長期運用を真剣に考えている方へ

素人、プロ、万人向け投資情報、金融商品説明など金融に関する教育サイト。明るい老後をめざし、負けない投資家になろう!

ソロス激怒!!プライドをかけたポンド売り!(資本市場)

2016-06-25 | 今日の東京市場
6月25日
理レター

皆様お世話になっております。英国ショック。まさかの離脱。円が急伸、100円割れ。
もう~~。ヘッジファンドは大喜び。ジョージソロスもポンド売り!?選挙前にTVでEU離脱したらポンドが20%以上下落すると警告していました。選挙結果が徐々でてくるとソロスの機嫌が徐々に悪くなり、“離脱”という報道に怒りが頂点に!!“俺のメンツをつぶすのか!!”これはプライドをかけた通貨戦争だ“とポンド売りに走ったのでしょう!!ソロスとしてはEU離脱決定でポンドが下落しなかったら過去の人になってしまいます。
「明日の朝刊に“ソロスの警告、空振り!”」なんて書かれてしまったら??どうしよう??と思ったことでしょう。せめて1.3台まで下落してもらわないと困ったことになります(ソロスのマインド)。プライドをかけたポンド売りです。世界中のヘッジファンドともベクトルが一致。合い言葉は“ソロスと一緒に売れば怖くない!!“という流れだったのでしょう。ソロスを先頭にポンド売り、円買い!新聞社やマスコミの方!お願いがあります。
“流石ジョージソロス”ポンド下落を当てた男“と絶賛してあげて下さい。そうすれば
ソロス様が落ち着てくれるかもしれません。彼は伝説の人です。

選挙結果もよくないですよね。ほとんど半々です。これで英国は分断されます。スコットランドは独立。選挙結果をうけ、離脱派の方がGreat Britain の主権を取り戻したと言っていましたがスコットランドは独立するでしょうね。甘いな~~ほんと。

それにしても東京タイムに選挙結果発表はやめてほしかったですよね。一番被害者は日本です。FTSE100の下落率3.1%に対し、TOPIXが7.26%。ドイツDAXでも6.8%。円高で売り仕掛けがしやすいのですよね。円高、sell日本株!!BUY金と国債!!!というシステムが働きます。日経平均は13500円前後に仕組債のノックインがあるので怖いですよね。賢い皆様はリンク債なんて購入してないですよね。あんなの買ってはいけませんよ。
そもそも商品設計が投資家に不利な仕組みですから。リスクリターンを考えたらあんな商品は買えません

国債金利が世界中で急低下しています。米国はこれで利上げが出来なくなりましたね。それにしてもこれだけ世界中でカーブが潰れるとお金の行き場が限られます。大名行列のように、長期に!長期に!ともう超長期に向かうしかないです。スイス先輩の30年国債は
再びマイナス金利に突入。日本も10年が-0.2%近くまで低下。30年が0.141%という水準です。日銀さん信じています!!オペで超長期を支えて下さい。黒ちゃんお願いね!!裏切らないでね!!

株式市場では母ちゃん(東証マザーズ)がついに切れました。一時、前日比15%近くの下落。儲ける時はコツコツと、損するときはどさっと!!怖い市場ですほんと。母ちゃん許して~~~と、投資家の叫びが聞こえます。

この下落、嘆いていても時間の無駄!“覆水盆に返らず”です。この相場をプラスに考えないといけません。どうしたら良いか?
お金がある企業はM&Aの最高のチャンス到来です。株が安い、金利が安い、円高。大バーゲンセールです。サマーセール第一弾!です。
個人はなにを買えば良いか?個人的には米株です。なんだかんだ言っても、人口は増加しています。そういえば、6月27日に、取引所株価指数証拠金取引にNYダウ証拠金取引が始まりますね。配当金も貰えます。短期売買というより買いっぱなしも面白いと思います。

久々の暴落!暴落も相場です。受け入れ、前向きに行きましょう!
チャンスは探せば必ずあります。どこかに歪があります。それが儲けの種となります。

今日は、いまから定期健診です。



1 ソフトバンクグループ
株価5505円 (5577円)

1年 5年
CDS 59.17bp(52.125bp)、175.00bp(155.00bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.40% (0.450%)74.13bp (77.40bp)
44回2020/11/27 1.210%(1.255%) 149.46bp(150.58bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.813%(3.74%) 397.18bp(383.80p) 円ベース3ML+335bp(307bp)
ドル
2025年7月30日 5.09%(5.16%) 359.73bp(362.42bp) 円ヘッジ3ML+261bp(250bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$4.12($3.71)
ドル債              
2024年6月15日11.20.%(12.081%)T+978bp(1061bp)
CDS:1004bp(1106bp)


アリババ 
株価 76.29ドル(77.00ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 14952.02  -21.44%
NYダウ 17399.86  -0.14 -14.96 0.279
ブラジルボベスパ 50037.05  +15.43 +15.26 0.181
FT100 6138.69  -1.66 -22.27 0.724
DAX  9557.16 -11.44 -22.80 0.889
ロシアMICEX指数 1884.41 +6.99  +1.12 -0.643
上海A 2854.29  -7.55 -21.38 0.913
ハンセンH 8530.10 -11.71 -24.91   0.875

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.6368(0.6927) 1.0751(1.1145) 1.5599(1.6095)2.4101(2.4203)
独-0.643(-0.607)  -0.528(-0.498) +0.047(0.019) 0.496(0.576)
日-0.270(-0.250)-0.271(-0.244)-0.170(-0.148)0.151(0.226)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.39(3.67)BBB 1.37(1.45)・A 0.72(0.78)(6月23日時点)

CDSインデックス
米 86.96(82.80) 欧州 92.76(85.36)日本76.50(70.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
27日6月マークイットサービス業PMI:予想:-- 前回51.3
27日6月マークイット コンポジットPMI:予想:-- 前回:50.9
28日1Q GDP (年率/前期比):予想:1.0% 前回:0.8%
28日4月S&Pケースシラー20都市指数:予想:-- 前回:184.50
29日:5月個人所得」予想」0.3% 前回:0.4%
29日5月中古住宅販売仮契約(前月比):予想:-1.5% 前回:5.1%
30日6月シカゴNAPM:予想:50.4  前回:49.3

 【日本の予定】
29日5月小売売上高(前月比):予想:--  前回:-0.1%
30日5月住宅着工件数(前年比):予想」4.8% 前回:9.0%
1日5月失業率:3.2% 前回:3.2%
1日5月有効求人倍率:予想:1.35倍 前回:1.34倍
1日5月全国CPI(コア/前年比):予想:0.6% 前回:0.7%
1日6月東京CPI(コア/前年比):予想-0.4% 前回:-0.52%
1日日銀短観

国債入札
日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日

28日 2年国債 5.518倍 0.3銭 5月31日

データ:Bloomberg  財務省HP
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

母ちゃんが大暴れ!!(資本市場)

