:フェアトレードshop「オゾン」 (JR 「大曽根」駅南口から西へ1分)
    http://aift.jp/sub4.html
問合せ:090-2617-5641(丸山)

と き:7月1日(金)@千種 18:15~(17:45 開場)定員30名
ところ:オーガニックCafe「空色曲玉」(そらいろまがたま)(地鉄/JR「千種」徒歩7分)
    http://www.soratama.com/
問合せ:090-8957-1205(大嶽)

と き:7月2日(土)@瑞穂 13:50~(13:30開場)
ところ:法龍寺会館 http://horyuji.info/kaikan (地鉄「瑞穂区役所」②番出口東へ7 分)
お問合せ:090-2922-5767(山本)

参加費:大人1000 円・学生500 円(ドリンク付き)中学生以下無料
     映画上映後おしゃべりタイムがあります。
主 催:怒れる女子会@なごや
連絡先:E-mail:ikajosi@gmail.com  tel:090-2922-5767(山本)
    <facebook> https://goo.gl/C0lr9B

●立憲主義って何?●歴史に学ぶ(敗戦から日本国憲法の成立まで)
●People を主役に(国民主権)●侵されてはならぬもの(基本的人権の尊重)
●封建的家族制度からの解放(男女平等)●進む憲法の空文化(9 条・戦争放棄をめぐって)
●戦後の日米外交史 ●沖縄は憲法を手にしているか ●未来に向けて?18 歳選挙権と若者の政治参加
●そしてあなたは何を選ぶのか?(自民党の改憲案・護憲派の主張・護憲的改憲派からの提案)
 インタビュー:瀬戸内寂聴 孫崎享 長谷部恭男 赤松良子 三浦陽一
        伊勢崎賢治 船田元 カレル・ヴァン・ウオルフレン 竹下景子 
        元山仁士郎 竪十萌子 原田謙介 水野スウ 小原美由紀 齋藤優里彩
        日比野和真 土屋聖子 辻仁美 月股美子 月股可菜子 高塚愛鳥
        安積遊歩 安積宇宙 長井鞠子 小林照子 松本侑壬子 宮崎絢子
 ナレーション:竹下景子
 監督:松井久子  音楽:長谷川久美子 
「不思議なクニの憲法」公式サイト:http://fushigina.jp/ (122分)

【愛知】7/2(土)   
共同行動定例街頭宣伝行動
戦争法廃止!辺野古新基地建設反対!安倍内閣退陣!
と き:7/2(土) 11:00~12:00
ところ:栄スカイル前
問合せ:052-871-5433(愛労連・関) 

【愛知】7/3
ドキュメンタリー映画「不思議なクニの憲法」上映会
と き:7月 3日 (日), 13:30 ~ 16:30
ところ:名古屋YWCA(地鉄「栄」東5番出口より東へ2分)
参加費:1200円
主 催:名古屋YWCA 女性部会
問合せ:名古屋YWCA TEL 052-961-7707
映画には、「沖縄は憲法を手にしているか」SEALDs RYUKYUの元山仁士郎さんも登場 

【愛知】7/9(土)   
共同行動定例街頭宣伝行動
戦争法廃止!辺野古新基地建設反対!安倍内閣退陣!
と き:7/9(土) 11:00~12:00
ところ:栄スカイル前
問合せ:052-871-5433(愛労連・関) 

【愛知】7/9(土) ~15日(金)   New!
ドキュメンタリー映画「不思議なクニの憲法」劇場公開
と き:7/9(土) ~15日(金)  12:00~14:05
ところ:シネマ・スコーレ (名古屋駅太閤口通口より西へ徒歩2分)
内 容:沖縄は憲法を手にしているか SEALDs RYUKYUの元山仁士郎さんも登場
料 金:通常一般当日1700円 学生1300円 前売1000円
問合せ:シネマスコーレ TEL:052-452-6036
    e-mail:eiga@cinemaskhole.co.jp
その他:HP http://www.cinemaskhole.co.jp/cinema/html/

