第1回 讃岐杯 公式ブログ

2016年5月4日に開催予定のクイズ大会「讃岐杯」の公式ブログです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ペーパークイズの正解(三択分)

2016-05-23 22:39:03 | 問題について
先週、「ペーパークイズの正解」及び「ペーパークイズの正解(後半)」と題して、大会の一次予選として行われた「ペーパークイズ」の正解を発表したつもり
だったのですが、申し訳ありません、50問出題したうち、問題番号31から40、つまり「三者択一問題」の分、さらに「近似値問題①、②」の分の正解を掲載し忘れて
しまっていました。誠にもってすみませんでした。
以下に改めて発表いたします。


〔正解(続き)〕
31.③シンバル
32.③カーター
33.②3.66メートル
34.①渡島半島南岸及び東岸
35.②イタリア
36.②向い飛車
37.③61189
38.①柴野栗山
39.②18点
40.①第11回


【近似値①】
午後7時36分(つまり11時間59分で戻ってこれるということです!)

【近似値②】
(明治21年)12月3日


「ペーパークイズの正解発表」は以上です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペーパークイズの正解

2016-05-14 14:21:01 | 問題について
大会当日にペーパークイズの正解一覧をお渡しできなくて、正解を口頭だけで発表していたのですが、
改めてアップしておきます。

〔正解〕
1.桜田淳子                 11.「ニーベルンゲンの歌」                 21.レーキ
2.中間圏                  12.「四十七人の刺客」                   22.犬走り
3.朱鳥、しゅちょう、すちょう、あかみとり  13.ウィーン                        23.ガラビア
4.カンガルーケア              14.フィラエ                        24.主系列星
5.荒木香織                 15.佐渡産                         25.ジョン・テニエル
6.復元力                  16.川崎市                         26.佐藤天彦
7.アドニス                 17.岩井俊二、いわいしゅんじ                27.ランジェリー・フットボール
8.大西裕貴、おおにしゆうき         18.Hit by pitch、Hits batsman                  28.妙高市
9.寛解、緩解、かんかい           19. 三島由紀夫                        29.「アバター」
10.香川県                  20.ジョージ・アーノルド・エッセル、エスヘル、エッシェル、エッシャー  30.近藤誠一