2016-06-18 | 今日の東京市場
6月18日
理レター

皆様お世話になっております。今週はいろいろな出来事がありました。ドイツ10年債やスイス30年国債が初のマイナス金利に、日本では16日に20年国債金利がついに0.1%を下回り0.09%まで低下。しかし、翌日、金利が急騰、20年債は2倍の0.185%を付けました。
30年は0.15%から0.25%に、40年は0.2%から0.265%に急騰。超長期債が牙を剥きました。
超長期の怖い点は2点あります。まず、急変時にはプライスが飛んでしまう点。もう一つは価格感応度が高い点。1日で20年債は1.9円、30年債は2.4円、40年債2.5円価格が下落しました。現在、40年国債のクーポンは0.4%です。1年、1億円につき利息は40万円です。ざっと1日の下げで6年分の利息が吹っ飛んでしまいました。儲かるときは儲かりますが下落すると大火傷をしてしまいます。火傷といえば、母ちゃんも大暴れ、そうです東証マザーズ指数です。母ちゃんは1週間で18.5%近く下落。1週間の下落率が20%を上回った銘柄数54銘柄と指数全体の24%を占めました。一気に足元かが崩れました。とりあえず900ptを下回らないと許してもらえそうになさそうですね。小型はこれだから怖いんです。真っ赤っかの企業はふるいかけられ落とされそうですね。ハイテクバブル時の再来ですかね。PLUGパワーは100万円が2千円になってしまいました。真っ赤っかの企業は投げ売りする勇気が必要です。次はREITですかね?指数の配当利回りが3.2%弱。一方、TOPIX配当利回りが2.3%です。スプレッドは0.85%。この水準は2003年以来最低レベルです。株が売られ過ぎ?それともREITが買われ過ぎ?REITは日銀も買っているのでマザーズみたいなことにはならないかもしれませんが警戒レベルに達しているように見えます。

日銀は追い込まれていますね。円高に株安、なにもできません。利息がないとリスクとれません。ほんとうの初期のファンドは割引債を購入して額面との差額でルスク取っていました。割債の価格が70なら額面との差額30。償還がくれば額面で償還されますから元本は既存されない仕組みでした。利息で損失をカバーしていましたが今は。。金利がつかないどころかマイナス。マイナス金利は償還まで債券を保有するなってことですから市場参加者は短期売買が主となってしまいました。たしかに、この金利低下でついに事業債の金利が急低下し、企業が低金利で資金調達できるようになりました。ただ、一方で運用難が続いています。年金運用はお手上げ状態。株は上がらない。社債のクーポンは下がる。高いクーポン債の償還が次々とやってきています。来週20日には10年国債として最後の2%クーポン281回債が償還されます。その後、現在まで10年2%台のクーポンは発行されていません。

株式市場のボラがもっと低くなると投資家は戻ってきそうですが今のように、HFのおもちゃにされている市場にはお金も入ってきません。もう日経平均225指数は封印したほうがよいです。諸悪の根源ですから。マザーズ先物?これもHFが喜びそうです。JPXは株式会社、上場もしています。取引所の上場事態好ましい意ことではありません。市場が短期中心になってしまうためです。長期投資家増やさなきゃ!!

為替は円高。欧州の株がボロボロです。M&Aのチャンス到来です。英国がEUから離脱し、通貨が暴落したらアングロアメリカ買収なんていう記事が出るかもしれません。
日本の企業はM&Aのチャンスです。トランプタワー誰か買いませんか?いまこそJAPANマネーが動くときです。M&Aは高齢化の日本を救います。

そういえば本日、ポールマッカートニーの誕生日です。大槻那奈さんのお父さん、大槻教授も本日が誕生日。そういえば先週、バライティー番組に大槻教授と那奈さんが出ていましたね。

いまから走ります!!



1 ソフトバンクグループ
株価5577円 (5996円)

1年 5年
CDS 52.125bp(49.92bp)、155.00bp(150.00bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.45% (0.460%)77.40bp (79.13bp)
44回2020/11/27 1.255%(1.230%) 150.58bp(150.46bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.74%(3.447%) 383.80bp(353.80p) 円ベース3ML+307bp(293bp)
ドル
2025年7月30日 5.16%(4.90%) 362.42bp(333bp) 円ヘッジ3ML+250bp(237bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$3.71($3.78)
ドル債              
2024年6月15日12.081.%(11.33%)T+1061bp(982bp)
CDS:1106bp(1066bp)


アリババ 
株価 77.00ドル(75.92ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 15599.66  -18.04%
NYダウ 17675.16  +1.44 -12.08 0.380
ブラジルボベスパ 49533.84  +14.27 +14.76 0.285
FT100 6021.09  -3.54 -18.60 0.746
DAX  9631.36 -10.35 -19.28 0.897
ロシアMICEX指数 1877.07 +6.57  +3.22 -0.639
上海A 3019.90  -18.48 -30.34 0.844
ハンセンH 8485.87 -12.16 -23.97   0.856

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.6927(0.7305) 1.1145(1.1671) 1.6095(1.6404)2.4203(2.453)
独-0.607(-0.545)  -0.498(-0.428) 0.019(0.020) 0.576(0.588)
日-0.250(-0.269)-0.244(-0.264)-0.148(-0.140)0.226(0.276)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.67(3.41)BBB 1.45(1.43)・A 0.78(0.76)

CDSインデックス
米 82.80(78.77) 欧州 85.36(77.30)日本70.00(68.50)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
22日5月中古住宅販売件数:予想550万件 前回545万件
23日6月マークイット 製造業PMI:予想:-- 前回:50.7
23日5月新築住宅販売件数:予想:56万件 前回61.9万件
24日6月ミシガン大学消費者マインド:6月:- 前回:94.3

 【日本の予定】
23日23日:予想:--  前回:47.7

国債入札
米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
21日 2年国債 3.00倍 2.0bp 5月24日
22日 5年国債 2.60倍 4.5bp 5月25日
23日 7年国債 2.57倍 3.7bp 5月26日
23日 2年変国 3.35倍---   5月25日

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札
23日 20年国債 3.363倍 15銭 5月19日

データ:Bloomberg  財務省HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

額面1億円の利息が1000円、150億円で15万円 こんな市場に誰がした?(資本市場)

2016-06-11 | 今日の東京市場
6月11日
理レター

皆様お世話になっております。なにか嫌な流れですね。世界中の株式市場が壊れてきました。資金は国債市場に流れ国債の金利が急低下しています。ドイツ10年は昨晩一時0.01%を下回る場面もありました。まだ10年債はマイナスになったことはありません。世界のトレンドは超長期債。長い国債の金利が低下しています。金利が崖っぷちに追い込まれている状況です。日本でも10年が一段とナイナス幅を拡大。20年国債が0.2%割れ、超長期のカーブは30年に出遅れ感があります。次は30年が0.25割れですかね。投資家は金利を求め社債市場に社債利回りが低下しています。昨日、社債の大量発行がありましたがレベルの問題ではないようです。マイナスよりプラス金利の社債を買っとけ!!みたいな雰囲気です。きのう発行されたホンダファイナンス3.5年35回債のクーポンは0.001%でした。
1億円この債券を保有しても1年当たりの金利収入は1000円です。1億円の利息が1000円。10億円で1万円、100億円買っても10万円、150億円の起債だったので発行体の
支払う利息は1年につき15万円です。すごいですよね。この債券は6カ月もてば“日銀の社債買入れ対象になります。日銀さんが高く買ってくれるのでこんなレベルでも売れてしまうのです。こんなの買うならCB買ったほうがよいですよね。社債の最大価格は将来の受取利息と元本を足した金額です。(割引率を0%と仮定)。この社債は100.003円で0%です。もし、日銀がマイナス金利政策をやめたら。。。怖い怖い。。。。日本から金利が消えてしまいそうです。こんな環境でも株はちっとも上がりません。上がるのは小型株ばかり。小型の勢いはすごいです。賭博の世界ですね。投機化しています。LINEの上場も決まりました。しばらくこの流れは変わりそうにありません。大型株なんとかしないとまずいっすよ。黒田総裁。なんとかしなきゃ。このままでは市場が壊れてしまいます。