【愛知】7/16(土)-19(火)
地球の上に生きる DAYS JAPAN 写真展 2016 in 名古屋
日時/2016年7月16日(土)-19日(火) 10:00~20:00(最終日は17:00まで)
場所/名古屋国際センター4階第1・2展示室
内容/(いろいろありますが、沖縄関係のみご紹介)
7月18日(月・祝)10:00~12:00 第3研修室 
       映画「ザ・思いやり」
       14:00~16:00 第3研修室
       辺野古レポート~非暴力を貫く闘い~
       講師:具志堅邦子(あいち沖縄会議)
主催/DAYS JAPAN サポーターズクラブ名古屋
参加費/写真展500円、講演会500円
備考/高校生以下、障がい者の方は無料
講演会の参加費には写真展の入場料は含まれておりません
講演会満席の場合は入場をお断りすることがあります

【愛知】7/16(土)~  追加あり!
映画「圧殺の海第2章 辺野古」劇場上映
と き:7/16(土)~7/22(金) 11:00
    7/23(土)~7/29(金) 13:00   (107分)
    7/30(土)~  劇場にお問い合わせ下さい
ところ:シネマテーク(地鉄「今池」東山線10番出口、桜通線9番出口)
    地図 http://cineaste.jp/faq/where.htm
入場料:前売券 すべて1000円 当日一般1700円 大学生1500円 中高生1200円 ほか
内 容:トークイベント(7/16(土)~7/22(金)
    7/16(土)浅見裕子さん(写真家)×藤本幸久監督
    7/17(日)泰 真実さん(辺野古ゲート前歌手「ヤスさん」)×藤本幸久監督
    7/18(月)内河惠一さん(弁護士)×藤本幸久監督
    7/19(火)藤本幸久監督全力トーク「沖縄の海兵隊とは」
    7/20(水)具志堅邦子さん(あいち沖縄会議)×藤本幸久監督
    7/21(木)山下律子さん(唄三線と語り)×藤本幸久監督
    7/22(金)藤本幸久監督舞台挨拶
    ※トークイベントは連日上映後。7/22(金)のみ上映前。
主 催:シネマテーク
問合せ:052-733-3959
その他: http://cineaste.jp/m/2500/2578.htm

【愛知】7/17(日)
普天間基地撤去~辺野古に新基地いらない~定例街宣(予定)
と き:2016年7月17日(日)16:00~17:00
ところ:名古屋栄南バスターミナル(地鉄「栄」森の地下街14,15番出口すぐ)
内 容:スピーチ、ビラ配布、スタンディング等
主 催:あいち沖縄会議 
問合せ:052-623―0760 aichi.okinawakaigi@gmail.com
その他:毎月第3日曜日16:00~17:00定例

【愛知】7/31(日)  予定は変更の可能性あり
「沖縄からはっきり見える 基地・軍隊の本質と人権」(仮題)
と き:7月31日(日) 14:00~ 集会 16:30~デモ
ところ:名古屋市教育館 講堂 (地鉄「栄」2番、3番、10B番出口すぐ)
内 容:お話 高里鈴代さん(「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」共同代表)
主 催:あいち沖縄会議、戦争をさせない1000人委員会あいち
問合せ:052-623―0760 aichi.okinawakaigi@gmail.com

【三重】8/6(土) ~8/19(土)  New! 詳細は後日
映画「シチズンフォー スノーデンの暴露」劇場公開
  米国政府のスパイ行為を告発した元CIA職員。
  世界が震撼したスノーデン事件の全記録。
  http://gaga.ne.jp/citizenfour/
と き:8/6(土)~~8/19(土)
ところ:伊勢新富座(近鉄特急「伊勢市」駅下車徒歩約15分、最寄りは特急の停まらない「宮町」駅)
    三重県伊勢市曽祢2丁目8−27
    http://www.h5.dion.ne.jp/~shintomi/map/index.html
    http://www.h5.dion.ne.jp/~shintomi/map/access.html ←名古屋からのアクセス
料 金:通常 大人1700円 高校・中学・小学生1000円 シニア1200円 他 (作品によって変わることあり)
問合せ:伊勢新富座 (0596)28-2875
その他:http://www.h5.dion.ne.jp/~shintomi/index.htm

【愛知】8/7(日)
2016年度 沖縄スタディツアー ガイダンスと事前学習会
と き:8/7(日)13:30~15:30 ガイダンスと事前学習会
ところ:名古屋学生青年センター (地鉄「名古屋大学」駅1出口から徒歩約5分)
内 容:※8月25日の所に旅行日程あり    
主 催:名古屋学生青年センター
    名古屋市昭和区宮東町260 TEL 052-781-0165
    Email: nyc.chubu@nskk.org
    ホームページ: http://nskk.org/chubu/nyc/

