長期運用を真剣に考えている方へ

素人、プロ、万人向け投資情報、金融商品説明など金融に関する教育サイト。明るい老後をめざし、負けない投資家になろう!

ケンシロウの足音が!!タカタの社債価格が凄いことに!(資本市場)

2017-01-21 | 今日の東京市場
1月21日
理レター

皆様、お世話になっております。ついにトランプ大統領が誕生しました。どんなカードを引くか?周辺諸国が引くのはジョーカーばかりかもしれません。特にメキシコが大変そうです。通貨はボロボロです。メキシコにとってトランプ大統領はかつてのポンドを奈落の底に落としたソロス。トランプ大統領はポジションもっていないはずなのでソロスの時とは違いますがメキシコの今後が気になります。メキシコ経済は失速しそうです。
トランプ大統領の政策は鎖国とはいわなないですが国内で経済を循環させ、お金を米国内から外に出さないようにする政策です。そういう点ではドル高。米国内ではコストプッシュが起きてしまうかもしれません。国内物価は上昇するでしょう。株価は上昇、金利も上昇しますが日本や欧州の金湯政策が緩和を継続しているため米国金利のカーブはフラット化すると思います。日本からはドル投資をしやすい環境になりそうです。米株には投資したほうがよさそうです。

今週11月末時点の国別の米国債保有算が発表されました。中国、日本とも減少していました。日本が$1108.6BLN、中国が$1049.3LN。日本が米国債保有算では世界1です。ただ、中国と日本の全体の保有算は減少傾向にあり2004年から2007年にかけて米国債の50%をこの2国で保有していました(正確には45%から51%)。現在は36.3%。タイ王国が残高を増加させています。金額的には$71.1blnと日本と2桁違いますがフランスと同水準です。

今週日本市場では大変なことが起きています。タカタの株価や債券価格が法的怜悧案の報道を受け暴落しています。病状が軽くなったと思ったら病状が急変。1月13日の株価の終値が1061円でしたが20日は567円。連日のTOP安。時価総額は882.3億円から471.5億円に減少。社債市場も急落。同社は現在3銘柄社債を発行しています。2017年12月償還の1回債、2019年3月償還の2回債と2021年3月償還の3回債です。1月13日時点の価格は1回債が86円、2回債が77円、3回債が66円でした。これが20日にはすべて37円(JSP)。社債時価総額は229億円から111億円に。118億円が消えてしまいました。
価格が同値です。つまり、期間がこの債券から度外視されました。つまり、最悪の事態のときの権利の割合がプライスに反映されているようです。同順位なら分配金は同じです。この社債価格は衝撃的です。ケンシロウの足音が聞こえてきました。




ソフトバンクグループ
株価8450円(8477円)

1年 5年
CDS 68.15(67.01bp)、150.00(148.00)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.253%(1.253%) 140.83(141.41bp)
48回2022/12/09 2.010% (2.006%)210.68bp (210.59bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.23%(3.21%) 310.90bp(317.75bp) 円ベース3ML+258bp(270bp)
ドル
2025年7月30日 4.90%(4.92%) 254.62bp(263.27bp)
円ヘッジ3ML+168.55p(181.55bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$8.93(8.61)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日6.06%(6.037%)T+376.22bp(380.57bp)
CDS 301.91(312.22bp)

アリババ 
株価 96.06ドル(96.27ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 19137.91  +0.12 
NYダウ 19827.25  +0.33 -1.68  0.628
ブラジルボベスパ 64521.18  +7.13 +7.66 0.491
FT100 7198.44  +0.78  -1.02 0.579
DAX  11630.13 +1.30 +0.98 0.818
ロシアMICEX指数 2159.96 -3.26 -2.12 0.793
上海A 3270.33  +1.35 +0.32 0.546
ハンセンH 9715.72 +3.42 +1.33  0.513

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米1.185(1.193)1.936(1.897) 2.466(2.396)3.04(2.991)
独-0.671 (-0.713)  -0.414(-0.475)  0.421(0.338) 1.193(1.094)
日-0.241(-0.222)-0.124(-0.124)+0.061(+0.05)0.818(0.735)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.54(2.57)BBB 1.13(1.123)・A 0.682(0.676)

CDSインデックス
米 65.88(65.82) 欧州 69.01(69.14)日本56.00(54.58)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
25日12月中古住宅販売件数 :予想:555万件 前回:561万件
26日12月卸売在庫(前月比):予想:--- 前回:1.0%
26日1月マークイットサービス業PMI:予想:---前回:53.9
26日1月マークイットコンポジットPMI:予想:--- 前回:54.1
27日12月新築住宅販売件数:予想:58.6万件 前回:59.2万件
27日4Q GDP(年率/前期比):予想:2.1% 前回:3.5%

【日本の予定】
23日 11月全産業活動指数(前月比):予想:0.4%  前回:0.2%
27月1月東京CPI:予想:0.0%  前回:0.0%

【国債入札予定】

米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
25日2年国債 2.44倍 2.8bp 12月27日
26日2年変国 3.80倍---  12月28日
26日5年国債 2.72倍 3.7bp 12月28日
27日 7年国債 2.54倍 4.4bp 12月29日

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札
25日40年国債 2.73倍 --- 9月27日

データ:Bloomberg、財務省


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マサが生き返った!まさにマサの年が来た!(資本市場)

2017-01-14 | 今日の東京市場
1月14日
理レター

皆様、お世話になっております。ポールマッカートニーが来日します。チケット、当たりました。4月27日の東京ドームです。レアネームからフリークエントになった感がありますがお祭りですね。ただドームは広くて米粒ポールなのでVIPパッケージがもし売り出されたら多少高くてもこっちのほうが良いですよね。まだ席は決まっていません。ドタキャンされた幻のコンサート。チケットは前から5列目でした。アリーナが当たると良いです。果たして今回の席はどこになるのでしょう。楽しみです。ゴールデンスランバーからTHE ENDまでの流れが大好きです。いつか、自分のバンドでもアビロードB面をライブで再現したいです。当時、ジョージが使っていたレスポール(通称ルーシー)もゲットしたいですが本物は桁が違います。買えません。以前、カスタムモデルが売り出されました。価格は200万円程度でした。中古でもほとんど流通していません。200万円だせば1960年前半のSGが買えます。こっちのほうが将来値上がりも期待できます。株を買うより儲かるかもしれませんよ。オールドギターファンドをつくりませんか?
オールドギターやフェラーリは値下がりしません。ギブソンの1950年後半のレスポールは王様です。よい個体を買えばレポでも儲かるかもしれません。私が中学時代400万円ぐらいだった記憶があります、今では最低3000万円ぐらいです。フェラーリは個人的にほしいです。ただ、エンジンはいりません。F430 のデザインが好きなだけです。