ECBが8日から社債買入れをはじめました。欧州でも社債利回りが低下しています。
日欧市場から金利が無くなってしまいそう。残りは米国市場だけです。まともな金融政策が出来そうな唯一の大国が米国。資金は米国債に、30年債は2.5%を下回ってしまいました。
世界中から米債に資金が流れています。国債の入札に占める間接入札者落札率が高止まっています。そういう意味ではFRBには追い風が吹いています。やっぱ米株かな~~。この流れで買えそうな市場は。。。




1 ソフトバンクグループ
株価5996円 (6020円)

1年 5年
CDS 49.92bp(51.58bp)150.00bp(155.00bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.46% (0.520%)79.31bp (80.57bp)
44回2020/11/27 1.23%(1.324%) 150.46bp(155.80bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.97%(3.55%) 373.80bp(376.69p) 円ベース3ML+293.5bp(299bp)
ドル
2025年7月30日 4.90%(4.87%) 333.34bp(324bp) 円ヘッジ3ML+237bp(239bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$3.71($3.78)
ドル債              
2024年6月15日11.33%(11.87%)T+982bp(1030bp)
CDS:1066bp(1191bp)


アリババ 
株価 75.92ドル(76.62ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16601.36  -12.78%
NYダウ 17865.34  +2.53 -8.80 0.380
ブラジルボベスパ 49422.16  +14.01 +17.30 0.285
FT100 6115.76  -2.03 -15.56 0.746
DAX  9834.62 -8.46 -15.57 0.897
ロシアMICEX指数 1903.61 +8.08  +6.69 -0.639
上海A 3063.75  -17.29 -27.20 0.844
ハンセンH 8831.97 -8.58 -18.81   0.856

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.7305(0.7716) 1.1671(1.2307) 1.6404(1.7004)2.453(2.6464)
独-0.545(-0.535)  -0.428(-0.412) 0.020(0.068) 0.588(0.739)
日-0.269(-0.230)-0.264(-0.220)-0.140(-0.095)0.276(0.32)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.35(3.35)BBB 1.38(1.38)・A 0.72(0.72)

CDSインデックス

米 78.77(77.36) 欧州 77.30(75.44)日本68.50(67.50)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
14日5月小売売上高:予想:0.5% 前回:0.8%
15日5月PPI コア(前月比):予想:0.1%-- 前回:0.2%
16日FOMC
16日5月CPI コア(前月比):予想:0.2% 前回:0.2%
17日5月住宅着工件数:116.4万件  :予想:117.2万件
17日5月建設許可件数:114.5万件  予想:111.6万件

 【日本の予定】

16日日銀金融政策決定会合



データ:Bloomberg  財務省HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑い夏!男は黙ってJGB!最後の戦いが始まる!!(資本市場)

2016-06-04 | 今日の東京市場
6月4日
理レター

皆様お世話になっております。今週はいろいろな出来事が起きました。なんといっても米国雇用統計の雇用者数の数字。なんでこんな数字が出たのか?まさかの数字で一気に円高が進みました。バンドの練習から帰って来たのが12時頃。Bloomberg端末にログインして為替のマトリックスを見たら106円台。今日はBeer2杯しか飲まなかったのにと、目をこすり再度確認しても106円台。まさかの円高。ドルトにつられアジア通貨が急落しています。ランドは金が上昇していたこともあり買われていました。シカゴの日経平均は16330円、東京比300円のマイナスです。一方、債券市場は金利が急低下。2年から10年ゾーンが10bp、超長期でも7bp国債利回りが低下しています。ドイツは残存期間が7年以上の国債利回りが最低水準を更新。欧州市場はカーブがブルフラット(短い期間の金利の低下より長い期間の金利の低下が大きい現象)が起きております。日本も勝負できるところは超長期債。
来週は7日に30年国債の供給が実施されますサマラリーが起きそうですね。
暑い夏がやってきた!男は黙ってJGB! 壮絶なババ抜き合戦が繰り広げられそうですね。
株はアカンです。投資家がいません。市場には強欲なディトレばかり。ゼロサムの世界です。HFTも加わり死ぬか食うかの合戦が起きています。共倒れになるまで戦いはつづくでしょう。ロングで入ると負けそう。こんな市場に誰がした。


日経といえば、HFTの件で金融庁と取引所の温度差あるようです。取引所はHFTに問題なしとの見解。個人的には取引所が上場したことが間違い。株式会社になってしまったら利益を追求するのが当たりまえ。HFTは取引所の大切な大切な大切なお客様です。中立ではいられません。民営化してはいけないのですよね。取引所。

そうそう、ソフトバンクがアリババ株を売却します。そのスキームは以前このブログで以提案した方法です。最近、クレジットは改善してきましたが株はちっとも上がりません。
1兆円ぐらい銀行にお金返済しましょう。財務の改善目的ならまずレバレッジをもっと低くしましょう。それともスプリント社債を買入れ償還させますか?アンダーパーの銘柄が沢山ありますから。

CB市場では関西ペイントが大胆なCBを発行しました。募集価格107%、払込104.5%の3年債を400億円、とで募集価格103%、払込100.50%の6年債を600億円、合計1000億円のユーロ円CBです。3年を投資家が1億円購する場合1億700万円が必要です。1000億円の起債で関西ペイントは21億円の社債償還差益を得ることができました。まさにマイナス金利です。昨年はユニチャームが募集価格111.5%、払込109.5%のCBを起債しましたが関西ペイント3年はこれと同様。当社のプレミアムは20.01%。20.1%プレミアムで107%??オプション価値なんてボラティリティ次第でなんとでもなりますが。まあ、採取的には投資家さんが購入の意向がプライシングに現れたのでしょうか?私がアレンジャーだったらどういうスキームで発行しただろう?と考えさせられる起債でした。自己株買いが実施されましたが株価は急落。当たり前ですよね。自己株買いとのバランスが悪すぎ。
私がCBトレーダーだったころCBの募集価格は100%でした。それが90年の半ばぐらいから102.5%に。いまでは102.5%が国内CBでも適用されています。時折102.5%以上の募集もユーロ市場ではありましたが今後は募集価格が上昇しそうですね。

投資銀行は1000億円の起債で25億円の手数料(単純計算)を得ることができました。本来手数料は発行企業が証券会社に支払うものです。ただし、CBは投資家が支払うスキームになっています。一般事業債では考えらないことです。CBは発行企業にとって“打ちでの小槌“ですね。




1 ソフトバンクグループ
株価6020円 (6053円)

1年 5年
CDS 51.58bp(54.30bp)155.00bp(164.00bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.52% (0.520%)80.57bp (82.43bp)
44回2020/11/27 1.324%(1.319%) 155.80bp(156.77bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.55%(3.76%) 360.39bp(375p) 円ベース3ML+299bp(319bp)
ドル
2025年7月30日 4.87%(4.99%) 324bp(321bp) 円ヘッジ3ML+239bp(235bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$3.78($3.68
ドル債              
2024年6月15日11.87%(11.75%)T+1030bp(1002bp)
CDS:1191bp(1191bp)


アリババ 
株価 76.62ドル(80.97ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16642.23  -12.56%
NYダウ 17807.06  +2.19 -9.44  0.413
ブラジルボベスパ 50619.50  +16.77 +16.19 0.313
FT100 6209.63  -0.52 -13.16 0.760
DAX  10103.26 -5.96 -12.76 0.902
ロシアMICEX指数 1886.84 +7.12  +5.41 -0.639
上海A 3075.87  -16.96 -27.04 0.835
ハンセンH 8809.81 -8.81 -19.38 0.852