【愛知】8/11(木)~8/14(日)
2016あいち平和のための戦争展
と き:8/11(木)~8/14(日)10:00~18:00
ところ:名古屋市公会堂4階(地鉄/JR「鶴舞」下車)
主 催:同実行委員会
内 容:あいち沖縄会議、命どぅ宝あいち、不戦へのネットワークもブース展示
連絡先:愛知県平和委員会 052-931-0070

【愛知】8/25(木)~8/28(日)
2016年度 沖縄スタディツアー
と き:8/25(木)~8/28(日)
    (8/7(日)13:30~15:30 ガイダンスと事前学習会あり)
    ※申込み締切り 7/22(金)
参加費:70000円(航空券、沖縄県内移動費、宿泊費、旅行保険、プログラム費含む)
日 程:1日目 (8:00中部国際空港集合)沖縄国際大学→嘉数高台→佐喜眞美術館→嘉手納基地
(案) 2日目 名護→高江→辺野古→名護
    3日目 名護→辺野古→石川・宮森小学校ジェット事故跡→勝連城→(ホワイトビーチ)→那覇
    4日目 自由行動 (首里城)→対馬丸記念館→不屈館 (21:10中部国際空港着/解散)    
主 催:名古屋学生青年センター
    名古屋市昭和区宮東町260 TEL 052-781-0165
    Email: nyc.chubu@nskk.org
    ホームページ: http://nskk.org/chubu/nyc/

【愛知】9/25(日)  詳細は後日
第6回 辺野古新基地反対コンサートin名古屋
           ~平和とジュゴンを守るコンサート~
と き:2016年9月25日(日)
ところ:栄もちのき広場(テレビ塔 南)[交通アクセス]地下鉄「栄」駅3番・4番出口「久屋大通」駅4B出口
出 演:?
参加費:無料
主 催:「辺野古新基地反対コンサートin名古屋」実行委員会
問合せ:神戸郁夫 E-mail kanbe@pop02.odn.ne.jp
情 報:「名古屋辺野古」フェイスブック
     https://www.facebook.com/名古屋辺野古-1029073243810754/?fref=nf

【愛知】11/25(金)~28(月)
第20回沖縄平和ツアー
2016年11月25日(金)~28日(月)
①与那国島コース 11万7000円(予定価格、4泊8食・交通費) 満員御礼、定員締切り
②石垣島コース 10万円(予定価格、3泊6食・交通費)
③小浜島コース 11万5000円(予定価格、3泊6食・交通費)
最終日は3コース合同で辺野古座り込み参加
各コースとも島の人たちとの交流会あり
主催:「GAMA-月桃の花」を訪ねる第20回沖縄平和ツアー実行委員会
共催:命どぅ宝あいち
連絡先:052-883-6960(愛知学習協) a_gakusyukyo@ebe.nifty.com

【愛知】11/26(土)、27(日)
人業劇団ひらき座 第116回公演 ~第33回自主公演~
「海にたつ島(仮題)」
と き:11/26(土)、27(日)時間未定
ところ:名古屋市天白文化小劇場(地下鉄「原」駅上)
内 容:愛知・名古屋から沖縄(歴史、文化、自然、基地etc)を通して
    今を見つめ未来を展望する!!
問合せ:鵜飼啓子052-751-9132 E-mail:info@hirakiza.com
その他:HP:http://www.hirakiza.com 出演者募集中!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月4日(土) 二つの催しのお知らせ

2016-06-02 | 記録

6月4日(土)に二つの注目イベント開催!
忙しいですが、できたら両方ご参加ください! 

その一

第5回辺野古新基地反対コンサートin名古屋

■日時 6月4日(土) 11:00~16:00
■場所 栄広場(栄小公園)

https://www.facebook.com/名古屋辺野古-1029073243810754/

その二

SEALDsTOKAI 6・4参院選に行きたくなる集会・デモ

   

■日時 6月4日(土)13:30-集会 14:00-
■場所 久屋大通公園光の広場( 地下鉄矢場町2番出口)

■登壇者 穀田恵三衆議院議員(日本共産党)
     山尾しおり衆議院議員(民進党)
     香山リカ(精神科医、立教大学教授)
     森原康二(三重大学准教授)
■デモコース 矢場町から裏門前で矢場町までの約3km
■デモ発言者 現役保育士、高校生、TOKAI・KANNSAIメンバー

