みぃたろのおいしい水

1日1日を大切に。

春休み

2018-03-25 | 長男、長女、次女

 

 

春休みといえど、小6女子に進学した長女は

うんざりしながら、春期講習の日々・・・

 

成果は実り、ここ一番の最高得点を叩きだした模試結果

やったら、やった分、自分に返ってくる喜びを得たようで

それはそれで、大きな収穫のある日々だったのかな

 

ご褒美として、どこに行きたい?何がしたい?

と尋ねると、即答

「ボウリングをやりたい

なるほど、思いっきり投げたいのですね

ストレス発散には、もってこい

わっかりやしたー

 

 

 

 

めっちゃ、楽しそうに投げております

続く次女あーさんも、結構慣れてきた様子

 

 

 

 

 

しかし、あーさんはそれよりも大きな出来事が

ここで、この場所で、初めてできるようになりました

それは、ボウリングシューズ

 

 

 

 

今まで、靴紐をきれいに結ぶことができなかったけど

このボウリングシューズで、一人黙々と練習して

きれいに結べるようになりました

これで、ひも靴へのステップアップができます

おめでとさん。

 

一番上の長男トーは、友人同士でボウリング行ってるから

俺、絶対点数高いから、と豪語していたわりに

後ろにボウルが飛んでくるんじゃないかって思うほど

怖い投げ方で、ボウルが宙を舞う時間が長いながい

・・・心臓に悪い

しかも、終盤でようやく

「これ、カーリングみたいに置きに行けばいいんじゃね?」

と、静かにストレートに飛ばすことを覚えたらしく

フォームをガラッと変えたら、ストライク続出

早めに、気付いておくれ

 

何はともあれ、3人とも楽しそうな1日でよかった

ストレス発散に、少しでも繋がってくれればいいですが

私は、というと

・・・体力のなさを痛感しました

2ゲームも、もう投げられません

体を鍛えなければ

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ステップアップ

2018-03-10 | 家族

 

 

本日、主人がキリのいい数字でお誕生日迎え

しかも、土曜日なもんだから

これは、夜は家族皆でどこか食べに行こう

あわよくば、夕食は作らずにすむか??

なんて、甘い考え密かにもくろんでいたら・・・

そう簡単には、お話すすみませんよね

 

数日前に、子どもたちの誕生日と同じように

きちんと、食べたいものリクエスト頂きました

ちゃっかりしてんなぁ

 

で、はたまたケーキのご要望は、苦手なやーつ

シフォンケーキ

(敢えての薄字)

そうなの、そうなのですよ

なんでかどうしてか、ものすごく頑張っても

丁寧に気持ちこめても、裏腹なシフォンケーキさま

・・・どんより暗くなっちゃうくらい、毎回失敗続き

そのうち、シフォンケーキは買ってしまえ

という鉄則まで、作りそうなほどの苦手分野

 

がしかし、今回はもしかしたら、という原因に注目して

今までは、そんなわけないよ、とか、これのせいではない、とか

耳と目をふさいできたものを、変えてみることにしました。

そう、ケーキ型を新品のものへ変更です

これで、頑張ります

 

1時間後・・・

 

 

 

 

感動です、感激です

ふんわりと、上がったのであります

シュワシュワ言ってくれてます

嬉しすぎて、小躍りしちゃうほど

 

数時間後・・・

 

 

 

 

ちょっとだけ、しぼんでしまいましたが完成

ただですね、この後に少し焦りながらカットしたので

きれいな見た目ではなくなってしまい、写真はここまで

味はと申しますと、ふっわふわしゅわー

今までで一番おいしく出来上がり、主人からは

「一人で、ワンホール行けちゃうくらいだよ

お褒めの言葉もいただき、感無量です

 

シフォンケーキを作ります、とようやく言えます

これは、本当に嬉しいステップアップです

 

 

 

 

子どもたち、思い思いのプレゼントをお小遣いで買い

嬉しそうに、渡しておりました

お誕生日おめでとうございます

これからも、末永く宜しくお願い致します。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自由な解釈

2018-03-01 | 次女

 

 

クリスマスと誕生日が続けざまに来る人

頂いたおもちゃで遊ぶ時間も、長くゆっくり楽しめるらしく

今でも毎日、色々なおもちゃをとっかえひっかえ

一人で、黙々と遊んでおります

 

 

 

 

最近のおもちゃは、進化が目覚ましい

このお人形さんは、色々な髪形を試せることも魅力ですが

意外にも昔のゴワゴワな髪じゃなくて、人の髪の毛に

少しだけ、近づいた感覚になっているのが素晴らしい

そして、髪の色も温度によって変わります

だから、ヘアカラー疑似体験までも出来てしまいます

確実に、進化してますね

 

おもちゃで遊び倒した後は、お手伝いも手を抜きません

・・・でも、この状況だと手を抜かないというよりも

足を抜かない・・・って、言葉はありませんね

 

 

 

 

いつの間にか、できることが増えていてびっくり

いつから、モップをきちんと絞れるようになったのか。

 

そんなあーさん

宿題では、国語力が不安なことになっています

 

 

 

 

たとえばこの中から、国の名前になるもの、音の鳴るもの

人の名前、などなど分類していく簡単な作業において

国の名前のところに、しっかりと力強く

 

ピーター

 

と書いてあった時には、なかなかのドン引きでした

めっちゃ感じよさそうな外国人が、手振ってるじゃないかい

なぜ、それをひとくくりで国と思ったか

 

はたまた、とある副詞のお勉強タイム 

・すごすご

・ひょっこり

など、様々な副詞が並んでいたのですが

下の文章に、適当なものを入れなさい

の文章に

 

「試合に負けて、ひょっこり 帰っていく」

「窓から、すごすご 顔を出す」

 

・・・堂々と入れ間違えるあーさん

試合に負けて、ひょっこり帰るってどんな状態?

