長期運用を真剣に考えている方へ

素人、プロ、万人向け投資情報、金融商品説明など金融に関する教育サイト。明るい老後をめざし、負けない投資家になろう!

3匹目のお化けは出るか?イタリア国民の判断は?(資本市場)

2016-12-03 | 今日の東京市場
12月3日
理レター

皆様お世話になっております。明日は注目のイタリア国民投票日です。債券市場で注目されていたイタリア国債とドイツ国債との金利差は一旦ポジション調整が入り縮小しています。選挙で否決されたら大混乱がおきます。今年はお化けがすでに2匹。英国と米国。3匹目は出るか?出るとユーロが大混乱に陥ります。来年4月にはフランスで大統領選挙も控えており保守化の動きが鮮明になるとユーロ崩壊の危機。まずはイタリア国民投票です。

今週は円安が進み株価が上昇。金利は上昇したがっているようです。ただ、日銀のクロちゃんの目が気になるようで消極的。世界中の国債金利が上昇、日本国債との金利差は拡大傾向にあります。特に長期、超長期債が拡大傾向。米国30年とのスプレッドは年初1.7%程度でしたが2.5%まで広がる場面もありました。注目のFOMCは12月15日。市場予想は50bp引き上げ75bp(0.75%)に。米国債のイールドカーブがねじれだしています。
30年10年がフラットニング傾向にあります。30年3%はG7の国ではイタリアぐらい。
イタリア30年買うなら米国30年ですよね!!

日本債券市場は起債のラッシュ。企業がここぞとばかりに資金調達を急いでいます。今週は1日に10年国債の入札が実施されたため、本来、木曜日の起債が出来な(入札次第で金利水準が変わる可能性が高いため本来社債の起債を控える傾向にあります)かったため金曜に集中。来週は分散されますがそれでも起債案件が溜まっています。DCMは大忙し。投資家も大忙し。それでも新発債の重要は高く売れています。電力10年の0.26%は流石にやり過ぎ感がありましたが、それ以外はごそっと売れてしまうようです。

国内CBは良い感じですね。出来高が増加してきました。もっと銘柄数が増えると良いですね。CBといえば凸版印刷の株価の動きがおかしいですね~~!凸版のユーロ円CBが12月19日に償還を迎えます。償還額は発行額とおなじ400億円。転換価格は1094円です。転換期限が12月12日。最近株価が上昇し、きのうの終値は1066円。だるまさんがコロ~ンだ!と徐々に近づいています。転換期限まであと6営業日しかありません。CBは他人資本を自己資本に変換することができる玉手箱。来週の株価の動きが注目ですね。何か出るかもしれません。昔、SONYの国内CBが転換期限直前に株価が急騰し転換されたことがありました。
その時は出井CEOが退任、ストリンガー氏就任というニュースが好感され株価がぶっ飛びました。この時は転換期限の1ヵ月位前でした。楽しみです。


今年もあと1カ月ですね。12月といえば恒例のライブは12月23日です。ライブ後にクリスマス会をしませんか?場所は大塚のWELCOMEBACKです。



ソフトバンクグループ
株価6880円(6800円)

1年 5年
CDS 88.79(91.99bp)、164.0(170.50)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.288%(1.416%) 141.63bp(150.83bp)
48回2022/12/09 2.02% (2.13%)210.89bp (220.84bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.637%(3.648%) 358.47bp(362.34bp) 円ベース3ML+313.91bp(316.53bp)
ドル
2025年7月30日 5.320%(5.365%) 304.41bp(310.62bp)
円ヘッジ3ML+223.68bp(233.12bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$7.98(7.89)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.21%(7.28%)T+500bp(507bp)
CDS 460.06(492.28bp)

アリババ 
株価 90.48ドル(93.39ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 18426.08 -3.19
NYダウ 19170.42  +10.02 +3.88  0.078
ブラジルボベスパ 60316.13  +39.14 +49.66 -0.045
FT100 6730.72  +7.82 -12.06 0.036
DAX  10513.35 -2.14 -9.23 0.580
ロシアMICEX指数 2128.99 +20.87 +29.74 -0.132
上海A 3396.71 -5.42 -15.71 0.749
ハンセンH 9781.23 +1.24 -4.46  0.488

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米1.0957(1.1168)1.8208(1.8354) 2.3831(2.3572)3.0615(3.0045)
独-0.735(-0.744)  -0.423(-0.433)  0.281(0.240) 0.949(0.897)
日-0.138(-0.180)-0.100(-0.077)+0.04(+0.042)0.595(0.61)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.79(2.87)BBB 1.19(1.210)・A 0.701(0.714)

CDSインデックス
米 72.92(73.07) 欧州 78.64(81.07)日本56.00(55.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
5日11月マークイットサービス業PMI:予想:54.8 前回:54.7
5日11月マークイットコンポジットPMI :予想:- 前回:54.9
6日11月ISM非製造業景況指数:予想:55.5 前回:54.8
7日10月製造業受注指数 予想:2.5% 前回:0.3%
7日10月耐久財受注(前月比)予想:2.0% 前回:4.8%

【日本の予定】
5日11月日経PMIサービス業:予想:- 前回:50.5
5日11月日経PMIコンポジット:予想:-- 前回:51.3
8日3Q F GDP(SA/前期比):予想:0.6% 前回:0.5%
8日3Q F GDPデフレーター:予想:-0.1% 前回:-0.1%

今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果
12月5日-9日
ドイツ  前回の応札倍率 平均利回り 前回入札日
7日 2国債 1.256 -0.64% 11月09日

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
8日30年国債 3.499倍 19銭 11月10日

データ:Bloomberg、財務省データ
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

米株投資の勧め (資本市場)

2016-11-26 | 今日の東京市場
11月26日
理レター

皆様お世話になっております。米国株強いです。ダウ、SP500 にナスダック指数、いずれも市場最高値を更新しています。トランプの何振りかまわないアメリカ第一主義。資金はダムが崩れたように米国に流れています。この流れは止められません。トランプさんが当選されたことでグローバル運用方針も変わってきます。世界は一家=>世界は3つ分断。シナジー効果は低下しそうです。今のように円安=株高という時代もそのうち終わると時がきます。お金の循環がグローバルから地域限定型に移行しそうです。
運用方針を見直す時です。円は中途半端な存在になりそうです。米国あっての日本です。今後は軍需面などを含め日本が成人にならないととんでもないことが起きそうです。円だけの資産形成は危険です。ドル資産や元(香港ドル)のウェイトを引き上げましょう。ユーロはとりあえず12月4日のイタリア国民投票結果を見てから。ユーロは前途多難ですね。
運用は長期投資が基準です。まずお金を貯めて、ダウ構成銘柄を毎年1銘柄でも2銘柄でも購入しましょう。仕手株のように1カ月で2倍、3倍にはなりませんが安定した資産形成が期待できます。ヘッジは中国株です。今後はアジア圏で中国の力がより強くなります。中国株(香港株)は停滞しているので投資のタイミングとしては良い時期だと思います。今の元安政策のトランプさんが就任されたら止まります。まさに“鬼の居ぬ間に洗濯”です。