【6・4参院選に行きたくなる集会・デモ】   SEALDsTOKAI
いつもお世話になっております。「SEALDsTOKAI」では、6月4日(土)名古屋市にある久屋大通公園光の広場にて
集会と集会後にデモを行います。

18歳選挙権の施行により、この夏の参議院選挙から18歳以上が投票できるようになりました。
私たち若者の意見が政治に反映されやすくなります。私たちと同世代の人たちが選挙に少しでも興味が持てるよ
うにと企画しました。また、全国で野党共闘が実現されていくなか、日本共産党と民進党から一人ずつ議員本人
が登壇し発言をいたします。是非、東海3県に市民団体の方々にも参加の呼びかけのご協力していただきたくご
連絡させていただきました。

〇趣旨:6・4参院選に行きたくなる集会・デモ私たちは、次の参議院選挙に向けて様々な活動をしていま
す。例えば、大学などへの投票所の設置や投票ガイドの作成などです。これらの活動は、18歳選挙権が始まった
いま、一般的に政治無関心と言われる若者がどうすれば政治に関心を持ち、投票行動までつなげていけるのか、
そして、いかに個人が考え候補者を選び、投票できるのかということに主眼を置き行っているものです。投票率
が軒並み低迷している現在では、国民全体の投票率と各党の得票率を考えれば選挙結果が必ずしも民意を反映し
ているとは言えません。そんな状況で与党が勝利しても国民の信託を得たといえるでしょうか。投票は国民の権
利です。この権利を行使し政治に参加していくことは
自分たちが生活していくうえで、欠かせないものであり、更には次の世代への責任であると思います。今回の集
会・デモは、選挙を見据え一般市民や若者・メディアをも巻き込んだ大きなアクションにしていきたいと考えて
おります。そのため、各関係者様のつながりのある団体にも参加の呼びかけを行っていただけたらと思っており
ます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生物多様性センターよりオバマ大統領へ 「ジュゴンの棲む海を脅かさないで」

2016-05-28 | 記録

Press Release: President Obama Asked to Stop U.S. Military Project That Threatens Endangered Dugong

あいち沖縄会議の構成団体「JUCON(沖縄のための日米市民のネットワーク)」の三石さんより


皆さん、こんにちは。
米国ジュゴン訴訟の原告でもある生物多様性センター(Center for Biological Diversity)のPeterさんから、今回のサミットで来日されるオバマ大統領に宛てて、ジュゴンの棲む海を脅かさないでというプレスリリースを出したよと教えてもらいましたので、転送します。

ぜひ、周りの方に拡散してください。よろしくお願いします。

三石

 

http://biologicaldiversity.org/news/press_releases/2016/okinawa-dugong-05-26-2016.html

 

Center for Biological Diversity

 

For Immediate Release, May 26, 2016

Contact: Peter Galvin, (707) 986-2600, pgalvin@biologicaldiversity.org

President Obama Asked to Stop U.S. Military Project That Threatens Endangered Dugong

OKINAWA, Japan— During President Obama’s visit to Japan for the G-7 summit, the Center for Biological Diversity called on him to abandon his controversial plan to build a large new military base in biologically rich and sensitive Henoko and Oura Bay. The bay is home to the dugong — a marine mammal related to manatees that is an ancient cultural icon in Okinawa — and other endangered species. That project is strongly opposed by residents of the island, which has had a huge U.S. military presence since the end of World War II, and that opposition was galvanized by the recent murder of a young Okinawan woman, allegedly by a U.S. military contractor, for which Obama was publicly rebuked Wednesday by Prime Minister Shinzo Abe.

“Our large and lingering military presence has enraged the Okinawan people and now it’s threatening the dugong with extinction. President Obama should use his visit to Japan to abandon this controversial, ill-considered project,” said Peter Galvin, director of programs for the Center. “The people and wildlife of Okinawa need a chance to recover from our 44-year occupation of that biologically rich island.”

The military base project was approved with inadequate environmental review after being pushed through by the U.S. and Japanese national governments. Okinawan Gov. Takeshi Onaga last year withdrew local consent for the project, which is currently on hold pending a political resolution. The Center for Biological Diversity and other groups are challenging the project and that case is now before the 9th Circuit Court of Appeals.

