経済・政治と株価 株価は経済のバロメーター

年金受給者でありますが、年金のみでは将来不安。
225先物ミニで毎月10万~20万獲得

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

管直人=北朝鮮

2011年06月26日 16時01分45秒 | 批判
我が国は国会で多数を占める与党の代表者が総理になる、議員内閣制である。それにも関らず、「民主党」内から「管総理」早期退陣が日増しに強くなっているにも関わらず、管総理大臣一人の我儘、パホーマンスに押し切れれる有様は「北朝鮮」の金代表の姑息なまでの粘り腰で、国民不在の最たるものである。


管総理大臣は何事も思いつきが多く、関係閣僚との相談など全くないのである。しかも発言の責任等など全くないのである。


同時に権利権限は主張するが、責任は他に・誰かに転嫁し、義務は果たさない、正しく、左翼の習性そのものである。


政権党「民主党」内のゴタゴタ・纏まりのない状態をみて、中国・韓国・ロシア等は我が国固有の領土を侵略しようとしている。


沖縄普天間問題でも何ら進展していない。前総理鳩山氏は少なくとも県外・・と言ったことが思い出されるが、これなども左翼習性そのものである。


管総理大臣は脱原発から自然エネルギーへの転換をスローガンにして、総選挙を仕掛けるのではないかと、報道されている。若しかしたらソフトバンクの孫正義氏との密約があるのでは・・時を同じくして、ソフトバンク株主総会ではこの分野(太陽光発電等)に積極的に投資していくことを議決した。


最終的なエネルギーは確かに原発から自然エネルギーへの転換は必要である。が、現状は原発に頼っている。したがって、この部分の明確な工程を示しなければならない。


今、日本は管直人と信子夫婦の我儘、社会主義・共産主義的発想で滅亡の危機に直面していることを確り頭に入れておかなければならない。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経済無策・・管政権・不況始まる

2011年06月12日 15時35分14秒 | 批判
菅政権1年…かけ声倒れ・求心力低下 経済無策、
 菅政権発足から8日で1年を迎えた。菅直人首相は過去の政権が踏み込めなかった消費税率の引き上げと環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加に意欲を示したが、参院で野党が多数を占める「ねじれ国会」や民主党への対応のまずさに、東日本大震災の影響も加わり、実現の道筋は見えない。かけ声倒れの批判がつきまとう菅首相だが、内閣不信任案をめぐって求心力が一段と低下。月内の早期退陣もささやかれる中、それら主要課題は政権同様に“漂流”を続ける可能性がある。

 就任当初から「強い経済、財政、社会保障を一体として実現する」とアピールし、財政再建の必要性を強調してきた菅首相は昨夏の参院選の直前になって突然、「自民党が提案している税率10%を参考にしたい」と消費税率の引き上げに言及した。

 だが、鳩山由紀夫前首相が就任時に、「任期中の4年間は消費税増税を実施しない」と、“封印”を表明していたこともあり、野党だけでなく、民主党内からも反対論が噴出した。その結果、参院選では民主党が大敗し、ねじれ状況を招き、増税論議も停滞を余儀なくされた。

 消費税増税を目指す財務省からも「やり方があまりに稚拙すぎる」(幹部)との声があがったが、今年1月になって菅首相は社会保障と税の一体改革の担当相に党外から消費税増税論者の与謝野馨氏を起用。「政治生命をかける」と明言し、再び消費税増税の地ならしを進めた。

 首相自らが議長を務める集中検討会議が今月2日に2015年度までに10%へ段階的に引き上げる改革案をまとめたものの、十分な根回しがなかったことも影響し、民主党内でも反対の声が相次ぐ。不信任案をめぐる首相の求心力の低下もあり、党内の意見集約すら難しい状況だ。

 「平成の開国」を掲げて打ち出したTPP参加にも暗雲が漂う。農林水産省などでは震災前から、TPP慎重論が根強く、「政府内すらもまとめられずに全国の農業関係者を説得できるのか」との見方が強かった。

 震災後は、全国で自由貿易について議論する「開国フォーラム」や農林漁業への支援策の検討も中断。「被災した農漁業者に対する施策を優先すべきだ」との声が勢いを増し、議論自体が尻つぼみとなる恐れもある。

 「かけ声は勇ましいが、何がしたいのか分からない」(政府関係者)。子ども手当などでの野党案「丸飲み」といった行き当たりばったりの対応を繰り返しても、11年度の赤字国債発行に欠かせない特例公債法案や、菅首相自らが裁定した法人税の実効税率の5%引き下げを盛り込んだ11年度税制改正法案も成立のめどは立っていない。復興策を盛り込む11年度2次補正予算編成は喫緊の課題だが、「レームダック(死に体)の菅政権には重要決定はできない」(経済官庁幹部)との見方が強く、政策運営は限界を迎えている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

管総理の退陣を!