世界の目からみると、日本株を購入するより米株に投資したほうが効率的です。米株企業の多くは配当金を年4回。例えば、最近赤丸上昇中のキャタピラーは2月、5月、8月と11月、ゴールドマンは3月、6月、9月と12月。例えばこの2銘柄を100株購入した場合の配当金はGSが1回当たり65ドル、キャタピラーが77ドル。投資金額はGSが240万円、キャタピラーが110万円程度。キャタピラーは1994年以降毎年増配しています
米国にはこのような企業が沢山あります。米国REITファンドの減配が問題になっております。REITは金利上昇に弱いです。金利が上昇すると不動産の現在価値が低下します。
M&Aのプライシングもそうですがターミナルバリューと割引率という魔法の道具で企業価値が大きく増減します。不動産価値も同様です。

日本は地道にCB投資ですかね。株価上昇に伴いCB価格も上昇してきました。東プレやDCM HDが動き出しましたね。

国内債券市場は10年国債がプラス金利に!金利が全体的に上昇しています、住宅ローンを組まれる予定の方は早く決済下ろしてもらったほうがよいですよ。もう金利、下がりそうにありません。日銀のカーブを立たせようとしているようです。この状況で機関投資家はわざわざ金利を買い下がりません。(価格を買いがりません)。機関投資家は待ちの姿勢です。40年債の入札が好調だったのは期待が低すぎただけのことです。企業もざわつきはじめ起債案件がどんどん増えています。金利が上昇する前の駆け込みです。

投資のチャンスが転がっていますよ。米株いつ買うの?今でしょ!今!!
私は米株のセールスではありません。そういえば、マネックス証券やSBI証券等はNISAが使えるそうです。

昨晩はバンドの練習でした。10時まで練習、その後、反省会。きのうは長かった。終わったのが1時でした。

別件ですが、痩せたい方いますか?自転車がお勧めですよ。仲間で週末サイクリング。5時間ぐらい走ると1500キロカロリーぐらい消費します。私は自転車を初めてから63キロぐらいだった体重は59.5キロまで落ちました。大学時代が57キロ。60キロ割れは大学以来。走ってもなかなか体重がおちませんでしたが3カ月で3キロ。効率的です。また、筋力も鍛えられるのでおすすめです。私が購入した自転車はクロスバイクです。ロードレーサーではありません。それでも100キロぐらいは走れますよ。ロードバイクだと服装がメンドク。ジムの格好で走っています。



ソフトバンクグループ
株価6800円(6775円)

1年 5年
CDS 91.99(92.41bp)、170.5(172.00)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.416%(1.406%) 150.89bp(151.33bp)
48回2022/12/09 2.13% (2.13%)220.84bp (220.05bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.648%(3.586%) 362.34bp(354.32bp) 円ベース3ML+316.53bp(310.26bp)
ドル
2025年7月30日 5.368%(5.294%) 310.62bp(304.33bp)
円ヘッジ3ML+233.12bp(229.47bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$7.89(7.35)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.28%(7.28%)T+507bp(509bp)
CDS 492.28(500.35bp)

アリババ 
株価 93.39ドル(93.39ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 18381.22 -3.41
NYダウ 19152.14  +9.91 +3.51  -0.010
ブラジルボベスパ 61559.08  +42.00 +55.15 -0.154
FT100 6840.75  +9.59 -12.60 -0.008
DAX  10699.27 -0.41 -8.49 0.637
ロシアMICEX指数 2098.15 +19.12 +25.50 -0.259
上海A 3415.54  -7.80 -18.50 0.779
ハンセンH 9790.23 +1.34 -4.63   0.513

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米1.1168(1.3565)1.8354(1.7975) 2.3572(2.3548)3.0045(3.0296)
独-0.744(-0.668)  -0.433(-0.365)  0.240(0.272) 0.897(0.900)
日-0.138(-0.165)-0.077(-0.088)+0.042(+0.041)0.61(0.60)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.87(2.95)BBB 1.210(1.186)・A 0.714(0.697)

CDSインデックス
米 73.07(76.78) 欧州 81.07(81.64)日本55.00(57.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
29日11月ダラス連銀製造業活動指数:予想:1.5 前回:-1.5
29日3Q GDP(年率/前期比):予想:3% 前回:2.9%
29日9月ケースシラー20都市:予想:- 前回:191.66
30日11月ADP雇用統計 予想:1.6万人 前回:1.47万人
30日シカゴNAPM 予想:52.0 前回:50.6
1日11月マークイット製造業PMI:予想:--- 前回:53.9
2日11月ISM製造業景況指数:予想:52.1 前回:51.9
2日11月非農業部門雇用者数変化:予想:18万人 前回:16.1万人
2日11月失業率:予想;4.9% 前回:4.9%

【日本の予定】
29日10月失業率:予想:3.0% 前回:3.0%
29日10月有効求人倍率:予想:1.39倍 前回:1.38倍
30日10月鉱工業生産(前月比):予想:0.1% 前回:0.6%
1日3Q設備投資(前年比):予想:-0.6% 前回:3.1%



今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果

今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果

11月28日―12月2日

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
29日 2国債 4.408倍 0.4銭 10月27日
1日10年国債 4.351倍 1銭 11月8日
データ:Bloomberg、財務省データ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

クロちゃん激怒!狭いお部屋に閉じ込められた可哀想なJGB!(資本市場)

2016-11-19 | 今日の東京市場
11月19日
理レター

皆様お世話になっております。ついにドル円が110円台、日経平均は18000円台に乗せる場面もありました。それでも史上最高値から21000円も安い水準です。NYダウが史上高値を更新する中、寂しいですね。株式市場はトランプ大統領のばらまき政策からインフレ期待で金利が急騰。イールドカーブは10年2年が1.3%近くまで拡大。銀行収益の拡大期待から銀行株が中心に買われています。米銀独り勝ちの様相です。6月の英国国民投票以降、足並みが乱れ、トランプ大統領誕生で完全委天秤が米国に傾きました。
 金利があるといろんな面で余裕が出てきます。米国は12月利上げが濃厚。まだまだこの傾向は続きそうです。軍需のロッキード・マーチンやグラマンの堅調です。米国株相場は始まったばかりですよ~。日本株も円安につられて買われていますがトランプがどのカードを引くのかまだ不明です。今回の相場の本流は米株です。投資するならやっぱ本流でしょう!!

日本では今週中期ゾーンを中心に国債金利が急騰する場面がありました。しかし、翌日、クロちゃんが金利急騰に激怒。ついに秘密兵器のボタンを押してしまいました。そうです、指値オペが実施されました。これにより反乱軍は沈静化され金利が急低下。ボタンが押されたことで分断化されていた長期ゾーンと中期ゾーンが結ばれ、完全に日銀の支配下に置かれました。これで金利の自由がさらに奪われてしまいました。もう国債市場はガチガチです。狭いお部屋に閉じ込められました。子供たちは常に親の顔色を見ながらトレードをしなくてはいけなくなりました。また、いつパンチが飛んでくるかわかりません。

CB市場では荏原6回債のコールが行使されました。上場廃止は12月8日です。現在130円ですが、償還価格は100円です。保有している方は転換するか、それとも市場で売却するか選択して下さい。市場で売却する場合は“指値”で!!成行きは危険です。
行使されたことで転換期限が12月13日。
償還日が12月15日です。
http://www.jpx.co.jp/news/1021/20161114-14.html
額面償還は嫌でしょう!!早めに行動しましょう。
東プレやDCM HD、昭和産業等も好調です。良い感じですね。

今日は朝4時に目が覚めました。2度寝して目が覚めたのが8時・・疲れているのでしょうか?昨晩はバンドの練習。最近使っているギターがテレキャスターのオールローズ。このギターがまた重い。重くて有名なレスポールと同じか、それ以上に重い。4キロ以上あります。バケツもって3時間立たされているような感じです。