“Okinawa dugongs are barely hanging on, a sad fact that the approval process for this project ignored. We stand with the Okinawan people in calling for a real environmental review and respect for local concerns,” Galvin said. “We shouldn’t let the U.S. military continue to trash the Okinawa area or our relationship with its people.”

The Center for Biological Diversity is a national, nonprofit conservation organization with more than 1 million members and online activists dedicated to the protection of endangered species and wild places.

http://biologicaldiversity.org/news/press_releases/images/cbd-press-footer.gif

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月28日(土)沖縄女子殺害事件抗議の街頭宣伝

2016-05-26 | 記録

みなさまへ

あいち沖縄会議の山本です。

沖縄でまた大変痛ましい事件が起きました。
1995年、3人の米兵による少女レイプ事件が起きて
以来、いえそれ以前から沖縄の現状は変わりません。
この21年間、私たちは一体何をしてきたのか忸怩たる
想いがあります。

以下のように、緊急の街頭行動を行います。
ぜひ、ご参加ください。

日時・5月28日(土) 12時から1時
場所・栄スカイル前 
呼びかけ  あいち沖縄会議

尚、一部の方には、27日(金)午後6時からとお伝えしましたが
上記に予定を変更します。

転送・拡散よろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日24日の緊急申し入れ

2016-05-25 | 記録

不戦ネットさんが、フェイスブックに報告を載せていますので、ご紹介します。

https://www.facebook.com/antiwarnetwork/posts/1767858213446960

抗議及び要請書を参考資料として以下に添付します。

サミット警備に乗じた県営名古屋空港へのオスプレイ飛来に抗議します。

 

愛知県知事 大村秀章 様

 

 日々、県政の尽力されていることに敬意を評します。私たちは、名古屋に事務所を置き平和や人権の問題に取り組む市民団体です。

5月20日午後、米軍機オスプレイ5機が、伊勢志摩サミットの警備と称して「ひっそりと」着陸しました。報道によると、外務省の要請とのことで事前に県民には知らされることはありませんでした。21日には、中部空港経由で三重県方面へ飛行ルートの確認のために飛行したと報道されています。

 私たちは、サミットの警備を理由としたオスプレイの飛来に対し、断固抗議をします。サミットの警備は「テロ」の脅威を名目にまるで戒厳令のような警備態勢が敷かれています。名古屋空港へのオスプレイ飛来を始め、名古屋港には護衛艦「いずも」をなどの自衛隊艦船が寄港し、いたるところに警察官が配置され市民生活に大きな支障が生じています。明らかな過剰警備です。

 

 そもそも、オスプレイは、開発段階から事故が多発している欠陥機です。普天間基地に配備された当初は、10万飛行時間当たりの重大(クラスA)事故の発生率は1・93件でしたが、15年12月時点で3・69件と約2倍に増加しています。沖縄への配備に際しては、県民の多くが反対し大規模な県民集会を開き意思表示をしました。それにも関わらず配備が強行され、配備後は、運用制約は形骸化し、夜間飛行や市街地上空での飛行を繰り返しています。事故が多発する危険極まりないオスプレイが、市街地が広がる名古屋空港周辺を飛行することは断じて許せません。

 

小牧基地のあり方について地元二市一町は「輸送と教育」という従来の役割に限定するように再三防衛省に申し入れています。今年おこなわれた、小牧基地航空祭でのブルーインパルス飛行についても、中止の要請をしています。しかし、近年の小牧基地は、空中給油機の配備、ブルーインパルスの強行、加えて政府の武器輸出解禁に伴って隣接する三菱重工小牧南工場での国産シテルス戦闘機の開発、最新鋭ステルス戦闘機F35の修理拠点候補などが進められようとしており、県営名古屋空港の滑走路は「輸送と教育」を逸脱した運用に向かっています。

 小牧基地の滑走路は県営名古屋空港の滑走路を借りて使用しています。県が管理運営の権限があるはずです。周辺自治体や住民の意向を尊重するということは言うまでもありません。外務省の要請があったとは言え、県民にその事実を知らせない態度は、県民の生命、財産を守るという自治体の使命からしてあってはならないことと考えます。危険なオスプレイの飛来について中止するよう意思表示をすべきだと考えます。

