山に登りたい 

あの山にも、この山にも、もっともっと登りたい!

大佐野山~牛頸山(周回)

2017-03-21 20:40:41 | 福岡県の山
2017年3月19日(日)晴れ

打ち上げの夜は静かに更けていきました。
下で寝ている男性軍の大いびきで眠れないかもしれない、と思っていたのですが~~
そんなことはなく、静かな夜でした。(自分がすぐに寝たからかな)

朝を迎え、おはようございます!!
今日はhigeさん&mamatiasさん、ポンちゃん、、隊長、じゅんパ&けいこたんの6名で大佐野山~牛頸山を周回します。
昨夜寂しくお家で留守番をしていたエルちゃんも一緒です。


大佐野山入り口から9時16分スタートです。
この登山口の標識は見たことがあるものの、ここから歩いたことがありません。(牛頸山女神失格その1)


直ぐにこんなことをする。(女神失格その2)


大佐野山


朝の光の中を歩くのは気持ちいいですね。


山口越分岐は、天拝山と牛頸山との分岐点です。


実はこの後、コースを間違えました。(女神失格その3)
しかも間違いに気づいてくれたのはこの山系が初めてのポンちゃんです。
とほほー、うっかりでした。ごめんなさい。

後戻りして、標識を見直して、黒金山。


ハートの鉄塔を過ぎると、


お待たせしたhigeさん達とも出会いました。
「この山の読み方は?」とニコニコhigeさんの問いに答えられません。(女神失格その4)

正解は「みしまちきょうかいやま」でした。

牛頸山山頂に着きました!
霞んでいて眺めはよくありませんでしたが、やはり気持ちいい。


昼食を済ませて下山です。

今日、ポンちゃんに見つけて貰った花達。
シュンランは蕾が顔を出しています。


コクラン 葉っぱの形を覚えなくちゃですね。


サイハイラン。よく見ると、一枚だけの葉には黄斑が入っています。


え?私、側にいなくて聞いてない~~。
この葉の形、何だったのでしょう?→キッコウハグマでした!
名前を聞いた聞いた夫殿、忘れたって~~(女神失格その4)


ミヤマウズラの花後 夏過ぎにはまた花が咲くでしょうか。


どれも自分では見つけられませんでした。(女神失格その5)
花をつけるそれぞれの季節に見に来たいなあ。

キャンプ場の横まで出てくると~


日ざしを受けた土筆が並んでいました。




水辺公園で、ダム湖の周りを歩いて登山口まで行く皆さんにさようならです。


二日間共に、大変お世話になりました。
皆さんと一緒で楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。

本日失格事項多く、「牛頸山の女神」返上です。
もっとしっかり歩いてみなくちゃですね。
花咲く季節が楽しみです。

おまけ
野河内を覗いてみました。
作業は終わっていましたが、紫陽花の新しい葉を確認することができました。
真っすぐに、大きく育ってほしい、アジサイちゃん。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

岩屋神社・峰入り打ち上げ

2017-03-21 20:35:31 | 福岡県の山
2017年3月18日(土)快晴

今夜は大野城いこいの森キャンプ場で「峰入り古道」を一緒に歩いた皆さんと打ち上げです。
昨年、宝満山から英彦山までの修験者の道を全て歩いたのです。途中車道歩きだったところも全て藪漕ぎや尾根歩きでつながりました。
今日、こうした打ち上げができるのも、念入りな計画、調査をしていただいたポンちゃんのおかげですね。
お誘いいただいたこと、改めて感謝いたします。

午前中には岩屋神社のゲンカイツツジを見に行きます。
ゲンカイツツジ、咲いていてほしいな。

筑前岩屋駅。


一両だけの列車がやってきました。


8時30分に集合して、岩屋神社へ行くのは信ちゃん&俊ちゃん、higeさん&mamatiasさん、隊長、けいこたん&じゅんパパの7名です。
私達は初めてやってきました。


