長期運用を真剣に考えている方へ

素人、プロ、万人向け投資情報、金融商品説明など金融に関する教育サイト。明るい老後をめざし、負けない投資家になろう!

ソフトバンクがLET’S GO!と3銘柄のローンチ準備!(資本市場)

2016-08-27 | 今日の東京市場
8月27日
理レター

皆様お世話になっております。最近、週末になると天気が崩れるという私にとって、好まくないパターンです。先月購入したクロスバイクはあの横浜ドライブ以来、乗っていません。今日はサイクリングを楽しもうと思っていましたが天気が崩れるので中止となりました。来週こそ晴れてくれ!!せっかくグローブも揃えたのですから。
最近は忙しくてTVを見ながらスペインバイクをしていることが多くなりました。寂しい限りです。引きこもり状態で良くないです。今日は雨でも家の周りをランニングしようかと思います。最近、月平均150キロぐらい走っています今月はまだ100KM。今月は達成できそうにありません。そうだトレッドミル(ルームランナー)を買おう!!と考えたこともありますが動物園の動物みたいになりそうなのでやめます。

世界の金融市場は米国主導です。なんだかんだいっても天秤は米国に傾いています。米国利上げで米国に資金が流入。利上げしても金利が上がらない!!中短期金利のボラが上昇するため資金が長期、超長期債に流れカーブがブルフラットに。企業の資金調達コストも上がらず、株式が買われるという流れになるのでしょう。余裕がある方は米株の王同銘柄を買いましょう!最近ダウやSP500 は頭打ちになっていますがSOX指数(靴下の価格指数ではありません。半導体株指数)が連日の高値更新。今月に入ってからマイクロンが20%、アプライドが14%上昇。相場を引っ張っています。

日本市場の株式市場は膠着状態。日銀のETF買いアナウンスメント効果が効いています。
米国利上げが近づいたため為替は1円程度円安。シカゴ225は16600円近くまで上昇しています。日銀、プロテクティブ・プットが綺麗に描けそうです。日銀がインフレ目標から株価目標に方向転換。株価目標4万円!!なんてコメントが出たらインフレ率2%なんて軽くクリア出来そうです。実際、そんなことはしません。

債券市場は9月に18兆円ぐらい国債の償還が予定されています。債券市場では起債ラッシュが続いています。ただ、前回と比べると投資家の食い付きにばらつきが出ているようです。今回はパナソニック、ソフトバンク、ソニーや三菱商事など大型起債が多々予定されています。特にパナソニックは5年、7年と10年の3銘柄、4000億円の起債。(一般企業の起債はだいたい1銘柄につき100億円が平均です)。発行金額が大きいために
国債に上乗せする金利が他社の銘柄に比べ割安感があります。投資家の資金がどんどん吸収されています。株式市場ではJK336371 Corpあまり人気のない銘柄ですが、社債市場では人気が出ています。
ソフトバンクの劣後債は機関投資家向けが2銘柄、個人向けが1銘柄。個人向けは25年NC5でクーポン水準は2.9-3.1%です。25年NC5とは、最長の償還期間が25年ですが5年後に額面で償還する権利がついているということです。理論的に言えば発行されて5年後(コール日)にソフトバンクが20年債を発行した場合の調達金利が残存債券のクーポンより低ければ償還され、高ければ存続するというものです。
たいてい5年後にクーポン水準を引き上げて意図的にコールされるという前提の商品です。
コールされるか、されないかの目安は債券価格が額面100より高いか低いか。(オファーサイド)。100を超していればコールされる可能性が高いということになります。
紳士協定付きの社債。コールされなくても文句は言えません。5年後のソフトバンクをとりまく環境次第。この環境下5年で3%!!なんて言われたら飛びつきたくなる気持ちは理解できますがまず商品を理解してから購入しましょうね。流動性は低いので途中売却でロスることが多いです。劣後債はLET'S Go!!債券!!ではありません。劣は劣化の劣です。皆さの眼鏡、曇ってませんか?まずは眼鏡を磨きましょう!!

ソフトバンクグループ
株価6642円(6481円)

1年 5年
CDS 45.66bp(46.28bp)、135.50bp(138.28bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.450% (0.450%)70.24bp (70.12bp)
44回2020/11/27 1.338%(1.328%) 151.25bp(151.58bp)

ユーロ債
2025年7月30日 2.94%(2.98%) 318.9bp(318.55bp) 円ベース3ML+303bp(304bp)
ドル
2025年7月30日 4.28%(4.28%) 271bp(275bp) 円ヘッジ3ML+215bp(224bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$6.14($5.93)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.94%(7.88%)T+640bp(641bp)
CDS:582bp(598bp)

アリババ 
株価 96.86ドル(96.86ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16360.71 -14.04%
NYダウ 18395.40 +5.57 -10.57 -0.108
ブラジルボベスパ 57716.25  +33.14 +36.79 -0.317
FT100 6838.05 +9.54 -17.27 -0.036
DAX  10587.77 -1.45  -13.90 0.722
ロシアMICEX指数 1993.35 +13.17  +7.64 -0.542
上海A 3214.14  -13.23 -28.44 0.838
ハンセンH 9550.04 -1.15 -16.35   0.750

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.8428(0.7459) 1.123651.1625) 1.6296(1.5764)2.2869(2.2847)
独-0.616(-0.613)  -0.501(-0.495) -0.072(-0.032) 0.454(0.474)
日-0.172(-0.201)-0.167(-0.179)-0.060(-0.078)0.352(0.325)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.90(2.95)BBB 1.20(1.21)・A 0.65(0.60)

CDSインデックス
米 72.02(70.48) 欧州 67.30(67.45)日本53.00(54.16)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
29日7月個人所得:予想:0.4% 前回:0.2%

30日6月S&P コアロジックCS20都市(前月比):予想;-0.14% 前回:-0.05%
31日8月ADP雇用統計 :予想:17.3万 前回:17.9万人
31日8月シカゴNAPM:予想:54.0 前回:55.8
1日8月マークイッ製造業PMI:予想:52.0 前回:52.6
2日8月失業率:予想:4.8% 前回:4.9%
2日7月製造業受注指数:予想:1.9% 前回:-1.5%
2日7月耐久財受注(前月比):予想:--- 前回:4.4%

 【日本の予定】
30日7月失業率:予想: 前回:3.1%
30日7月有効求人倍率:予想:1.38倍 前回:1.37倍
31日7月自動車生産台数(前年比):予想:-- 前回:-1.0%
31日7月住宅着工件数(前年比):予想:7.5% 前回:-2.5%
1日8月外貨準備高:予想:--- 前回:1.264兆ドル

国債入札

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
30日 2年国債 3.946倍 6銭 7月28日
1日 10年国債 3.161倍 27銭 8月2日


データ:Bloomberg、財務省HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もやもやしている日本市場!黒ちゃん!!ふっとばしてくれ!(資本市場)

2016-08-20 | 今日の東京市場
8月20日
理レター

皆様お世話になっております。円高が進み100円を下回る場面もありました。100円の攻防です。日銀のETF買入れ増額が発表されたためか指数とドル円との相関は薄くなっています。ただ、円高で株を買うような流れにはなっておりません。ソフトバンクは先週までは調子が良かったのですが、自社株買い終了宣言から株価は急落。結局、ソフトバンクの株を買っていた投資家はソフトバンクというお粗末な結果となりました。この会社、何度も自社株買いしていますが結局自社株買いの効果ってないですよね。一時的に上昇してその後、また元の水準に戻っています。配当政策のほうが株価にとってはプラスに働きそうです。孫さん、今度は配当政策したほうがいいですよ

日本市場は債券も株も飽和状態です。黒ちゃんは金利について口先では深堀するぞ!と言いながら、市場へは距離を置いているようです。19日に実施された“社債等買入”の結果、按分レートが-0.205%、平均落札レートが-0.16%でした。先月は按分が-0.304%、平均が-0.252%。約10bp金利が上昇しています。マイナス金利政策が導入されたのが1月29日。2月の按分レートが-0.13%。3月が-0.251%、4月が-0.214%、5月が-0.28%、6月と7月が-0.304%でした。押して、押して、引く?黒ちゃんの恋愛テクニックでしょうか?それとも及び腰になってしまったのでしょうか?

