de JK8PBO アマチュア無線通信士です。えっ?!

へっぽこ通信士の日記などなど。

2022 疑似アース板の小細工

2022年05月26日 19時57分02秒 | 日記

以前、記事にしました疑似アース板について、それなりに改良してみたレポートです。

HV4が、まぁまぁ、ぼちぼち使えるようになりました。ちゅうか、そもそも無知で、大間違いのようでした。
はずかし~~(〃ノωノ)
アマチュア無線技士なら、当然持ち合わせている知識でしょうが、わたしゃアマチュア無線通信士なもので(;^_^A
学ぶは、真似るからの派生らしいので、まず、見様見真似、聞き様聞き真似で、えいや!ってなわけでして。(^_^;)

要は、車の金属部に密着していなければならないらしく、A4版のままでは、屋根の凹凸で
空間が出来てしまって、OUTだったようです。
通常、アンテナ基台のアースは、車体金属に接触させ、電気的に導通させるのですが、
ここでは、あくまで疑似だから、関係ないと思っており、より多くの面積があれば良しと勘違いしていました。

と言う訳で、凹部にぴったり合うように両端切断し、幅120㎜にして貼り付けて、測定したところ
なんとなんと、SWRの指針が振り切れっ マンボ!!(-_-;)
当然といえば当然で、どれどれとばかりに共振点を探ると、低い周波数側にはみ出ていました。ほっ、良かった。。。
NETで落としてきた取説通り、目的周波数めがけて、クリッパでプチプチ、結果、ベーリグー!!心配して損した。
HV4は、40m →  7.022MHz → 1.2
     15m → 21.050MHz → 1.0
     10m → 28.060MHz → 1.1
エレメントのイモネジ緩めて引き出せば、周波数は当然下げる事が出来るから、もうちと切っておいても良いのかも。

お次は、某工房製の80m&160mモビホを測定すると、希望にちかい値で共振する事が判明。
これまた、良かった良かった。^^
特に160mは、コンテスト周波数が1.8MHz帯に変更になっていたので、購入当時の切断したELでは、短い!!
予備に2本購入していた、真物のELでばっちり、1.814付近でSWR1.2でした。
ちなみに、80mは → 3.514MHz → SWR1.3でした。が、しかし
これは、あくまでアンテナアナライザでの話で、実際にパワー出してみないと、分からないのですわ。(^_^;)

気になったのが、80m&160mのアンテナで、作者が、やたらアースについて力説されていたので
こんな、なんちゃってうそぴょんアースで、本当にいいのだろうか心配なんです。
試験電波出しても、時間がまだ早かったせいか、0QSO。電波飛んでるんだべか??

ということで、ここまでのお話は、5月18日の事でした。

続いて、運用編を少し。
先日、5月21日に余市郡仁木町へ移動した時に使いました。^^前出記事見てください。
電波出したのは、40mですが、CONDXが死んでて、だめ、0QSO
共振周波数もかなり下、やはりパワー出して測らないとダメなのか、真っ先に建てた、9mポールの干渉なのか
試験時の周波数より、かなり低く出ました。あらら~~^^;
次に、15m、これもず~~と下の方、21.006付近だったかな、共振してました。く~~~(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
その付近でRUNすると、こんな下にもかかわらず、30局ほどから呼ばれて、やれやれです。
呼ばれたという事は、お相手に聞こえているという事なのだから、そこそこ電波が出ている事が確認できました。
10mはやってません。
今度は、ポールを建てないで、やってみようかと。(o^―^o)ニコ

気になっていた、80m&160mのアンテナですが、80mで試すと、周波数は変わらずで、SWRが
瞬間的に、2.0位まで跳ね上がるも、1~2秒ほどで1.3まで落ちてくる現象でした。
なんか、電荷が蓄積されると落ちてくるようなイメージです。
某メーカー製MATの取説にもある通り、ここは、面積が少ないのかもしれません。
疑似板を貼った場所の関係かもしれないし、よーわからんです。

てなわけで怖いので、使うの止めました。まだまだ、改良の余地ありですね。
ひょっとして、そもそもだめなのかもしれない。。。(-ω-;)ウーン

 

自家製 MAT33(さんざん^^;)

アマチュアらしいことやってみました。(^_^;)

 

マグネットシート

アルミテープ貼付

8D編組貼付

粘着テープ貼付

これを、芯割W120にカットして使用

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022 余市郡仁木町移動

2022年05月23日 19時41分03秒 | コンテスト

誠にどうもすいませんでした。m(__)m

今回の移動運用の予定を、事前にUPするのをすっかり忘れておりました。

 

5月21日から、22日にかけて、仁木町で運用しました。

朝の内、小樽市内で用事を消化し、余市まわりで移動地へ、天気は、ぼちぼち

ここには、何度も来ているので様子は知ってましたが、トンネルが出来たせいで

交通量も少なく、「寂しいところ化」しておりまして、なるほど獣には

塩梅良くなっているのが、すぐに分かりました。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 

今回のミッションは、いつもお世話になっている、OM方々と仁木町と交信成立させる事。

結構あっさり、ミッション終了してから、よせば良いものを、

HV4は、いかほどとばかりに15mでRUNすると、これが、プチパイル状態に。^^;

このちっちゃなアンテナで、よくも飛んでくれるものだと感心。。

これが、1300JSTから1400JST頃の話で、途切れた瞬間6mにQSYしました。

で、お待ちかねの6mスケジュール、1エリアのQRPのOM局と多少バトルが有りましたが

3モードQSO成功し、無事ミッション終了。

あとは、ガンガンRUNするのみ。(*^_^*)

コンテストも、下記の3つに嘴をはさみながら、340Q。

開き具合は、レートグラフの通りで、2時間足らずで1DAY AJD達成!!