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.7716(0.9086) 1.2307(1.3847) 1.7004(1.8510)2.5097(2.6464)
独-0.535(-0.528)  -0.412(-0.382) 0.068(0.138) 0.739(0.850)
日-0.230(-0.238)-0.220(-0.227)-0.095(-0.113)0.320(0.312)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.35(3.32)BBB 1.38(1.40)・A 0.72(0.73)

CDSインデックス

米 77.36(76.24) 欧州 75.44(71.21)日本67.50(65.50)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
9日4月棚卸在庫:予想:--- 前回:0.1%
10日6月ミシガン大学消費者マインド:予想:-- 前回:94.7

 【日本の予定】

8日4月国際収支:経常収支(AD):予想:--- 前回:1兆8936億円
8日1Q GDP(年率/SA前期比):予想---前回:1.7%
8日5月倒産件数(前年比):予想:---  前回:-7.08%
9日4月機械受注(前月比):予想:--- 前回:5.5%

国債入札

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
7日 30年国債 3.39倍 40銭 5月12日
9日 5年国債 4.148倍 2銭 5月17日

米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
8日 3年国債 2.93倍 3.0bp 5月10日
9日 10年国債 2.68倍 3.0bp 5月11日
10日 30年国債 2.19倍 6.1bp 5月12日


データ:Bloomberg  財務省HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日銀パワー恐るべし!!(資本市場)

2016-05-28 | 今日の東京市場
5月28日  申し訳ございませんでした。一部、データが更新されていませんでした。
理レター

皆様お世話になっております。コンサートを控え、毎週金曜日の19時から22時は神保町のスタジオでの練習。本番は12日です。今回は日曜のそれも21時からなので気が引けて声をかけることが出来ません。あっ!しまった!告知してしまった!!場所は大塚のWelcome backです。最近はハーモニーの練習に力を入れています。将来的にはお金が取れるような演奏をしようと4人で切磋琢磨しています。

今週はいろいろな出来事がありました。まずは23日の日銀の社債等買入れ。社債等買入れとは、日銀が月に1度、流通市場から社債を購入します。いろいろ制約がありますがBBB以上で1年以上3年以内
の銘柄が対象となります。今回は1000億円御買上になりました。
社債等買入れはすごいです。何がすごいかといえば日銀の購入水準。マイナス金利のオンパレード。今回の按分レートは-0.28%(按分でも97%落とされています)。平均が-0.189%。
一方、社債の発行市場では現状マイナス金利の発行はありません。政保債はありますが。先週、日本証券業協会主催の社債セミナーがあり、そこにオリックスの担当者が来ていました。現在、社債市場は国債金利がマイナスに沈んだためTプライシングは10年以上の銘柄(10年でもフロアーを付ける発行体が目立ち初めています)。10年未満は絶対値プライシングが主流です。オリックスの方はマイナス起債の正当性を述べていました。国債はマイナスで発行されていますが、最終投資家は日本銀行です。日銀がオペで買ってくれるので市場金利がマイナスで推移しているだけです。今後、可能性があるとすれば期間3年、買入れ対象銘柄ならマイナス起債が出来るかもしれません。

今週は社債の発行ラッシュでした。トヨタ20年債が0.343%(T+9bp)、10年が0.09%という水準です。トヨタの配当利回りが3.7%程度です。20年債が0.343%の10倍。確かに株化は変動します。でも、社債も変動します。社債のリスク表現に金利感応度という物差しがあります。金利が変動することで社債価格がいくら動くかというものです。例えばトヨタ20年の場合。基準価格を100円=0.343%とした場合、金利が0.1%上昇すると社債価格は98.162円に、0.1%低下すると101.907円になります。1ベーシス(0.01%)の感応度は19銭ぐらいです。もし1%金利が上昇した場合、現在の債券価格は83円に下がります。
今週起債された40年国債は1ベーシス金利が上下すると37銭価格が変動します。1億円につき37万円です。クーポンは0.4%。1年当たりの利息は40万円。クーポンは金利変動で吹っ飛んでしまいます。低クーポンの超長期債は投資家キラー。社債市場には投資家キラーが増殖しています。一度でも嚙みつかれたら職を失ってしまうかもしれません。
ヘッジなんてできません。超長期先物が大証に上場していますが開店休業状態です。

Swapでもヘッジはできますがきっととの時はTLスプレッドが拡大してヘッジできない状況に陥るでしょう。
なにがきっかけで金利が反騰するかわかりません。とりあえず現状は日銀が全力で頑張っています。

すみません。社債や国債の話なんて面白くないですよね。でも今週はちょっと面白い話も・・
それはタカタの社債です。白馬に乗った王子様が現れそう!!そうですKKRが助けにきました。この報道を好感し、26日の株価はstop高となりました。同社は社債を3銘柄発行しています(各100億円)。報道前の社債価格はどの銘柄も50円前後。社債3銘柄の時価総額は157億円程度でした。しかし、この報道で社債価格が急騰。時価総額が195億円に。CBではありません普通社債です。時価総額が2日で38億円増加しました。一方、株式時価総額は報道前314.4億円から350億円に35.7億円の増加。増加額は社債市場が株式を上回っています。凄いと思いません??これは驚きです!!

話は変わりますが大統領選、雲行きが怪しくなってきました。トランプ大統領が誕生したら・・・ヘッジは米株を購入することです。




1 ソフトバンクグループ
株価6053円 (6105円)

1年 5年
CDS 54.30bp(56.30bp)164.00bp(171.00bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.52% (0.645%)82.43bp (94.94bp)
44回2020/11/27 1.319%(1.330%) 156.77bp(153.21bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.76%(3.79%) 375bp(375p) 円ベース3ML+319bp(326bp)
ドル
2025年7月30日 4.99%(5.14%) 321bp(330.36bp) 円ヘッジ3ML+235bp(248bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$3.3.68($3.59)
ドル債              
2024年6月15日11.75%(12.02%)  T+1002bp(1028bp)
CDS:1191bp(1152p)


アリババ 
株価 80.97ドル(78.79ドル)


◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16736.35  -12.07%
NYダウ 17873.22  +2.57 -5.88  0.452
ブラジルボベスパ 49051.49  +13.15 +13.87 0.350
FT100 6270.79  +0.46 -8.54 0.771
DAX  10286.31 -4.25 -10.06 0.912
ロシアMICEX指数 1927.58 +9.44  +10.44 -0.644
上海A 2952.78  -20.29 -27.66 0.834
ハンセンH 8595.28 -11.03 -18.53  0.848

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.9086(0.8763) 1.3847(1.3618) 1.8510(1.8334)2.6464(2.6286)
独-0.523(-0.506)  -0.382(-0.353) 0.138(0.165) 0.850(0.879)
日-0.238(-0.244)-0.227(-0.227)-0.113(-0.113)0.312(0.319)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.32(3.40)BBB 1.40(1.39)・A 0.73(0.74)

CDSインデックス

米 77.03(83.75) 欧州 71.21(78.51)日本65.50(71.00)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
31日4月個人所得:予想:0.4%  前回:0.4%
31日3月S&Pケースシラー20都市(SA):予想:-- 前回:182.79
31日5月シカゴNAPM:予想:50.4前回:50.4
1日5月マークイット製造業PMI;予想:--- 前回:--
1日5月ISM製造業景況指数:予想:51.0 前回:50.8
2日5月ADP雇用統計:予想18万 前回:15.6万件
3日5日非農業部門雇用者数変化:16.3万 前回;16万
3日5月失業率:予想:4.9% 前回:5.0%