毎年恒例のライブが12月に控えております。今度は3連休の初日。少し気が楽です。



ソフトバンクグループ
株価6775円(6547円)

1年 5年
CDS 92.41(90.56bp)、172.00(169.00)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.406%(1.323%) 151.33bp(151.20bp)
48回2022/12/09 2.13% (2.044%)220.05bp (220.19bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.586%(3.3829%) 35.43p(328.64bp) 円ベース3ML+310.26bp(294.5bp)
ドル
2025年7月30日 5.294%(4.92%) 304.33bp(293.93bp) 円ヘッジ3ML+229.47p(222bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$7.35($7.07)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.28%(7.32%)T+509bp(535bp)
CDS 500.35(504.90bp)

アリババ 
株価 93.39ドル(93.02ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 17967.41 +3.41-3.41 
NYダウ 18867.93  +8.29 -0.1  -0.010
ブラジルボベスパ 59961.76  +38.32 +49.46 -0.195
FT100 6775.77  +8.55 -16.11 -0.035
DAX  10664.56 -0.73 -10.69 0.655
ロシアMICEX指数 2038.29 +15.72 +19.15 -0.0.10
上海A 3342.99  -8.40 -20.32 0.801
ハンセンH 9349.31 -3.23 -10.79   0.541

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米1.3565(0.9151)1.7975(1.5571) 2.3548(2.1501)3.0296(2.9350)
独-0.668(-0.637)  -0.365(-0.428)  0.272(0.135) 0.900(0.733)
日-0.165(-0.246)-0.088(-0.171)+0.04(-0.031)0.60(0.529)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.95(2.99)BBB 1.186(1.19)・A 0.697(0.706))

CDSインデックス
米 76.78(75.47) 欧州 81.64(77.10)日本57.00(57.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
21日10月シカゴ連銀全米活動指数:予想:--  前回:-0.14
23日11月リッチモンド連銀製造業指数:予想:0 前回:-4
23日10月中古住宅販売件数:予想:544万件 前回:547万件
23日10月耐久財受注(前月比):予想:1.1% 前回:-0.3%
23日9月FHFA住宅価格指数(前月比):予想0.5% 前回:0.7%
23日11月マークイット製造業PMI:予想:53.5 前回:53.4
24日10月新築住宅販売件数:予想59万件 前回59.3万件
24日11月ミシガン大学消費者マインド 予想;91.6 前回:91.6 
25日11月マークイットサービス業PMI:予想:54.8 前回:54.8
25日11月マークイットコンポジットPMI:予想:- 前回:54.9

 【日本の予定】
21日10月貿易収支:予想:6100億円 前回:4976億円
24日11月日経製造業PMI 予想:- 前回:51.4
25日10月全国CPI(コア/前年比):予想0.1% 前回:0%
25日11月東京CPI(コア/前年比):予想:0%  前回:0.1%

今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果

11月21日―11月25日
米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
22日2年国債 2.53倍 2.6bp 10月25日
23日 2年変国 3.35倍---  10月26日
23日5年国債 2.49倍 4.3bp 10月26日
24日 7年国債 2.49倍 5.3bp 10月27日

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札
25日40年国債 2.73倍 --- 9月27日

データ:Bloomberg、財務省データ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地域限定型バブルへGO!!米株に春が来た!!トランプ万歳!!(資本市場)

2016-11-12 | 今日の東京市場
11月12日
理レター

皆様お世話になっております。トランプ大統領の誕生です。まさかヒラリーが負けるとは?
英国の国民投票同様、たまりにたまった大衆の不満が爆発。大統領選直前はヒラリーが勝つとほとんどのメディアが報道していました。彼らはなぜまたも間違えてしまったのでしょうか?トランプ大統領誕生にドル円や株価が反応、円高が進み、株価が急落しました。ただ、米国市場で、トランプ=ばらまき、株買い、金利急騰という動きを受け、円安が進み株価が急騰。金利は若干上昇していますが、日銀の監視下にあるためそれほど大きな金利上昇となりませんでした。
トランプ大統領の誕生で大被害を受けているのは中南米諸国。特に名指しでトランプさんの指名を受けたメキシコ。株安、債券安、通貨安のトリプル安。その他の新興諸国でも通貨が売られ金利は急騰しています。
現在、先進国の株は買われていますが国債金利が急騰しています。欧州諸国では長期、
超長期金利が急騰、イールドカーブが立ち、結果的に銀行株が上昇しています。銀行にとってトランプ勝利は神風。
今後の運用は、トランプさんの政策は米国NO1!!世界に拡散されていた米国資金が米国に還流しています。現在、日本株も円安=株買いに反応していますが今後はわかりません。とりあえず言えることは、米国株が買いだということ。法人税減税に所得現在。ばらまきに加え、米国第一主義。強いアメリカを目指す!!もう、株式市場にとって魅力的な言葉ばかり!!株式市場の目はトランプに♡マーク!!(米国株)。米株は天国の時代にはいりました。金利が上昇すると金商品開発がやりやすくなるので投資銀行の収益も向上します。金融株も良いですよね。内需、軍需関連にヘルスケア関連もよさそう!!とりあえず買っとけ!という相場です。なんか、80年後半に日本みたいですね。
ヒラリーさんには悪いですが、米国株式市場にとって今回の結果は良かったのでしょう。今後の弊害は金利の急騰。ただ、米国市場ではジャンク債のクレジット・スプレッドは改善し良い方向にあります。一方、エマージング債はダメ。今後、米国を見るうえで一つのカギとなりそうです。いま、米国株式市場はバブルへGO!
米国一番!!米株の時代が来ました!


ソフトバンクグループ
株価6547円(6236円)

1年 5年
CDS 90.56(96.25bp)、169.00(180.00)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.323%(1.283%) 151.20bp(150.71bp)
48回2022/12/09 2.044% (1.996%)220.19bp (220.45bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.829%(3.368%) 328.64p(343.53bp) 円ベース3ML+294.5bp(295bp)
ドル
2025年7月30日 4.92%(4.83%) 293.93bp(316.48bp) 円ヘッジ3ML+222bp(252bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$7.07($6.31)(東京時間朝5時時点)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.32%(7.92%)T+535bp(632bp)
CDS 504.90(519bp)

アリババ 
株価 93.02ドル(97.57ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 17374.79 -8.72 
NYダウ 18824.07  +8.03 -4.05 -0.047
ブラジルボベスパ 59183.51  +36.52 +41.17 -0.231
FT100 6730.43  +7.82 -18.13 -0.075
DAX  10667.95 -0.70 -11.89 0.665
ロシアMICEX指数 2031.92 +15.36 +12.92 -0.399
上海A 3346.30  -9.66 -23.51 0.822
ハンセンH 9433.37 -2.36 -13.36   0.576

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.9151(0.7838)1.5571(1.2321) 2.1501(1.7762)2.9350(2.561)
独-0.637(-0.637)  -0.428(-0.428)  0.135(0.135) 0.733(0.733)
日-0.246(-0.261)-0.171(-0.207)-0.031(-0.061)0.529(0.494)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.99(3.20)BBB 1.19(1.252)・A 0.706(0.750))