〔解説〕
1.「今回一番簡単な問題」と考えていましたが、平成生まれには難しかったか、正答率は2番目の高さでした。「天地真理」という誤答が多かったです。
2.「対流圏」、「高層圏」、「大気圏」という誤答が多かったです。
3.9名の方が正解されました。予想していたより正解率が高かったです。おみそれしました。
4.今回一番正解率が高かったです。「ある動物の~」を直前に「ある有袋類の~」に変更したのが効きましたか。
5.予想外の「正解者なし」(!)しかも「田中太郎」「たなかたけし」「内田樹」「女の人」「かいふく力(←問6の答えの解答欄間違えと思われ
   る)」という解答が一人ずつであとの28人は全て空欄という、残念な問題に…。申し訳ありません。
6.「2」とこの問題が正解者10名もいるというのはあまり予想していませんでした。
7.早押しでも昔からまあまあ出される問題なので19人正解というのは妥当なところでしょうか?
8.「5」とともに予想を大きく逸れての「正解者なし」でした。「5」もこの問題も昨年後半の時事問題ですが、解答者の中にはこの大会の翌日に
   開かれた「勝抜杯」にも参加される方が何人もおられたので、対策としてチェックしている方も多いと想定していたのですが…。(予想正解率は
   2割。高ければ3割)ま、この問題は店主の名前ではなくお店の名前を問えば少なくとも1割か2割の方は正解できたかもしれませんね。
9.この問題の正解者数が15名、率にして47%というのは今回の解答者全体のレベルが高いことを示していると感じました。またメインの問題作成者で
   ある私が理系問題を苦手としているので、今回のペーパーの理系問題の難易度が若干不安でしたが、「2」、「6」、「24」、そしてこの問題と、
   まずまずの高さだったので正直「ホッと」しています。
10.この問題の正解率はさすがに事前に読めなかったのですが、10問目という微妙な出題順も影響してか素直に「香川県」と書けなかった人も何人か
   いらっしゃると思います。しかし全30問の中では多めの18人という正解者数でした。
11.「ニーベルンゲンのゆびわ」や「ニーベルングの指輪」等の誤答者が13名もおり、(それはワーグナー作の楽劇の題名)正解者はナント3名だけ。
   決して「ひっかけ」として出題した訳でもありませんし…。出題者としては3分の1の正答率は難しいとしても、8、9名くらい正解者がいると
   想定していました。
12.ま、これは「難問」として出題しました。「市川昆監督作品」よりは「池宮彰一郎原作」の方がまだ正解に近づけたかもしれませんね。やはり
   問題はよく練らなければなりません。反省です。
13.「ブダペスト」という誤答が11名もいました。ドナウ川が正確にどういった都市を流れているか知らなくても「ドイツの南の方、スイスに近い
   辺りから黒海に向けて流れている」ことだけ知っていれば、候補として挙がるのはチェコ、オーストリア、スロベニア、ハンガリー、それに
   ぎりぎりスロバキアとクロアチアの首都ぐらいでしょうか。ブカレストはさすがに黒海に近いので候補にはならないでしょう。多分多くの方が
   上記に様な考えで正解に近づこうとしていった結果が「ブダペスト」となったのでしょう。惜しい!ただ「ウィーン」が4人だけというのも
   想定より少なかったです。因みに「オーストリア」という解答がお二人いました。(「国名」を書いたのはこのお二人だけ。)設問が「首都は
   どこ?」と問うているので、国名での解答は誤答にせざるを得ませんでした。惜しかったです。付け加えると「ブリュッセル」という誤答が
   お二人、そして「ロンドン」という誤答がお一人いらっしゃいました。
14.これも「難問」として出題したので多くの方の正解は見込んでいなかったのですが、お二人の方が正解されてホッとしました。
15.「南魚沼産」という誤答が得点上位の方に若干ありましたが、そこまで「エグイ」問題を出す勇気は私にはありません。こちらが「多いだろう」と
   想定していた「下越産」という誤答は3名ほどでした。さすがに多くの方には引っかかってはくれませんでしたね。因みに「佐渡島産」という
   解答が数人いらっしゃいましたが、「産地」は「島名」ではなく「地域名」、「地方名」で表記されるので誤答としました。惜しかったです。
   あと、「越後」という誤答がお一人、さらには「ながの」、「いわて」という誤答もお一人ずついらっしゃいました。
(「後半」につづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペーパークイズの正解(後半)

