美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会

沖縄県は日本全体の0.6%の面積。そこに在日米軍基地の74%がある。負担軽減の名の下に更に今新基地建設が進められている。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

8月8日に亡くなった翁長雄志知事の「思い」の一端がわかるインタビュー

2018-08-16 08:43:05 | 全般
TBSラジオ 荒川強啓デイキャッチ(2018.08.13.)ボイスのコーナーで、
ジャーナリスト青木理さんが3年前(2015)の翁長知事インタビューを振り返って翁長さんの人となりなどお話しをしていました。
保守本流といわれる翁長さんが、なぜ安倍政権と対峙し、辺野古基地建設反対を訴え続けたか、その思いを知ることができます。
以下ざっくりとした書き起こしで、青木さんの感想と翁長さんの言葉が混ざって少々読みづらいですが、読んでみてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・一番思い出深く、重くて考えさせられる、且つ励まされるインタビューだった。

・翁長さんは変わったんじゃないかと言われた。沖縄の名門政治一家で那覇市長もされて、一時期は自民党沖縄県連の会長も務められた。つまり筋金入りの保守派の政治家だったじゃないかと。にもかかわらず、いまはいわゆる野党と米軍基地反対をしている。
しかし翁長さんは、「私は変わっていない、変わったのは本土の政治家の方だ。」「私は最近の本土の政治を見ていて2回切れたことがある。それが辺野古移設反対を掲げて知事選で闘おうと思ったきっかけだった。1つは沖縄戦での集団自決について、旧日本軍の命令があったというのを歴史教科書から消そうとする動きが2006-2007年にあった、あれは祖父などから聞いてもどう考えても本当のことなのに、なぜそれを教科書から削るのか、許せなかった。」 その時沖縄では大反対の声が起こり、10万人の大集会があった。それに出ながら、翁長さんは、「一体今の本土の政治は何なんだ、という思いをものすごく強くした。」と言う。もう一つは、2013年翁長さんが知事になったあと、サンフランシスコ講和条約が結ばれた日(4/28)を今の政権が、天皇皇后を招いて「主権回復の日」として祝典を開いた。その日は沖縄にとっては、アメリカ軍の支配下に入った「屈辱の日」なのに、その日を選んで、わざわざ記念日にして祝典を開くなど、沖縄のことを知っている人なら絶対に考えられないような振る舞いだった、この2つで翁長さんは切れちゃったというんです。つまり、翁長さんが変わったんじゃなくて、本土の政治が変わった。

・沖縄は先の大戦で本土の捨て石にされ、4人に1人が亡くなるような犠牲を強いられた。その後も切り捨てられて27年も米軍統治を受け、その後も今現在70%の米軍基地を抱えている。それについて、「考えてみてください。沖縄が本土に甘えてるんですか?本土が沖縄に甘えているんですか」とおっしゃっている。

・「日本は戦後、民主主義の国になった、それから高度経済成長もした、というけれど、日本ではある種マッカーサーから与えられた民主主義を謳歌していたけれど、その間沖縄では県民が、自分たちの人権を守る、こどもたちの将来を守る、自治権獲得のために、本当に血を流すような努力をしてきたんだと。だから私達の心の中にはこんな思いが湧いちゃうんです。日本国にあれだけつくして、そしてあの27年間、米軍統治の27年間は何だったのか。日本は戦後、これは自民党政権がほとんど担ったんですけど、私達は戦死者を一人も出していません、平和の日本を造り上げてきました、高度経済成長もやってきました、とおっしゃるけれども、沖縄の側から見ると、それが出来てきたのは、27年間も沖縄に米軍を預けて、ベトナム戦争ではB52がそこから毎日飛び立って行って、枯葉剤から何からまだ残っている状況の沖縄をベースにしながら、それをやってたんじゃないかという思いが消えないんだ。」

