山に登りたい 

あの山にも、この山にも、もっともっと登りたい!

お祝い登山・ビックリ登山

2018-02-21 20:24:05 | 福岡県の山
今日はポンちゃん企画による、山先輩「俊ちゃんの喜寿お祝い登山」です。

俊ちゃん、おめでとうございます!!
心よりお祝い申し上げます。

参加者は、俊ちゃん&信ちゃん、higeさん&mamatiasさん、ポンちゃん、風来坊さん、隊長、夫殿と私の9名です。

薬王寺温泉「偕楽荘」先の公共駐車場に車をデポして、古賀ダムからスタート。
どんな歩きになるのでしょうか。
ポンちゃん、風来坊さん、隊長に下見をしていただき、当日は信ちゃんから地図をいただいて出発です!8時15分。


「立花古道」の標識から入ります。


荒れた急登を登ります。
「距離はそう長くありませんから、大丈夫!」と風来坊さんに声をかけていただきます。


尾根に登り上がると気持ちいい~!


取り付きから30分ほどで最初のピーク。

「皆さん、三角点を探してくださーい」
「ないねー」「あった、あった~!」
枯れ草の中に埋もれていました。小さいので、四等でしょうと。


「次は山頂標識を探してくださーい」

ん???
んんん???

標識は手前の細い木に小さく掛かっていました。
何と、寝太郎山!!241m
関東に転勤された寝太郎さんは、こんなところに山を所有していたのでしょうか?

違いますね。
風来坊さんが見つけて、ポンちゃんが企画してくださった「寝太郎山!ビックリ登山」です!
寝太郎さん、お元気ですか?

寝太郎山の標識のそばに立つ信ちゃんを撮る俊ちゃん。
いつも仲良し、みんなが大好きなお二人です!


ここで、関東に転勤された寝太郎さんを想って、ポンちゃん企画。
元気でいるか~街には慣れたか~

友達できたか~寂しかないか~



あるよね~!余ってたら送ってくれ~

お天気も良く、楽しい!!
ここからアップダウンの繰り返しが続きましたが、おしゃべりも弾みました。

三市町境(古賀市・新宮町・久山町)250m


下ったり、


登ったりして


奥深立を過ぎ~263m


また登って~、大目配(スバイ山)410mに到着。11時37分。


ここでお昼ご飯です。


食後は薬王寺峠まで激下りをして、いでゆ岐れへと向かう皆さんとお別れして、私と夫殿は最短コースで下山です。


気は優しくて力持ちの風来菩薩様が先導、ラストは隊長がどんと守ってくれて、4人です。

最短なので、バシバシ下ります。
いえ、オタリオタリ下りました。


大丈夫かなーと待ってくださる菩薩様。


1時過ぎに駐車場に戻ってきました。

2時過ぎには京王山、鬼王山、富谷山~いでゆ岐れへと登った方達も下山。


今日はお天気も良く、楽しいお祝い登山・面白いビックリ登山でした。
皆様、大変お世話になりました。
ありがとうございました。











コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

今年も逢いに来ました

2018-02-17 16:01:32 | 福岡県の山
2018年2月17日(日)晴れ・風が冷たい

気になる~気になる~~。
どうしても気になる「セリバオウレン」
今年も逢いに来ました。



初めて見た時から、直ぐにひとめ惚れ。


夢中になって、追いかけて。


この愛らしさをどう例えよう。


たくさん咲いていました。
株が増えていたみたいです。


潔い立ち姿に、また見惚れる。


もうね、夢中です。


そして、
やっと、やっとのショウジョウバカマ。
もっとお顔を見せてごらん。
夫殿が喜ぶから。


今年も見ることができてよかった!!
嬉しい春への一歩です。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

別府オルレ

2018-02-14 20:22:08 | 福岡県の山
2018年2月11日(日)曇りのち晴れ

連休二日目はお天気回復!!
ですが、軟弱おとぼけトリオは山に登らず、今日もオルレを楽しみます。

「別府オルレ」
標高600mの志高湖~見晴らし展望台~愛宕神社~神楽女湖~志高湖の周回コースです。

志高湖駐車場からスタート!10時12分。森歩きからです。


標高が高いだけあって、寒い寒い~。
今日は風も強いーー。


しかし、
しかし、しかし、、
50分歩いたところで、この光景!
ここはどこ?


荒れた地の果て?