 米軍のオスプレイは、沖縄県内だけではなく、全国で飛行訓練をします。これを契機に、オスプレイを始め米軍機の飛来が常態化することを危惧します。県営名古屋空港の管理運営する県は、県民の命と財産を守ることを第1の仕事として、今後オスプレイはじめ米軍機の飛来がないように毅然とした態度を取るよう強く要請します。

 

2016年5月24日

不戦へのネットワーク

                     代表 飯島滋明(名古屋学院大学教授)

                     名古屋市中村区那古野1-44-17

                     TEL 050-3593-5130

 

伊勢志摩サミットに関わる「警備」と称して、海上自衛隊の艦船が名古屋港に入港、接岸することに反対し、入港を認めないよう要請します。

 

名古屋港管理組合管理者

大村秀章様

 

名古屋港を商業港として発展させ、市民の憩いの場所として整備、維持していくためのお仕事ごくろうさまです。

 

さて、世界にむけて平和のメッセージを発する場所であるはずの伊勢志摩G7サミットですが、今、「テロ」を口実にして、空前の「警備」がなされており、平和な市民の日常は大きく制限され、まるで「戒厳令」ように、警察や自衛隊の活動が市民の前に展開されています。  

サミット警備を名目に、この名古屋港にも、海上自衛艦が23日から25日まで金城ふ頭に接岸されるとのことです。護衛艦「いづも」をはじめ、「ふゆづき」、「いかづき」、「はやぶさ」、「はつしま」などが各基地より集結するとのことです。これだけの艦船の集結は、「警備」の範囲をはるかにこえています。もはや、海外に向けて、あるいは市民にむけての軍事力の誇示としかいいようがありません。もとより、名古屋港は軍港ではありません。戦後、港湾を平和利用することを目的として、港湾法ができ、管理も自治体管理となりました。名古屋港も平和利用をめざしての努力がなされていることと私たちは確信しています。

自衛隊の艦船は平和な港をめざす名古屋港にふさわしくありません。私たちは入港を拒否するよう要請します。「安保関連法」で自衛隊の海外での「武力行使」が可能となりました。また、愛知県は多くの「軍需企業」をかかえています。今後、名古屋港が海外への出撃基地となり、武器修理や輸出のための積み出し港となる可能性を私たちは危惧します。そうならないためにも、名古屋港管理組合は確固とした判断を示してください。サミット警備を名目とした、自衛隊艦船の入港を許すことはできません。

 

名古屋港の平和利用をめざし、自衛隊あるいは米軍の艦船の名古屋港利用を拒否すること、以上要請します。

 

                            2016年5月24日

不戦へのネットワーク

                     代表 飯島滋明(名古屋学院大学教授)

                     名古屋市中村区那古野1-44-17

                     TEL 050-3593-5130

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

24日(火)緊急の取り組み

2016-05-23 | 記録

不戦ネットの山本さんより緊急の取り組みのお知らせがありましたので、ご紹介します。
ブログへの投稿が遅くなってしまい、すみません。

不戦へのネットワーク フェイスブック

https://www.facebook.com/antiwarnetwork/posts/1766990673533714

 

5月24日午後2時 航空対策課 県庁1階集合

     午後4時 名古屋港管理組合 地下鉄「名古屋港」1番出口(地上)出たあたりで集合です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月17日(火)大成建設への申し入れ、街頭行動が行われます

2016-05-16 | 記録

いつも直前のお知らせですみません!
明日は第三火曜日、大成建設に対する定例アクションの日です。 

5月17日(火) 午後4時15分
 名古屋駅金の時計に集合
 4時半~5時半まで、名古屋駅前で街宣

 

5月15日(日)沖縄の日本復帰記念日に重なった栄での定例街宣、
愛知県弁護士会イベントの流れで(?)いつもより多くの参加者での行動となりました。

不戦へのネットワークさんが、写真で報告して下さっています。

https://www.facebook.com/antiwarnetwork/

三線、三板(サンバ:沖縄カスタネット?)もあり、最後は「安里屋ユンタ」で締めくくりました。

その後、琉球居酒屋「泡盛王国」で、同時多発ピースリーディング、
「9人いる!」の群読が行われ、何人かがそのまま参加しました。

「復帰の日」に意義深いイベントでした。
愛知での仕掛け人のブログに、当日の様子が報告されています。

http://hisenomarebito.ti-da.net/e8660998.html

憲法「9」条はどこに…?が語られるこの朗読劇、
これからもいろんな場所で、取組むまれることがのぞまれます。

まずは、ピース愛知で予定あり。
既報の沖縄関係イベント・アクションのお知らせ 5/8をご覧ください。

http://hisenomarebito.ti-da.net/e8660998.html

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

辺野古のケーソンを作らせない三重県民の会の署名にご協力下さい!