 【日本の予定】

31日4月失業率:予想:--- 前回:3.2%
31日4月有効求人倍率:予想:--- 前回:1.3
31日4月鉱工業生産(前月比):予想:---  前回:3.8%
31日4月住宅着工件数(前年比):予想:---前回:8.4%
1日:5月日経PMI:予想:-- 前回:47.6
3日:5月日経PMIサービス業:予想:---前回:49.3
3日:5月日経PMIコンポジット:予想:---前回:48.9

国債入札

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
31日 2年国債 4.199倍 1.1銭 4月27日
2日 10年国債 3.436倍 5銭 5月10日

ドイツ  前回の応札倍率 平均利回り 前回入札日
1日 5国債 1.371倍 -0.33% 5月4日


データ:Bloomberg  財務省HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒田サンタがクレジット市場にやってくる!!(資本市場)

2016-05-21 | 今日の東京市場
5月21日
理レター

皆様お世話になっております。米国6月利上げが浮上。ドルが買い戻され、米国では中期ゾーンを中心に金利が上昇。ネガティブフラットニング現象が起きています。とりあえず利上げがダイレクトに効く2年国債は0.9%に一時乗せました。日本と欧州の金利はマイナス。
資金はドルに集合中。しかし、ドルの独歩高ではありません。ルピアやルーブルは下落していますが南アランドやレアル、トルコリラ等はFOMC議事録発表後上昇しています。
とりあえず、6月の雇用統計待ちですかね。

とりあえず、日本でG7にサミット。さすがにサミット中に日本株が下落したらサ~、ミットもないですよね!苦しいギャグです。

来週は月に一度の黒田サンタがクレジット市場にやってきます。今回の財布の中身は1000億円です。日銀様が社債を市場価格より高い値段で買ってくれます。もちろんマイナス金利で!!ただ買入れ銘柄の期間が1年以上、3年以下。ECBは30年ゾーンまで買入れ対象です。追加緩和がもしあるとすれば買入れ期間の長期化が考えられます。
また、40年国債入札が26日に予定されています。その内、50年債とか100年債が起債されるかもしれませんね。


債券市場は最近、超長期ゾーンに発行体の長蛇の列が出来ています。トヨタにANA、大和ハウス、関西電力、このゾーンを起債できる企業は信用力がある企業だけです。この金利低下を利用し、資金調達をしようとしています。さすがに1%を下回る固定金利で20年を一般企業が調達できるというチャンスはめったにありません。機関投資家もマイナス金利の悪影響で運用期間を長期化しています。社債リスクはクーポンが低いほど、期間が長いほど金利の価格影響度は大きいです。金利が反転したらポートはボロボロになってしまいます。満期保有しかないですね。とりあえずプラス金利なら元本を下回ることはありません。リスクを考えたら日銀は後戻りできません。出口は見えません。

このレベルの社債を購入するならCB買ったほうが良いです。ヘッジになります。日銀の
金利引き上げはインフレの改善。つまり、景気回復で株価が上昇している場合です。債券金利が上昇しても株価が上昇すればCB価格が上昇します。つまり、債券ポートのヘッジにCBが有効ということです。リパッケージではなくどストライクのCBをポートに入れましょう。最近では最終利回りがプラスのユーロ円CBも見かけます。クーポンが0なので直利は0%ですが買って損はないですよ。

今週、地方公共団体金融機構が6年の政府保証債を起債しました。クーポンは0.001%の100.32円発行。手数料が25銭。発行利回りは-0.052%、手数料を0とした場合(フルレス)では-0.01%とマイナス発行。700億円が起債されています。キャッシュつぶしの買いですね。日銀付利よりましならいいか~~。



1 ソフトバンクグループ
株価6105円(5838円)

1年 5年
CDS 56.30bp(60.26bp)171.00bp(185.35bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.645% (0.650%)94.94bp (95.75bp)
44回2020/11/27 1.330%(1.319%) 153.21bp(155.68bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.79%(3.77%) 375bp(376p) 円ベース3ML+326bp(336bp)
ドル
2025年7月30日 5.14%(5.07%) 330.36bp(351.34bp) 円ヘッジ3ML+248bp(268bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$3.59($3.44)
ドル債              
2024年6月15日12.00%(12.02%)  T+1028bp(1045bp)
CDS:1152bp(1138p)


アリババ 
株価 78.79ドル(77.16ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16736.35  -12.07%
NYダウ 17500.94  +0.44 -7.85  0.491
ブラジルボベスパ 49722.75  +14.70 +18.39 0.391
FT100 6156.32  -1.38 -10.97 0.777
DAX  9916.02 -7.70 -12.47 0.913
ロシアMICEX指数 1891.33 +7.38  +5.83 -0.642
上海A 2957.44  -20.16 -27.61 0.833
ハンセンH 8303.58 -14.05 -21.31  0.837

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.8763(0.7453) 1.3618(1.2056) 1.8384(1.7001)2.6286(2.5486)
独-0.506(-0.514)  -0.353(-0.381) 0.165(0.124) 0.879(0.829)
日-0.244(-0.244)-0.227(-0.227)-0.113(-0.109)0.319(0.273)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.40(3.48)BBB 1.39(1.42)・A 0.74(0.75)

CDSインデックス

米 83.75(83.12) 欧州 78.51(77.08)日本71.00(72.50)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
23日5月マークイット製造業PMI:予想:51.0  前回;50.8
24日4月新築住宅販売件数:予想:52万件  前回:51.1万件
25日5月マークイットサービス業PMI:予想:--- 前回:52.8
25日5月マークイットコンポジットPMI;予想:--- 前回:52.4
26日4月中期住宅販売仮契約数(前月比):予想:0.6% 前回:1.4%
27日5月ミシガン大学消費者マインド:予想:95.8 前回:95.8

 【日本の予定】

23日4月貿易収支:予想:--- 前回:7542億円
27日4月:全国CPI(前年比):予想:---  前回:-0.1%
27日5月東京CPI(コア):予想:--- 前回:-0.3%

国債入札

米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
25日 2年国債 2.64倍 3.7bp 4月25日
26日 2年変国 3.57倍---   4月28日
26日 5年国債 2.41倍 5.0bp 4月26日
27日 7年国債 2.65倍 3.4bp 4月28日

ドイツ  前回の応札倍率 平均利回り 前回入札日
25日 30年国債 1.59倍 1.03% 4月27日

日本 前回の応札倍率 利回り 前回入札日
26日 40年国債 3.055倍 1.13% 2月23日


データ:Bloomberg  財務省HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”モテ期は来ます”信じて待ちましょう!!(資本市場)

2016-05-14 | 今日の東京市場
5月13日
理レター

皆様お世話になっております。今朝、ワインバーに入って、個室で寝ている夢を見ました。
スタンディングの席と個室があり、疲れていたので個室を選びました。赤ワインを一杯注文しましたが。個室の価格がスタンディングより高くうしろめたさから目が覚めました。お金を大切に使いなさいという天からの声だったのでしょうか
そういえば、エアロバイクが届きました。これで普段の運動不足問題は解消されそうです。
問題はお尻が痛くなること。シートが堅いのでお尻が痛くなります。2000円ぐらいで自転車用のパンツが売れていたので購入しました。果たして痛みから解消されるでしょうか?
痛みといえばソフトバンクの株が伸び悩んでいます。投資家にとってはこの痛みあらも解消されたいです。今週、決算発表がありました。最後の質問でNY大学の教授がソフトバンクの時価総額が保有株の市場価値に比べ安いのではないか?という内容のコメントがありました。投資尺度の問題ですが昔バブルのときに企業保有の土地価格が評価され株価が急騰した時代もありました。Qレシオという考え。その後、土地の下落とともにバブルが崩壊。
言いたいことはわかりますが。電話会社であって投資会社。投資会社なら配当金もっと増やさないと!!KKRの配当利回りは5.05%、ソフトバンクが0.75%、ドコモが2.88%。中途半端ですよね。スプリントが黒字はいつ?という質問に対しては具体的なコメントはありませんでした。“近い将来”とおっしゃっておりました。でも今期ではないとも言っていました。“近い将来”は人によって物差しが違うとも言っていました。頑張れ孫さん。