案内板には奇岩が立ち並ぶ様子が図説されています。


エルちゃんと一緒に行ってみましょう。


ゲンカイツツジは~~。
やっと咲き始めたばかり。

満開の頃には首なし地蔵・五百羅漢の奥に美しく咲くそうです。


大公孫樹と大ツバキ


大輪の大ツバキは真紅の花びらの中に黄色い花芯が鮮やかです。


岩屋の洞門をくぐって


見上げるとたくさんのお地蔵様たち(左上が修復中の岩屋本殿)


信ちゃんやhigeさんに案内してもらって


岩の上に立つと


東峰村の棚田の向こうには、峰入り四日目に歩いた切石峠のVラインが見えました。


烏帽子岩


へっぴりご披露その1


その2


その3


熊野神社


よくこんな断崖にお社を建てたものです。


鶯窟 
ホーホケキョ(法華経)と泣く鶯の名前を撮ったものでしょうとの説明がありました。


あちこちにこうした窟があり、修行が行われていたのですね。


奥の院


お地蔵様たちは色とりどりの前掛けをつけてもらって、優しい雰囲気に。


石像を見つめ、祈るように写真を撮るmamatiasさん。素敵!


大日社


下から見るばかりでなく、ちょっと上がってこの角度から見ると、凄いですね!!


一歩足を踏み入れただけで静寂の世界に入り込み、歩きも楽しく面白い時間でした。
案内していただき、ありがとうございました。
いつかまた、満開のゲンカイツツジを見に行きたい。

ちょっとお邪魔させていただいてサンシュユ。


それはそれは愛らしいミスミソウも見てきました。


こんにちは。


たくさん咲いていましたね。


ほんのり頬染めたのも


淡い色はピンクというより薄桃色。


何度眺めても見飽きることがありませんでした。

さて、夕暮れからは大野城いこいの森キャンプ場で打ち上げです。
higeさんに予約などお世話していただきました。ありがとうございます。


リヤカーで荷物を運んで


15番ロッジ「だいもんじそう」


ポンちゃん、風来坊さん、いーさんも一緒に大賑わいとなりました。

higeさんmamatiasさんによる絶品鍋は、一昼夜かけて丸ごと煮込まれた鶏とお野菜がたっぷり。


他にも信ちゃんの熱々ギョーザ、ポンちゃんのふんわり出し巻き卵焼きなど、まだまだ一品料理はたくさん並びました。
風来坊さんは珍しい高級な日本酒。
夫殿は喜んでhigeさん持参のものと飲み比べ、飲み進んでいたようです。
ビール、ワイン、酎ハイなどアルコール類もたくさん、たくさん。

多才な皆さんの、多彩なご馳走はみんなみんなおいしくてお腹いっぱい!


楽しい楽しい一日でした。
皆さん、大変お世話になり、ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
ずっと、もっと、よろしくお願いいたします。   




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

井原山

2017-03-15 22:11:38 | 福岡県の山
2017年3月12日(日)

前日はアジサイ植樹祭でしたが、お天気いいし、まだ元気が残っていたので今日は井原山へ。
野河内急登尾根~井原山~水無~林道のコースです。
ホソバナコバイモ、見たいのです。


「こちらのコースを先日知ったから~」という女性に会いました。
少しずつ知られているのですね。

丸太に座って一息入れましょう。


登り始めだけでなく、結構急なアップダウンの繰り返しが続きますが、今日は弱音を吐きません。


こんなクマザサの道になると井原山はもう近いのかと思えば、まだまだ~~

尾根道は左側が杉の植林、右は自然林です。

3時間かかってやっと山頂。
人が多くにぎやかです。


お昼ご飯を食べたら、水無へ下りていきましょう!


ずらりとキツネノカミソリが葉を出していました。緑がピッカピカ。


もう、お楽しみの時間です。
大きく息を吸いながら、キョロキョロ~、早く歩いたりしたらもったいない。
ゆっくり、のんびり~、きょろきょろりん。

コチャルメルソウ


ヤマネコノメソウ


可愛いユリワサビはたくさん


見たいのは、会いたいのは、
ホソバナコバイモ
あるかな、見つかるかな~

ありました!!


嬉しくって~双子ちゃん


三つ子ちゃんも


これは美しい!!