十分、楽しませていただきました。

交信くださった各局ありがとうございました。

 

HV4(40m、15m)

 

レートグラフ

QSOデータの分析(バンド毎モード別QSO数)
    Band    CW Phone  RTTY   PSK   FT4   FT8  etc.   Sum                  
   21MHz    34     0     0     0     0     0     0    34                  
   50MHz    66   209    15     0     0     0     0   290                  
     Sum   100   209    15     0     0     0     0   324                  
                                                                          
QSOデータの分析(バンド毎エリア別QSO数)
    Band     1     2     3     4     5     6     7     8     9     0   Sum
   21MHz    15     6     5     1     1     0     3     0     1     2    34
   50MHz    80    42    54    29    15    41     3     6     6    14   290
     Sum    95    48    59    30    16    41     6     6     7    16   324

 

こんな感じで、遊んでます。

 

オール山口 VU コンテスト

 

オール群馬コンテスト

 

十勝クラブコンテスト

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022 アンテナ調整&JA3 VHFコンテストへの足跡。。。

2022年05月15日 18時21分50秒 | 日記

出先を書くの忘れてました^^; 石狩郡当別町でした。^^

今日は、アンテナ調整してきました。

まずは、私のメインバンドである6m八木の、ラディックスRY66Aです。

3年前まで、普通に使っていたものなのですが、寝かせている間に

どうにかなった模様で、今年になって、だましだまし使用していました。が、しかし

どーも納得行かないので、大昔、倒してぐちゃぐちゃにした、同じ型のアンテナから外した

給電部を交換して、どうなるか見てみました。

結果は、おんなじで相変らず、VSが高い!!コンテスト規定のSSB帯で1.5。

f0はどこかなと探ると、50.000MHzより下で測定不能。

コネクタのコンタクトは、異常なしだったので、取説に書いている通りの手順で

ショートバーを10㎜内側へスライドさせて、測定すると、やや上がってきた模様

再度、10㎜(合計20㎜)スライドさせると、50.185付近で、VS1.2!!

おお、いい具合かな、まっ、こんなもんでしょと、確定させて、やれやれでした^^

お次は、HFだ~~。難儀やな~~。(^_^;)

WEBで見かけた、疑似アース板自作記事のマネをして、A4判MGシートで作ってみました。

160m&80mモービルホイップと、40m&15m&10mのモービルホイップを

テストしましたが、まるでダメ(-_-;)もっと、電線長くしたら行けるかも

というのは、短くして逆効果だったので、単純にそう思うだけです。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

気を取り直し、今度は、普段使っている3バンドINVに、10mバンドを増やそうと

15mの既存EL(IV)を切断!が、しかし、大間違い。(´Д`)ハァ…

IVは、持参して行ってましたが、もーもーもー、やる気うせて、帰ってきました。(-_-;)

 

途中、6m八木の調子を見る為、丁度開いていたので、JA3 VHFコンテストに、足跡を残してきました。^^

交信くださった、各局ありがとうございました。

撤収し終わって、車を走らせると、数分で雨が、バラバラ~~。ラッキー^^

上空は、風強いのかな??

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022 静岡コンテスト参加

2022年05月11日 22時30分18秒 | コンテスト

いやいや^^;

すっかり抜け落ちてました、静岡コンテストの報告

GW中は、CONDXさほどUPせず、残念な結果となってしまいました。

交信くださった各局ありがとうございました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022 津軽海峡コンテスト

2022年05月09日 08時14分42秒 | コンテスト

津軽海峡コンテストに、山越郡長万部町(01071A)から参加させていただきました。

6mのCONDXは、思うようには開かず、交信数的には残念でしたが

GWで岩手県八幡平市と交信出来たので、楽しませていただきました。

 

時が経つと6mも暇すぎて、144FMで声をだすと、たくさんの方が呼んでくださり

これまた、普段では交信出来ない地元(渡島桧山)各局と交信する事が出来

楽しませていただきました。

中でも、岩手県久慈市と、山向こう日本海の離島奥尻町と交信出来たのには、驚きました。

こちらのアンテナは、車のハンガーに付けた、モビホNR-22Lでした。

恐るべし22L(威力は十分知ってましたが。^^)

交信くださった各局ありがとうございました。

 

移動風景 後ろは牧場

 

牛が興味津々^^

コンテスト前のHF運用

Band 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 Sum
7MHz 21 6 12 3 1 1 6 6 0 4 60
14MHz 2 3 1 0 0 1 0 0 0 0 7
Sum 23 9 13 3 1 2 6 6 0 4 67
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする