辺野古のケーソンをつくらせない三重県民の会 BLOG

「ケーソン」とは、52m×22m×24m総重量7400㌧もある鉄筋コンクリート製の巨大な箱で、海上基地の土台になります。

5月定例行動を四日市で行いました

2017-05-27 14:50:18 | 最新情報

辺野古のケーソンをつくらせない三重県民の会です。

5月の定例行動を25日夕方、近鉄四日市駅前で行いました。会員20名程で7月22日(土)津市のお城西公園で開催予定の三重県民集会のビラを配布しました。今回の辺野古ブルーの色鮮やかなチラシのせいでしょうか、受取りもよく500枚配れました(一部ティッシュやゴーヤの種もつけて配布)。

感じの良い高校生カップルが「辺野古のことは知らない」というので、会員が説明するとじっくりと聞いてくれました。

また、別の会員は小さな子供を連れた母親に、丁寧に説明していました。

チラシを見ながら「JFEて何ですか」と言われる方もいて、別の会員が説明する場面もありました。

行動のあと打ち合わせ会(ミーティング)を行いました。

活動報告では、情報公開制度などを使ってつかめている現在の状況や5月22日付けでJFE津労組への公開質問状の提出(回答期限5月31日)について報告がありました。

今後のとりくみでは、6月定例のチラシ配布行動を6月12日(月)午後5時半~6時半に白子駅前で行い、打ち合わせ会を20日(火)午後6時半よりアスト津にて行うこと、

7月定例行動を7月12日(火)午後5時半~6時半津駅前、その後アスト津で打ち合わせ会を行うことを決めました。

また、「会」の通信発行と入会費500円の会員拡大やカンパ要請を行っていくことを確認。

7月22日の集会・デモについて打ち合わせを行いました。


「会」の行動があった5月25日で沖縄・辺野古の新基地建設の護岸工事が始まって1カ月となります。現場では「捨て石」と呼ばれる護岸の基礎となる石材の投入が続いており、土煙があがり海が白濁する様子が確認されています。沖縄防衛局が「埋め立て承認願書」で「石材を洗浄し、濁りの発生が少なくなる」ようにするとしているにもかかわらず、洗浄作業を怠っている可能性があるとのことです。

沖縄平和市民連絡会の北上田さんのブログや現地のマスコミでくわしく報じられています(下記リンク参照)。

チョイさんの沖縄日記より 

現地で連日抗議が続けられていますが、沖縄と連帯し、三重県で新基地に使われる辺野古のケーソンをつくらせない世論と運動を広げるために奮闘していきます。


(追伸)5月20日には2017ハート平和行進キックオフ学習会「いまだからこそ、大事な平和へのメッセージ」(三重県生協連・三友会・原水協の共催)で、核兵器や憲法の問題と合わせて「沖縄基地」の問題がとりあげられ、沖縄から戻られたばかりの「辺野古のケーソンをつくらせない三重県民の会」冨田正史共同代表が報告しました。現地大浦湾の地図を広げながら、参加者に現状を訴え、「辺野古新基地とケーソンをつくらせない」とりくみへの賛同を訴えました。

また26日には「戦争をしない戦争もしない三重ネットワーク」の例会で冨田代表が沖縄・辺野古の最新の報告を行っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月22日三重県民集会はじめ今後の行動計画!

2017-05-11 17:50:27 | 最新情報

辺野古のケーソンをつくらせない三重県民の会です。


4月から強行された沖縄・辺野古新基地建設に向けた工事は、5月の連休明けから「K9護岸」と呼ばれる護岸工事を再開しました。

作業の様子を監視している現地の抗議船からは、波打ち際に1メートルもの石材を投入し始めたとの報告も伝わっています。

ただし護岸の基礎工事に用いる石材搬入に必要な仮設道路などの準備もできあがっていないのが現状です。新基地をつくらせない、そのために「絶対にあきらめない」でとりくむことがますます大切になっています。

沖縄と連帯し三重県からも「辺野古のケーソンつくるな」の声をあげることをはじめ、できることをすすめていきたいと思います。

先日5月3日に四日市で「市民連合みえ」主催で行われた市民と野党の共同街宣では、多彩な弁士とともに「県民の会」の冨田共同代表も訴えました。

◇今後の予定=行動計画の主なものは以下のとおりです。

①ケーソンを三重で作るな!抗議行動
7月22日(土)14時から、津市お城西公園で集会、パレード。少雨決行。
恒例の広報活動から一歩進めて抗議の意思表示。暑いときですが、大きな抗議集会です。ぜひ予定に入れご参集ください。

②5月定例行動は25日(木)四日市で
 近鉄四日市駅北口ふれあいモール 午後5時30分~6時30分

③定例相談会 ②のあと、近くの中部地区市民センター(四日市市西浦1丁目8?3)で開催。どなたでも歓迎。出席してご意見を出してください。充実かつ和やかな会です(写真は以前に四日市の同所で行った打ち合わせ会の様子です)。

④5月27日~28日 辺野古の土砂搬出反対全国協議会の総会 北九州市で。
柴田代表が参加します。

JFEへ公開質問状を提出(配達証明で発送済み)

☆5月17日現在、JFEエンジニアリング本社及び津製作所からは回答は届いていません。

⑥沖縄(辺野古・高江)連帯行動のためのツアー
9月ごろを予定にこの会主催のツアーを検討中。

⑦4月に講演頂いた北上田毅さん(沖縄平和市民連絡会)の助言を受けて三重県と津市へ、JFEへの港湾使用許可に関する情報公開請求。

⑧この会の独自ニュースレター発行 5月末予定。
12月講演会、4月講演会の報告。7月22日集会やツアーのお知らせ等、発足以来の大きな取りくみに関する記事など本格的な「通信」の第1号として発行する予定です。ご期待ください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 4月25日ミーティングを行いました