CDSインデックス
米 75.47(80.96) 欧州 77.10(76.01)日本57.00(59.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
15日10月小売売上高速報(前月比):予想:0.6% 前回:0.6%
16日10月PPI(コア/前月比):予想0.2% 前回:0.2%
16日10月鉱工業生産(前月比):予想:0.2% 前回:0.1%
17日10月住宅着工件数:予想115.5万件 前回104.7万件
17日10月建設許可件数(前月比);予想:-2.5% 前回:6.3%
17日10月消費者物価指数(コア/前年比):予想:2.2% 前回:2.2%


 【日本の予定】
14日3Q GDP(SA/前期比)予想:0.2% 前回:0.2%
14日3Q GDOデフレーター(前年比):予想:0.3% 前回:0.7%
15日10月首都圏マンション販売(前年比);予想:- 前回:40.9%

今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果
日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
15日 5年国債 4.311倍 0銭 10月14日
17日20年国債 3489倍 7銭 10月25日

米国 前回の応札倍率  前回入札日
18日 10年インフレ連動国債 2.59倍  9月22日
データ:Bloomberg、財務省HP
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

紳士協定破られる!(資本市場)

2016-11-05 | 今日の東京市場
11月05日
理レター

皆様お世話になっております。今週は英国のスタンダードチャータード銀行(スタチャン)の劣後債についているコールが行使されないと発表されたため欧州銀行の劣後債の一部が地獄へLet’s Go !と急落。ことの発端はスタンチャンが2006年12月に発行したドル建て永久劣後債。この債券は2016年12月8日mで6.409%、その後は3Mドルライボー+1.51%。
コールが2017年、2027年、2037年と2047年の1月30日についています。今回、2017年1月にコールが実施されなくなったためクーポンは3ML+1.51%が適用されます。現在の3MLは0.876%程度。つまりクーポンが一気に2.37%程度に低下。この手の商品はコール前提で取引されているため市場はコールされると期待していました。しかし、コールされない=債券は次回のコール日10年債先までコールされないことが決まり。97%程度で推移していた価格は83.5%程度に急落。今回の商品は不幸が3つ重なっています。一つ目は
当初設定時の金利水準。2006年当時の3ヶ月ドルライボーは5.3%台でしたがリーマンショック以降急低下し、現在は0.87%、またスプレッドが小さかったことで絶対水準が低くなってしまいました。また、コールの頻度が少ないこともあげられます。今回の場合は次のコール日が10年先。その時、コールされなかったらまた10年先。永久債が永久債になってしまうかもしれません。一般的なこの手の債券はクーポンが変更されと、コール日が利払いのタイミングに合わせ設定され投資家に安心感を与えています。今回のこのことで、他行が発行の同様のスキームの劣後債価格が急落しています。コールを織り込んでいたため債券価格が急落。投資家は慌てふためいているという現状です。

日本でも個人向けや機関投資家向けにコーラブル劣後債が発行されています。例えば機関投資家向けでは三菱商事の2076年9月償還5回債(60NC5)。この債券は満期60年ですが、2021年9月(5年後から各利払い日にコールがついています。クーポンは手前10年が0.69%、その後、2021年9月から3カ月円ライボー+0.75%、2026年9月から3ヶ月円ライボー+1%、2041年9月から償還まで3カ月円ライボー+1.75%(STEP UP債)です。基本的にコールされる前提の金融商品ですがコールされるかどうかは2021年9月の金融市場環境次第。投資家はコールを売ることで手前のクーポンが一般債よりも高いクーポンを受けることができます。日経リンク債やEB債、為替ノックイン、アウト付も同様。オプションを投資家が売ることでクーポンが高めに設定されています。日経リンクやEB債、為替リンクなどは市場で価格を確認できますが、今回の場合は発行体次第という面もありました。紳士協定が破られてしまいました


来週は大統領選挙。現在は大衆の反乱。アッパー層への不信、不満が炸裂しています。
どちらになるか?トランプ様が大統領になったらちょっと怖いですよね。円高が急伸。世界のパワーバランスが崩れそうです。とりあえず選挙結果を見守りましょう。

どうなるか?来週の今頃、ドル円は100円割れ?株が下落しても、債券の金利が限界。金融市場が機能していない日本。どうしようもありません。CASH IS KINGですかね?



ソフトバンクグループ
株価6236円(6654円)

1年 5年
CDS 96.25(85.35bp)、180.00(161.50)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.283%(1.298%) 150.71bp(150.51bp)
48回2022/12/09 1.996% (2.020%)220.45bp (220.91bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.3687%(3.232%) 343.53p(326.88bp) 円ベース3ML+295bp(300bp)
ドル
2025年7月30日 4.83%(4.78%) 316.48bp(303.58bp) 円ヘッジ3ML+252bp(241bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$6.13($6.31)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.92%(7.743%)T+632bp(606bp)
CDS 519(496bp)

アリババ 
株価 97.57ドル(101.93ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16905.36 -11.18 
NYダウ 17888.288  +2.66 -11.94 -0.035
ブラジルボベスパ 61598.39  +42.10 +49.17 -0.251
FT100 6993.26  +7.22 -21.87 -0.076
DAX  10259.13 -4.50 -15.95 0.686
ロシアMICEX指数 1962.71 +11.43 +7.56 -0.432
上海A 3272.24  -11.66 -27.18 0.840
ハンセンH 9491.51 +5.47 -9.59   0.616

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.7838(0.8526)1.2321(1.3245) 1.7762(1.8468)2.561(2.6154)
独-0.637(-0.617)  -0.428(-0.392)  0.135(0.167) 0.733(0.802)
日-0.261(-0.228)-0.207(-0.196)-0.061(-0.033)0.494(0.515)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.20(2.94)BBB 1.252(1.21)・A 0.750(0.72)

CDSインデックス
米 80.96(77.70) 欧州 76.01(712.59)日本59.00(56.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
7日9月卸売在庫(前月比):予想:0.2% 前回:0.2%

 【日本の予定】
8日10月外貨準備高:予想:--- 前回:1兆2600億ドル
9日9月国際収支:経常収支:予想2兆1080億円:--- 前回:2兆8億円
9日10 月貸出動向 銀行計(前年比):
9日10月倒産件数(前年比):予想:--- 前回:3.41%

今週の主な国の中長期国債入札予定日と前回の結果

11月7日-11日

米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
9日 3年国債 2.92倍 4.5bp 10月12日
10日 10年国債 2.53倍 4.4bp 10月12日
11日 30年国債 2.44倍 4.5bp 10月13日

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
8日10年国債 3.818倍 2銭 10月4日
10日30年国債 3.645倍 13銭 10月12日

データ:Bloomberg、財務省HP
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

国債利回り急騰!(日本は蚊帳の外)(資本市場)

2016-10-29 | 今日の東京市場
10月29日
理レター

皆様お世話になっております。今週は欧州国債を中心に金利が急騰しています。ドイツ10年債は先週末0.06%から0.167%に。倍率では28倍弱!!金利は金融の米、金利が付かないとriskも取れません。銀行の体力も消耗するばかり。マイナス金利は良くないです。日本は日銀さんが超長期ゾーンの番人になり、常にカーブがフラット化していないか警戒しています。そのおかげで30年と10年国債の金利差は身動きが取れなくなってきました。1月29日から9月末までの30年10年の金利差平均は0.54%、標準偏差0.20%でしたが9月末以降は平均0.56%、標準偏差0.013%、と固まってしまいました。ここ日銀が抑えているため手前も動けなくなり、結果的にイールドカーブが固定化されてしまいました。短中期は付利で操作、長期超長期はオペで操作。日銀にだれも逆らえません。
日銀、必殺ボラ殺し!!国債は完全に日銀の管理下に置かれてしまいました。日本の金利は管理されているため海外金利が上昇してもほとんど影響を受けません。海外金利が上昇すると金利差は拡大、これが円安の一因になっています。
海外金利の動きが変わってきました。要注意です。