株より今週は債券市場が異常事態でした。普段なら1月中は決算発表があるため起債市場はお正月の延長状態です。しかし、今年は違います。20日のトランプ大統領就任後なにが起きるかわかりません。金利は上がることはあっても低下は限定的。つまり、社債は早く出したもん勝ち。今回の起債スケジュールは完全に発行体より。投資家もビックリです。まさか、このタイミングで大量起債か??来週いっぱいまで続きます。仕事は椅子に座りっぱなし。ふくらはぎがパンパンになり、デニムがきつくてはけなくなります。エコノミー症候群です。エアロバイクを買って良かったです。40分ぐらい走るとふくらはぎがほぐれてきます。

株式市場はトランプ様のご機嫌をうかがう相場展開が続いています。基本的には米株買いです。日本株ならマサ。マサとトランプは同種です。マサはトランプ様に会ったことで
日本から世界にデビューしました。世界中の投資家や投機家がこの“ハゲおやじ”は誰だ?(孫さんすみません)。と、精査したはずです。マサの作戦はトランプ様にGIVE、GIVE、GIVE、献上、献上、献上です。株価はあっという間に8000円台を回復。目指せ、上場来高値22000円(調整後)。あのとき、ソフトバンクの時価総額はトヨタを抜きました。ソフトバンクの時価総額は現在9.3兆円。9100円で10兆円です。目指せ9100円!!
目指せ22000円!!

CB市場はソニーが元気になりました。ただ、この銘柄は値幅よりロットで稼ぐ銘柄です。
かい離率が高すぎます。期待先行型CBです。

もうこんな時間になってしまいました。今日は自転車で神社巡りです。



ソフトバンクグループ
株価8477円(8363円)

1年 5年
CDS 67.01(73.20bp)、148.00(158.16)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.253%(1.263%) 141.4148(141.33bp)
48回2022/12/09 2.006% (2.01%)210.59bp (210.57bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.21%(3.24%) 317.75bp(317.06bp) 円ベース3ML+270bp(270bp)
ドル
2025年7月30日 4.92%(4.99%) 263.28bp(267.49bp)
円ヘッジ3ML+181.55p(187.73bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$8.61(8.69)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日6.037%(6.279%)T+380.57bp(402.09bp)
CDS 312.22(317.07bp)

アリババ 
株価 96.27ドル(93.89ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 19287.28  +0.90 
NYダウ 19885.73  +0.62 -1.46  0.628
ブラジルボベスパ 63651.52  +5.69 +4.72 0.429
FT100 7337.81  +2.73  -0.70 0.529
DAX  11629.18 +1.29 +0.38 0.791
ロシアMICEX指数 2195.19 -1.68 -0.72 0.665
上海A 3259.27  +0.30 -1.14 0.535
ハンセンH 9787.34 +4.182 +2.05  0.480

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米1.193(1.209)1.897(1.9239) 2.396(2.419)2.991(3.008)
独-0.713 (-0.7232)  -0.475(-0.469)  0.338(0.298) 1.094(1.063)
日-0.222(-0.209)-0.124(-0.119)+0.050(+0.05)0.735(0.735)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.57(2.53)BBB 1.123(1.122)・A 0.676(0.674)

CDSインデックス
米 65.82(64.47) 欧州 69.14(68.29)日本54.58(55.50)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
18日12月CPI(コア)前月比:予想:0.2% 前回:0.2%
18日12月CPI(コア)前年比:予想:2.2% 前回:2.1%
18日12月鉱工業生産(前月比):予想:0.6% 前回:-0.4%
19日12月住宅着工件数:予想:118.8万件 前回:109.0万件
19日12月建設許可件数:予想:112.3万件 前回:121.2万件

【日本の予定】
16日 11月機械受注(前月比):予想:-1.4% 前回:4.1%
19月12月首都圏マンション販売(前年比):予想:- 前回:-22.7%


日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
17日20年国債 3.346倍 19銭 12月15日
19日5国債 4.478倍 3銭 12月13日

米国 前回の応札倍率 
20日10年インフレ連動国債 2.39倍 11月17日

データ:Bloomberg、財務省


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

マサの豊臣秀吉作戦大成功!(資本市場)

2017-01-07 | 今日の東京市場
1月7日
理レター

皆様、新年おめでとうございます 株式市場は好スタート。このまま右肩上がりで上昇すれば年内3万円もあるかも??そもそも225の指数の算出方法が歪んでいます。指数影響度が大きいFリテ、マサ(ソフトバンク)、ファナックとKDDIに京セラ、ダイキン、東京エレクのウェイトの合計が27%。これらの銘柄が上昇すると指数を大きく押し上げます。現在、Fリテが足を引っ張っています。年初からの下落率は5.04%。立ち直ればシスがググット上昇します。225の構成銘柄で年初来リターンがマイナスの銘柄は20銘柄だけです。
NYダウの6日の高値は19999.63ドル。あと37セントで2万ドルでした。お楽しみは来週に先送り。問題は2万ドルに乗せた後の動きです。このままグイグイ上昇するか打ち止めか?予想PERは16.76倍。来年予想は15.13倍。まだまだいけそうです。(SP500も同水準です)。米国こけたらみなコケルパターンです。とりあえずこのバスには乗りましょう。あとはちょっと運転が荒いですがトランプドライバーに任せましょう。わかりやすいドライバーです。マサのように接すればよいのです。マサはまさに豊臣秀吉作戦でトランプの懐に入り混みました。あたたかい草履をどうぞと!!トランプは大喜び。もうマサに敵なし!!すでに家臣です!怖いのは本能寺の変です。起きたら、相場はアビーロードB面です。

債券市場はボラが高いです。1日で10bpも動いてしまう世の中になってしまいました。金利は上昇傾向にあります。日本は日銀のボラ殺しのおかげで米国の金利上昇の影響は限定的です。ただし、企業にとってみればこのボラ殺しのおかげで資金調達しやすい環境にあります。起債は増えそうです。ただ、投資家がどこまで我慢できるか?黒田総裁に任期は2018年4月8日です。現状、任期内にインフレ率2%残念ながら達成できそうもありません。トランプ運転手のバスに黒ちゃんも同乗しています!!米国次第でしょう。黒田総裁だけでは2%達成は無理です。トランプ景気にあやかりたい日銀総裁です。

欧州は選挙の年でなんとも言い得ません。とりあえず、米国株とトランプと仲の良い企業の株を買いましょう。マサ(ソフトバンク)の国内クレジットは改善していませんが、海外市場では社債スプレッドが縮小しています。そういう面ではトランプ様に接近したことで世界的な知名度が上がりました。

去年はニーサを使いませんでした。三菱UFJはニーサに外株使えません。使えるようにしてくれ!!移管は面倒です。私は仕事上の短期売買ができません。長期投資です。去年、売却したのは東プレCBのみ。150.50円で売却しました。現状の高値です。CBは売却するか、株式に転換するようにしています。過去に転換した銘柄はテンプHD。これは株として保有中です。