社債といえば、来週から起債ラッシュが始まります。今回はものすごい金額となりそうです。9月に国債の大量償還を控えています。今回は3.8%クーポンの20年33回債が償還になります。現在の金利水準がつづくと2017年9月で3%クーポンの国債が市場から消滅します。 国債金利は以前マイナス。マイナス金利の最終投資家は日本銀行です。機関投資家は日銀が買ってくれるのでマイナス金利でも国債や社債を買っています。でも、投資家はプラス金利が好きです。基本的に銀行の収益は利息収入です。銀行員は土日曜休みでも利息は発生しています。1兆円あれば1%で年間100億円の利息収入です。一人の行員のコストを2000万円としてもこれだけで500人カバーできます。マイナス金利の国債なんていらないのです。それより、プラス金利。将来金利が上昇し、評価損が出ようとマイナス金利よりプラスの社債。企業のこの金利水準ならとりあえず借りとけ!!という流れです。投資銀行も必至です。現在、企業にとって発行手数料が目の上のたん瘤になっています。ここにメスが入るまえに稼ぐだけ稼ぐ!が投資銀行のミッションです。それにしても発行企業が多いです。来週からの半月、気が重いです。もう少し分散すればよいのですが。。。

株式市場の話題はCYBERDYNEと空売り投資家シトロンのバトルが始まっています。
個人的には売りポジションを持ってレポートを書く行為は問題ありだと思います。ただ、
CYBERDYNEは素払いしい企業だと思います。それと株価は別物。株価については割高だと思います。PLが付いてきていません。業績を伸ばせばよいだけのことです。
とりあえずCBは全額転換が終わっていますから良かったですね!!

自転車、なかなか楽しいですよ。先週は横浜の中華街に行ってきました。アルコールが飲めないのが悲しかった。往復70KMぐらいでした。
そのうち、ロードバイクがほしくなりそうです。トライアスロンにも興味がでてきました。
ただ、長期休暇が取れない仕事なので遠征ができません。自転車と走りは問題ないと思います。問題は水泳です。水着~もってない~~~ もう少し、お腹の横に付いている脂肪を取ってからトライします。


本日は雨がふっているので、自転車は中止。ジムに行って15キロぐらい走ってきます。



1 ソフトバンクグループ
株価6481円 (6353円)

1年 5年
CDS 46.28bp(45.89bp)、138.27bp(137.50bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.450% (0.490%)70.12bp (73.59bp)
44回2020/11/27 1.328%(1.318%) 151.58bp(150.25bp)

ユーロ債
2025年7月30日 2.9803%(3.06%) 318.55bp(334.15bp) 円ベース3ML+304bp(308bp)
ドル
2025年7月30日 4.28%(4.388%) 275bp(294bp) 円ヘッジ3ML+224bp(226bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$5.93($6.09)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.88%(8.11%)T+641bp(671bp)
CDS:585bp(598bp)

アリババ 
株価 96.86ドル(98.25ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16545.82 -13.07%
NYダウ 18552.57 +6.61 -11.29 -0.083
ブラジルボベスパ 59116.30  +36.37 +40.38 -0.288
FT100 6858.95 +9.88 -18.71 0.091
DAX  10544.36 -1.85  -14.71 0.776
ロシアMICEX指数 1959.72 +11.26  +5.24 -0.565
上海A 3253.77  -12.16 -28.60 0.869
ハンセンH 9606.17 -0.57 -17.23   0.813

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.7459(0.7017) 1.1625(1.0941) 1.5764(1.5084)2.2847(2.2306)
独-0.613(-0.626)  -0.495(-0.548) -0.032(-0.108) 0.474(0.407)
日-0.201(-0.191)-0.179(-0.177)-0.078(-0.102)0.325(0.348)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.953.00)BBB 1.211.238)・A 0.6(0.66)

CDSインデックス
米 70.48(71.60) 欧州 67.45(66.82)日本54.16(52.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
22日7月シカゴ連銀全米活動指数:予想:--- 前回:0.16
23日8月マークイット製造業:予想:--- 前回:52.9
23日7月新規住宅販売件数:予想:57.7万件 前回:59.2万件
24日7月中古住宅販売件数:555万件 前回:557万件
25日8月マークイットサービス業PMI:予想:---前回:51.4
25日8月マークイットコンポジットPMI:予想:---前回:51.8
26日2Q GDP(年率/前期比):予想:1.1% 前回1.2%
26日:8月ミシガン大学消費者マインド:予想:90.8 前回:90.4

 【日本の予定】
23日8月日経PMI製造業:予想: 前回:49.3
26日8月東京CPI(前年比);予想:---前回:-0.4%

国債入札

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札
23日 20国債 3.462倍 17銭 7月20日

米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
24日 2年国債 2.52倍 3.3bp 7月25日
25日 5年国債 2.27倍 5.0bp 7月26日
25日 2年変国 3.82倍---   7月27日

データ:Bloomberg、財務省HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出た!日銀の”ほたる作戦”!!(資本市場)

2016-08-13 | 今日の東京市場
8月13日
理レター

皆様お世話になっております。今週、米国株式市場ではSP500 、ダウ、ナスダック指数が市場最高値を更新。米国債利回りは安定しています。結局、ECBや日本の緩和マネーがたどり着くところが米国市場。マネーには国境がありません。各国中銀ではもうコントロールできなくなってしまったのでしょう。
日銀ももう外人頼み。黒ちゃんは円高、株高シナリオを描いているような気がします。ドル円は円高。本来、円高は日本株にとってはマイナス要因ですが日銀のETF買いが歯止めになっています。円高の株高です。プラザ合意後の日本も円高、株高でした。ドル建て日経平均は現在167ドル。これは昨年8月の水準です。2万円台でした。外人にとっては株高、円高。ダブルで利益。年初来ドル建て日経平均のパフォーマンスは+5.5%と円の-11.11%をはるかに上回っています。日銀の“ほたる作戦”です。こっちのミ~ズがア~マイゾ!と外人マネーを呼び込む作戦です。
大きなお金が動くので大型中心になりそうですね。小型株はお別れです。
日本の債券市場はしんどいです。すべてが日銀頼みになっています。マイナス付利がベースに流れていて、アルファをクレジットでとるかデュレーションで取るか?それとも外に逃げるか?マイナナス金利は異常現状です。日銀も株を急騰させて、金利をプラスに持っていきたいのではないのでしょうか?日本国民にとってマイナス金利はメリットよりデメリットが大きいです。なんせ、貯金好きの国民ですから。

個人的には株価は上がると思います。というか、国策で上げるのでしょう。ヘッジで米株投資。円高で外株が安く買えますから。

ああ、本日は自転車で横浜に初ドライブに行きます。



1 ソフトバンクグループ
株価6353円 (5801円)

1年 5年
CDS 45.89bp(46.68bp)、137.50bp(140.00bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.490% (0.470%)73.59bp (78.70bp)
44回2020/11/27 1.318%(1.318%) 150.25bp(151.23bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.06%(3.18%) 334.15bp(341.36bp) 円ベース3ML+308bp(309bp)
ドル
2025年7月30日 4.388%(4.558%) 294bp(303bp) 円ヘッジ3ML+226bp(232bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$6.09($6.17)
ドル債              
2024年6月15日8.11%(8.48%)T+671bp(701bp)
CDS:598bp(661bp)


アリババ 
株価 98.25ドル(84.59ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16919.925 -11.11%
NYダウ 18576.47 +6.61 -10.18 -0.083
ブラジルボベスパ 58324.40  +34.54 +40.96 -0.288
FT100 6916.02  +10.79 -18.22 0.091
DAX  10713.43 -0.28  -13.63 0.776
ロシアMICEX指数 1967.18 +11.69  +5.35 -0.565
上海A 3193.74  -11.71 -27.21 0.869
ハンセンH 9554.85 -1.10 -16.73   0.813

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.7017(0.7221) 1.0941(1.1363) 1.5084(1.5885)2.2306(2.314)
独-0.626(-0.618)  -0.548(-0.517) -0.108(-0.067) 0.407(0.433)
日-0.191(-0.187)-0.177(-0.184)-0.102(-0.092)0.348(0.387)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.00(3.14)BBB 1.238(1.274)・A 0.66(0.69)

CDSインデックス
米 71.60(70.73) 欧州 66.82(67.17)日本52.0054.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
16日7月住宅着工件数:予想:117.5万件 前回:118.9万件
16日7月建設許可件数:予想:116万件 前回115.3万件
16日7月CPI(コア、前月比):予想:0.2% 前回:0.2%
16日7月鉱工業生産(前月比):予想:0.2% 前回:0.6%
18日8月フィラデルフィア連銀景況観指数:予想:2.0 前回:-2.9


 【日本の予定】
15日2Q P GDP(季調済/前期比):予想:0.2% 前回:0.5%
16日7月首都圏マンション販売(前年比):-- 前回:-12.9%

国債入札

今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
18日 5年国債 3.452倍 2銭 7月14日

米国 前回の応札倍率  前回入札日
19 5年物価連動債 2.4倍 4月21日

データ:Bloomberg、財務省HP
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

S&P500 は史上高値更新!!日経平均は蚊帳の外!(資本市場)

2016-08-06 | 今日の東京市場
8月6日
理レター

皆様お世話になっております。米国株式市場はハイテク企業の好決算をうけ続伸。SP500は史上最高値を更新ナスダック指数はあと10ptまで迫っています。米国はリスクオン。
債券が売られ(金利が上昇)しています。しかし、ドイツや日本の国債金利はマイナス。中央銀行の輪転機もフル回転しています。いくら日銀がお金を刷ってもお金には国境がありません。すぐに越境!!お金は順風満帆な米国に流れています。FRBは大喜び。特に金利は相対的に高く、市場規模が大きな米国を買わざるを得ない環境になっています。
それに比べ日本では、先週の政策決定会合の内容を受け、超長期債市場が壊れてしまいました。基本的にマイナス金利を買う投資家は日銀だけです。日銀がオペで国債を市場より高い価格で買うので日本の投資家(投機家)が参加しているだけです。そもそも誰も好き好んでマイナス金利の債券なんて買いません。特に超長期のこの水準はどの金融機関のコストにも見合わない水準です。生命保険会社の予定利率0.5%程度です。現在の超長期金利は情緒不安定です。この1週間で20年債が018%=>0.28%、30年債が0.26%=>0.38%、40年債が0.32%=>0.465%に上昇しています。長い債券の利回り程、金利が上昇しています。ちょっとかっこいい言葉でいうとベア・スティープといいます。
40年債の金利上昇は0.145%。債券価格は5円程度下落しまいた。5円は額面1億円につき500万円です。現在、40年債のクーポンは0.4%です。1億円もっていたら1年で40万円の利息。1週間で500万円のマイナスということは12.5年分の利息が吹きとんでしまったことになります。特に現在、クーポンが低いので金利がちょっと動いただけで価格が大きく上下します。仕手株のような状況です。ただまだ超長期債はマイナス金利ではないので償還まで持てば投資金額は戻ってきます(単利)。
一方、株式市場はETFの増額購入に期待しているようです。日銀がマイナス金利を掘り下げなかったため円高が進んでいます。円高は日本株にとってはマイナス。負の相関関係にあります。ただ、昔、昔、その昔。プラザ合意直後の日本株は円高=株高だったのです。
プラザ合意で円高が急伸しましたが日銀が対応策とし、公定歩合(なつかしいですね)を引き下げ、資金をじゃぶじゃぶに市場に流したため資産バブルが誕生!!そこから株価が40000円近くまで上昇しました。その後、三重野総裁がバブル殺しに立ちあがり、
殺し過ぎてしまいました。ああ~~
今回のETF買いが入るという割りには市場の鼻息は荒くないです。黒ちゃん、“鳴くまで待とう”から“鳴かせて見せよう”にスタンスを変更したようです。今後の株価に期待したいです。外人が円高で株が上昇するならダブルで儲かります。結局、外人はいいとこもって行かれてしまいます。この円高はM&Aには神風です。外国株がもっと下落していたらよいですが。永守さんもお買い上げ、孫さんもお買い上げ!!この円高を利用しないともったいないですよ。
株式バブルを起こすことが出来るか?もしかしたら来年の今頃、日経平均が4万円なんてことも!!日本の株式市場の問題は投資家がいないことです。投機家ばかり!!これじゃ株は上がりません。投資家を呼び込む政策をお願いいたします。長期投資家にメリットが出るような税制にしましょう。
先週、自転車を買いました。クロスバイクです。将来的にはロードバイクの購入も視野に入っています。とりあえず保険は入りました。月の保険料は340円です。自転車は出来上がらりましたがまだ乗っていません。今日か明日、街乗りデビューします。黄色に近い緑色、ヘルメットも同色です。夜道を走っても目立つような色です。楽しみが一つ増えました。トライアスロンに興味が出てきました。


1 ソフトバンクグループ
株価5801円 (5703円)

1年 5年
CDS 46.68bp(44.495bp)、140.00bp(135.00bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.470% (0.454%)78.70bp (73.70bp)
44回2020/11/27 1.318%(1.249%) 150.91bp(152.64bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.18%(3.32%) 341.36bp(360.11bp) 円ベース3ML+309bp(316bp)
ドル
2025年7月30日 4.558%(4.758%) 303bp(336bp) 円ヘッジ3ML+232bp(248bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$6.17($6.14)
ドル債              
2024年6月15日8.48%(8.95%)T+701bp(761bp)
CDS:661bp(680bp)


アリババ 
株価 84.59ドル(82.48ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16254.455 -14.60%
NYダウ 18453.53 +6.42 -9.87 -0.049
ブラジルボベスパ 57661.14  +33.01 +40.96 -0.243
FT100 6793.47  +8.83 -18.24 0.206
DAX  10367.21 -3.50  -16.55 0.819
ロシアMICEX指数 1944.31 +10.39  +3.56 -0.580
上海A 3116.08  -15.88 -30.54 0.881
ハンセンH 9131.52 -5.48 -19.99   0.838