株式市場は小型が中心。ディトレなら参戦するかもしれませんがさすがに無理。でも、大丈夫です。小型銘柄起債のCBがあります。下値は社債。上値は株式。信用取引はできません。こんなときは100円近辺の銘柄を拾って待つしかないです。人生にはモテ期があります。CBにもモテ期があります。サイバーダイン、九電工やライオンはまさにモテ期。
モテ期がないとCBから株式に転換されません。たまにモテ期に転換がすすまず社債償還となる銘柄もありますが絶対数は少ないです。こんなわけもわからない相場のときCB
が良いと思います。オプションは売ってはだめです。夢と同じ、買いましょう!!

バイナリーオプションなんてもってもほか。業者が潤うだけです。昔なら刑法の賭博罪に当たるとあたらない問題に進展していたことでしょう。日本にオプションが入ってきた80年後半は刑法の賭博罪がキーとなっていました。

債券市場では中短期ゾーンがやたらと買われています。もう金利がないので手前で利回りがプラスならなんでも買えというスタンスです。発行体はマイナス金利発行を望んでいますがバイサイドは日銀次第。マイナス金利ならCBを買ったほうがよいです。アッパーが狙えますから。CBの時代到来か!






1 ソフトバンクグループ
株価5838円(5718円)

1年 5年
CDS 60.26bp(60.68bp)185.35bp(187.50bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.650% (0.660%)95.75bp (94.47bp)
44回2020/11/27 1.319%(1.314%) 155.68bp(155.71bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.77%(3.82%) 376bp(379bp) 円ベース3ML+336bp(348bp)
ドル
2025年7月30日 5.14%(5.21%) 351.34bp(350.67bp) 円ヘッジ3ML+268bp(278bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$3.44($3.54)
ドル債              
2024年6月15日12.02%(12.87%)  T+1045bp(1122bp)
CDS:1138bp(1176p)


アリババ 
株価 77.16ドル(79.20ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16412.21  -13.77%
NYダウ 17535.32  +0.63 -8.94  0.520
ブラジルボベスパ 45402.47  +19.50 +21.20 0.431
FT100 6138.50  -1.66 -13.30 0.772
DAX  9952.90 -7.35 -12.69 0.910
ロシアMICEX指数 1907.19 +8.28  +7.56 -0.633
上海A 2958.66  -17.58 -25.86 0.824
ハンセンH 8301.39 -14.07 -22.37  0.824

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.7453(0.7340) 1.2056(1.2289) 1.7001(1.7789)2.5486(2.6276)
独-0.514(-0.515)  -0.381(-0.375) 0.124(0.144) 0.829(0.838)
日-0.249(-0.270)-0.227(-0.227)-0.109(-0.113)0.273(0.270)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.48(3.48)BBB 1.42(1.41)・A 0.75(0.73)

CDSインデックス

米 83.12(85.27) 欧州 77.08(79.30)日本72.50(75.50)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
17日4月住宅着工件数:予想:112万件  前回:108.8万件
17日4月建設許可件数 ;予想;112.8万件 前回:107.6万件
17日4月CPI(コア、前月比):予想:0.2% 前回:0.1%
17日4月鉱工業生産(前月比):予想:0.3%-- 前回:-0.6%
20日4月中期住宅販売件数:予想:540万件 前回:533万件

 【日本の予定】

18日1Q GDP(年率・SA・前期比):予想:0.3% 前回:-1.1%


国債入札

5月16日―20日
日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
17日5国債 4.358倍 2銭 4月19日
19日 20年国債 3.555倍 21銭 4月21日


米国 前回の応札倍率 
20日10年インフレ連動債 2.25倍 3月17日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

欲もほどほどに!爪がおれる前に!(資本市場)

2016-05-07 | 今日の東京市場
5月7日
理レター

皆様お世話になっております。ゴールデン・ウィークもあと2日。次の3連休は7月16日までありません。私の仕事はカレンダー通り。今年、最長の休暇が幕を閉じようとしています。連休中は食べてばかり、体重が2キロほど増えています。6月が勝負の月となりそうです。仕事の契約も皆様のおかげで2年延長となりほっとしています。念願のエアロバイク、きのう発注しました。これで平日の運動不足から解放され体重を落とすことができそうです。ちなみに購入したマシーンはKeiser m3というドイツ製のマシーンです。
週中には届く予定です。次はトレッドミルですかね?家がジムになりつつあります。とりあえず、毎日、ストイックに過ごせそうです。

株式市場はすでに夏バテ気味。日経平均は16000円でかろうじて止まっていますが株式を買う材料がありません。予想PERは14倍、NYダウが14.7倍程度なので和割高感はありませんが投資家が不在。こんな市場に誰がした?お金は小型銘柄に、マザーズ指数は年初から33%も上昇しています。予想PEは47倍。大型より3倍ほど割高に買われています。222銘柄中、31銘柄が年初から2倍に。グリーンぺプタイドは5倍に。期待先行型。まるであの時のようです。そうですあのハイテクバブルが終わろうとしていた米国市場で急騰した銘柄群がありました。燃料電池関連銘柄群です。当時、ベンツが燃料電池車をつくり次世代の銘柄として注目されていました。フルセルセルエネジー、バラードパワー、プラグパワーなどです。バラードパワー50カナダドル程度だった株価が210ドルまで急騰、現在1.8ドル。プラグパワーは最悪なことに10株を1株に減資。株価は減資調整後の高値2000年1月につけた1565ドル。現在1.92ドルです。夢を買った私。当時100ドル程度で購入、まだ上がる!まだ、まだ、まだ!!と爪を伸ばし。しかし、現在は2ドル。爪だけなら良いですが根元から爪がはがれ、血みどろになってしまいました。もちろん配当金も一円も支払われていません。もちろん、いまもPLは真っ赤です。マザーズ銘柄とかぶります。
真っ赤な小型株をお持ちの皆様、やられたと思ったら投げる勇気が必要です。私のプラグパワーは私が生きている間に値を戻すことは無いでしょう。同じ目に合わないように。

CB市場CYBERDYNEのユーロCBが繰上償還されるので転換が進んでいます。繰上償還日が6月6日、あと1カ月。全額転換されるでしょう。その後の株価がどうなるか?国内CBでは九電工2回債が逆かい離に、本格的な転換が始まりそうです。もう少しまとまった売り物が出ると面白くなるのですが。

債券市場では来週10年と30年国債の入札を控えています。お金は金利を求めて超長期ゾーンに流れています。円高に株安、資金は超長期に。資金は金利を求め超長期ゾーンに!
行きはよいよい帰りは怖い!!と童謡の世界が国債市場に繰り広げられています。
最終投資家は日本銀行。市場は日銀を信じて動いています。日銀が買わなくなったら
その時、日本国債はブラックホールに吸い込まれ。。。恐ろしい。。。

今週、4年の預金保険機構204回債(政府保証債)が-0.084%で1000億円起債されました。
手数料吐き出しでも-0.047%です。0.1%クーポンの100.74円発行です。発行額は1000億円。いまベーシス市場が歪んでいるので外人中心に売れたようです。外人がドルで買うとお得なのです。