株式市場がこの調子で順調だとよいです。

正月早々、実家に帰って驚いたこと。妹が家に戻っていたこと。

今年も宜しくお願いいたします。今年でブログ10年目です。あっという間でした。
トータルPVは78.4千件。そう考えると“ぴこ太郎”はすごいアクセス数ですね。



ソフトバンクグループ
株価8363円(7765円)

1年 5年
CDS 73.20(77.18bp)、158.16(162.00)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.263%(1.273%) 141.30bp(140.33bp)
48回2022/12/09 2.010% (2.01%)210.57bp (210.23bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.24%(3.446%) 317.06bp(348.25bp) 円ベース3ML+270bp(292.9bp)
ドル
2025年7月30日 4.99%(5.17%) 267.49bp(283.87bp)
円ヘッジ3ML+187.73bp(189.46bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$8.69(8.42)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日6.279%(6.553%)T+402.09bp(433bp)
CDS 317.07(352.20bp)

アリババ 
株価 93.89ドル(87.81ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 19453.33  +1.78 
NYダウ 19963.80  +1.02 +1.07  0.552
ブラジルボベスパ 61665.37  +2.39 +3.48 0.356
FT100 7210.05  +0.94  +0.51 0.453
DAX  11599.01 +1.03 +1.22 0.752
ロシアMICEX指数 2213.93 +1.73 +1.91 0.665
上海A 3302.79  +1.64 +2.00 0.532
ハンセンH 9611.05 +2.30 +2.36  0.453

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米1.209(1.190)1.9239(1.9282) 2.419(2.445)3.008(3.066)
独-0.7232(-0.796)  -0.469(-0.471)  0.298(0.314) 1.063(0.941)
日-0.209(-0.179)-0.119(-0.109)+0.050(+0.04)0.735(0.710)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.53(2.63)BBB 1.122(1.148)・A 0.674(0.768618)

CDSインデックス
米 64.47(67.585) 欧州 68.29(72.315)日本55.50(57.50)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
13日12月PPI(コア)前月比:予想:0.1% 前回:0.4%
13日12月PPI(コア)前年比:予想:1.5% 前回:1.6%
13日12月小売売上高速報(前月比):予想:0.5% 前回:0.1%
13日12月小売売上高(除く自動車。ガソリン):予想:0.4% 前回:0.2%

【日本の予定】
11日12月外貨準備高:予想:--- 前回:$1219.3BLN
13日12月倒産件数(前値比):予想:--- 前回:-2.53%

米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
11日 3年国債 2.65倍 2.2bp 12月12日
12日 10年国債 2.39倍 4.5bp 12月12日
13日 30年国債 2.39倍 5.2bp 12月13日

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
11日30年国債 2.852倍 40銭 12月08日
データ:Bloomberg、財務省
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

メリークリスマス!米国市場にサンタがやって来た!(資本市場)

2016-12-24 | 今日の東京市場
12月24日
理レター

皆様、メリークリスマス。きのうはライブでした。来てくださった方。ありがとうございました。ライブが終わって一安心。肩の荷がおりました。今回、私は突然前日に“ボンゴ!”をたたくことになり、言い出しっぺの“バンマス”が大人買い!叩いてみてしっくりきました。カホンでも買おうかな~~。部屋に椅子もほしかったことだし。

来週で今年もおしまいですね。NYダウは2万ドルに乗せそうですね。一方、日経平均は2万円を付けそうにありませんね。奇跡が起きればよいですが。
来年も米国の年になりそうですね。世界中の投資資金が米国に集まっています。FF上げても日本、欧州の金融政策が現状維持ならカーブがフラットニングするでしょう。実際、米国債券利回りは利上げ前より金利が低下しています。特に30年債は7bp程度低下。カーブがフラットニングしています。この現象は2004年6月から2006年6月にかけて米国が利上げを実施したときも同様の現象が確認できます。特に、今回は欧州や日本は緩和政策中。かつて高金利通貨として日本人が大好きなオーストラリアと米国との金利差は縮小するばかり。10年の金利差は現在0.33%。この水準は2000年以来、当時の豪ドルは0.5前後で推移していました。来年も米国金利は上昇しそうです。豪ドル試練の時です。
試練といえば中国から資金が大量に流出しています。中国の現地の方も、海外勢も資金を引き上げているようです。株式指数の年初来リターンはマイナス12%程度。SP500 指数がプラス11%程度です。香港市場はここまでひどくないですがそれでもマイナス5%。中国の動きは来年も目が離せません。来年といえば欧州ではオランダ、フランス、ドイツなどで国政選挙が予定されています。となると資金の行き場は米国FIRST、次に大きな市場といえばそうです。中国がこけたので日本が狙われそうですまさかの日経平均3万円??
可能性はゼロではありません。来年は日本が見直されるかもしれませんよ!!キャパはありますから。

CBは前田建設とセンコーのユーロ円CBがコール発表されました。

イタリアのモンテ・パスキの増資が失敗しました。ベイルインかベイルアウトか?ひと悶着ありそうです。インなら欧州銀行の格差が拡大。どうなるか注目です。

来週は田舎(愛知県)に帰省するため今回が今年最後の更新になります。
皆様、1年ありがとうございました。楽しいクリスマスとお正月をお過ごしください。
私は今日、自転車で横浜を往復しました。70~80キロぐらいです。きのうのライブにサイクリングと疲れています。今日はおとなしく過ごそうかと思います。


ソフトバンクグループ
株価7914円(7831円)

1年 5年
CDS 73.125(74.12bp)、152.71(155.50)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.293%(1.317%) 139.90bp(140.96bp)
48回2022/12/09 2.039% (2.068%)210.40bp (211.15bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.453%(3.472%) 345.77bp(340.046bp) 円ベース3ML+292.92bp(288.09bp)
ドル
2025年7月30日 5.21%(5.27%) 277.55bp(277.08bp)
円ヘッジ3ML+192.44bp(189.46bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$8.50(8.24)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日6.715%(6.86%)T+433.9bp(442bp)
CDS 357.25(372.33bp)

アリババ 
株価 86.79ドル(88.67ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 19427.67 +2.07
NYダウ 19933.81  +14.40 +11.69  0.406
ブラジルボベスパ 57937.11  +33.65 +58.03 0.222
FT100 7068.17  +13.23  -7.84 -12.06 0.331
DAX  11449.33 +6.58 +0.15 0.692
ロシアMICEX指数 2173.18 +23.38 +42.33 0.412
上海A 3256.41  -12.09 -19.77 0.605
ハンセンH 9181.75 -4.96 -7.33  0.478