2011年05月29日 16時21分29秒 | 批判
「東日本大震災」ー被災者の「食べていけない」 70日間以上 缶詰中心の食生活




・・との見出しで報道されていた。宮城県石巻市の雁部富士子(56)さんの実情である。既に一家の貯金は尽き、義捐金給付は7月以降になり「死ねといわれているのと同じ」として唇を噛み締め窮状を訴えている。




管総理の無能は今回のG8で静かに認められたが、管直人は無能過ぎて、それに気付かずにいる。その様な人間が『首相』として日本を背負う所に我々の不幸がある。




「民主党」内の政権争いかも分からないが、管総理を降ろす勢力が増加しているが、総選挙までしても・・政治生命を賭してもそれを実行しようとする議員が増えないのには驚愕であり、現在の政治家・議員の根性を疑う。それだけサラリーマン家した議員で充満してしまっている。




管総理は原子力には自分は強いと言っておきながら・最近それを修整した。




被災者が困窮している現状をどの様に感じているのか、与野党とも自分の事だけを考えている。この際、管総理を人道に対する罪で告訴したいものである。管直人は元総理の田中角栄氏が逮捕されたとき、自宅まで行き抗議した人間であり、他人の足を引っ張る人である。




管総理はG8での米国オバマ大統領との会談でTPP(環太平洋自由貿易協定)に加盟するかのような言動で、大統領には回答したようである。




この協定は日本は米国の一州として扱い、国内生産の全てが不当な扱いとなり、企業の業績低下に繋がることは明白である。




政治的空白が出来たとしてもこの際、「衆議院」解散・総選挙を望む!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政治空白

2011年05月27日 10時14分46秒 | 批判
西岡参議院議長が管総理の退陣を求めた原因について、約束を簡単に破ったことであり、非常事態の我が国を任せる訳にはいかないとしている。




参考⇒

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110526-00000106-jij-pol




この様な管総理の資質を思うとき、G8サミットでの原発事故への対応を発表しているが、参加各国首脳は果たして信頼しているのであろうか?私はノーと言いたい。「民主党」での管降ろしも本人の姑息(こそく・ひきょう)さに起因している。有言実行を標榜しながら舌の乾かぬ内に言ったことを忘れて変更してしまう。




菅氏の奥様が「日本特派員協会」でのインタビュー時、「管直人は支持率ゼロになっても撤退しない。」「辞める時は名誉ある玉砕を」と言っていた。名誉ある玉砕の意味はよく分からないが、

「民主党」だけならまだしも、日本の国体そのものをバラバラにした玉砕は阻止したい。情報では、管総理の地元・・武蔵野市には朝鮮半島出身者が圧倒的に増加しているそうである。




これからの日本の経済は計画電力削減により、生産減少が発生。それに伴う人員削減が起こり

減速すると思われる。




電力の発電・送電分離が話題になる。特にソフトバンク孫社長は熱心である。いろいろ考えてみると、家庭まで引き込まれている電線は、インターネットを含めた大きな利害が存在する。一庶民である私には明確には分からないが、太陽熱利用でも多々アドバルーンが上がっているが、

財政を伴う具体性が欠けているように思う。




この様な時ではあるが、ウソつき管直人の辞職を促し、衆議院解散総選挙を求めたい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直人違い・・・・

2011年05月25日 02時40分33秒 | 批判
strong>面白い投稿記事があったので引用します。それにしても、日本の政治の閉塞感で、東京株式市場は9,500円を割り込み東京電力や原発問題の処理を誤ると最悪9,000円に近づく可能性があります。
この状況で中国温首相の笑顔外交に惑わされ、中国資本が買占めに走っています。
管政権もシッカリして欲しいものです。同時に将来の為に衆議院解散選挙を行なう必要があります。


⇒引用・・伊達直人と管直人比較

『伊達直人は子供にランドセルを背負わせ
  管直人は借金を背負わせる』

○伊達は思いやり、管は思いつき。

○伊達はプレゼントを持参する、管はプレゼンで自慢する。

○伊達はイロイロする、管はイライラする。

○伊達は無言で立ち去る、管は多言で居直る。

○伊達は正体を語らない、管は詳細を語れない。

○伊達は全国に現れる、管は全国で笑われる。

○伊達は名前を出さず行動、管は口だけ出して行動しない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加