CB市場では荏原製作所の株価の終値が月曜日と火曜日の終値が3055円以上だった場合6回債にコールが発生します。コールが発生しても行使は発行企業の自由です。ただ、発生すると投資家はコールを恐れて転換かCB売却に走ります。9月末時点の残額は199.81億円。ほぼ発行額全額が流通しております。全額転換すると850万株、発行済株式数の9.1%に相当します。株価 VS 転換 が始まっています。

米国株は堅調です。マイクロソフト、アルファベット(グーグル)が先週史上最高値を更新。一方、気になる動きも出てきました。それはジャンク債市場の動きです。低格付け債と国債との金利差が拡大してきました。この動きがより鮮明になると財務レバの高い企業の株価が下落します。クレジットも売られ、逆回転。株式市場が二極化します。
まだそこまでシリアスになる必要はないですが頭の片隅に記憶してください。

本日は天気が良いので外を走ることにします。週末はサイクリングがメインとなったため。1カ月のマラソン走行距離が目標の120キロに届かなくなってきました。今月は本日時点で95キロ。この週末25キロ走らないと目標達成できません。とりあえず、本日15キロ~20キロ走ります。家=>靖国通り=>靖国神社=>市ヶ谷=>迎賓館=>青山1丁目=>六本木=>東京タワー=>虎の門ヒルズ=>銀座=>丸の内仲通り=>東京駅 というコースを走ります。 このコースで20キロぐらいです。誰か一緒に走りませんか?



ソフトバンクグループ
株価6654円(6573円)

1年 5年
CDS 85.35(87.62bp)、161.50(166.00)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
44回2020/11/27 1.298%(1.288%) 150.51bp(150.25bp)
48回2022/12/09 2.0200% (2.006%)220.91bp (220.55bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.232%(3.202%) 326.88p(339.14bp) 円ベース3ML+300bp(307bp)
ドル
2025年7月30日 4.78%(4.76%) 303.58bp(312.51bp) 円ヘッジ3ML+241bp(249bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$6.31($6.55)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.743%(7.29%)T+606bp(571bp)
CDS ---p(515.52bp)

アリババ 
株価 101.93ドル(103.94ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 17446.41 -8.34 
NYダウ 18161.19  +4.22 -9.20 -0.035
ブラジルボベスパ 64307.63  +48.35 +59.94 -0.273
FT100 6996.26  +12.08 -19.23 -0.083
DAX  10696.19 -0.44 -12.23 0.695
ロシアMICEX指数 1981.76 +11.15 +13.01 -0.459
上海A 3250.16  -10.48 -25.29 0.843
ハンセンH 9515.32 -1.51 -14.24   0.630

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.8526(0.8234)1.3245(1.2428) 1.8468(1.7347)2.6154(2.4854)
独-0.617(-0.661)  -0.392(-0.498)  0.167(0.006) 0.802(0.618)
日-0.228(-0.248)-0.184(-0.196)-0.033(-0.050)0.515(0.500)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.94(2.89)BBB 1.21(1.198)・A 0.72(0.704)

CDSインデックス
米 77.70(73.80) 欧州 72.59(71.12)日本56.00(56.95)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
31日9月個人所得:予想:0.4% 前回:0.2%
31日9月個人支出:予想:0.4% 前回:0.0%
31日10月シカゴ購買部協会景気指数:予想:54.0 前回:54.2
1日10月マークイット製造業PMI:予想:--- 前回:53.2
1日10月ISM製造業景況指数:予想:51.5 前回:51.5
2日10月ADP雇用統計:1.6万人 前回:1.54万人
3日FOMC
4日10月失業率:予想:4.9% 前回:5.0%

 【日本の予定】
31日9月鉱工業生産(前月比):予想:0.9% 前回:1.3%
31日9月小売売上高(前月比):予想:0.1% 前回:-1.2%
31日9月住宅着工件数(前年比):予想:5.2%前回:2.5%
1日日銀政策金利決定会合
4日10月日経PMIサービス業:予想:--- 前回:48.2
4日10月日経PMIコンポジット:予想:--- 前回:48.9

データ:Bloomberg、財務省HP
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

国内CB市場で転換祭りが始まった!!(資本市場)

2016-10-22 | 今日の東京市場

10月22日
理レター

皆様お世話になっております。自転車用のエアバックを買いました。谷垣幹事長が自転事故で頚髄損傷。ヘルメットではカバーできません。エアバックは頚髄から上部を保護できます。もし、谷垣幹事長がエアバックをつけていたらこのような大きな事故にならなかったかもしれません。自転車+エアバックはプロテクティブプットと同じ戦略ですね。
購入するときに、店員さんに販売状況をうかがいましたが売れていないようです。価格が高いのと、ごついのでロードバイクを乗られる方の支持率は低いようです。子供に使えないということもネックかもしれませんね。クロスバイク乗り向けかもしれせん。もし、私がロードバイクを買ったとしてもヘルメットよりエアバックを選択するでしょう。事故にあわないのが一番よいですよね。2週間前にこけましたがまだ痛みが残っています。2~3キロでこの痛み。クシャミをすると痛みが倍増。皆様も事故には気を付けて下さい

ドイツ銀行のイジメは一旦とまりました。Coco債や劣後などの利回りが低下、株価は上昇。その他の銀行ネームも同様、買い戻されています。とりあえず一安心です。
買戻しといえばスプリントのクレジットが改善しています。CDSにTスプレッドが改善しています。同社が起債した”無線周波数帯“を担保とした社債が大人気のようです。決算発表は10月25日です。

今週、CBの9月分の転換額が発表されました。九電工2回債が54億円。8月に24億円が転換されましたから2か月で78億円。残額は20億円強となりました。CBの理論価格は200円を超しています。これ以上の水準はかい離の拡大も期待できません。額面リスクが発生しています。売却するか株に転換したほうがよいです。株で保有すると配当金がもられますよ。額面100万円は549株。現在の配当金が年60円(予想)です。3万円(税前)貰えますよ。CBのクーポンはゼロですから。転換しませんか?