「だから、ひょっこりひょっこり帰っていくんだよ

2回付けちゃったよ、この人

ひょっこりひょっこり・・・

なるほどね

なんだか、あーさんに力説されると

もうそれでもいいかもしれない、と思い始めます

 

「だから、ママはあーには甘いんだよっ

「そんなんだから、ダメダメなんだよ

上の兄さん姉さんから即、怒号が飛び交います。

はい、気を付けます。

あーさん、頑張って覚えていきましょ。

 

 

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

流行り言葉

2018-02-20 | 長男

 

 

長男の帰りが遅かったり、長女の帰りが遅かったり

お風呂に入る順番が、だんだんと変わり始めたのは

いつの頃からだったかな、ここ1年ですか。

 

それでも、主人が最後まで待って

お風呂掃除をしてくれるのですが、最後に入った人は

掃除しやすいように、お湯を捨てておくという約束を

すぐ忘れてしまう、ホントさすがな長男

 

しかし、ある日の夜のこと

「めっちゃいい方法で、2段お湯捨て開発したから

これで、お湯がすごい早くなくなる

意気揚々と、お風呂から上がってきました

見に行くと、なんとも斬新な物体が

 

 

 

 

ずっと前から、お風呂の中で遊べるように、と置いてあった

がしかし、そろそろ飽きられてる灯油などを入れるポンプさま

見事な使われ方をしており、確かにまさかの2段お湯捨て

こういう頭の回転は、速いタイプなのです

 

そんなハチャメチャ長男、中学生になったからか

流行り言葉を使い始め、母はだんだんとついていけません

 

まずは、「マジ卍

使い方は、多種多様だそうでどんな時もお好みでという

けど、主人とか私が使ってみると、

「そういうときには、言わないから

・・・しれーと、拒否されます

うーん、難しい

 

次に、あーさんがトーに遊んでもらいたくて

かなり強引に付きまとったりすると、遊んでくれる時もあれば

軽くあしらわれる時もあれば、完璧に嫌がられる時もあります

その完璧に嫌がられ時に、言い放った一言

「ホント、お前さーカマチョだよな」

 

え・・・

なになに、そのガウチョパンツ系のファッション風なお言葉

もう全然わからん、どういう意味さ

とよくよく聞いてみたら、構ってちょうだいな人のことだそう

あー、なるほど

かまってちょうだい、うんうん確かに。

っておい、略し過ぎだろっ

 

あと、もっと応用いった言葉

これは、もうなるほど、と脱帽したお言葉です。

 

ブーメラン刺さってるよ

・・・これだけ聞くと、え?刺さってないし

なんか、腹立つわーと思うのです。

 

この言葉の意味は

相手に何か攻撃したり非難したことが、実は自分に跳ね返って

形勢が悪くなったり、自分の立場が悪くなっちゃった人

のことを、あの人ブーメラン刺さってるね、とか

直にその人に言うならば、ブーメラン刺さってるよ

って言うらしい。

 

あー、確かにブーメラン自分の元に返ってきますもんね

そういうことでね、なるほどね

なんだか、発想がすごすぎます

 

まだまだあった気がするけど、今回はその一部でございます

流行り言葉は、常に進化しますね

でも、いつの日かその言葉も死語となるのかな。

昔、私が使ってた流行り言葉はもう存在しなさそうです

今はトーの時代の流行り言葉を、ちょいと楽しみます。

 

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタイン

2018-02-14 | 長女

 

 

バレンタイン、今年は中学生になって初

というトーですが、さぁ果たしてもらえるのだろうか

・・・と淡い期待をしたものの、

「もらうわけないじゃん

の冷たい一言で片づけられてしまいました、終了

つまらん、つまらん男じゃ

 

よく考えたらば

平日の水曜日だし、チョコとか作る時間なかったし

今年は友チョコもスルーでいいかー、と軽く言ってみたら

長女に、ものすごい悲しい目で見つめられました

・・・そうですよね

そりゃ、ないっすよね

はい、頑張りましょう

 

 

 

 

一度は失敗、二度目で成功

上に、パリパリ食感のコーティングを施したガトーショコラ

 

 

 

 

無事に、完成しました

そしてそして、なかなかの出来栄え

誰にも褒められないものだから、自画自賛

 

1年に一度、バレンタインに仲間へ配り歩くという風習も

だいぶ慣れてきましたが、なんでしょうね。

毎年、書いてる気がしますが

男子には一切、あげないのにチョコ作り頑張る。

そして女子の評価は、それぞれとっても厳しい。

 

なんだか、大変な世界でございます

が今年も、無事に終わってめでたしめでたし

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加