2016-05-16 | 記録

5月1日の山城さんを迎えてのイベント以来、
愛知でも署名に取り組んでいます。
ぜひご協力下さい!

署名用紙 →

署名集約先:辺野古のケーソンをつくらせない三重県民の会
         代表 柴田 天津雄( 090 -6807 -1089 )

http://blog.goo.ne.jp/ryukyuu

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5.1集会 すごい盛り上がりでした! ありがとうございました!

2016-05-01 | 記録

5月1日の集会のクライマックスの様子です。
どなたかが、ユ―チューブに上げて下さいました。

 

辺野古ラインダンス_名古屋、光の広場2016年5月1日
https://www.youtube.com/watch?v=BTqSKMgp_Jg

まさに、名古屋で「ゲート前」を再現。
名古屋でもできる! 全国でできる!

ビデオを見て、元気になりましょう! 

なお、本日話題の売り切れとなったパンフレットは、
「辺野古土砂搬出反対・全国連絡協議会」(阿部悦子、大津幸夫仮共同代表)
のものです。


辺野古の新基地建設を許さない! つながろう愛知から 集会・ライブ・デモ

山城博治(平和運動センター議長)

ミスター・ゲート前
山城博治さん(平和運動センター議長) 


 

「辺野古の新基地を許さない!つながろう愛知から」集会アピール

 

 

 

私たちは本日、非暴力で辺野古・高江の工事阻止を、力強くリードし続けている山城博治氏を迎え、「辺野古に新基地を造らせない!高江にヘリパッドを造らせない!」と、決意を込めて、連帯集会を開催しました。 

辺野古では、安倍政権の圧政が、海上保安庁や機動隊の暴力となって立ち現われ、辺野古新基地建設反対を訴える市民に襲いかかりました。 

しかし、ゲート前でごぼう抜きされる市民の代わりに、ブロックを積みあげて抵抗するなど、辺野古の現場では知恵を尽くした粘り強い闘いが政府を追い詰めました。 

そして、地方自治法の手続きを鑑みることなく、強権的代執行訴訟に出た政府を、司法がたしなめ、裁判の「和解」で埋め立て工事は法的根拠を失い、政府は工事中止を余儀なくされています。 

それにも関わらず、安倍政権は「和解」後、すぐに「辺野古が唯一」と強弁し、沖縄の民意に耳を傾けようとはしません。しかも、こともあろうか、政府は、熊本地方の地震被害への対策にかこつけて、「災害対策基本法」をよそに、人々の人権と自由を圧殺する「緊急事態条項」の制定に言及し、憲法を改悪し、ファシズムによる国家統治への道を急いでいます。 

既に沖縄では、海兵隊による抑止力の嘘や地政学上の戦略的矛盾を突き、経済的基地依存の誤解を解いて、辺野古を唯一とする政府の非合理で根拠薄弱な「安全保障」を指弾し、保革を超えた、オール沖縄で闘いの体制を築いています。そのことは今、戦争法廃止の闘いを進める私たちにも、大きな展望と勇気をもたらしています。 

辺野古埋め立ての土砂採取場となる鹿児島県奄美大島や瀬戸内海各地では「それぞれの故郷を守ろう!」と土砂搬出をゆるさない環境団体や市民が立ち上がり、辺野古の護岸工事の土台となるケーソン製造現場のある三重県からも声があがり、沖縄と本土の現場を繋いだ連絡会も発足しています。

私たちは今こそ立ち上がり、沖縄を含めたオールジャパンの力で辺野古の新基地建設を断念させ、戦争法(安全保障関連法)を廃止へ追い込み、参議院選挙に勝利して、安倍政権から立憲主義を取り戻すまで、全国と連帯して戦い抜きます。

以上、ここに決議します。

2016年5月1日  「辺野古の新基地を許さない!つながろう愛知から」集会参加者一同


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つながろう愛知から 集会・ライブ・デモ

2016-05-01 | 記録

辺野古座り込みリーダー 山城博治さん来名

   ←クリックすると大きくなります。

 

◆ 大事な現場から、全国に訴えるため、愛知に訴えるため、
    「ミスター・ゲート前」山城ヒロジさんが来て下さいます。

     熱・烈・大・歓・迎 しましょう!
       今、何をすべきか、一緒に考え行動しましょう!