転換といえば荏原製作所6回債にもうすぐコールが発生します。CBは“逆かい離”。コールが発生するのは株価がこの水儒で推移した場合は11月1日。その後、転換が進みそうです。発行額が200億円と大型。株価があれるかもしれません。

愛媛銀行1回債ももう少しでソフト・コールのトリガー価格1442円です。コールは株価の終値が20日連続して1442円上回った場合に発生します。転換が進みそうです。

国内CB市場は転換ラッシュです。

ソフトバンクグループ
株価6573円(6710円)

1年 5年
CDS 87.62(90.80bp)、166.00(172.50)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.389% (0.389%)78.07bp (79.05bp)
44回2020/11/27 1.288%(1.278%) 149.79bp(150.79bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.202%(3.3042%) 339.14p(344.72bp) 円ベース3ML+307bp(307bp)
ドル
2025年7月30日 4.76%(4.77%) 312.51bp(306.83bp) 円ヘッジ3ML+249bp(242bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$6.55($7.03)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.29%(7.68%)T+571bp(604.05bp)
CDS 515.52p(558.52bp)

アリババ 
株価 103.94ドル(101.85ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 17184.59 -9.71 
NYダウ 18145.71 +4.14 -10.08 -0.042
ブラジルボベスパ 64108.081  +47.88 +60.25 -0.304
FT100 7020.47  +12.47 -19.41 -0.084
DAX  10710.73 -0.30 -13.68 0.706
ロシアMICEX指数 1957.70 +11.15 +11.62 -0.494
上海A 3236.31  -10.81 -26.08 0.849
ハンセンH 9686.38 +0.26 -13.49   0.650

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.8234(0.8348)1.2428(1.2866) 1.7347(1.7977)2.4854(2.5583)
独-0.661(-0.658)  -0.498(-0.484)  0.006(0.080) 0.618(0.681)
日-0.248(-0.269)-0.196(-0.201)-0.050(-0.055)0.500(0.503)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.87(2.91)BBB 1.18(1.20)・A 0.698(0.702) 10/21/2016

CDSインデックス
米 73.80(75.67) 欧州 71.12(73.93)日本56.95(56.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
24日9月シカゴ連銀全米活動指数:予想:-0.13前回:-0.55
24日10月マークイット製造業PMI:予想:51.5 前回:51.5
25日8月S&Pコアロジック20都市(前年比):予想:5.1% 前回
25日10月消費者信頼感、:予想:101 前回:104.1
26日10月マークイットサービス業PMI:予想:52.3 前回:52.3
26日10月マークイットコンポジットPMI:予想:-- 前回:52.3
26日9月新築住宅販売件数:60.2万件 前回:60.9万件
27日9月中古住宅販売仮契約(前月比):予想:1.2% 前回:-2.4%
28日3Q GDP(年率/前期比):予想:2.5% 前回:1.4%
28日10月ミシガン大学消費者マインド:10月:88.1 前回:87.9

 【日本の予定】
24日9月貿易収支:予想:3361億円 前回:-1920億円
24日10月日経製造業PMI:予想:--- 前回:50.4
28日9月失業率:予想:3.1%前回:3.1%
28日9月有効求人倍率:予想:1.38倍  前回:1.37倍
28日9月全国CPI(前年比):予想:+0.5% 前回:-0.5%
28日10月東京消費者物価指数:予想:-0.4% 前回:-0.5%

国債入札

日本
前回の応札倍率 テール 前回入札
25日20年国債 3.333倍 10銭 9月13日
27日 2国債 3.78倍 1.8銭 9月29日

米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
26日2年国債 2.65倍 2.5bp 9月26日
27日 2年変国 3.09倍---   9月28日
27日5年国債 2.39倍 3.9bp 9月27日
29日 7年国債 2.47倍 4.2bp 9月28日

データ:Bloomberg、財務省HP
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自転車にはヘルメットを!!事故してわかるその必要性!(資本市場)

2016-10-15 | 今日の東京市場
10月15日
理レター

皆様お世話になっております。今週は災難の多い週でした。まず、自転車で転んだこと。
これは先週8日のことでした。歩道をゆっくり走っていたら犬の散歩をされている方があいらっしゃいました。よけたところが大理石張りのつるつるのタイル。その時、自転車の後輪が滑り転倒。ヘルメットをかぶっていたので頭は大丈夫でしたが肘と脇のあたりに痛みが。まだ脇の痛みが引きません。あんなにゆっくり走っていてもこの怪我。自転車に乗られるかたはヘルメットは必ずかぶりましょう。もしヘルメットがなかったら救急車に乗っていたかもしれません。(前回と違い、肩の骨はおれませんでした)
今後のことをおもい、いろいろヘッジ用品を調べると面白い商品がありました。それはエアバックです。肩から後頭部にかけて事故がおきると保護されます。スウェーデン製で近くの自転車SHOPに行って探しましたが、まだ代理店にしか卸をしていないようでした。ちょっと値がはりますが事故が起きてからでは遅いです。特に顔の事故は避けたいですよね。ヘルメット+エアバックでダブルヘッジ!!エアバックだけで大丈夫のようですが。まだ、価格が高いことと代理店が少ないため普及はしていないようです。価格が54000円、カバーが1万円程度、合計で6万5000円程度です。これを高いと思うか、安いと思うか?事故で入院したら付けてたらと思うんでしょうねきっと。。9800円ぐらいなら普及しそうですがこの価格帯は厳しいですよね。話を聞いて考えることにします。
もし、エアバックスーツができたら自転車に限らず、交通事故死が0になるかもしれませんよね。エアバックといえば、TAKATAさん!最後のチャンスかもしれません。国民総エアバック時代が近いかもしれませんよ。エアバックはいまは車内がメインですが社外にもつけたら今の技術なら事故の瞬間に車のフロント部分に大きいエアバックつければ衝突時にダブルでヘッジできます。水におちても浮くようなエアバックなら津波の時のみこまれても救われる可能性が高まります。エアバックってすごいですね。次の仕事はエアバックデザイナーを目指そうかな?月曜日(休日)は熱が39度近くまで上昇!一日中寝ていました。熱と痛みでうなされた週でした。まだ痛みがあり、クシャミをすると激痛が襲います。ヒビがはいっているかもしれませんね。

話はかわりますが、Bloombergに「フラッシュクラッシュ」トレーダー、米国引き渡しが決定という記事が出ていました。英国人トレーダー(個人)が見え玉を使ったトレーディングで4000万ドルを荒稼ぎしていたようです。28日以内に移送され、米国裁判で有罪なら禁固380年だそうです。今、どこの市場も投資というよりゲーム感覚。とにかく金儲ければいいやという投機家が主流。判決が楽しみです。どうやって実証するか。米国政府が動いていますよ!!皆様は大丈夫ですよね!!



今週は中国株がへんな動きをしていました。特に、5大銀行株は先週比5%以上下落しています。来週末からこれらの銀行決算発表が始まります。市場はかなり警戒モードに入っているようです。20日の建設銀行から始まります。ドイツ銀は後半盛り返して確り。それでもCoco債利回りは11%台、高水準です。最近はRBSの株価が前週比5%強下落しました。バークレイズが2%弱の下落率でしたから3%アンダーパウォームしています。ちょつと気になる動きです。

日本ではソフトバンクが大型ファンドを立ち上げました。株価は上昇しましたがCDS
はネガティブな反応です。先日起債された劣後債は個人向けが4000億円に対し、機関投資家向けは2本の合計が710億円。クーポン3%劣後1回債が556億円(5年後にコール予定)、3.5%の劣後2回債が154億円(7年後にコール予定)。合計710億円は一般社債なら大きな金額ですが10年国債金利が現在マイナス0.06%程度。この環境下で3%以上のクーポンは魅力的。トヨタが出していたら1兆円ぐらい集まったかもしれません。機関投資家(社債担当)は暴れん坊孫さんのリスク3%じゃ足りないと思っています。財務バランスも悪い企業。もし、逆回転が始まると劣後の利払いが止まってしまいます。今回のファンドの話で機関投資向けの調達が厳しくなるかもしれません。資金調達はアリババを売却したときと同様の方法で調達しましょう。スプリントの株価は年初来高値を更新。クレジットも改善してきました。まだまだ低い水準です。ここからが見ものです。