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米1.2016(1.2524)2.0245(2.0654) 2.5373(2.5916)3.1138(3.1742)
独-0.787(-0.796)  -0.523(-0.471)  0.221(0.314) 0.918(1.050)
日-0.181(-0.181)-0.062(-0.062)+0.078(+0.078)0.668(0.668)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.58(2.67)BBB 1.151(1.18)・A 0.693(0.718)

CDSインデックス
米 66.47(68.94) 欧州 70.19(72.01)日本48.96(50.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
27日10月S&P/ケースシラー20都市指数:予想:---前回:191.78
29日:11月中古住宅販売仮契約数:予想:0.5% 前回:0.1%
30日12月シカゴ購買部協会景気指数:予想:56.8 前回:57.6

【日本の予定】
27日11月失業率:予想:3.0% 前回:3.0%
27日12月東京CPI(コア):予想:0.0% 前回:0.0%
28日11月小売売上高(前月比):予想:-0.5% 前回:2.5%

今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果
12月26日―12月30日
米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
28日2年国債 2.73倍 3.5bp 11月21日
29日 2年変国 3.32倍---  11月22日
29日5年国債 2.44倍 5.0bp 11月22日
30日 7年国債 2.68倍 4.5bp 11月23日

日本 前回の応札倍率 平均利回り 前回入札
27日2年国債 4.275倍 -0.156% 11月29日

データ:Bloomberg、財務省



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょつと気になる中国市場(資本市場)

2016-12-17 | 今日の東京市場
12月17日
理レター

皆様お世話になっております。米国が利上げを実施。米国のイールドカーブは利上げ実施前と比較し5年ゾーンを中心に金利が上昇しています。長期、超長期の感応度は鈍くカーブはフラットニングしています。2004年の米国利上げ当時もカーブはフラットニングしていました。利上げが実施されても米株市場は堅調。NYダウはとりあえず2万ドルを付けるでしょう。現在NYダウ指数の来年度の予想PERは16.3倍、SP500が19.5倍程度。
米国の株式指数は高止まり。良い感じです。

今週は日本市場ではJALの社債が発行されました。破綻後初の起債で注目されていました。
無事、離陸、来年は東電ですね。CDSや流通市場は安定してきているのでタイミング次第だと思います。

最近、ちょっと気になる動きがあります。中国です。米国債保有残高が急減しています。9月から10月にかけ413億ドル減少、10月末時点で11157億ドルに。日本の保有残が11319億ドルです。中国が2位に転落しました。
人民元のオフショアは6.967と7を目指す勢いで下落しています。銀行株や不動産株が下げ止まりません。1週間で中国の不動産の王様、万科企業の株が9.8%、最大銀行の中国工商銀行が5.7%下落しています。資金がどんどん海外に逃げています。

日本市場は相変わらず上値が重いですね。投機家ばかりで投資家がいません。凸版印刷のユーロ円CBの転換期限が12日でした。株価の終値は転換価格を2円上回る1096円でした。400億円の内、どれくらい転換されたのでしょう?結果は1月20日に取引所から発表されます。来週は12日に前田建設のユーロ円CBのコールが発生しそうです。終値が1021円以上なら発生します。

40年債の増額報道を受け、超長期中心に売られ金利が急騰しましたが日銀は即刻オペで対応おまけに次回のオペの予定日も明記されていたため市場は驚き、金利は“いってこい”の動きでした。日銀はかなり金利急騰過敏になっています。日銀に誰も逆らえません。

話は代わりますが、東京マラソンのゴールが皇居になったため、コースが修正されています。
新宿=>東日本橋=>雷門=>門前仲町=>東日本橋=>銀座=>品川方面に。今までは、新宿から品川方面=>銀座=>雷門=>銀座でした。

本日はいまから神戸に行ってきます。神戸の街を走る予定です。



ソフトバンクグループ
株価7831円(7825円)

1年 5年
CDS 74.12(76.78bp)、155.50(161.50)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.317%(1.298%) 140.96bp(141.20bp)
48回2022/12/09 2.068% (2.025%)211.15bp (210.17bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.472%(3.572%) 340.04bp(346.09bp) 円ベース3ML+288.09bp(300.25bp)
ドル
2025年7月30日 5.27%(5.247%) 277.08bp(289.10bp)
円ヘッジ3ML+189.46bp(209.44bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$8.24(8.48)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日6.86%(6.65%)T+442bp(435bp)
CDS 372.33(404.156bp)

アリババ 
株価 88.67ドル(93.28ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 19401.15 +1.93
NYダウ 19843.41  +13.88 +11.75  0.267
ブラジルボベスパ 58389.04  +34.69 +54.52 0.124
FT100 7011.64  +12.32  -6.62 -12.06 0.202
DAX  11404.01 +6.15 +0.28 0.637
ロシアMICEX指数 2231.41 +26.69 +45.26 0.229
上海A 33269.75  -11.73 -19.20 0.673
ハンセンH 9470.33 -1.97 -4.00  0.503

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米1.2524(1.3297)2.0654(1.8906) 2.5916(2.4675)3.1742(3.1529)
独-0.796(-0.753)  -0.471(-0.440)  0.314(0.365) 1.050(1.167)
日-0.181(-0.179)-0.062(-0.082)+0.078(+0.05)0.668(0.708)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.67(2.67)BBB 1.18(1.18)・A 0.718(0.718)

CDSインデックス
米 68.94(66.89) 欧州 72.014(73.29)日本50.00(52.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
19日12月マークイットサービス業PMI:予想:--- 前回:54.6
19日12月マークイットコンポジットPMI:予想:--- 前回:54.9
22日11月中古中住宅販売件数:予想:552万戸 前回:560万戸
22日11月シカゴ連銀全米活動指数:予想:--- 前回:-0.08
22日3Q GDP(年率/前期比):予想:3.3% 前回:3.2%
22日11月耐久財受注(前月比):予想:-4.1% 前回:4.6%
23日11月個人所得:予想:0.3% 前回:0.6%
23日11月個人支出:予想:0.5% 前回:0.3%

【日本の予定】
20日日銀政策金利決定会合

今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果

12月19日-23日

米国 前回の応札倍率 
23日5年インフレ連動国債 2.37倍 8月18日


データ:Bloomberg
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

マサが帰ってきた!(資本市場)

2016-12-10 | 今日の東京市場
12月10日
理レター

皆様お世話になっております。本日は2度寝をしてしまい。朝、ブログを更新できませんでした。朝、アクセスしていただいた方。申し訳ございませんでした。たった今、サイクリングから戻りました。今日も60キロぐらい走りました。年末なので都内の神社巡り
をしてきました。サイクリングを始め体重62キロが59キロに!3キロ落ちました。マラソンに比べ気持ちのハードルが低いのでダイエットするなら、自転車を週末乗り回すとよいと思います。