     一人でクールに、ではなく、
       「家族、友達さそって、みんなで行ってみよう~」

◆ ゲート前を再現か?芸能プログラムもあり!

     関西から不屈のパフォーマー来たる!
       迎えるは愛知の素敵な「表現者」たち。

     歌あり、踊りあり(かな?)、
       取り分け注目すべきは、沖縄の「指笛」!
         ぜひ覚えて帰ろう!(無理か…?)

                   (ここまでの文責:やぎどん@命どぅ宝あいち)

 

つながろう愛知から 集会・ライブ・デモ
  辺野古の新基地建設を許さない!

日 時:5月1日(日)
集 会:午後1時半~3時  デモ出発:3時15分
場 所:光の広場(久屋公園)
     地下鉄名城線「矢場町」2番出口

ゲスト 山城博治さん 平和運動センター議長

ライブゲスト 川口真由美さん

  関西を中心に反戦平和!命が宝をテーマに活動している。
  辺野古ゲート前の闘争には月1回のペースで参加。歌手、ダンサー、パフォーマー。

ライブ出演者

  ぽこあぽこ
    名古屋を中心に活動するフォークグループ。「辺野古新基地反対コンサートin名古屋」に関わっています。

  人業(ひとわざ)劇団ひらき座
    「差別のない平和な社会の実現」をテーマに、講演活動を行っています。

  板谷信彦さん
    地元の集会、デモで欠かせないシンガー。
    「中学時代からアンチ自民党。それだけが自慢」だそうです。

  松本京子さん
    指笛王国おきなわ名古屋支部支部長

 

主 催:辺野古新基地建設を許さない!つながる愛知から集会実行員会
連絡先:052-623-0760


政府の沖縄 辺野古の新基地建設強行に心を痛めているみな様へ

 私たちは、辺野古の新基地建設に反対をしています。何としても辺野古・大浦湾の貴重な自然を残し、これ以上沖縄に基地の過重な負担を強いることを止めたいと思い活動をしてきました。
 辺野古の新基地建設をめぐる政府と沖縄県の裁判は、双方が裁判所による「和解」を受け入れ、工事を中止するとしました。しかし、安倍首相は、「和解」を発表した直後に「辺野古が唯一の選択肢であることは何ら変わりない」と発言し、和解条項に盛り込まれた沖縄県側との協議の段取りもしないまま、翁長知事に対し、取消処分に対する是正指示をだしました。安倍政権のこのような姿勢は、沖縄の民意に寄り添う姿勢は微塵も感じられません。
 翁長知事は裁判で「問われているのは、埋め立ての承認取り消しの是非だけではない。(中略)日本に地方自治や民主主義は存在するのか。沖縄県にのみ負担を強いる日米安保体制は正常と言えるのか。国民すべてに問いかけたい」と意見陳述をしました。安倍自公政権は、昨年9月、憲法が禁止する集団的自衛権行使が可能となる、戦争法を強行採決し、憲法の平和主義を破壊する「改憲」を明言しています。新基地建設を許すことは、さらに沖縄に過重な負担を強いることになります。
 沖縄の民意は明らかです。沖縄の新基地建設反対の意思を受け止め、本土でこそ大きな声をあげることが重要だと考えます。多くのみな様の参加と賛同を呼びかけます。
 
■賛同のお願い(当日は参加無料です。費用は賛同金でまかないます。ぜひ賛同をお願いいたします。)
● 賛同金  個人 一口:1000円  /  団体 一口:2000円
● 振込先  郵便振替(ゆうちょ銀行)
● 加入者  あいち沖縄会議 (5.1集会賛同とご記入ください)
● 口座番号 00890-0-151551

実行委員会参加団体

不戦へのネットワーク 命どぅ宝あいち 日本聖公会中部教区沖縄プロジェクト 名古屋YWCA 東海民衆センター JUCON(沖縄のための日米市民のネットワーク) 愛知県平和委員会 怒れる女子会@なごや ぽこあぽこ 人業劇団ひらき座 カトリック正義と平和委員会 日本キリスト教婦人矯風会(2016年3月15日現在)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加