今月26日と27日に伊勢志摩サミットがあります。何か出そうですね。。

走る時間がきました。



1 ソフトバンクグループ
株価5718円(5988円)

1年 5年
CDS 60.68bp(54.23bp)187.50bp(181.85bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.660% (0.655%)94.47bp (94.00bp)
44回2020/11/27 1.314%(1.348%) 155.71bp(155.98bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.82%(3.79%) 379bp(363bp) 円ベース3ML+348bp(314bp)
ドル
2025年7月30日 5.21%(5.19%) 350.67bp(342.56bp) 円ヘッジ3ML+278bp(268bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$3.54($3.43)
ドル債              
2024年6月15日12.87%(11.69%)  T+1122bp(998bp)
CDS:1176bp(1125p)


アリババ 
株価 79.20ドル(76.94ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 16106.72  -15.38%
NYダウ 17740.63 +1.81 -9.16- 0.557
ブラジルボベスパ 51717.82  +19.30 +20.38 0.475
FT100 6125.70  -1.87 -14.26 0.765
DAX  9869.95 -8.13 -13.91 0.907
ロシアMICEX指数 1901.56 +7.96  +5.14 -0.621
上海A 3048.58  -17.70 -26.61 0.821
ハンセンH 8471.70 -12.31 -21.87  0.809

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.7340(0.7816) 1.2289(1.2940) 1.7789(1.8333)2.6276(2.6781)
独-0.515(-0.484)  -0.375(-0.288) 0.144(0.271) 0.838(1.009)
日-0.270(-0.281)-0.227(-0.255)-0.113(-0.110)0.270(0.340)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.48(3.36)BBB 1.41(1.38)・A 0.73(0.70)

CDSインデックス

米 85.27(77.50) 欧州 79.30(72.73)日本75.50(70.04)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
10日5月卸売在庫(前月比):予想:0.1% 前回:-0.5%
13日4月小売売上高速報(前月比):予想:0.6% 前回:-0.4%
13日4月PPI(コア、前月比):予想:0.1% 前回:0.0%
13日5月ミシガン大学消費者マインド:予想:--- 前回:89.0

 【日本の予定】

12日3月国際収支:経常収支:予想:--- 前回:2.435兆円
12日4月東京オフィス空室率:予想:---- 前回:4.34%
12日4月倒産件数(前年比):予想:----前回:-13.15%


日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
10日 10年国債 3.889倍 5銭 4月5日
12日 30年国債 3.39倍 67銭 4月14日

オランダ  前回の応札倍率 平均利回り 前回入札日
10日 10年国債 2.091倍 0.444% 3月22日

米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
11日 3年国債 2.72倍 5bp 4月12日
12日 10年国債 2.75倍 4.0bp 4月13日
13日 30年国債 2.40倍 3.6bp 4月14日

データ:Bloomberg、財務省HP
http://www.mof.go.jp/jgbs/auction/calendar/1604htm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒田バズーカ暴発??(資本市場)

2016-04-30 | 今日の東京市場
4月30日
理レター

皆様お世話になっております。黒田バズーカ暴発!!被害者拡大。シカゴ日経平均は16000円割れ!月曜の東京市場は1000円安?すごいことになりました。お行儀が悪いHFが多すぎですね。HFに日本経済が翻弄されています。アホくさいですよね。でも奴らはかつて英国を奈落の底に落としたこともあります。実態経済と別腹ならよいですが、日本企業は試練です。一方、日本は金利が歴史的に引き水準です。この金利と為替のレベルと考えたらもう海外企業を買いまくるしかないでしょう。個人投資家も外株買いましょう。海外には良い株がいっぱいあります。NISAでも外株が使える証券もあります。なんか私が使っている三菱UFJMSは外株ダメみたいです。長期投資なら円株より外株が有利だと思います。
月曜は株安、金利低下。金利はもう歯磨き粉が少ししか残っていません。最後の歯磨き粉である超長期ゾーン。ここに資金が行かざるを得ません。3年以内の事業債、財投債、などはもうマイナス金利でも出合っています。おかしな世界です。マイナス金利になった社債は売るべきです。償還までもつと元本割れですから。付利との比較でしかありません。今回の緩和見送り。覆水盆に返らず。月曜が怖いですね。一層、国民休暇にしてしまいますか?中途半端な休みですからね。板が薄いのでHFが大喜びでドルルや株をたたき売ってきますよ!!メガバンクやコア銘柄の株は5~6%下落しています。日経平均は4月に付けた15478.1円が視野に入っています。すでに15000円割れも。そういえば、先月、担当セールスが日経リンクを進めてきました。ノックインは13500円。そこまで行くのかな?この手の商品が売れるとHFの欲深い連中が狙ってきますから皆さんリンク債なんて買わないほうがよいですよ。まともに考えたら買えません。クーポン5%もらっても一度ノックインしたらアウト。この手の商品は一度、元本で戻ってくるとセールスがいい気になってノックインするまで勧めてきますから。基本的にアッパーが決まっていてリスクは無限大の金融商品は買ったら負けです。この手の金融商品は証券会社の手数料が5%程度取られていますから。(闇なのでいくらかは商品設計により異なります、一律ではないのです)
まだ外債のほうがよいです。ただ注意しないといけないのは、個人投資家は売り出し債を避け、国債を対象としてください。米ドルなら、例えば、トヨタファイナンスの社債ではなくてど真ん中の米国債を買いましょう。また、外貨で償還され、償還時にMMFの受け皿がある通貨にしましょう。通貨の手数料も考慮し、新興諸国通貨は避けましょう。新興国に投資するなら債券より株です。債券リターンなんてしれています。直接株、米国市場に上場している銘柄(ADR)が良いです。米国の上場基準があるのでその時点で銘柄が精査されています。そもそも直接投資出来ない国もありますから。

いずれにしても、この円高を嘆いていても仕方ありません。チャンスにしましょう。この5%の円高で外株が5%安く買えるってことですから。最近気になるセクターがあります。
“ま~その~”で有名なロッキードマーチンやグラマンの株がやたら強いです。上場来高値を更新しています。米国市場で防衛関連が買われています。


月曜の日本株式市場は覚悟しましょう。下がって当たりまえ。どいう行動をとれば良いか?それを土日のうちに考えましょう。黒ちゃんに麻生大臣、聞いてる?