国内CBは荏原6回債の本格転換が始まるかもしれません。それは株価がソフトコールのトリガー価格3055円を上回りました。10月4日から14日まですでに連続8日です。後12営業日でコールが発生します。コールが発生しても行使するかしないは発行企業の自由です。テンプ2回はコールが発生していますが行使されていません。ただし、コールが発生するとCBの転換が急速に進みます。また、かい離率も当然マイナスで推移します。今週は美味しい価格帯でCBの売り物が出ていましたよ。1日にこの銘柄だけで70万円以上の現金が落ちていました。誰が拾ったのでしょう?CBは現金決算なので儲けようと思ったら最低現金が手元に3000万円ぐらいないと動きにくくなります。お金持ちがよりお金持ちになる世の中です。








ソフトバンクグループ
株価6710円(6547円)

1年 5年
CDS 90.80(85.50bp)、172.50(166.00)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.389% (0.364%)79.05bp (73.87bp)
44回2020/11/27 1.278%(1.269%) 150.79bp(151.34bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.304%(3.235%) 344.72p(341.53bp) 円ベース3ML+307bp(305bp)
ドル
2025年7月30日 4.77%(4.72%) 306.83bp(308.00bp) 円ヘッジ3ML+242bp(242bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$7.03($6.63)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.68%(7.33%)T+604.058bp(574.84bp)
CDS 558.52p(570bp)

アリババ 
株価 101.85ドル(106.00ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16856.37 -11.44 
NYダウ 18138.38 +4.09 -9.79 -0.049
ブラジルボベスパ 61767.22  +42.49 +52.53 -0.319
FT100 7013.55  +12.35 -19.47 -0.085
DAX  10580.38 -1.51  -13.75 0.707
ロシアMICEX指数 1966.39 +11.64 +11.44 -0.657
上海A 3207.16  -13.42 -27.59 0.851
ハンセンH 9601.40 +0.62-13.96   0.657

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.8348(0.8301) 1.2866(1.2551) 1.7977(1.7181)2.5583(2.4508)
独-0.658(-0.666)  -0.484(-0.494)  0.58(0.020) 0.681(0.649)
日-0.269(-0.273)-0.201(-0.213)-0.055(-0.059)0.503(0.521)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.91(2.87)BBB 1.20(1.22)・A 0.702(0.707)

CDSインデックス
米 75.67(74.35) 欧州 73.93(73.87)日本56.00(55.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
17日10月NY連現製造業景気指数:予想:1.00 前回:-1.99
17日9月鉱工業生産(前月比):予想:0.2% 前回:-0.4%
18日9月CPI(前月比):予想:0.3% 前回:0.2%
18日9月CPI(コア、前年比):予想:2.3% 前回:2.3%
19日9月住宅着工件数:予想:117.5万件 前回:114.2万件
19日9月建設許可件数:予想:116.3万件 前回:115.2万件
20日9月中古住宅販売件数:予想:534万件 前回:533万件

 【日本の予定】
17日9月首都圏マンション販売(前年比):予想:- 前回:-24.7%
17日8月鉱工業生産(前月比):予想:- 斬回:1.5%

国債入札

米国 前回の応札倍率  前回入札日
21 30年インフレ連動債 2.69倍 6月22日

データ:Bloomberg、財務省HP
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ポンド急落!目指せ1!(資本市場)

2016-10-08 | 今日の東京市場
10月08日
理レター

皆様お世話になっております。ポンドが急落しています。対ドルで1.243、一週間の下落率は
4.3%。対ユーロは1.11と、リーマンショック後の1.02に迫っています。目標は対ドル、対ユーロで1を、対円では100円を目指しているようです。6月22日の国民投票前日からポンドは主要通貨に対し、20%程度下落しています。いっぽう、株式市場では通貨安を好感しFTSE100指数は史上最高値を更新しています。国民投票後から指数の上昇率は12.5%程度、個別ではアングロ・アメリカンやグレンコアが50%強、HSBCが40%弱など為替の下落率を大きく上回っている銘柄も目立っています。

注目のドイツ銀行は株価が反騰、COCO債や劣後債などはとりあえず落ち着いてきましたがまだまだ利回りやCDSは高水準。まだまだ、火種は消えていません

米国は9月のISM製造業景況指数や製造業PMIの強い数字を受け、ドル高がすすみましたが週末の雇用統計の数字が市場予想を下回る弱い値でした。これを受け、ドルが下落。
11月の利上予想が後退。米国債は中期を中心に2bp程度低下しています。ジャンク債は引き続き強いです。米国では利上げ予想を背景にREITが下落しています。日本も日銀の金融政策により超長期債利回りは低下しにくくなっています。住宅金利も上昇傾向。金利が上昇すればPVが低下。資産価値が低下してしまいます。REITは日銀さんが購入していますが、そろそろ、、、

CBは九電工が堅調ですが、転換するタイミングです。成り行き売りはやめましょう。いくらで出来るかわかりません。株価がまだ上昇すると思えば転換して株式保有すれば配当金を得ることができます。CBはクーポン0%。予想配当金は年60円です。100万円転換すると549株。49株は買い取り請求。500株保有すると配当金は年3万円(税引き前)です。


本日、多摩川サイクリングコースを目指しましたが途中で雨が強くなり断念。とりあえず、二子玉川駅近くの駐輪場に自転車を預け、電車で帰ってきました。明日の朝、リベンジです。



ソフトバンクグループ
株価6547円(6522円)

1年 5年
CDS 85.5(51.35bp)、166.00(155.00)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.364% (0.364%)73.87bp (73.00bp)
44回2020/11/27 1.269%(1.239%) 151.34bp(150.64bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.235%(3.32%) 341.53p(363.155bp) 円ベース3ML+305bp(332bp)
ドル
2025年7月30日 4.72%(4.69%) 308.00bp(318.00bp) 円ヘッジ3ML+242bp(253bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$6.48($6.63)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.33%(7.41%)T+574.84bp(594.90bp)
CDS 570p(582bp)

アリババ 
株価 106.00ドル(105.74ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16860.09 -11.42 
NYダウ 18240.49 +4.68 -10.38 -0.062
ブラジルボベスパ 61108.98  +40.97 +48.48 -0.322
FT100 7044.39  +12.85-18.45 -0.078
DAX  10490.86 -2.35  -13.79 0.701
ロシアMICEX指数 1980.02 +12.41 +12.12 -0.520
上海A 3145.17  -15.09 -30.33 0.851
ハンセンH 9923.82 +2.72 -12.15   0.668

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.8301(0.7619) 1.2551(1.1492) 1.7181(1.5944)2.4508(2.3154)
独-0.666(-0.683)  -0.494(-0.576) 0.020(0.119) 0.649(0.447)
日-0.273(-0.263)-0.213(-0.239)-0.059(-0.084)0.521(0.448)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 2.86(3.02)BBB 1.21(1.23)・A 0.695(0.71)

CDSインデックス
米 74.35(75.13) 欧州 73.87(72.64)日本55.00(57.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
14日9月小売売上速報(前月比):予想:0.6% 前回:-0.3%
14日9月PPI最終需要(前月比):予想:0.2% 前回:0.0%
14日9月PPI(コア、前年比):予想:1.2% 前回:1.0%
14日10月ミシガン大学消費者マインド:予想:92.0 前回:91.2

 【日本の予定】
12日8月機械受注(前月比):予想:-4.6% 前回:4.9%
12日9月工作機械受注(前年比):予想:--- 前回:-8.4%」
13日9月東京オフィス空室率:予想:--- 前回:3.9