私の体重も変わりましたが
世界のお金も流れは完全に変わりましたね。トランプ次期大統領の政策はわかりやすいので資金が米国に集合しています。米国株式市場は完全ブル相場入りです。一方、国債金利が世界中で上昇に転じました。特に超長期債の金利が上昇し、イールド・カーブが立ってきました。金利の上昇速度が速いですね。
イタリアの国民投票は残念な結果となりましたが材料出尽くし感が強くドイツ国債との金利差は縮小しました。ただ、まだモンテ・パスキ問題が燻っています。また、来年には3月にオランダ、4月にフランス、8月にドイツで選挙を控えています。そういう意味では資金は欧州より米国に流れそうです。

日本ではマサの株価が急騰、クレジットが改善しています。そうです、マサ=孫社長です。トランプ次期大統領との面談。ヒラリーがもし当選していたら絶対あり得ない面談です。マサの抜け目なさ。感心しました。
スプリントのクレジットも改善方向にあります。来年はマサの年が来るのでしょうか?
トランプさんは“花より団子”志向が強いのでマサは簡単に懐に入ることができます。
皆様も孫さんのことを今後、マサと呼びましょう!

来週は国内社債市場にJALが戻ってきます。5年10年の2本立て。無事、離陸することが出来そうです。

CBは凸版の2016年12月19日償還債の転換期限が12日です。転換価格は1094円。週末の終値が1093円。月曜の株価が急騰すると転換されそうですが、このままでは発行額400億円がまるまる償還されます。月曜の株価がみものです。




ソフトバンクグループ
株価7825円(6880円)

1年 5年
CDS 76.78(88.79bp)、161.50(164.0)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.298%(1.288%) 141.20bp(141.63bp)
48回2022/12/09 2.025% (2.02%)210.17bp (210.89bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.572%(3.637%) 346.09bp(358.47bp) 円ベース3ML+300.25bp(313.91bp)
ドル
2025年7月30日 5.247%(5.320%) 289.10bp(304.41bp)
円ヘッジ3ML+209.44bp(233.68bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$8.48(7.98)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日6.65%(7.21%)T+435bp(500bp)
CDS 404.15(460.06bp)

アリババ 
株価 93.28ドル(90.48ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 18996.37 -0.2
NYダウ 19756.85  +13.38 +8.76  0.150
ブラジルボベスパ 60500.62  +39.56 +56.87 0.004
FT100 6954.32  +11.40  -8.81 -12.06 0.111
DAX  11203.63 +4.29 -2.70 0.595
ロシアMICEX指数 2208.53 +25.3 +39.63 0.041
上海A 3385.15 -8.622 -18.19 0.718
ハンセンH 9867.95 +2.14 -2.89  0.490

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米1.3297(1.0957)1.8906(1.8208) 2.4675(2.3831)3.1529(3.0615)
独-0.753(-0.735)  -0.440(-0.423)  0.365(0.281) 1.167(0.949)
日-0.179(-0.138)-0.082(-0.100)+0.05(+0.004)0.708(0.595)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.67(2.79)BBB 1.18(1.217)・A 0.718(0.734)

CDSインデックス
米 66.89(72.92) 欧州 73.29(78.64)日本52.00(56.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
12日11月小売売上速報(前月比):予想:0.3% 前回:0.8%
14日11月PPI最終需要(前哲日);予想:0.1%  前回:0%
14日11月鉱工業生産指数(前月比):予想:-0.2% 前回:0.0%
15日 FOMC
15日12月NY連銀製造業景況指数:予想:2.6 前回:1.5
15日11月CPI(前月比):予想:0.2% 前回:0.4%
16日11月住宅着工件数:予想:123万件  前回132.3万件


【日本の予定】
14日日銀短観
14日11月首都圏マンション販売(前年比):予想:--- 前回:-0.6%

今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果

12月12日-16日

米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
13日 3年国債 2.69倍 3.4bp 11月8日
13日 10年国債 2.22倍 7.0bp 11月9日
14日 30年国債 2.11倍 7.6bp 11月10日

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
13日5国債 3.560倍 5銭 11月15日
15日20年国債 3.172倍 4銭 11月17日



データ:Bloomberg、財務省データ
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

3匹目のお化けは出るか?イタリア国民の判断は?(資本市場)

2016-12-03 | 今日の東京市場
12月3日
理レター

皆様お世話になっております。明日は注目のイタリア国民投票日です。債券市場で注目されていたイタリア国債とドイツ国債との金利差は一旦ポジション調整が入り縮小しています。選挙で否決されたら大混乱がおきます。今年はお化けがすでに2匹。英国と米国。3匹目は出るか?出るとユーロが大混乱に陥ります。来年4月にはフランスで大統領選挙も控えており保守化の動きが鮮明になるとユーロ崩壊の危機。まずはイタリア国民投票です。

今週は円安が進み株価が上昇。金利は上昇したがっているようです。ただ、日銀のクロちゃんの目が気になるようで消極的。世界中の国債金利が上昇、日本国債との金利差は拡大傾向にあります。特に長期、超長期債が拡大傾向。米国30年とのスプレッドは年初1.7%程度でしたが2.5%まで広がる場面もありました。注目のFOMCは12月15日。市場予想は50bp引き上げ75bp(0.75%)に。米国債のイールドカーブがねじれだしています。
30年10年がフラットニング傾向にあります。30年3%はG7の国ではイタリアぐらい。
イタリア30年買うなら米国30年ですよね!!

日本債券市場は起債のラッシュ。企業がここぞとばかりに資金調達を急いでいます。今週は1日に10年国債の入札が実施されたため、本来、木曜日の起債が出来な(入札次第で金利水準が変わる可能性が高いため本来社債の起債を控える傾向にあります)かったため金曜に集中。来週は分散されますがそれでも起債案件が溜まっています。DCMは大忙し。投資家も大忙し。それでも新発債の重要は高く売れています。電力10年の0.26%は流石にやり過ぎ感がありましたが、それ以外はごそっと売れてしまうようです。

国内CBは良い感じですね。出来高が増加してきました。もっと銘柄数が増えると良いですね。CBといえば凸版印刷の株価の動きがおかしいですね~~!凸版のユーロ円CBが12月19日に償還を迎えます。償還額は発行額とおなじ400億円。転換価格は1094円です。転換期限が12月12日。最近株価が上昇し、きのうの終値は1066円。だるまさんがコロ~ンだ!と徐々に近づいています。転換期限まであと6営業日しかありません。CBは他人資本を自己資本に変換することができる玉手箱。来週の株価の動きが注目ですね。何か出るかもしれません。昔、SONYの国内CBが転換期限直前に株価が急騰し転換されたことがありました。
その時は出井CEOが退任、ストリンガー氏就任というニュースが好感され株価がぶっ飛びました。この時は転換期限の1ヵ月位前でした。楽しみです。