いきなりの造成地に巨大な重機。


山を切り開いて、ここに何を造るのでしょう。
なんか、切ない~~。


工事用の道が上にも下にもできていて、オルレの目印を見失いそうだった。

自然林に入りホッとします。新緑の頃なら、あるいは紅葉の季節なら、どんなにか楽しかろうに…。


展望所からの景色。
霞んでる~~。


曲がり過ぎ?
曲がり杉。


江戸時代から祀られている合棚のお地蔵様も、さむそうね。


隊長が見つけた不思議水路です!
水は左下から上に流れていて、まるで水が坂を昇っているようでした。


遠くに椿大橋


フクロウ岩とその説明カンセ。


季節が季節なら、のどかな田園風景も、今日は寂しい。




しばらく登りが続き、


愛宕神社に着きました。


樹齢500年の大杉が立ち並んでいました。
夫殿が大樹の生命力を分けて貰っています。


神楽女湖に続く広い駐車場を抜けると、




雪道です!




6月には最大1万5千株の菖蒲の花が、咲き誇る神楽女湖。
今日はなにも咲いてなくて、寂しいね。


志高湖はもうすぐ。


見えてきたー!
やっと、見えた由布岳!
白く凍っています。




鶴見岳と由布岳を眺めながら、のんびり歩きです。


並んで泳ぐカモたち。
凍ったところに行きあたると、引き返していきました。
ちゃんと一列に並んだままで。


凍った湖面の上に白鳥が立っている。
足、冷たいよね。氷が解けてビチャッて、水の中に落ちませんように。

別府オルレは季節を選ぶべきでした。
新緑の頃なら快適な歩きだと思いますが、今日は風が強く寒かった。
荒涼とした景色もありましたが、ゴール地点の志高湖は美しく、仰ぎ見る由布岳は最高でした!

今日の行程 11.4km 4時間20分。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

雨の奥豊後オルレ

2018-02-13 20:36:32 | 福岡県の山
2017年2月10日(土)一日中雨

山友さんのブログに刺激を受けて、連休は宮崎県延岡市の「可愛岳」に登りたいと思っていました。
今年の大河ドラマ「西郷どん」も面白い!
しかし、何度見ても天気予報は雨、雨、雨です。

どうしましょう。
ずっと楽しみにしていたので、中々決心がつきませんでしたが、雨は一日中降るようです。
仕方ないね。山は止めて、傘をさして歩けるオルレにしよう。

「奥豊後オルレ」は朝地駅から用作公園~普光寺磨崖仏~十川柱状節理~岡城址~豊後竹田駅。

無人の朝地駅と併設の観光案内所。


雨ですね~。スタートは9時54分。


踏切を渡ったところで、一両列車がやってきました。


田園風景を見ると、オルレだな~と思います。


案山子のそばの案内板には韓国語でも、こんにちは~。


2km近く歩いたところで、最初の見どころは「用作(ゆうじゃく)公園」
雨で冬枯れの今日ですが、500本を超すモミジ、カエデなど紅葉の名所であると十分に想像できます。


心字池、丹字池も雨なのでチラッと見るだけで先を急ぎます。


雨、雨~~。
雨の歌をたくさん歌ったせいか、ちっとも止まずに降るばかり~。


普光寺に向かう途中にはパイプからの水が凍っているところも。
二、三日前なら一面が凍っていただろうなあ。


ナズナも雨に濡れちゃって


ナンテンも


普光寺楼門。11時28分。


ここは凄かった!!
雨で霞んでいますが、二つの岩窟と磨崖仏。


本堂の横からすぐそばまで歩いていくと、不動明王が目の前に迫ってきました!


右手に剣を握った不動明王(11,4m)を真ん中に、向かって左が制多迦(せいたか)童子、右が矜羯羅(こんがら)童子。
優しそうで柔和なお顔に見えます。


窟の中に入ってみましょう。


普光寺はピアノ寺とも呼ばれ、本堂にはピアノが置いてあるそうです。
今日は雨のせいか、本堂は鍵が閉まっていて入れませんでしたが、ここにも古い電子ピアノが置いてありました。(右奥)


仏龕(ぶつがん)というのでしょうか。たくさんの仏像が安置されています。


木造の護摩堂の手前には、高さ30㎝くらいの小さな仏像がありました。


鮮やかな青色が残り、顔の表情、手の動きがインドの踊りを思わせます。


護摩堂の横を周ると、数メートルありそうな石像が長い剣を持ち、怖い顔をしています。
不謹慎な私は、腰をひねったダンシングポーズに見えましたが・・・。


窟から見える普光寺本堂。
周辺には3000本ものアジサイが植えられ、紫陽花寺とも呼ばれるそうです。
ピアノ寺、紫陽花寺、どちらも綺麗な呼び名ですね。


窟を下りて、右に入る小道があったので、行ってみると~
「呆け忘れ地蔵三尊」
三人とも、深~~く、しっかり頭を下げてお参りしました。
どうか、効き目がありますように―――!!


磨崖仏茶屋(休憩所)のベンチでお昼を済ませ、次はスタートから7km地点の十川柱状節理へ向かいます。


十川柱状節理



普光寺で時間をとったので、急ぎ足で岡城址へ。




岡城址(工事中でした)


遊歩道脇に四等三角点


家老職屋敷跡の石垣
お城だけあって、敷地は広~~い。


二の丸跡には「荒城の月」の滝廉太郎の像。
夫殿の若いころによく似てる~!