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.7221(0.6554) 1.1363(1.0237) 1.5885(1.4531)2.314(2.1827)
独-0.618(-0.625)  -0.517(-0.528) -0.067(-0.119) 0.433(0.341)
日-0.187(-0.250)-0.184(-0.266)-0.092(-0.190)0.387(0.260)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.14(3.25)BBB 1.274(1.306)・A 0.69(0.71)

CDSインデックス
米 70.73(72.02) 欧州 67.17(68.32)日本54.00(58.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
12日7月小売売上高速報(前月比):予想:0.4% 前回:0.6%
12日7月小売売上高(除自動車、ガソリン):予想:0.4% 前回:0.7%
12日7月PPI(コア、前年比):予想:0.3% 前回:0.3%
12日8月ミシガン大学消費者マインド:予想:91.5 前回:90.0


 【日本の予定】
8日7月倒産係数(前値比):予想:--- 前回:-7.4%
10日6月機械受注(前月比):予想:3.3% 前回:-1.4%
10日7月東京オフィス空室率:予想:  前回:4.07%

国債入札

今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果

8月8日―8月12日

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
9日 30年国債 2.642倍 75銭 7月12日

米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
10日 3年国債 2.69倍 3.5bp 7月11日
11日 10年国債 2.33倍 4.6bp 7月12日
12日 30年国債 2.48倍 4.2bp 7月13日


データ:Bloomberg、財務省HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

狂暴化したJGB! 制御できるか?(資本市場)

2016-07-30 | 今日の東京市場
7月30日
理レター

皆様お世話になっております。日銀の追加緩和が発表されました。ETFの増額とドル資金供給の貸出残高の増額、マイナスの深堀は発表されませんでした。発表直後、国債が暴落。
10年ゾーンまでの金利が一気に10bp程度上昇。超長期債も売られていましたが中長期が地獄絵巻のようでした。あの、2003年のVARショックの再来か??市場は混乱。米国債価格も急落していました(東京時間)。ろうばい売りだったのでしょう。米国債は一夜明け買われています。
社債市場はほぼフルスライドしていました。トヨタの残存9.83年17回債が前日の0.035%から0.134%に。Tスプレッドはほぼ横ばいT+33bp。残存19.83年18回債が前日の0.378%から0.412%に。TスプレッドがT+23.5bp程度。こちらも横ばいでした。
社債は7月に大量発行があり歴史的な低水準クーポンの債券が発行されました。いきなりアンダパーになってしまいました。月曜以降にアンダー銘柄が物色されるかどうか?来週2日に定例の10年国債入札が実施されます。市場はボラの大群に襲われているさなかの入札
厳しい結果になりそうです。まともにBID入れる投資家いるのでしょうか?参加者はこれが付いたらラッキー!という水準にBID入れるでしょう。ロングテールになりそうです。
再来週は30年の入札も予定されています。ちょっとタイミング悪すぎ。金利は不安定になりそうです。マイナス金利の国債はババ抜き!!だれも最後まで持ちたくありません。

今回のETF増額は株式市場にはプラス要因ですが、円高が邪魔!!ドル円が102円台。100円割れないと許してくれそうもありませんね。この円高は利用しないともったいないです。外株買ってもよし、海外旅行もよし。ボーナスで高級鞄や靴の購入を計画されている方は
この円高で旅費が節約できます。円高は円の価値が上昇することです。確かに輸出企業にとってはマイナスですが、輸入企業にとってはプラス。日本は貿易黒字国なので差っ引き円高が悪者にされてしまっているだけです。株価は円高との戦いです。アルゴちゃんが円高になると株を売ってくるのでアルゴとの戦いです。ほんとアルゴってうざいですね。
そういえば、伊藤忠の売りレポートで有名になった“グラウカス”。奴らおかしいです。空売りしたあと“なぜ空売りしたか”というレポートを市場に流して提灯売りを誘発して儲けるビジネスモデル。最低最悪なやり方ですね。こんな方法が許されたら株式市場事体が崩壊します。レッドカードです、一発退場!!最近こういう投機家が多いですかね。市場が間違った方向http://blog.goo.ne.jp/admin/showtplcategory/にむかっているように感じます。

米国では大統領選、東京は知事選。米国はわからなくなってきましたね。もし、トランプが大統領になったら世界がバラバラになってしまいそうです。リスクヘッジは
米株買いですね。高い水準ですが日本株を買うより期待できます。

CB市場では九電工が生き返りましたが28日の1日だけでした。出来高が3400万円。
億円単位の売り物が出てきません。せめて1000万円単位で売りが出ないと。個人が主体になってしまったCBは株が盛り上がっても踊ってくれません。
ソニーも同様です。出来高ができませんね。ソニーは1200億円発行。これだけあったら
数十億出来高があってもおかしくないですが実際は出来て5億円。情けないです。

本日は隅田川の花火大会ですね。天気が良くて良かったです。

1 ソフトバンクグループ
株価5703円 (5392円)

1年 5年
CDS 44.495bp(47.72bp)、135.00bp(137.50bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.454% (0.400%)70.03bp (73.13bp)
44回2020/11/27 1.249%(1.170%) 152.06bp(150.10bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.32%(3.33%) 360.11bp(353.00bp) 円ベース3ML+316bp(321bp)
ドル
2025年7月30日 4.758%(4.83%) 336bp(333bp) 円ヘッジ3ML+248bp(259bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$6.14($4.62)
ドル債              
2024年6月15日8.95%(9.31%)T+761bp(786bp)
CDS:680bp(764bp)


アリババ 
株価 82.48ドル(84.49ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16569.27 -12.95%
NYダウ 18432.24 +5.78 -10.191 0.000
ブラジルボベスパ 57308.21  +32.20 +36.84 -0.184
FT100 6724.43  +7.72 -17.93 0.321
DAX  10337.50 -10.03  -21.37 0.846
ロシアMICEX指数 1944.62 +10.40  +3.13 -0.595
上海A 3118.90  -15.80 -30.04 0.889
ハンセンH 8958.97 -7.27 -21.34   0.854

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.6554(0.7025) 1.0237(1.1168) 1.4531(1.5663)2.1827(2.283)
独-0.625(-0.612)  -0.528(-0.488) -0.119(-0.03) 0.341(0.481)
日-0.250(-0.326)-0.266(-0.327)-0.190(-0.220)0.260(0.255)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.17(3.08)BBB 1.217(1.289)・A 0.69(0.7)

CDSインデックス
米 72.02(72.88) 欧州 68.32(71.00)日本58.00(53.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
1日7月マークイット製造業PMI:予想:52.9--- 前回:52.9
1日7月ISM製造業景況指数:予想:53 前回:53.2
3日7月ADP雇用統計:予想:17万 前回:17.2万
3日7月マークイットサービス業PMI:予想:51.0 前回:50.9
3日7月マークイットコンポジットPMI:予想:  前回:51.5
3日7月ISM非製造業生協指数(層が王):予想:56.0 前回:56.5
4日6月製造受注指数:予想:-1.9% 前回:-1.0%
5日7月非農業部門雇用者数変化:予想18万人 前回:28.7万人
5日7月失業率:予想:4.8% 前回:4.9%


 【日本の予定】
3日7月日経日本PMIサービス業:予想:--- 前回:49.4
3日7月日経日本PMIコンポジット:予想:--- 前回:49.0

国債入札

今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
2日 10年国債 3.637倍 3銭 7月5日
4日 10年インフレ連動債 2.838倍 4月12日



データ:Bloomberg、財務省HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泣くなよ(7974)任天堂の投資家!主権を取り戻す時が来た!戦え!!(資本市場)