2016-05-14 14:14:31 | 問題について
(承前)
16.「さいたま市」という誤答が8名と最も多かったですが、平成13年に開業した「埼玉高速鉄道(いわゆる地下鉄7号線の延伸部分)」の終点である
   「浦和美園駅」がさいたま市唯一の地下鉄駅として存在します。(駅舎もホームも線路も地上にありますが、れっきとした「地下鉄路線」で
   す。)オシイ!さらに「北九州市」という解答が4名、「千葉市」という解答が3名それぞれいらっしゃいました。どちらの市もモノレールが走り
   地下鉄はありませんが、いずれも人口は「100万人未満」です。いわゆる「百万都市」には二つとも含まれる場合もあるのでしょうが、(実際
   北九州市はかつては人口100万人以上だった)問題文では「人口が百万人以上ある都市で」と限定しているので、残念ながら誤答です。惜しい。
  あと「熊本」、「岡山」、「松山」という誤答もありましたが、3つの都市とも路面電車が充実し、地下鉄は走っていないのですが、人口が100万に
   遠く足りません。最後に「京都」という誤答もありましたが、京都市には昔は路面電車が充実し…てましたが、現在は地下鉄が走っています。
17.6~8名の正解を予想していましたが、9名とやや多い正解者数となりました。「仙台出身の映画監督」と、正解に近づく手がかりが少なかったので
  人名をひねり出せなかったせいか、「無解答」か「正解」が殆どでした。
18.「pitch」のつづりが正確でなく誤答となった方がお二人いました。あと「カタカナでの解答では正解になりえません。」と注記したにも
   拘わらず、「ボールヒット」と「ヒットボール」という解答がお一人ずついらっしゃいました。
19.「さすがに3分の1以上は正解するだろうけど半分はどうかな?」と思っていましたが、失礼しました21名(ほぼ3分の2)の方が正解されました。
   私個人では「難問ではないが、ベタでもない」という感覚を持っていましたが、ひょっとしてこれってベタなんでしょうか?
20.「クリスチャンデオール(ママ)」や「ヨーステン」という解答もありましたが、ほとんどの方は本人に直接思い当たらず、息子の方から推測され
   たようです。「ピカソ」、「ムンク」、「クリムト」のように「時代」があってたり少々ずれてたりでも「オランダ」じゃなかったり、「フェル
   メール」や「レンブラント」のように「オランダ」でも江戸時代初期のの画家の名前だったりで、なかなか正解者が出ない中、「エッシャー」で
   2名の方が正解されました。因みに最初用意していた答えは「エッセル」、「エステル」、「エッシェル」までで、「あくまで『お雇い外国人』
   である父の方」を問うているので「エッシャーでは不正解」と考えていましたが、大会直前に「問題文後半で息子のことに直接触れているので
   『エッシャー』も誤答にはできない」と考え直し、正解に含めることに事前に変更していました。
21.12名の方が正解され、「21」~「30」の「ビジュアル問題」では最も正解率が高かったです。
22.問題文中に「ある動物の名前を使って~」という一文を入れればもっと正解者は増えたと思いますが、入れなくても4割、あるいは5割くらいは
   正解するかなと思ってあえて入れませんでした。結果正解率はちょうど4分の1でした。
23.難しい問題だとは思っていましたが、「正解者なし」に終わるとは…。これからはもう少し厳しく問題選定を行いたいと思います。すみません
   でした。
24.「赤色巨星」と「白色矮星」という言葉が図に明記されているので、余裕で正解率5割を突破すると思っていましたが、これも25%でした。ただ、
   「理系問題」というくくりでは、「14」を除いた4問トータルで30%を超えましたので、僕としては大きく失敗した問題選定ではなかったと
   (自分では)考えています。(5問トータルで27.5%なので「疑問符が付く」という考えもありますが…)
25.翌日の某大会で早押し問題として出題されましたね。個人的には知識としては30年以上前から知っていましたが、あまりクイズで出題されず、
   特にここ15年、20年はほとんど聞いた記憶が無かったので出題してみました。あまり出題されないのはたまたま私の周辺だけで、クイズ界一般
   ではよく出されているのでは?という可能性も考えてはいたんですが、正解者が3名のみということで、頻繁に出題されている知識でもない
   ことがハッキリしました。が、それにしても翌日に出題されるとは。
26.「川谷絵音」という誤答を期待して作った問題だったのですが、そういう誤答は「0」でした。あれ?ただ、佐藤天彦がタイトルを取った後に
   出題したのでは面白くないし、かといって檜舞台に立つ前に出題したのでは将棋ファン以外にとっては「なんのこっちゃ?」という問題になって
   しまうので、今回の「名人戦の挑戦者になった」という絶好のチャンスだったので出題しました。
  そして「将棋のプロ棋士」ということを匂わせた画像にした方がベターなことは明らかだったのですが、かといって羽生名人の隣に立っている写真
   ではあからさますぎるし…ということで、「名人の上半身を佐藤の拡大写真で隠す」という少し訳の分からない画像になってしまい申し訳あり
   ませんでした。
  結果、正解者3名、無解答者25名という「残念な問題」に…。これなら「羽生名人」を隠す必要はなかったですね。今度からもう少し慎重に問題を
   練って出題します。
27.「セクシーフットボール」という誤答がありましたが、それは男子サッカーでの戦術的な「キャッチフレーズ」です。
  見た瞬間は「えっ、これコラ?」と思うほどインパクトのある画像なので、(ネット等で)この画像を見たことがある人はほとんどの人が正解した
   と思われます。が、正解者数10名とこちらが想定していた数よりはやや多かったです。
28.「妙高市」と書かれていながらそれを消して「十日町市」と書き直している方がお一人いました。その方は「11」も「ニーベルングの歌」を消して
   「ローランのうた」と書き直されています。両方とも残念。ただこの方は「二次予選(早押し)」で勝抜けられているので、「1回戦のコース
   選択」には全然影響は無かったワケですが。
29.ごめんなさい。これも「正解者なし」でした。画像の俳優は「サム・ワーシントン」です。その人名を問う問題にすると正解率0は目に見えている
   ので、持って回ったような設問になってしまいました。「最大のヒット作」というクイズにおいては普通ありえない限定にしたので、「映画史上
   のなかでも特に大きくヒットした作品」と気づいてくれれば、と思いましたが、そのアプローチだったのか分かりませんが、「タイタニック」と
   いう誤答が3名いらっしゃいました。監督は同じなんですけど、惜しい!(…でも画像は「レオ様」には見えませんが)
  あと、「ホームアローン」という解答も2名いらっしゃいました。「あの超有名子役は今!」という切り口も確かに考えられますが、あまりにあり
   きたりなので岩田主催の大会で出題される確率は低いです。(「0」ではありませんが)出すなら、「あの有名人はかつて子役俳優だった!」と
   いう切り口ならば岩田は大好きです。(かつて所属するサークルの例会で「中学生時代映画(それも日本の)に出演していたマーク・パンサー」
   というのは出題したことがあります。)
  結局、「Q.画像は「アバター」の主人公を演じた俳優です。名前は何というでしょう?」くらいが一番妥当だったということでしょうか?申し訳
   ありません。
30.これも「正解者なし」に終わりました。本当にすみません。「富岡製糸場」が世界遺産に認定された際に「近藤誠一」という人名はよく耳にしたと
   思いますし、多くのサークルの例会などで出題はなされたと思います。ただその時から、「誰も顔は知らないだろうな」とは思いつつビジュアル
   での出題の機会を伺っていたのですが、2年が経とうとしていて「もうそろそろ賞味期限が近い」と思って出題しました。がある意味予想通りに
   正解者数は0でした。ま、逆に「正解すればスゴイ」という問題です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御礼 及び 結果報告

