み~ちゃんブログ 2 by Mikoyuki

ロンドン パリ ローマ 京都 奈良 神戸 大阪 大好き 
「みこゆきのミーハー日記」の
継承版ブログです(^^)

米TVドラマ「ブラックリスト」の前は「ザ・カンパニー」 (2007年米)というTVドラマがめちゃ興味深かった(^ ^)

2017年07月30日 | 海外TVドラマ「ブラックリスト」

(続き)
1つの本を買おうかどうかと、インターネットで検索とかして調べたら、それの関連情報とかがでてくるわけで、ついでに、私はほかの本も買おうかなと思ったりすることがあります。

それと同じで、このTVドラマがあまりに興味深いので、いろいろ調べてたら、またいろいろ関連事項がでてきて面白いのです。つまりやっぱり、この続きかと思うようなものもあります。

米TVドラマ「ブラックリスト」の話の中に、私が前に読んで、凄く面白いと思った「ザ カンパニー」という小説の続きのような事柄が多いのです。以前の私の投稿↓も面白いですよ(^ ^)

”都会に出かけて、本を買ってきた(^ ^)”
<2013年09月13日>
「CIA  ザ・カンパニー」
ロバート リテル(著) 柏艪舎発行 
・・上下2冊の分厚い本で、まさかあるとは思わなかったけど、探してまわったら、その日のうちに見つけることができた(^ ^)
http://blog.goo.ne.jp/2miko3/d/20130913

"歴史が動く???の(続きの2)
「ザ カンパニー」という小説(^ ^)"

<2015年05月29日>
http://blog.goo.ne.jp/2miko3/e/e2ba1df4659f2e4ac7689214966d7210

・・よくわからないけど、欧米の情報機関の人って、いつも詳しい報告書を書かされるわけ?それで、中に文才のある人が現れたりすると、ヒットする小説とかになるのかな~。やめた人が後で、いろいろ書いたり、そばで見聞きしてたジャーナリストの人が書くというのもあるみたいだけどね。

で、凄く面白かったりすると、映画化やTVドラマ化される?

私が「ザ カンパニー」という分厚い小説を読むきっけかになったのも、前に、同名TVドラマを日本のTVでも放送したからだもんね。それが、めちゃ面白かったから(^ ^)

「CIA ザ・カンパニー THE COMPANY」 (2007年米)

このTVドラマ「ザ カンパニー」は旧ソレンが崩壊するくらいのところで終わってる。けど、小説の方は、もう少し続きがある。米国の大学を卒業し、米国の情報機関にうまく潜入していた旧ソレンのスパイ、暗号名「サーシャ」とその仲間は、最後には摘発されて、旧ソレンに戻るのだけど、旧ソレンが崩壊する時には米国と協力するのだ。
その辺の時に起こったのが、米TVドラマ「ブラックリスト」の中では「クルスク事件」と呼ばれている事件で、その続きはどうなったのか、私は知りたいとも思ってたので、今回米TVドラマ「ブラックリスト」の中でそれがでてきて、吃驚もしている。
ドラマの中じゃ、最初「クルスク事件」の黒幕の1人がレッドだとされて、レッドは宿敵旧ソレン国人の「ベルリン」に付け狙われる。で、誰が本当の黒幕だったのかという謎解きも、このドラマの1つのテーマ。

まぁ、いろいろありますねという感じ(^ ^;

ついでにいうと、米国の外交関係の、極東・東アジア担当に、文才のある人っていないの?とか思う。物凄い内容の小説が書けそうだけど、そんな小説はないような気がする。
あまりに(日本的には)悲惨過ぎて、書けないとか、担当者が全員韓国朝鮮系で、日本の悪口ばかり書いてるとか・・
ありえん展開が予想されもするけどね(^ ^;;;

・・・日本の外交力の弱さよ(泣

(続く)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米TVドラマ「ブラックリスト... | トップ | 第3次安倍改造内閣が発足(^... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

海外TVドラマ「ブラックリスト」」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。