Blanc Sanglier

Blanc Sanglier(ブラン サングリエ)は、リチャード3世&薔薇戦争好きによる感想ブログです。更新は不定期。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エドワード4世の髪入り指輪@銀座ミキモト本店

2011-05-20 00:00:09 | リチャード3世(徒然語り)
 要するに、現在銀座ミキモト本店でエドワード4世の髪入り指輪が展示されてるから見てきたよ!という話です。 . . . Read more
Comments (4)

『The Sunne in Splendour』感想1-19

2010-11-23 23:02:03 | The Sunne in Splendour感想
 第1部19章――1470年12月 Amboise, France 「お父様はフランスの援助を得なければいけない。……そしてこの結婚は、その援助のためにお父様が支払わなくてはならない対価なのよ。あなたもわかっているでしょう、アン」 「『お父様が』支払わなくてはいけない対価?」  アンは不信をあらわに言った。 「私に言わせれば、対価を支払わなくてはいけないのはこの私一人よ! ランカスターと、大嫌いな男と結婚しなくてはならないのは私だわ」 . . . Read more
Comment

『時の娘』で引用されているバラッド(6月14日追記)

2010-06-14 23:41:06 | リチャード3世(徒然語り)
リチャード3世の名誉回復に貢献した、ジョセフィン・テイの名作推理小説『時の娘』。その作中で引用されているバラッドの元ネタはなんぞや?という話です。 . . . Read more
Comments (2)

『ラビリンス』(上・下)

2010-05-29 15:56:57 | 読書感想(薔薇戦争以外)
『ラビリンス』(上・下) ケイト・モス著 森嶋マリ訳 ソフトバンククリエイティブ(2006/9) ハードカバー:上巻423ページ・下巻453ページ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ . . . Read more
Comment

『ヒストリアン』(I・II)

2010-04-11 23:53:52 | 読書感想(薔薇戦争以外)
『ヒストリアン』(I・II) エリザベス・コウトヴァ著 高瀬素子訳 NHK出版(2006/2) ハードカバー:I巻493ページ・II巻497ページ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ . . . Read more
Comment

『This Time』

2010-01-23 00:23:30 | リチャード3世(小説・漫画感想)
『This Time』 by Joan Szechtman Collected Stories Basset (2009/12/22) ペーパーバック:343ページ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ . . . Read more
Comments (2)

『The Sunne in Splendour』感想1-18

2010-01-02 22:11:23 | The Sunne in Splendour感想
 第1部18章――1470年11月 Westminster  ベスは弟をじっと見つめると、幼い子供に特有の率直さで尋ねた。 「男の子が生まれても、お父様はまだ私のことを愛してくれる?」 「もちろんですよ、ベス。あなたは彼の最初の子で、それはそれだけで特別なのですから」 「お母様、この子になんて名前をつけるの?」  エリザベスは息子からアリソンへと視線を移した。 「この子の名前はエドワード……イングランドのプリンス・エドワード」 . . . Read more
Comment

『The Sunne in Splendour』感想1-17

2009-12-28 00:01:34 | The Sunne in Splendour感想
 第1部17章――1470年10月 London 「後生だから口を慎んでくれ、フランシス!」  ウィル・ポールはフランシスの腕をつかむと、彼を引っ張って急いで手近な十字路に入っていった。 「こっちだ……急げ! 君は自分の首がドローブリッジ・ゲートにさらされることになっても構わないのかもしれないが、僕は腐肉になってカラスにつつかれるのはごめんなんだ!」 . . . Read more
Comment

『スペイン女王イサベル ーその栄光と悲劇ー』

2009-12-26 22:22:56 | 読書感想(薔薇戦争以外)
『スペイン女王イサベル ーその栄光と悲劇ー』 小西章子 著 朝日文庫 (1985/03) ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ . . . Read more
Comments (2)

卒論終わった!

2009-12-24 00:31:46 | 日々徒然
 ようやく卒論が終わりました!  これでネットに復帰……と思いきや、実はいつまたもぐるかわからない状況だったりします(汗)  卒論でいろいろ調べている間に、「これ、そのうち記事書きたいな~」と思ったネタは山ほどあるのですけれど。  ちなみに卒論のテーマは、もちろんリチャード3世陛下です。  陛下が戦死したボズワースの戦いについて歌ったバラッド("The Ballad of Bosworth Fi . . . Read more
Comment