2016-07-23 | 今日の東京市場
7月23日
理レター

皆様お世話になっております。ポケモンGO!がついに日本でも楽しめるようになりました。きのうの夜、日本橋から大手町、銀座界隈を10キロほど走りました。東京電力の本社前で
ゲームを楽しんでいる方を発見。2人で楽しそうに携帯みながらあっちだ!!と言って去っていきました。任天堂の株価も急騰しています。しかし、週末のNY市場では日本でのローンチがトリガーになったのか株価が10%以上下落しています。東京引け28220円に対し、ADRは24589円です。投資家は“なくなよ(7974)任天堂”!でも株式保有者は泣いてしまいたい気分!!でも本当はここからが勝負です。主導権を取り戻すチャンス!!任天堂は日本の株式会社!!日本市場が株価をリードすべき!なんでADRに振り回されるか?月曜に回答がでます。株式市場は外人が買ったから高いとか、外人が売ったから下落したとか、外人コンピレックスの塊。まだ戦後の日本です。外人プレミアムがつき過ぎ。そろそろ外人から株式市場の主導権を取り戻さないと。。。まずは任天堂からです。月曜の終値が10%以上下落したら主導権は取り戻せません。+引けなら面白くなりそうですよ。外人様が揺さぶりを仕掛けています。ゼロサムの世界なので心理戦ですね。この相場は。泣いてばかりいないで戦いましょう!!

孫さんはまた大きなお買い物!3丁円。豆腐3丁分です。任天堂が4兆円、孫さんとこが6.5兆円ですから大きなお買い物です。アリババ売ったお金。財務改善に使うんではなかったのでしょうか?財務は悪化してしまいました。クレジットも失望から拡大傾向に。買収会社のARMの株価は1.4倍に。ARMの投資家は大喜びでしょう。一方、損さんとこは10%程度下落。クレジットは買収発表前までは改善していましたが残念ながらこの買収を嫌気しています。外債のクレジットも拡大気味。スプリントの株価もこの買収で失速。とりあえずスプリントの決算が25日、ソフトバンクが28日に決算発表があります。ARMは財務内容、良いです。固定負債がありません。損さん大得意のスーパーレバレッジ経営と180%経営方針が違います。この会社に資金調達させるのかな?基本的には人が資産の会社。シャープのように技術者流出が始まったらおしまいです。報道ではほとんど孫さん、口出ししないということですが、我慢できるかな?

資金はアメリカに集まっています。相対的に国債金利は高く、経済は安定成長。ドラちゃんと黒ちゃんの輪転機はフル回転。お金をばらまいています。でも、残念なことにお金には国境がありません。世界中でマイナス金利の国債を持って喜ぶ投資家はいません。日本とドイツ等の国債金利はマイナス。黒ちゃんやドラちゃん、鎖国していたら良かったのにね!!残念でした。

黒ちゃん!日本株をなんとかしておくれ!米国は史上最高値を更新。日本株は後進。
同じ“こうしん”でも差が出るばかり。
上場基準と上場維持基準を厳しくしましょう!上場意義が問われる企業が多すぎます。
取引所は国営にしましょう。麻生大臣!“あっそう”と流さずに聞いてくれ~~!


1 ソフトバンクグループ
株価5392円 (6007円)

1年 5年
CDS 47.72bp(41.57bp)、137.50bp(120.00bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.400% (0.355%)73.13bp (71.80bp)
44回2020/11/27 1.170%(1.126%) 150.10bp(145.25bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.33%(3.15%) 353.00bp(337.00bp) 円ベース3ML+321bp(299bp)
ドル
2025年7月30日 4.83%(4.73%) 333bp(324bp) 円ヘッジ3ML+259bp(253bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$4.62($5.00)
ドル債              
2024年6月15日9.31%(9.42%)T+786bp(798bp)
CDS:764bp(771bp)


アリババ 
株価 84.49ドル(81.25ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16627.25 -12.64%
NYダウ 18570.85  +6.58 -5.91 0.062
ブラジルボベスパ 57002.08  +31.49 +41.20 -0.118
FT100 6730.48  +7.82 -15.31 0.425
DAX  10147.66 -5.54  -15.71 0.867
ロシアMICEX指数 1926.90 +9.40  +6.99 -0.622
上海A 3153.80  -13.56 -25.84 0.897
ハンセンH 9031.93 -6.51 -18.54   0.870

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.7025(0.6674) 1.1168(1.1038) 1.5663(1.5509)2.283(2.2655)
独-0.612(-0.652)  -0.488(-0.551) -0.03(-0.006) 0.481(0.53)
日-0.326(-0.350)-0.327(-0.307)-0.220(-0.225)0.255(0.190)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.08(3.15)BBB 1.289(1.32)・A 0.7(0.74)

CDSインデックス
米 72.88(72.88) 欧州 70.00(71.00)日本58.00(53.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
26日5月S&P/ケースシラー20都市指数(SA):予想:--- 前回:186.63
26日7月マークイットサービス業PMI:予想:--- 前回:51.4
26日7月マークイットコンポジットPMI:予想:--- 前回:51.2
26日7月新築住宅販売件数:予想:56万件 前回:55.1万件
28日FOMC

 【日本の予定】
日本 前回の応札倍率 テール 前回入札
26日40年国債 3.07倍  5月26日
28日2年国債 4.95倍 0.8銭 6月28日

前回の応札倍率  前回入札日
米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
26日 2年国債 2.72倍 4.5bp 6月20日
27日 5年国債 2.29倍 5.3bp 6月21日
28日 7年国債 2.56倍 4.8bp 6月22日
28日 2年変国 3.15倍---   6月22日

データ:Bloomberg。財務省HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

任天堂がほしい!!でも高い!でも大丈夫!任天堂を八分の一で買う方法!!(資本市場)

2016-07-16 | 今日の東京市場
7月16日
理レター

皆様お世話になっております。米国株式市場が歴史的な高値を更新するなか、日経平均も上昇、なんと16500円台を回復する場面もありました。なんと、89年12月の高値から42%の水準です。そのころSP500 が350ptでした。SP500を買っていたら6.2倍に(円換算4倍強)に成長しています。これじゃ長期投資家は育ちませんよね。株≠投資、株=投機になってしまうわけです。
今週は任天堂が息を吹き返しいままで溜まっていたうっぷん晴らし!1週間で70%株価が上昇していますポケモン様様ですね。私はゲームをやらないのであまり興味がないのですが世界中でHITしているようですね。任天堂の株は日本では100株単位で最低投資金額が280万弱です。なかなか個人には手が届きません。しかし、米国市場(ADR)は34ドル弱です。八分の1で購入できます。最低投資金額など証券会社によりけりですが米国で100株購入した場合35万円程度です。任天堂が買いたい!!でもお金が足りない!という方は米国ADRならハードルが低くなりますよ。また、今週はラインも上場しました。
米国では公募価格が32.84ドル。金曜日の終値は39.65ドルでした。スタートは順調です。日本でもIPO価格3300円を上回る4345円で引けました。私はラインもやっていないので
よさがわかりません。私の携帯電話は“ガラケー”、月の電話代が親の分も含め6000円程度です。昔は家の電話代(固定)が1万円を上回ると家族会議が実施され、電話の時間短縮を親から求められました。今は一人1台。家計に占める電話代が大きくなっています。そういう面では携帯電話の料金を引き下げることでの経済効果は期待できます。世の中、携帯がハブになって、携帯中心に人間が振り回されています。携帯は確かに便利ですが
携帯を無くした場合のシュミレーションしたほうがよいですよ。携帯なくしたらなにもできなくなってしまいますから。災難は突然やってくるものです。