今年もあと1カ月ですね。12月といえば恒例のライブは12月23日です。ライブ後にクリスマス会をしませんか?場所は大塚のWELCOMEBACKです。



ソフトバンクグループ
株価6880円(6800円)

1年 5年
CDS 88.79(91.99bp)、164.0(170.50)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.288%(1.416%) 141.63bp(150.83bp)
48回2022/12/09 2.02% (2.13%)210.89bp (220.84bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.637%(3.648%) 358.47bp(362.34bp) 円ベース3ML+313.91bp(316.53bp)
ドル
2025年7月30日 5.320%(5.365%) 304.41bp(310.62bp)
円ヘッジ3ML+223.68bp(233.12bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$7.98(7.89)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.21%(7.28%)T+500bp(507bp)
CDS 460.06(492.28bp)

アリババ 
株価 90.48ドル(93.39ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 18426.08 -3.19
NYダウ 19170.42  +10.02 +3.88  0.078
ブラジルボベスパ 60316.13  +39.14 +49.66 -0.045
FT100 6730.72  +7.82 -12.06 0.036
DAX  10513.35 -2.14 -9.23 0.580
ロシアMICEX指数 2128.99 +20.87 +29.74 -0.132
上海A 3396.71 -5.42 -15.71 0.749
ハンセンH 9781.23 +1.24 -4.46  0.488

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米1.0957(1.1168)1.8208(1.8354) 2.3831(2.3572)3.0615(3.0045)
独-0.735(-0.744)  -0.423(-0.433)  0.281(0.240) 0.949(0.897)
日-0.138(-0.180)-0.100(-0.077)+0.04(+0.042)0.595(0.61)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.79(2.87)BBB 1.19(1.210)・A 0.701(0.714)

CDSインデックス
米 72.92(73.07) 欧州 78.64(81.07)日本56.00(55.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
5日11月マークイットサービス業PMI:予想:54.8 前回:54.7
5日11月マークイットコンポジットPMI :予想:- 前回:54.9
6日11月ISM非製造業景況指数:予想:55.5 前回:54.8
7日10月製造業受注指数 予想:2.5% 前回:0.3%
7日10月耐久財受注(前月比)予想:2.0% 前回:4.8%

【日本の予定】
5日11月日経PMIサービス業:予想:- 前回:50.5
5日11月日経PMIコンポジット:予想:-- 前回:51.3
8日3Q F GDP(SA/前期比):予想:0.6% 前回:0.5%
8日3Q F GDPデフレーター:予想:-0.1% 前回:-0.1%

今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果
12月5日-9日
ドイツ  前回の応札倍率 平均利回り 前回入札日
7日 2国債 1.256 -0.64% 11月09日

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
8日30年国債 3.499倍 19銭 11月10日

データ:Bloomberg、財務省データ
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

米株投資の勧め (資本市場)

2016-11-26 | 今日の東京市場
11月26日
理レター

皆様お世話になっております。米国株強いです。ダウ、SP500 にナスダック指数、いずれも市場最高値を更新しています。トランプの何振りかまわないアメリカ第一主義。資金はダムが崩れたように米国に流れています。この流れは止められません。トランプさんが当選されたことでグローバル運用方針も変わってきます。世界は一家=>世界は3つ分断。シナジー効果は低下しそうです。今のように円安=株高という時代もそのうち終わると時がきます。お金の循環がグローバルから地域限定型に移行しそうです。
運用方針を見直す時です。円は中途半端な存在になりそうです。米国あっての日本です。今後は軍需面などを含め日本が成人にならないととんでもないことが起きそうです。円だけの資産形成は危険です。ドル資産や元(香港ドル)のウェイトを引き上げましょう。ユーロはとりあえず12月4日のイタリア国民投票結果を見てから。ユーロは前途多難ですね。
運用は長期投資が基準です。まずお金を貯めて、ダウ構成銘柄を毎年1銘柄でも2銘柄でも購入しましょう。仕手株のように1カ月で2倍、3倍にはなりませんが安定した資産形成が期待できます。ヘッジは中国株です。今後はアジア圏で中国の力がより強くなります。中国株(香港株)は停滞しているので投資のタイミングとしては良い時期だと思います。今の元安政策のトランプさんが就任されたら止まります。まさに“鬼の居ぬ間に洗濯”です。

世界の目からみると、日本株を購入するより米株に投資したほうが効率的です。米株企業の多くは配当金を年4回。例えば、最近赤丸上昇中のキャタピラーは2月、5月、8月と11月、ゴールドマンは3月、6月、9月と12月。例えばこの2銘柄を100株購入した場合の配当金はGSが1回当たり65ドル、キャタピラーが77ドル。投資金額はGSが240万円、キャタピラーが110万円程度。キャタピラーは1994年以降毎年増配しています
米国にはこのような企業が沢山あります。米国REITファンドの減配が問題になっております。REITは金利上昇に弱いです。金利が上昇すると不動産の現在価値が低下します。
M&Aのプライシングもそうですがターミナルバリューと割引率という魔法の道具で企業価値が大きく増減します。不動産価値も同様です。

日本は地道にCB投資ですかね。株価上昇に伴いCB価格も上昇してきました。東プレやDCM HDが動き出しましたね。

国内債券市場は10年国債がプラス金利に!金利が全体的に上昇しています、住宅ローンを組まれる予定の方は早く決済下ろしてもらったほうがよいですよ。もう金利、下がりそうにありません。日銀のカーブを立たせようとしているようです。この状況で機関投資家はわざわざ金利を買い下がりません。(価格を買いがりません)。機関投資家は待ちの姿勢です。40年債の入札が好調だったのは期待が低すぎただけのことです。企業もざわつきはじめ起債案件がどんどん増えています。金利が上昇する前の駆け込みです。

投資のチャンスが転がっていますよ。米株いつ買うの?今でしょ!今!!
私は米株のセールスではありません。そういえば、マネックス証券やSBI証券等はNISAが使えるそうです。

昨晩はバンドの練習でした。10時まで練習、その後、反省会。きのうは長かった。終わったのが1時でした。

別件ですが、痩せたい方いますか?自転車がお勧めですよ。仲間で週末サイクリング。5時間ぐらい走ると1500キロカロリーぐらい消費します。私は自転車を初めてから63キロぐらいだった体重は59.5キロまで落ちました。大学時代が57キロ。60キロ割れは大学以来。走ってもなかなか体重がおちませんでしたが3カ月で3キロ。効率的です。また、筋力も鍛えられるのでおすすめです。私が購入した自転車はクロスバイクです。ロードレーサーではありません。それでも100キロぐらいは走れますよ。ロードバイクだと服装がメンドク。ジムの格好で走っています。



ソフトバンクグループ
株価6800円(6775円)