1 ソフトバンクグループ
株価5988円(6293円)

1年 5年
CDS 54.23bp(42.10bp)181.85bp(180bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.655% (0.645%)94.00bp (89.82bp)
44回2020/11/27 1.348%(1.280%) 155.98bp(154.56bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.79%(3.98%) 326bp(385p) 円ベース3ML+314bp(314bp)
ドル
2025年7月30日 5.19%(5.32%) 342.56bp(349bp) 円ヘッジ3ML+268bp(272bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$3.43($3.74)
ドル債              
2024年6月15日11.69%(12.35%)  T+998bp(1065bp)
CDS:1125bp(1161p)


アリババ 
株価 76.94ドル(79.89ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 1666.05  -12.44%
NYダウ 17773.64 +2.00 -9.58- 0.576
ブラジルボベスパ 53910.51  +24.36 +27.12 0.501
FT100 6241.89  -0.01 -12.11 0.764
DAX 10038.97 -6.55 -12.61 0.909
ロシアMICEX指数 1953.05 +10.88 +9.24 -0.618
上海A 3074.87  -15.39 -24.80 0.851
ハンセンH 8939.47 -7.47 -18.04  0.804

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.7816(0.8178) 1.2940(1.3551) 1.8333(1.8878)2.6781(2.7070)
独-0.484(-0.502)  -0.288(-0.332) 0.271(0.231) 1.009(0.961)
日-0.281(-0.281)-0.255(-0.255)-0.110(-0.110)0.340(0.340)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.36(3.25)BBB 1.38(1.40)・A 0.70(0.710)

CDSインデックス

米 77.50(73.00) 欧州 72..73(68.73)日本70.046(64.73)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
2日4月ISM製造業景況指数:予想:---前回:51.8
2日4月マークイット製造業PMI:予想:--- 前回:50.8
4日4月ADP雇用統計:予想:19.5万人 前回:20万人
4日4月マークイッツトサービス業PMI:予想:--- 前回:52.1
4日4月マークイッツトコンポジットPMI:予想:--- 前回:51.7
5日4月非農業部門雇用者数変化:予想:20万 前回:21.5万
6日4月失業率:予想:5.0% 前回:5.0%

 【日本の予定】
2日4月自動車販売台数(前年比:予想:--- 前回:-3.2%
6日4月マネタリーベース月末残高:予想:--- 前回:375.7兆円
データ:Bloomberg


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

CYBERDYNEコール行使!(資本市場)

2016-04-23 | 今日の東京市場
4月23日
理レター

皆様お世話になっております。株式市場の環境が良くなってきました。外国人投資家が5400億円弱、日本株を買い越しています。これに加え、円安。市場環境が明るくなってきました。このまま上がると良いですね。はやく日本人が日本株をコントロール出来る日がくることを望んでいます。
それにしてもマザーズはすごい上昇率ですね。今週も指数が9.6%上昇、日経平均4.3%の2倍です。アクセルマークは1週間で2倍になっています。日経平均構成銘柄では三菱自動車が40%強下落。社債を発行していたらとんでもない状況になっているでしょう。

そういえば、CYBERDYNEが発行しているユーロ円CB200億円がコールされることになりました。繰上償還日は6月6日。先週お伝えしたように金曜日にコールが発生し、即日行使されました。最近、株価急騰にともないかい離率がマイナス推移していたため、
転換が進んでいると考えられます。残高は21日時点で182.4億円。一気に転換がはじまります。絵にかいたようなきれいなディールでした。先の先までストリーが描けたCBでした。次はパイオニア??CBのスキームは全く同じです。

ソフトバンクが増配を発表しました。株主総会対策ですかね?この2年全く良いことがない同社。今週は、“株主からアローラ氏の解任健闘要求“というニュースも出ていました。株主総会までにはなんとか株価をあげたいのでしょう。株価はやっと水面に浮上。年初来リターンは2.5%。日経平均は-7.7%です。10%強アウトパフォーム。注目のスプリントの決算発表は5月3日、ソフトバンクは10日です。

債券市場では、皆既月食がおきました。20年、30年と40年国債の利回りが一直線に!!
債券市場は完全に投機市場と化しています。最終投資家は日本銀行です。日銀のさじ加減次第です。今週は、社債等買入れが実施されました。結果は按分レート-0.214%、按分比率46.2%、平均落札レートは-0.138%でした。前回よりも厳しい水準でしたが今回は関西電力がマイナス金利で買われていました。国債金利がマイナス推移する中、投資家の収益源はこのような日銀オペです。超長期で勝負するかオペにぶち込むか?リスクが低いのはオペ。
超長期は反転すると怖いですよ。ほんと、BIDがなくなりますから。現在、30年50回債は0.33%(112.789円)です。0.5%に上昇すると価格は107.802円、1%で95.396円。
額面1億円で0.33%購入、その後金利が1%に上昇すると17.393円の損失となります。
つまり1739.3万円(15.42%)。日銀がマイナス金利を導入する1日まえ、1月28日は1.175%でした。一旦、超長期が上昇するとムンクの世界が広がります。あちこちで“叫び”が、
“ピカソのゲルニカ+ムンクの叫び“。日銀様!このようなことが起きないようお願いしますね。今の債券市場は日銀性善説で動いています。

株式市場、来週も底堅い動きになりそうです。



1 ソフトバンクグループ
株価6293円(6015円)

1年 5年
CDS 42.10bp(43.64bp)180bp(185bp)

回号 償還 最終利回り 国債スプレッド
42回2017/3/1 0.645% (0.706%) 89.82bp (91.39bp)
44回2020/11/27 1.280%(1.314%) 154.56bp(155.08bp)

ユーロ債
2025年7月30日 3.98%(4.25%) 385bp(423p) 円ベース3ML+314bp(341bp)
ドル
2025年7月30日 5.32%(5.43%) 349bp(374bp) 円ヘッジ3ML+272bp(263bp)
*円ベース=アセットSWAP 3ML+α

*():前週

スプリント  株価:$3.74($3.59)
ドル債              
2024年6月15日12.35%(11.53%)  T+1065bp(990bp)
CDS:1161bp(1122p)


アリババ 
株価 79.89ドル(78.97ドル)

◆年初からの各国株式指数パフォーマンス   
銘柄 週末引け 年初比 円換算 相関係数
日経平均 17572.49  -7.68%
NYダウ 18003.75 +3.32 -0.79 0.605
ブラジルボベスパ 52907.88  +22.05 +26.04 0.534
FT100 6310.44  +1.09 -7.95 0.765
DAX 10373.49 -3.44 -7.07 0.907
ロシアMICEX指数 1967.26 +11.69 +12.36 -0.620
上海A 3096.85  -16.40 -22.31 0.858
ハンセンH 9120.91 -5.59 -12.15  0.798

国債金利

◆国債金利(先週末%)
2年 5年 10年 30年
米0.8178 (0.7335) 1.3551(1.12108) 1.8878(1.7518)2.7070(2.5593)
独-0.502(-0.506)  -0.332(-0.382) 0.231(1.27) 0.961(0.805)
日-0.281(-0.246)-0.255(-0.234)-0.110(-0.075)0.340(0.381)

クレジットスプレッド(米国5年国差との差)(%)
BB 3.25.43)BBB 1.40(1.50)・A 0.710(0.800)

CDSインデックス

米 73.00(80.17) 欧州 68.73(73.01)日本64.73(73.55)
経済統計カレンダー

 【米国の予定】
25日3月新築住宅販売件数:予想:52万件 前回:51.2万件
26日2月ケース・シラー住宅価格指数(20都市):予想:---前回:182.56
26日4月サービス業PMI:予想:52.5 前回:51.3
27日3月中古住宅販売仮契約(前月比):予想:0.2% 前回:3.5%
28日 FOMC

 【日本の予定】
28日3月失業率 :予想:3.3% 前回:3.3%
28日3月有効求人倍率:予想:1.28 前回:1.28
28日3月全国CPI(前年比):予想:0.0% 前回:0.3%
28日4月東京CPI(コア):予想:0.5% 前回:0.6%
28日3月住宅着件数:予想:-0.6% 前回:7.8%

【国債入札予定】
米国 前回の応札倍率  テール 前回入札日
26日 2年国債 2.58倍 4.7bp 3月28日
27日 5年国債 2.38倍 6.5bp 3月29日
28日 2年変国 3.07倍---   3月23日
29日 7年国債 2.51倍 5.3bp 3月30日

日本 前回の応札倍率 テール 前回入札日
27日 2年国債 5.014倍 2.1銭 3月25日
http://www.mof.go.jp/jgbs/auction/calendar/1604htm

データ:Bloomberg、財務省HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加