別嬪さんです。


どんどん楽しくなって、どんどん足は進まなくなって~
フキノトウ


きょろり、のろりと水無道の歩きを楽しみました。

さて、長い林道を歩かなければなりませんが、この背中は「林道でもお花を見つけるぞ」の決意です。


スミレ


この辺りに〜山桜 → ナガバモミジイチゴのようです。
咲き始めていました!


カキドオシ


コショウノキを見つけたのは夫殿。




あったよーっ!咲いてる!!


ツクシショウジョウバカマは、夫殿の好きなお花です。


最後はサツマイナモリ。


良かったー!
お花を見つけることができ、たっぷり遊んで満足、満足の一日でした。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

2017アジサイ植樹祭

2017-03-13 20:13:14 | 福岡県の山
2017年3月11日(土) 快晴

いよいよアジサイ植樹祭です!

昨年6月に、ワークショップで我が家のアジサイの枝から挿し木を作り、8月には培養土に鉢上げし、自宅に持ち帰って育ててきた苗を、いよいよ野河内の整備地に植樹します。
自宅の紫陽花だけでなく、800本ものアジサイ苗が一年かけて今日の出番を待っていました。    

今日の日を迎えるために、2015年12月から尾根道の整備、さらに登山口周辺の伐採・草刈りを繰り返してアジサイ植樹地の整備がされてきました。
日々コツコツと地味で大変な作業だったことと思います。

お天気も良く、9時に野河内無料駐車場にて、開会式です。
島田さんの挨拶と植樹の際の注意事項を聞きます。

福岡想山会・ラブフォレスト曲渕・水源林ボランティアの会・平群倶楽部・曲渕小学校の生徒さんと先生・地域自治会・脊振の自然を愛する会~その他個人の参加で今日はにぎやかです。
JcomTVも取材に来ていました。

植樹地に移動して早速作業開始です。




既に掘ってある穴へ挿し木を植えたり。


新たに穴を掘ったり。


一刀両断の凄い兵器で力強く穴を掘る人も。


苗を植えた後はピンクの紐を結び付けて、「ここに苗を植えましたよ」の目印をつけていきます。


多くの人の手で斜面に次々と穴が掘られ、苗が植えていかれます。


植栽後、竹杭に結び付けられたピンクの紐が風に揺れます。

2,3年後には、これがみんな美しく咲き乱れるアジサイの花に変わるのです。
いいですね!

午前の作業が終わり、駐車場へと戻りお昼ご飯です。
皆さんが集まっているのはーー。


猪鍋のお振舞いです!!
前日に仕留めた若い猪ということで、臭みもなく柔らかく、うんまい!!
地元のお野菜もたっぷり!これは栄養満点ですね。


お赤飯までいただきおなか一杯!!
Yさん、手作りのご馳走をいつもありがとうございます。


陽だまりでのんびり休憩して


午後からは国道の斜面に植えました。




今日一番の島田さんの笑顔。


昨年4月に「丸太を担いだおじさん」に出会ってから、多くのことを体験させていただきました。
ワークショップや、ハイキング、少しばかりのお手伝いも楽しく、アジサイの植樹は2年後、3年後さらにその先へと夢が広がり、楽しみでなりません。
「隧道を抜けて、宝さがしにおいでよ! 水源の里曲渕・野河内」にはこれから先も魅力がたくさん!
ほんの少しですが、これからもお手伝いさせてください。

野の花も咲いていたよ!
キケマン


シロバナタンポポ


コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

セリバオウレン

2017-03-06 20:35:30 | 福岡県の山
2017年3月5日(日)晴れ

午後から天拝山の麓をぐじゃぐじゃ散歩しました。
歩いてみると知らなかった道が、あっちこっちにつながっていて面白い。

そして、見たかったセリバオウレン!
たくさん咲いていました。


白い小人さんたちの行進です。


少し腰をひねって誘惑するお姉さんも。


え? 驚いて、色染めて。


純白はこの上ない清楚を表して。


白い小人たちのおしゃべりが聞こえるようです。


切ない想いをあの人に告げましょう。


夕暮れの風は冷たくなりましたが、春の訪れを感じる瞬間でした。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加