国債入札

米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
13日 3年国債 2.77倍 0.5bp 8月9日
13日 10年国債 2.35倍 5.9bp 9月12日
14日 30年国債 2.13倍 7.5bp 9月13日

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
12日30年国債 3.132倍 18銭 9月6日
14日 5年国債 3.033倍 1銭 9月8日
データ:Bloomberg、財務省HP
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

混乱と困惑!ドイツ銀行、日本国債、築地にオリンピック問題!(資本市場)

2016-10-01 | 今日の東京市場
10月01日
理レター

皆様お世話になっております。ドイツ銀がいじめられています。思えば英国国民投票の6月23日から一時35%程度下落。ソロスがドイツ銀の株をショートしたという報道もありましたよね。それにしても米司法省が提示した和解金が1兆4000億円。今週は株が下落、社債市場も大混乱。かわいい名前ですが暴れん坊のCoCo債の利回りは1日100bp以上乱高下していました。サムライ債利回りも急騰。RBSなどのCoCo債も跳ねております。
金融はつながっています。逝ってしまうとドミノ倒しが起きてしまいます。米国もリーマンで懲りているはず。ドミノに触れるまであと1インチぐらいですかね。それにしても最近のHFはポジション作ったあとに宣伝活動をする方が多いですよね。それだけ儲からなくなったということですかね?ソロスも良かったですよね。もし、ドイツ銀の株が上昇してたら過去の人になってしまいます。過去の人といえば、今度、京都大学にロバート・マートン教授が来られセミナーをされるそうです。無料だそうです、興味ある方は京都大学に問い合わせてください。アナリスト協会からも案内が来ていました。京都大学といえば伊藤レンマで有名な伊藤教授が在籍されていました。伊藤レンマといえばブラック・ショールズ。ブラック・ショールズと言えば、フィッシャー・ブラック、マイロン・ショールズとロバート・マートン教授です。秋の京都がみたくて京都大学かそれとも伊藤レンマだから京都大学なのか?どっちでしょう?東京なら参加できますが平日に京都はきついです。

最近、スペイン国債が強いです。5年10年ゾーンは史上最低を更新。ドイツ、オレンダ、スウェーデンなども中期が強いです。イタリアはモンテパスキ銀行の問題が解決していないので出おくれています。スペインとの差は広がるばかりです。スペインはスペインで高失業率の国。失業率は20%。労働人口の5人に1人が失業状態という国。そういう国のお金が流れています。お金が追い込まれ、絶壁を登っています。手が滑ると。。。。こわ~~
日本では日銀がイールド・カーブペック制を導入しました。きのうの国債オペで10年のアンダーレベルが-10bpということを市場に意思表示をしました。また発表された国債オペ金額では超長期ゾーンが減額され。市場にカーブ゙をつぶすなメッセージが伝わりました。現状、、20年が0.36%、30年0.45%、40年が0.5%程度。カーブは10年20年で45bp、10年30年0.55bp、10年40年60bp程度です。今後は一時にような20年30年40年が一直線に並ぶことはありません。やっぱりあの皆既日食は売りの合図でしたね。超長期のボラもペッグ制のため落ちていきます。これで完全に国債利回りが日銀の配下に置かれてしまいました。日銀がボラを殺してしまいました。必殺ボラ殺し!!これで債券トレダーがまた一人、また一人と消えてしまいそうです。4月から8月にかけて大量発行された社債。投資家は大評価損を抱えてしまいます。夢も希望の閉ざされてしまいました。最後の手段は“満期保有目的”。ポートの奥の院に閉じ込めるしかないです。昔なら、レスキュー債で評価を逃げることができましたが今は無理。あのころ(1990年代前半から半ば)は日経リンクがはじけて、元本が半分になった債券が続出。外資がレスキュー債で大儲けした時代です。ほんとすごいことしていましたよ。彼ら。豪ドル期間20年、クーポン0.1%、パー発行なんていう商品も売っていました。当時の豪ドルは10%程度。これぐらいにしないと元本の毀損回復ができません。もちろん、為替リスクが発生していますがとりあえず元本に機関投資家がこだわっていた時代です。

豊洲問題やオリンピック問題。なんで森元総理がいまだに権力をもっているのか?持たせているのか?いままでご苦労されたことと思いますが、そろそろ小池知事に今までSORRY、僕、森元SORRYと言って握手したらどうでしょう。どんどん意固地になっている様子がうかがえます。都民も二人が握手する姿を見たがっていると思いますよ。今の姿は、水戸黄門と悪代官。悪代官がもちろん森元総理。いまの会見は水戸黄門より視聴率とれるのでTVも必死です。へんなドラマ制作するより予算も少なくて済みますからね。

来週から10月相場入り。大統領選挙も控えています。どちらが大統領になってもドルは売られそうです。円高がどこまですすみむか?企業のM&A担当の方は準備しましょう。バーゲンセールが始まりますよ!

ソフトバンクグループ
株価6522円(6658円)

1年 5年
CDS 51.35(49.01bp)、155.00(148.00)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.364% (0.445%)73.00bp (73.45bp)
44回2020/11/27 1.239%(1.303%) 150.64bp(150.03bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.32%(3.2783%) 363.155p(354.30bp) 円ベース3ML+332bp(327bp)
ドル
2025年7月30日 4.69%(4.67%) 318.00bp(313.51bp) 円ヘッジ3ML+253bp(249bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$6.63($6.64)
ドル債              
7.125% 2024年6月15日7.41%(7.56%)T+594.90bp(607.93bp)
CDS 582p(570bp)

アリババ 
株価 105.74ドル(107.71ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16449.84 -13.58 
NYダウ 18308.15 +5.07 -11.42 -0.069
ブラジルボベスパ 58367.05  +34.64 +37.81 -0.325
FT100 6899.33  +10.53 -17.94 -0.070
DAX  10511.02 -2.16  -14.65 0.691
ロシアMICEX指数 1978.00 +12.30 +9.19 -0.516
上海A 3145.17  -15.09 -30.33 0.851
ハンセンH 9581.93 -0.82 -16.45   0.683

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.7619(0.7540) 1.1492(1.1577) 1.5944(1.6201)2.3154(2.3456)
独-0.683(-0.671)  -0.576(-0.547) 0.119(0.082) 0.447(0.482)
日-0.263(-0.209)-0.239(-0.192)-0.084(-0.047)0.448(0.473)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.02(3.05)BBB 1.23(1.24)・A 0.71(0.71)

CDSインデックス
米 75.13(76.87) 欧州 72.64(70.75)日本57.00(57.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
3日9月マークイット製造業PMI:予想:--- 前回:---
3日9月ISM製造業景況指数:予想:51.0 前回:49.4
5日9月ADP雇用統計:予想:----  前回:17.7万件
5日8月貿易収支:予想:USD-43BLN 前回:USD-39.5BLN
5日9月マーク一トサービス業:予想:--- 前回:---
7日9月非農業部門雇用者数変化:予想:16.5万人 前回:12.6万人
7日9月失業率:9月:予想:4.9 % 前回:4.9%

 【日本の予定】
3日3Q:日銀短観
4日9月:マネタリーベース(前年比):予想:--- 前回:24.2%
国債入札

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日

4日 10年国債 3.739倍 2銭 9月1日
6日 10年インフレ連動債 2.85倍--- 8月4日


データ:Bloomberg、財務省HP
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加