2016-05-07 20:08:49 | ごあいさつ
5月4日に当大会は、無事開催されました。
参加された方、またご協力くださった方、すべての方々に厚く感謝いたします。


本当にありがとうございました。

大会の内容については、数々の至らぬ点、失礼な点があり、
決してほめられたものではなかったと思いますが、参加された皆様に
助けられ、盛り上がりつつ大会を終えることができました。
多くの反省点は、今後に生かしていきますので、何卒ご容赦ください。


それでは大会の結果を記しておきます。

 参加人数:33名
 ペーパー1位:徳久倫康(東京都)67点/100点(記述:20問、三択:7問)
 winning answer:「全粒粉」
 (小麦のふすま、胚芽、胚乳の全てを粉にしたも/ので、胚乳のみから作られる普通の
 小麦粉と比べてビタミン類、繊維質、カリウムや鉄分などのミネラルが多く残るため
 栄養価に優れ、また独特の風味があり、クッキーなどのお菓子の材料などに用いられる
 ものは何でしょう?)
 優 勝:秋田 芳巳(神奈川県)26P
 準優勝:土橋 史幸(岐阜県) 13P
 3 位:徳久 倫康(東京都) 12P


大会の今後の展開についてはまだ全くの白紙です。
私がもし何かやる気になったら、何かあるかも知れません。
(今回参加できなかったF西S平君本人に向かって、「君のために
第2回をやるから」と言ったのはここだけのナイショだ。)

追伸
大会中、ペーパーの正解一覧を配布できず、口頭だけで正解を発表していましたが、
後日このブログでもUPする予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大会概要

2016-05-06 22:51:46 | 概要
  第1回「讃岐杯」の大会概要です!

開催日:2016年5月4日(水・祝)
会場:香川県 高松市 「サンポート高松 ホール棟」6F 61会議室
主催:讃岐杯実行委員会 会場最寄り駅: JR予讃線 高松駅 徒歩2分
開場:10時30分/開始:11時/終了:17時45分(予定)
参加費:未定(決まり次第当ブログにてお知らせいたします)
予選通過枠:7割以上を目途にして、当日の参加人数により決定する方向で検討中
      (決定次第当ブログにて告知します)
問題難度:やや易~かなり難 (たまに「変」な問題が。……えっ、本当に「たまに」か?とお思いでしょうが)
コンセプト:大会委員長岩田の個人杯です。
      問題は多少「濃い」問題を用意しておりますが、形式は至ってシンプルなものを考えております。
企画内容:①全員によるペーパークイズ、②全員による早押しクイズを行った後、①②両方とも抜けられ
      なかった方々による3次予選を行い、その後1回戦である「コース別」を行います。その後はナイショ
注意事項:ペーパークイズを行いますので、当日筆記用具をご用意願います。
レギュレーション:資格の制限はありません

エントリーの受付は締め切りました。多数のエントリー、感謝します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加