携帯といえば、スプリントのクレジットが改善、株価が5ドルを回復しています。決算は7月25日です。米国ではジャンク債が買われているのでその流れの一環か、それとも独自の材料かよくわかりません。とりあえず決算待ちです。

今週は世界市場で国債金利が上昇しています。ドイツ10年債がプラスに戻ってきました。日本では超長期金利が上昇。30年債先週末の0.085%から0.18%上昇。30年51回債のクーポンは0.3%です。1億円購入しても利息は1年で30万円です。金利が0.1%上昇すると
1億円保有していた場合、300万円損失がでます。債券価格はクーポンが低いほど、償還期間が長いほど、金利感応度が高い商品です。ほんとうに超長期が怒りだしたらこんレベルの話ではなくなります。今回はかわいく0.1%。もし1%上昇したら??現在の超長期は仕手株のようなものです。最終的にマイナス金利で購入しなかった償還までもてば元本は毀損しませんが・・・

来週は日銀の社債等買入れや20年国債の入札が予定されています。20年債入札が注目されます。

社債市場はもう凄いことになっています。起債が続きましたがどれもサマーセールのように飛ぶように売れています。国債かってもマイナス。じゃ社債を買おう!!という流れです。大丈夫かな?元本リスクそんなにとって・・・




1 ソフトバンクグループ
株価6007円 (5397円)

1年 5年
CDS 41.57bp(49.65bp)、120.00bp(145.00bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.355% (0.340%)71.08bp (72.626bp)
44回2020/11/27 1.126%(1.086%) 145.25bp(145.90bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.15%(3.44%) 337.00bp(372.95bp) 円ベース3ML+299bp(333bp)
ドル
2025年7月30日 4.73%(4.955%) 324p(365.70bp) 円ヘッジ3ML+253bp(284bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$5.00($4.68)
ドル債              
2024年6月15日9.42%(10.22%)T+799bp(898bp)
CDS:771bp(918bp)


アリババ 
株価 81.25ドル(78.99ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16497.85 -13.32%
NYダウ 18516.55  +6.26 -7.15 0.108
ブラジルボベスパ 55578.24  +28.21 +35.22 -0.068
FT100 6669.24  +6.84 -16.43 0.484
DAX  10066.90 -6.29  -16.79 0.874
ロシアMICEX指数 1940.85 +10.19  +8.67 -0.631
上海A 3197.33  -13.69 -26.82 0.902
ハンセンH 9049.66 -6.33 -18.18   0.875

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.6674(0.6050) 1.1038(0.9476) 1.5509(1.3562)2.2655(2.0976)
独-0.652(-0.649)  -0.551(-0.623) 0.006(-0.189) 0.53(0.350)
日-0.330(-0.351)-0.307(-0.366)-0.225(-0.288)0.190(0.095)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.62(3.62)BBB 1.400(1.400)・A 0.77(0.77)

CDSインデックス
米 72.88(73.00) 欧州 71.00(77.49)日本53.00(68.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
19日6月住宅着工件数(前月比):予想:116.8万件 前回:116.4万件
19日6月建設許可件数:予想:115万件 前回:113.6万件
21日6月中古住宅販売件数:予想:546万件 前回:553万件
22日7月マークイット製造業PMI:予想:51.4 前回:51.3

 【日本の予定】
日本 前回の応札倍率 テール 前回入札
20日 20年国債 3.612倍 8銭 6月23日

米国 前回の応札倍率  前回入札日
22日 10年インフレ連動国債 2.27倍  5月19日


データ:Bloomberg。財務省HP
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ダムが決壊!社債市場に資金が大量流入!(資本市場)

2016-07-09 | 今日の東京市場
7月9日
理レター

皆様お世話になっております。英国の次はイタリアの銀行の商業銀行、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行の不良債権問題が浮上。ドイツ銀行やクレディスイスなどの株価も一時、史上最安値を更新する場面もありました。金利が低下するなか銀行の収益の源である長短金利スプレッドが消えつつあるため予断を許さない状況です。一方、米国は以前プラス金利。銀行株のパフォーマンスはマイナス5%程度(SP500は+4.2%)ですがドイツ銀行のマイナス48%、クレディスイスの-53%、モンテ・ディ・パスキ・ディ・パスキ銀行の-76%と比較すればかわいいものです。日本の銀行もこれだけカーブがマイナスになるとさすがに収益は。黒ちゃんがマイナス金利政策を発動したのが1月29日。この日からの下落率はメガ3行ともマイナス30%程度。銀行株の配当利回りはみずほが5%台、三菱と三井住友が4%台。預金するなら株を購入したほうが効率的。ただし、配当は業績によって変動します。配当金にフロアーを付けてくれたら株価が反騰するのですが。これらの銀行は過去2001年から2002年にかけて無配の時期がありました。黒ちゃんのマイナス金利政策で今週20年国債の金利が一時マイナスに!!20年債がすべて水面下に沈んでしまいました。ただ、まだ新人海女のためすぐ浮上し、現在0.04%、7年ゾーンまではマイナス40bpに迫る勢いで金利が沈んでいきます。金利沈没。この影響が社債市場に波及しています。現在のセカンダリー市場では残存2.5年までの高格債(AA程度)はマイナスに。今週は新発債が大量発行されましたが国債金利がマイナス30bp。こんなレベルで買うのは日銀だけです。マイナス金利はババ抜きです。売ることを考えて買うのがマイナス金利で勝つ方法です。最終投資家は日銀。
大手投資家がセカンダリーで社債を集めるのは無理がありますが。プライマリーは市場にインパクトを与えずに玉の調達ができます。銀行さんの預金金利はほぼゼロ。国債はマイナス。融資は伸びない。じゃ社債買うか!!という流れです。生保や年金はコストが銀行預金よりも高いため動けないです。いま辛いのは年金運用です。もっと辛いのは個人。そういえば今度、損保JAPANが30年劣後債を個人向けに発行するようです。10年後にコールが付いていてクーポンは1%程度という話です。私は興味がありません。流動性を殺して10年1%持ちたくないです。それなら額面近くのCBを買ったほうがまし。
それにしてもこんなに金利が低下しても日本株はちっとも上がりませんね。株式市場が重症です。債券市場はハイパーインフレ状態(価格)。40年国債5回債の価格は166円、4回債が171円台。現在の相場環境では複利で考えると失敗します。円債だけでなく、すべての国債は単利で考えたほうがよいです。そうなると金利が高い米国債がよいですね。ただし、為替リスクが発生します。そうなると為替よりボラが高い株。そうです、米株投資がよいです。大統領選でジョーカーが大統領になったら米株にとってはプラス。ドルは下落します。世界にとっては良くないですが。

日本株を上げる方法は簡単!黒ちゃんが日経平均を3万円まで買い続けるといえば上がります。インフレ率2%はさすがに無理。これに対しては、債券価格は2%以上あがったので良しとしましょう。
このままだとほんと最後には日経平均は0円に収れんされますよ。ロングがやられるシステムを導入した取引所が悪いです。まず、取引所を公正という立場から上場廃止。公的な立場に引き戻さないと。HFTの思う壺です。最後は取引所も食われてしまいますよ。そもそも日経平均算出方法にも問題があるので225オプションや先物も廃止しましょう。日本株は投機から投資に戻さないと!株の神様が怒ってます!