2017-04-30 15:07:00 | 最新情報

 辺野古のケーソンをつくらせない三重県民の会です。

 

 4月25日に定例の打ち合わせ会(ミーティング)を行いました。情勢が緊迫する中、報告や相談事項も多く、長時間の会となりました。

 

 3月21日以降の活動報告では、主に各地の集会の報告が行われました。4月19日に東京・日比谷野外音楽堂で行われた集会では、壇上の3分間スピーチで「県民の会」の横断幕が各地の横断幕やのぼりとともに披露されました。

 

 4月22日北上田さんを招いての講演会は参加者80名で、内容も充実したものとして確信になったことが感想として出され、会計報告も行われました。また、作成したポスターもこの日までにすべて活用されることになりました。

 

 今後、7月22日(土)に「辺野古新基地建設反対・JFEは辺野古のケーソンをつくるな三重県民集会」を津市・お城西公園で開催、集会後パレードを行いアピールすることを決め、運営や準備などについて相談しました。

 

 また、5月の定例宣伝行動(チラシまき)を5月25日(木)午後5時半~6時半で近鉄四日市駅前で行うことを決めました。

 この打ち合わせ会(4月25日)の日、辺野古護岸工事が強行される、というニュースが伝えられる中、JFEエンジニアリングに対し公開質問状を送ること、内容について確認。さらに関係する官庁へ向かって必要な情報公開を求めていくことを申し合わせました。また、沖縄訪問計画やニュースレターの発行などについても相談しました。

 

 下記ブログもぜひご参照ください。

 チョイさんの沖縄日記

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊迫する辺野古新基地建設 三重県から違法な工事に手を貸さない運動を

2017-04-23 22:24:49 | 最新情報

辺野古のケーソンをつくらせない三重県民の会です。

 

4月22日、「沖縄の今、これから~私たちにできることは?~」と題し、京都出身で土木工事に詳しい沖縄平和市民連絡会の北上田毅さんを招いて高江・辺野古米軍基地建設問題についての講演会を津市のアスト津で開催しました。80名余りの方が参加されました。

 

 北上田さんは、辺野古の米軍新基地建設で防衛省沖縄防衛局が週明けにも護岸工事に着手しようとする中で、自らの土木工事の知識や情報公開請求で入手した資料をもとに、パソコンのパワーポイントで作成された資料をもとに説明されました。

 

沖縄防衛局は2月から同海域に228個のコンクリートブロック投下する一方、同時に実施していた海底ボーリング調査の結果も公表しないまま強行しようとする暴挙を批判するとともに、地質がもろく活断層が走る複雑な同海域に基地の土台となるハイブリッドケーソンを三重県でまず8個製造し、設置強行しようとする無謀さを指摘しました。

 

 北上田さんは、埋め立て工事を行うための違法な工事用道路の設置や、海底面を変更させる岩礁破砕許可が3月31日末で期限が切れるもとで、沖縄防衛局が従来の主張を覆し、同県の那覇空港の2期工事とも矛盾する「岩礁破砕許可再申請不要」という立場で無法工事を強行しようとしていると指摘。埋め立て区域に設置される汚濁防止膜も欠陥だらけで効果がなく海の環境破壊にもつながることを厳しく批判しました。

 

 さらに、北上田さんは高江のヘリパッド建設工事についてもふれ、本来1年2カ月かかる工事を安倍総理の肝いりで昨年12月までのわずか4カ月で強行したために、盛り土の崩落などが起き深刻な「手直し」が必要となっていることも指摘しました。

 

 参加者からは、熱心に質問・意見が出され、第2部の学習会も含めて積極的な議論となりました。新しく作成し会場に持ち込んだポスターも「うちにも貼り出したい」と多くの参加者が積極的に持ち帰っていただきました。また会場カンパも寄せられました。

 

北上田さんからは、工事を止めるために現在辺野古のゲート前で工事用車両の侵入を阻止するしかないこと、こうした現地の行動への連帯と参加を呼びかけるとともに、三重県でのケーソン建設をやめさせるためにも、製造に関わるJFEエンジニアリングや関係省庁の動きもつかみながら、三重県での世論と運動を広げて食い止めていくことに期待を表明し、参加者を激励していただきました。

 

 「県民の会」は、4月25日(火)18時30分から、アスト津3階で4月のミーティング(運営相談会)を開きます。三重県から辺野古新基地建設を止めたい、何かしていきたいと思われる方はぜひご参加ください。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今後の予定=行動計画

2017-04-07 16:58:14 | 最新情報

辺野古のケーソンをつくらせない三重県民の会 です。

4月以降の予定=行動計画をお知らせします。

①4月22日(土)北上田さんを招いて学習会

14時~ 辺野古・高江 沖縄情勢講演

16時15分~ ケーソンに特化した学習会
情報公開を駆使しての情勢分析など

アスト津3階 イベント情報コーナーにて
参加費(資料代)500円

②北上田さん講演会に向けてポスティング
4月15日(土) 13時 県立美術館駐車場集合
近隣の住宅地域に広報活動 少雨決行・大雨順延。チラシは事務局で準備します。

③4月ミーティング(運営相談会)
4月25日(火)18時30分~ アスト津3階で

※公開質問状、去年に続く首都圏行動、津市内での抗議行動、沖縄へ出かけての直接の連帯行動など、様々な提案があり、具体的な計画を進めていく予定です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加