雨がひどい振りになってきました。
歴史を紐解きながら、ゆっくり見て回りたいところですが、帰り道を急ぐことにしました。

近戸門跡。門扉の轍と思われる曲線。


雨で滑らないように気をつけて。
ジグザグの激下りが続きます。(下った先は立ち入り禁止となっていました。はて???)


豊後竹田は手掘りのトンネルを多く見かけました。町のあちこち穴が開いているので、「レンコン町」とも言われるそうです。


竹田城下町を通り抜け、




滝廉太郎記念館へは寄らずに、豊後竹田駅に戻ってきました。15時13分。


あー、楽しかった!!14.5km 5時間20分。
一日中雨でしたが、十分に楽しめました。
田舎道や歴史を辿らせてくれるオルレの歩きは、発見が多く楽しい。
何といっても、普光寺の磨崖仏と岩窟が圧巻でした。


翌日は「別府オルレ」
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

急登往復、きつかった!

2018-02-05 20:28:23 | 往還の会
2017年2月4日(日)曇り風強し

朝6時に起きて外を見ると、雪が積もっている!
今日の往還の会の作業は中止かもしれない。
そう思いながら、そわそわスマホを眺めるも、一向に作業中止の連絡など入りません。

うぬ。
皆さん、やる気。

小笠木峠は凍っているだろうから、野芥回りで集合場所の野河内アジサイ植栽地へ。
(小笠木峠から来たTさんによると、スリップした車が田んぼに落ちていたそうです)

おおうー!
これを尾根の上にあげるのか~~。9時過ぎに作業開始。


往還の会では、去年7月に曲渕小学校の生徒さんとアジサイ挿し木・8月に鉢上げの出前ワークショップをしてきました。
それ以後、生徒さんたちは苗を大切に育て、3月1日に授業の一環として野河内で「アジサイ植樹祭」を行います。

植える場所は鉄塔尾根の登山口から、急登を登り上がった尾根。
この急登、結構きついです。
小学生が鉢を抱えて上がるのは大変だし、危なかったりするので、前もって上げておきましょう。

しかし~~
ざっと、鉢の数150くらい?
6人で?(後半から7人)
何往復する??


私は鉢2個ずつをやっと7往復でしたが、皆さんは10往復以上。


一度に6鉢も抱えて~


島田さんは背中に6鉢、腕に2鉢。


両腕がきっと痛いでしょうに。何せ、尾根まで急登です。
でも皆さん、笑顔です!


鉢ばかりではありません。
竹杭も上げなくちゃです。350本。


YTさんは大きな声で歌いながら上がっていきました。
この道は長いけど~、歩きながら行こう~、石ころだらけでも、歌いながら行こう~
山は、山は、山は~~こころのふるさとよ~、山は、山は、やまは~、みんなのふるさとよ~
私、歌でも負けています。

竹杭50本の束はとんでもない重さです。20キロくらいありそうです。

れ、れれれー。
竹杭2束を島田さんが担ぎ上げようとしています。


写真を撮る私は楽ですが、あの重さは足に、腰に、堪えるに違いありません。


寒風吹き荒れて、雪も時々ちらつく中で、きつい急登を往復です。
でも、楽しい。足は重いけど、心は弾んで笑顔で運び上げました。


終盤はさすがに疲れて、ノロノロ歩きとなりましたが、鉢も竹杭も尾根に上げ終わるとホッとしました。


やれやれと下りて来たら、「鬼が来たよー!」


一日遅れの節分です。
登山口に向かって「福はーうちー!」と豆を投げました。
この地に良い春が来ますように。


Y邸庭で、さあ、お昼ご飯ですよー!!
熱々が嬉しく、いつも美味しい!!


毎回の楽しみです。


午後からは竹の先端を尖らせます。
Tさんが頑張ってくださっていたので、残りは少しになっていました。


竹の先を鋸でとがらせるのですが…できない。
一本削るのに時間がかかる。
何故か皆さんに笑われながら、やっと、できました。(私の完成は2本だけ)


ちびっ子も頑張ったねー!


作業は午後1時半頃に終わりました。
今日は重い鉢を抱えて、風雪厳しい中、急登の往復を連続して、きつかったです。
(もちろん私以外の人はもっと、もっと、きつかったのですが。)
でもいつもなぜか楽しい。皆さん笑顔です。
(時々、この連中どうなってるんだろう?と思う)ギャハハ――。

植樹に向けて、作業はまだあります。
植える穴掘り、子ども達にとって厳しい場所のロープ張り~。
ハーフーー、
それが終わってもきっとまた新たな作業があるに違いない…。(アジサイ保管場所にはまだ何百もの鉢が…)
ということは…。
ハーフーー。


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加