1年 5年
CDS 91.99(92.41bp)、170.5(172.00)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.416%(1.406%) 150.89bp(151.33bp)
48回2022/12/09 2.13% (2.13%)220.84bp (220.05bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.648%(3.586%) 362.34bp(354.32bp) 円ベース3ML+316.53bp(310.26bp)
ドル
2025年7月30日 5.368%(5.294%) 310.62bp(304.33bp)
円ヘッジ3ML+233.12bp(229.47bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$7.89(7.35)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.28%(7.28%)T+507bp(509bp)
CDS 492.28(500.35bp)

アリババ 
株価 93.39ドル(93.39ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 18381.22 -3.41
NYダウ 19152.14  +9.91 +3.51  -0.010
ブラジルボベスパ 61559.08  +42.00 +55.15 -0.154
FT100 6840.75  +9.59 -12.60 -0.008
DAX  10699.27 -0.41 -8.49 0.637
ロシアMICEX指数 2098.15 +19.12 +25.50 -0.259
上海A 3415.54  -7.80 -18.50 0.779
ハンセンH 9790.23 +1.34 -4.63   0.513

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米1.1168(1.3565)1.8354(1.7975) 2.3572(2.3548)3.0045(3.0296)
独-0.744(-0.668)  -0.433(-0.365)  0.240(0.272) 0.897(0.900)
日-0.138(-0.165)-0.077(-0.088)+0.042(+0.041)0.61(0.60)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.87(2.95)BBB 1.210(1.186)・A 0.714(0.697)

CDSインデックス
米 73.07(76.78) 欧州 81.07(81.64)日本55.00(57.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
29日11月ダラス連銀製造業活動指数:予想:1.5 前回:-1.5
29日3Q GDP(年率/前期比):予想:3% 前回:2.9%
29日9月ケースシラー20都市:予想:- 前回:191.66
30日11月ADP雇用統計 予想:1.6万人 前回:1.47万人
30日シカゴNAPM 予想:52.0 前回:50.6
1日11月マークイット製造業PMI:予想:--- 前回:53.9
2日11月ISM製造業景況指数:予想:52.1 前回:51.9
2日11月非農業部門雇用者数変化:予想:18万人 前回:16.1万人
2日11月失業率:予想;4.9% 前回:4.9%

【日本の予定】
29日10月失業率:予想:3.0% 前回:3.0%
29日10月有効求人倍率:予想:1.39倍 前回:1.38倍
30日10月鉱工業生産(前月比):予想:0.1% 前回:0.6%
1日3Q設備投資(前年比):予想:-0.6% 前回:3.1%



今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果

今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果

11月28日―12月2日

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
29日 2国債 4.408倍 0.4銭 10月27日
1日10年国債 4.351倍 1銭 11月8日
データ:Bloomberg、財務省データ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

クロちゃん激怒!狭いお部屋に閉じ込められた可哀想なJGB!(資本市場)

2016-11-19 | 今日の東京市場
11月19日
理レター

皆様お世話になっております。ついにドル円が110円台、日経平均は18000円台に乗せる場面もありました。それでも史上最高値から21000円も安い水準です。NYダウが史上高値を更新する中、寂しいですね。株式市場はトランプ大統領のばらまき政策からインフレ期待で金利が急騰。イールドカーブは10年2年が1.3%近くまで拡大。銀行収益の拡大期待から銀行株が中心に買われています。米銀独り勝ちの様相です。6月の英国国民投票以降、足並みが乱れ、トランプ大統領誕生で完全委天秤が米国に傾きました。
 金利があるといろんな面で余裕が出てきます。米国は12月利上げが濃厚。まだまだこの傾向は続きそうです。軍需のロッキード・マーチンやグラマンの堅調です。米国株相場は始まったばかりですよ~。日本株も円安につられて買われていますがトランプがどのカードを引くのかまだ不明です。今回の相場の本流は米株です。投資するならやっぱ本流でしょう!!

日本では今週中期ゾーンを中心に国債金利が急騰する場面がありました。しかし、翌日、クロちゃんが金利急騰に激怒。ついに秘密兵器のボタンを押してしまいました。そうです、指値オペが実施されました。これにより反乱軍は沈静化され金利が急低下。ボタンが押されたことで分断化されていた長期ゾーンと中期ゾーンが結ばれ、完全に日銀の支配下に置かれました。これで金利の自由がさらに奪われてしまいました。もう国債市場はガチガチです。狭いお部屋に閉じ込められました。子供たちは常に親の顔色を見ながらトレードをしなくてはいけなくなりました。また、いつパンチが飛んでくるかわかりません。

CB市場では荏原6回債のコールが行使されました。上場廃止は12月8日です。現在130円ですが、償還価格は100円です。保有している方は転換するか、それとも市場で売却するか選択して下さい。市場で売却する場合は“指値”で!!成行きは危険です。
行使されたことで転換期限が12月13日。
償還日が12月15日です。
http://www.jpx.co.jp/news/1021/20161114-14.html
額面償還は嫌でしょう!!早めに行動しましょう。
東プレやDCM HD、昭和産業等も好調です。良い感じですね。

今日は朝4時に目が覚めました。2度寝して目が覚めたのが8時・・疲れているのでしょうか?昨晩はバンドの練習。最近使っているギターがテレキャスターのオールローズ。このギターがまた重い。重くて有名なレスポールと同じか、それ以上に重い。4キロ以上あります。バケツもって3時間立たされているような感じです。

毎年恒例のライブが12月に控えております。今度は3連休の初日。少し気が楽です。



ソフトバンクグループ
株価6775円(6547円)

1年 5年
CDS 92.41(90.56bp)、172.00(169.00)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.406%(1.323%) 151.33bp(151.20bp)
48回2022/12/09 2.13% (2.044%)220.05bp (220.19bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.586%(3.3829%) 35.43p(328.64bp) 円ベース3ML+310.26bp(294.5bp)
ドル
2025年7月30日 5.294%(4.92%) 304.33bp(293.93bp) 円ヘッジ3ML+229.47p(222bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$7.35($7.07)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.28%(7.32%)T+509bp(535bp)
CDS 500.35(504.90bp)

アリババ 
株価 93.39ドル(93.02ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 17967.41 +3.41-3.41 
NYダウ 18867.93  +8.29 -0.1  -0.010
ブラジルボベスパ 59961.76  +38.32 +49.46 -0.195
FT100 6775.77  +8.55 -16.11 -0.035
DAX  10664.56 -0.73 -10.69 0.655
ロシアMICEX指数 2038.29 +15.72 +19.15 -0.0.10
上海A 3342.99  -8.40 -20.32 0.801
ハンセンH 9349.31 -3.23 -10.79   0.541

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米1.3565(0.9151)1.7975(1.5571) 2.3548(2.1501)3.0296(2.9350)
独-0.668(-0.637)  -0.365(-0.428)  0.272(0.135) 0.900(0.733)
日-0.165(-0.246)-0.088(-0.171)+0.04(-0.031)0.60(0.529)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.95(2.99)BBB 1.186(1.19)・A 0.697(0.706))