1 ソフトバンクグループ
株価5397円 (5727円)

1年 5年
CDS 49.65bp(52.76bp)、145.00bp(155.00bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.340% (0.355%)72.626bp (66.58bp)
44回2020/11/27 1.086%(1.1.01%) 145.90bp(145.95bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.44%(3.567%) 372.95bp(379.88bp) 円ベース3ML+333bp(333bp)
ドル
2025年7月30日 4.955%(5.06%) 365.70bp(368.28bp) 円ヘッジ3ML+284bp(288bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$4.68($4.53)
ドル債              
2024年6月15日10.22%(10.86%)T+898bp(957bp)
CDS:918bp(954bp)


アリババ 
株価 78.99ドル(76.65ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 15106.98  -17.61%
NYダウ 18146.74  +4.14 -12.79 0.183
ブラジルボベスパ 53140.74  +22.59 +23.24 0.015
FT100 6590.64  +5.58 -22.27 0.589
DAX  9629.66 -10.36-23.58 0.881
ロシアMICEX指数 1894.35 +7.55  +1.35 -0.635
上海A 2988.09  -15.57 -31.34 0.909
ハンセンH 8534.79 -11.66 -26.09   0.879

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.6050(0.6924) 0.9476(0.9946) 1.3562(1.444)2.0976(2.225)
独-0.694(-0.649)  -0.623(-0.561) -0.189(-0.126) 0.350(0.397)
日-0.351(-0.328)-0.366(-0.352)-0.282(-0.253)0.095(0.104)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.62(3.70)BBB 1.400(1.428)・A 0.77(0.78)

CDSインデックス
米 73.00(77.41) 欧州 77.49(80.06)日本68.00(65.50)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
13日6月輸入物価指数(前月比):予想:0.6% 前回:1.4%
14日PPU(コア、前月比):予想:0.1% 前回:0.3%
15日6月小売売上高速報(前月比):予想:0.1% 前回:0.5%
15日6月CPI(コア、前月比):予想:0.2% 前回:0.2%
15日7月NY連銀製造業景況指数:予想:5.00 前回:6.01
15日7月鉱工業生産(前月比):予想:0.1% 前回:-0.4%
15日7月ミシガン大学消費者マインド:予想:93.8 前回:93.5

 【日本の予定】
11日5月機械受注(前月比):予想:2.6% 前回:-11%
12日6月PPI(前月比):予想:-0.1% 前回:0.2%

国債入札
米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
12日 3年国債 2.79倍 5bp 6月07日
13日 10年国債 2.70倍 4.2bp 6月08日
14日 30年国債 2.42倍 4.5bp 6月09日

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
12日 30年国債 3.422倍 14銭 6月07日
14日 5年国債 4.664倍 1銭 6月09日

データ:Bloomberg。財務省HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんで英国株指数だけ戻ってるの?(資本市場)

2016-07-02 | 今日の東京市場
7月2日
理レター

皆様お世話になっております。英国ショックの混乱は続いています。それにしても今回の国民投票、本当に滑稽ですね。離脱派もまさか勝つとは思わなかったようです。離脱派のリーダー、ジョンソンは保守党党首選から離脱。おいおい!!責任とれよ!!という状況です。選挙結果を受けポンドが急落。CNNでは、アストンマーチンのドル換算価格が下落しバーゲン価格だ!!というニュースが流れていました。株式市場ではRBSの株価が急落したまま戻ってきません。6月23日比の下落率はRBSが-32.6%、バークレイズとロイズが-25%程度。一方で面白い現象が確認できます。市場の混乱で資金が国債と金に流れています。株式市場ではフレスニーヨやランドゴールドリソーシズの株価が急騰。23日比でフレスニーヨが42%、ランドゴールドが36%上昇しています。その間の金価格(ポド建て)は18.5%です。ポンドの下落率11%。株式市場では上記の2銘柄に資金が集中。ポンドの逃避先となっています。わかりやすい資金の流れですね。

大陸では国債金利の低下が続いています。フランスは歴史的な水準を日々更新。EU加盟国が一つにまとまろうとしているのでしょうか?英国離脱でフランスの地位が上昇。ドイツとフランスが結束。という流れに見えます。

ひとつ不可解なのは世界の株式市場は下落していますが現地通貨建てのFT100 指数は23日比+3.78%。日本が-3.42、米国でも-0.5%、ドイツやフランスは-4.5%程度。世界にご迷惑をおかけしている英国がプラス??不思議だと思いませんか?

日本の株式市場、大型銘柄は元気がない中、母ちゃんが復活。1000pt台に乗せました。
マザーズ指数先物が7月19日に上場します。母ちゃんは上に下へ大変な動きになりそうですね。貯蓄から投機に!の流れですね。オプション市場があればロングストラングルをロールするのが良いですね。正面から勝負できない異常な動きをする死数ですから。

日本国債市場は国債金利がぐぐっと一回り低下。9年ゾーンまで-30bpに。マイナス金利は2034年9月償還150回債(残存18.21年)まで拡大しています。20年債でプラス金利はあと7銘柄だけです。金利が砂漠化するなか、オアシスの水もうほとんど残っていません。
オアシスから水が枯渇してしまいます。黒ちゃん!!なに考えてるの??みんな死んじゃうよ!!黒ちゃんが頑張っても資金はグルグル国債市場をまわっているだけ。株式にお金が流れ、日経平均が3万円ぐらいになると思っていたのでしょうか?


インフレ率2%なんて無理!円高で海外旅行者数は増えそうですね。国内消費より海外で消費したほうが得ですから。お金持ちは海外で消費。外国人旅行者は円高で財布の紐が堅くなります。

円高で外株が安く買えます。米株を拾いましょう。なんだかんだで米国に資金が集まっています。米債もすごいことになっています。この混乱でポートの米国のウェイトが高くするファンドが増えると思います。

CB市場ではパーク24の2018年4月償還債に転換権が初めて発生しました。起債以来初の転換権の発生です。発行額が200億円。かい離率は1%程度で推移していますが転換が見えてきました。始まりそうです。転換価格は2630.5円です。


1 ソフトバンクグループ
株価5727円 (5505円)

1年 5年
CDS 52.76bp(59.17bp)、155.00bp(175.00bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.355% (0.40%)66.58bp (74.13bp)
44回2020/11/27 1.101%(1.210%) 145.95bp(149.46bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.567%(3.813%) 379.88bp(397.18) 円ベース3ML+333bp(335bp)
ドル
2025年7月30日 5.06%(5.09%) 368.28bp(359.73bp) 円ヘッジ3ML+288bp(261bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$4.53($4012)
ドル債              
2024年6月15日10.86%(11.20%)T+9578bp(978bp)
CDS:954bp(1004bp)


アリババ 
株価 79.65ドル(76.29ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 15682.48  -17.61%
NYダウ 17949.37  +3.01 -12.11 0.279
ブラジルボベスパ 52233.04  +20.49 +25.85 0.181
FT100 6577.83  +5.37 -18.97 0.724
DAX  9776.12 -9.00 -20.35 0.889
ロシアMICEX指数 1896.62 +7.68  +4.41 -0.643
上海A 3069.50  -17.14 -31.08 0.913
ハンセンH 8712.89 -9.81 -23.14   0.875

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.6924(0.6368) 0.9946(1.0751) 1.4441(1.5599)2.225(2.4101)
独-0.649(-0.643)  -0.561(-0.528) -0.126-(0.0471) 0.397(0.496)
日-0.328(-0.270)-0.352(-0.271)-0.253(-0.170)0.104(0.151)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.70(3.64)BBB 1.428(1.47)・A 0.78(0.78)

CDSインデックス
米 77.41(86.96) 欧州 80.06(92.76)日本65.50(76.50)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
5日6月ISM NY :予想:-- 前回:37.2
6日6月マークイット サービス業PMI:予想:51.5 前回:51.30
6日6月マークイット コンポジットPMI:予想: 前回:51.20
7日7日ADP雇用統計:予想:15万人 前回:17.3万人
8日6月非農業部門就業雇用者変化:予想:18万人-- 前回:3.8万人
8日:6月失業率:予想4.8% 前回:4.7%

 【日本の予定】
7日6月東京オフィス空室率:予想:--  前回:4.05%
8日5月国際収支:経常収支:予想:1.742兆円 前回:1.878兆円
8日6月倒産件数(前年比):予想:-- 前回:-7.32%

国債入札
日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
5日 10年国債 4.105倍 2銭 6月2日
データ:Bloomberg  財務省HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソロス激怒!!プライドをかけたポンド売り!(資本市場)

2016-06-25 | 今日の東京市場
6月25日
理レター

皆様お世話になっております。英国ショック。まさかの離脱。円が急伸、100円割れ。
もう~~。ヘッジファンドは大喜び。ジョージソロスもポンド売り!?選挙前にTVでEU離脱したらポンドが20%以上下落すると警告していました。選挙結果が徐々でてくるとソロスの機嫌が徐々に悪くなり、“離脱”という報道に怒りが頂点に!!“俺のメンツをつぶすのか!!”これはプライドをかけた通貨戦争だ“とポンド売りに走ったのでしょう!!ソロスとしてはEU離脱決定でポンドが下落しなかったら過去の人になってしまいます。
「明日の朝刊に“ソロスの警告、空振り!”」なんて書かれてしまったら??どうしよう??と思ったことでしょう。せめて1.3台まで下落してもらわないと困ったことになります(ソロスのマインド)。プライドをかけたポンド売りです。世界中のヘッジファンドともベクトルが一致。合い言葉は“ソロスと一緒に売れば怖くない!!“という流れだったのでしょう。ソロスを先頭にポンド売り、円買い!新聞社やマスコミの方!お願いがあります。
“流石ジョージソロス”ポンド下落を当てた男“と絶賛してあげて下さい。そうすれば
ソロス様が落ち着てくれるかもしれません。彼は伝説の人です。

選挙結果もよくないですよね。ほとんど半々です。これで英国は分断されます。スコットランドは独立。選挙結果をうけ、離脱派の方がGreat Britain の主権を取り戻したと言っていましたがスコットランドは独立するでしょうね。甘いな~~ほんと。

それにしても東京タイムに選挙結果発表はやめてほしかったですよね。一番被害者は日本です。FTSE100の下落率3.1%に対し、TOPIXが7.26%。ドイツDAXでも6.8%。円高で売り仕掛けがしやすいのですよね。円高、sell日本株!!BUY金と国債!!!というシステムが働きます。日経平均は13500円前後に仕組債のノックインがあるので怖いですよね。賢い皆様はリンク債なんて購入してないですよね。あんなの買ってはいけませんよ。
そもそも商品設計が投資家に不利な仕組みですから。リスクリターンを考えたらあんな商品は買えません

国債金利が世界中で急低下しています。米国はこれで利上げが出来なくなりましたね。それにしてもこれだけ世界中でカーブが潰れるとお金の行き場が限られます。大名行列のように、長期に!長期に!ともう超長期に向かうしかないです。スイス先輩の30年国債は
再びマイナス金利に突入。日本も10年が-0.2%近くまで低下。30年が0.141%という水準です。日銀さん信じています!!オペで超長期を支えて下さい。黒ちゃんお願いね!!裏切らないでね!!

株式市場では母ちゃん(東証マザーズ)がついに切れました。一時、前日比15%近くの下落。儲ける時はコツコツと、損するときはどさっと!!怖い市場ですほんと。母ちゃん許して~~~と、投資家の叫びが聞こえます。

この下落、嘆いていても時間の無駄!“覆水盆に返らず”です。この相場をプラスに考えないといけません。どうしたら良いか?
お金がある企業はM&Aの最高のチャンス到来です。株が安い、金利が安い、円高。大バーゲンセールです。サマーセール第一弾!です。
個人はなにを買えば良いか?個人的には米株です。なんだかんだ言っても、人口は増加しています。そういえば、6月27日に、取引所株価指数証拠金取引にNYダウ証拠金取引が始まりますね。配当金も貰えます。短期売買というより買いっぱなしも面白いと思います。

久々の暴落!暴落も相場です。受け入れ、前向きに行きましょう!
チャンスは探せば必ずあります。どこかに歪があります。それが儲けの種となります。

今日は、いまから定期健診です。



1 ソフトバンクグループ
株価5505円 (5577円)

1年 5年
CDS 59.17bp(52.125bp)、175.00bp(155.00bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.40% (0.450%)74.13bp (77.40bp)
44回2020/11/27 1.210%(1.255%) 149.46bp(150.58bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.813%(3.74%) 397.18bp(383.80p) 円ベース3ML+335bp(307bp)
ドル
2025年7月30日 5.09%(5.16%) 359.73bp(362.42bp) 円ヘッジ3ML+261bp(250bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$4.12($3.71)
ドル債              
2024年6月15日11.20.%(12.081%)T+978bp(1061bp)
CDS:1004bp(1106bp)


アリババ 
株価 76.29ドル(77.00ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 14952.02  -21.44%
NYダウ 17399.86  -0.14 -14.96 0.279
ブラジルボベスパ 50037.05  +15.43 +15.26 0.181
FT100 6138.69  -1.66 -22.27 0.724
DAX  9557.16 -11.44 -22.80 0.889
ロシアMICEX指数 1884.41 +6.99  +1.12 -0.643
上海A 2854.29  -7.55 -21.38 0.913
ハンセンH 8530.10 -11.71 -24.91   0.875

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.6368(0.6927) 1.0751(1.1145) 1.5599(1.6095)2.4101(2.4203)
独-0.643(-0.607)  -0.528(-0.498) +0.047(0.019) 0.496(0.576)
日-0.270(-0.250)-0.271(-0.244)-0.170(-0.148)0.151(0.226)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.39(3.67)BBB 1.37(1.45)・A 0.72(0.78)(6月23日時点)

CDSインデックス
米 86.96(82.80) 欧州 92.76(85.36)日本76.50(70.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
27日6月マークイットサービス業PMI:予想:-- 前回51.3
27日6月マークイット コンポジットPMI:予想:-- 前回:50.9
28日1Q GDP (年率/前期比):予想:1.0% 前回:0.8%
28日4月S&Pケースシラー20都市指数:予想:-- 前回:184.50
29日:5月個人所得」予想」0.3% 前回:0.4%
29日5月中古住宅販売仮契約(前月比):予想:-1.5% 前回:5.1%
30日6月シカゴNAPM:予想:50.4  前回:49.3

 【日本の予定】
29日5月小売売上高(前月比):予想:--  前回:-0.1%
30日5月住宅着工件数(前年比):予想」4.8% 前回:9.0%
1日5月失業率:3.2% 前回:3.2%
1日5月有効求人倍率:予想:1.35倍 前回:1.34倍
1日5月全国CPI(コア/前年比):予想:0.6% 前回:0.7%
1日6月東京CPI(コア/前年比):予想-0.4% 前回:-0.52%
1日日銀短観

国債入札
日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日

28日 2年国債 5.518倍 0.3銭 5月31日

データ:Bloomberg  財務省HP
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加