CDSインデックス
米 76.78(75.47) 欧州 81.64(77.10)日本57.00(57.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
21日10月シカゴ連銀全米活動指数:予想:--  前回:-0.14
23日11月リッチモンド連銀製造業指数:予想:0 前回:-4
23日10月中古住宅販売件数:予想:544万件 前回:547万件
23日10月耐久財受注(前月比):予想:1.1% 前回:-0.3%
23日9月FHFA住宅価格指数(前月比):予想0.5% 前回:0.7%
23日11月マークイット製造業PMI:予想:53.5 前回:53.4
24日10月新築住宅販売件数:予想59万件 前回59.3万件
24日11月ミシガン大学消費者マインド 予想;91.6 前回:91.6 
25日11月マークイットサービス業PMI:予想:54.8 前回:54.8
25日11月マークイットコンポジットPMI:予想:- 前回:54.9

 【日本の予定】
21日10月貿易収支:予想:6100億円 前回:4976億円
24日11月日経製造業PMI 予想:- 前回:51.4
25日10月全国CPI(コア/前年比):予想0.1% 前回:0%
25日11月東京CPI(コア/前年比):予想:0%  前回:0.1%

今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果

11月21日―11月25日
米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
22日2年国債 2.53倍 2.6bp 10月25日
23日 2年変国 3.35倍---  10月26日
23日5年国債 2.49倍 4.3bp 10月26日
24日 7年国債 2.49倍 5.3bp 10月27日

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札
25日40年国債 2.73倍 --- 9月27日

データ:Bloomberg、財務省データ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地域限定型バブルへGO!!米株に春が来た!!トランプ万歳!!(資本市場)

2016-11-12 | 今日の東京市場
11月12日
理レター

皆様お世話になっております。トランプ大統領の誕生です。まさかヒラリーが負けるとは?
英国の国民投票同様、たまりにたまった大衆の不満が爆発。大統領選直前はヒラリーが勝つとほとんどのメディアが報道していました。彼らはなぜまたも間違えてしまったのでしょうか?トランプ大統領誕生にドル円や株価が反応、円高が進み、株価が急落しました。ただ、米国市場で、トランプ=ばらまき、株買い、金利急騰という動きを受け、円安が進み株価が急騰。金利は若干上昇していますが、日銀の監視下にあるためそれほど大きな金利上昇となりませんでした。
トランプ大統領の誕生で大被害を受けているのは中南米諸国。特に名指しでトランプさんの指名を受けたメキシコ。株安、債券安、通貨安のトリプル安。その他の新興諸国でも通貨が売られ金利は急騰しています。
現在、先進国の株は買われていますが国債金利が急騰しています。欧州諸国では長期、
超長期金利が急騰、イールドカーブが立ち、結果的に銀行株が上昇しています。銀行にとってトランプ勝利は神風。
今後の運用は、トランプさんの政策は米国NO1!!世界に拡散されていた米国資金が米国に還流しています。現在、日本株も円安=株買いに反応していますが今後はわかりません。とりあえず言えることは、米国株が買いだということ。法人税減税に所得現在。ばらまきに加え、米国第一主義。強いアメリカを目指す!!もう、株式市場にとって魅力的な言葉ばかり!!株式市場の目はトランプに♡マーク!!(米国株)。米株は天国の時代にはいりました。金利が上昇すると金商品開発がやりやすくなるので投資銀行の収益も向上します。金融株も良いですよね。内需、軍需関連にヘルスケア関連もよさそう!!とりあえず買っとけ!という相場です。なんか、80年後半に日本みたいですね。
ヒラリーさんには悪いですが、米国株式市場にとって今回の結果は良かったのでしょう。今後の弊害は金利の急騰。ただ、米国市場ではジャンク債のクレジット・スプレッドは改善し良い方向にあります。一方、エマージング債はダメ。今後、米国を見るうえで一つのカギとなりそうです。いま、米国株式市場はバブルへGO!
米国一番!!米株の時代が来ました!


ソフトバンクグループ
株価6547円(6236円)

1年 5年
CDS 90.56(96.25bp)、169.00(180.00)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.323%(1.283%) 151.20bp(150.71bp)
48回2022/12/09 2.044% (1.996%)220.19bp (220.45bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.829%(3.368%) 328.64p(343.53bp) 円ベース3ML+294.5bp(295bp)
ドル
2025年7月30日 4.92%(4.83%) 293.93bp(316.48bp) 円ヘッジ3ML+222bp(252bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$7.07($6.31)(東京時間朝5時時点)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.32%(7.92%)T+535bp(632bp)
CDS 504.90(519bp)

アリババ 
株価 93.02ドル(97.57ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 17374.79 -8.72 
NYダウ 18824.07  +8.03 -4.05 -0.047
ブラジルボベスパ 59183.51  +36.52 +41.17 -0.231
FT100 6730.43  +7.82 -18.13 -0.075
DAX  10667.95 -0.70 -11.89 0.665
ロシアMICEX指数 2031.92 +15.36 +12.92 -0.399
上海A 3346.30  -9.66 -23.51 0.822
ハンセンH 9433.37 -2.36 -13.36   0.576

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.9151(0.7838)1.5571(1.2321) 2.1501(1.7762)2.9350(2.561)
独-0.637(-0.637)  -0.428(-0.428)  0.135(0.135) 0.733(0.733)
日-0.246(-0.261)-0.171(-0.207)-0.031(-0.061)0.529(0.494)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.99(3.20)BBB 1.19(1.252)・A 0.706(0.750))

CDSインデックス
米 75.47(80.96) 欧州 77.10(76.01)日本57.00(59.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
15日10月小売売上高速報(前月比):予想:0.6% 前回:0.6%
16日10月PPI(コア/前月比):予想0.2% 前回:0.2%
16日10月鉱工業生産(前月比):予想:0.2% 前回:0.1%
17日10月住宅着工件数:予想115.5万件 前回104.7万件
17日10月建設許可件数(前月比);予想:-2.5% 前回:6.3%
17日10月消費者物価指数(コア/前年比):予想:2.2% 前回:2.2%


 【日本の予定】
14日3Q GDP(SA/前期比)予想:0.2% 前回:0.2%
14日3Q GDOデフレーター(前年比):予想:0.3% 前回:0.7%
15日10月首都圏マンション販売(前年比);予想:- 前回:40.9%

今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果
日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
15日 5年国債 4.311倍 0銭 10月14日
17日20年国債 3489倍 7銭 10月25日

米国 前回の応札倍率  前回入札日
18日 10年インフレ連動国債 2.59倍  9月22日
データ:Bloomberg、財務省HP
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加