・かつての自民党政権ていうのも沖縄に基地を押し付けていたというのでは変わらないんですよ。それは歴代政権がずっと70%の米軍基地と言うのを押し付けてきたんだけれども、しかしある種の情と言うかある種の沖縄に対する理解と言うか、沖縄の歴史に対する知識とか、沖縄の苦しみに対する思いやりとかがあったと。たとえば、野中広務さんもそうだし山中貞則さん、小渕敬三さんもそうだし、梶山静六さんなどの名前を上げられて、野中先生などは基地問題の話をされるときには、「翁長君、済まん、申し訳ない、と言って一介の県議にすぎない私に頭も下げる。」あるいは彼(翁長さん)が一番びっくりしたのは後藤田正晴だったという。
後藤田さんが引退した89歳ころの話だったんだけども、15分くらいの予定でお話しをする機会があったんだけど、ところが1時間を超える対応をしてくれた。この中で後藤田さんがふと「おらはな、沖縄にはいかんことにしてるんだ」と言う。翁長さんは、これは沖縄が後藤田さんに失礼なことでもしたかと問いただしたら「沖縄県民に申し訳なくて、顔を見きれんのだよ」と言った。後藤田氏は戦前は内務省に入って、戦後は警察庁でずっと警察官僚としてずっとのして行った人ですけれども、戦争のことを知ってるんですよね、沖縄を切り捨てて地上戦をやったということを知っている。
だからかつての自民党の政治家の人たちって言うのは、大枠でいうと沖縄に基地を押し付けているという構図は変わらなかったし、沖縄にとってはそういう意味では同じなんだけれども、しかし少なくとも沖縄の苦しみというものを知っていると。それからたとえば基地にせよ、経済振興策にせよ、何にせよ、やってやってるって言うのじゃなくてむしろ申し訳ないという思いを胸に抱きながらやっていたと。
ところが、翁長さんは、今の政権に対する憤りなんですよ。つまり教科書から沖縄戦の集団自決の軍の関与を削るというのも第1次安倍政権ですし、それから主権回復の日と言うのも第2次安倍政権なんですよ。翁長さんは「沖縄一県にこれだけ負担を押し付けておいて、押えこんでおいて、『日本を取り戻す』とか『美しい国』とかそういう所に僕は政権の一番の根本的な矛盾があるのじゃないかと思っている。」と。
こう話してくるとなんとなくわかるでしょう、つまり翁長さんが変わったんじゃなくて、やっぱり本土の政権の方が変わっちゃった。

・励まされたというのは、沖縄に基地を押し付けている負担感とか罪悪感がある、そういうのは政権も僕らも変わらないと思う、そういう話を翁長さんにした。そうしたら、この言葉に甘えちゃいけないんだけれども、翁長さんは、「日本という国のあり方をどうやって変えるかというときに、沖縄側から変えるというようなものがないと日本という国はもう変わらないんじゃないかと思っている。その象徴的なものとして、辺野古に新基地を作らせないという政治のおおきな変革の原点を作れば、沖縄のためにもなるし、そして日本国のためにもなるんじゃないかと思っているんだ。」
辺野古に基地を作らせないというのは、彼の沖縄県民としての、沖縄の指導者としての思いなんだけれども、
ここからは日本の政治、日本の政権の問題点というものを変えるきっかけを生み出したいんだというのが、翁長さんの思いだったんだとするのならば、僕らは遠慮なく、この問題にもっとコミットして行くべき、もちろんの沖縄のことも考えなくちゃいけないって言う意味で言うと、いろいろ複雑だが、沖縄のことをもっと積極的に考える契機にするというのが、大切なことだと思わされた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


12月12日・13日 院内集会お知らせ~「山城裁判を知ろう」と「辺野古の工事、いまどうなっている?」

2017-12-11 22:38:14 | 辺野古

--------------------------------------------------
【1】《集会》 山城裁判を知ろう!
~山城博治さんが語る沖縄の現状とこれから~(12/12)

【2】《集会・政府交渉》 辺野古の工事、いまどうなっている?
~北上田毅さん、山城博治さんを迎えて~(12/13)

--------------------------------------------------

【1】山城裁判を知ろう!
12月4日に検察の論告求刑、12月20日に弁護側の最終弁論、3月14日に判決という
日程の中、山城博治さんご本人を東京に迎え、事件に対する思いや決意、日米両
政府が行っている歴史的な差別についてのお話しをおききします。法律的、歴史
的な観点からの発言や、支援する文化人や市民団体からの応援メッセージもいた
だく予定です。無罪判決を東京からも連帯して勝ち取っていく集会にしたいと思
いますので、お誘いあわせの上、多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

日時:2017年12月12日(火)17:00~19:00(16:30開場)
※16:30からロビーにて通行証を配布します。
場所:参議院議員会館講堂
報告・リレートーク
・山城博治さん(沖縄平和運動センター議長)
・金高望さん(弁護士)※スカイプなどで発言
・森川恭剛さん(刑法・琉球大学教授)
・落合恵子さん(作家)
・佐高信(作家)
・鎌田慧さん(ルポライター)
・藤本康成さん(平和フォーラム
※ほかにも国会議員のみなさんが発言予定
申込不要
資料代:500円
定員:250名
主催:市民と議員の実行委員会
問い合わせ:福島みずほ事務所
e-mail: mizuho-office@jca.apc.org
TEL: 03-6550-1111 FAX: 03-6551-1111

【2】《集会・政府交渉》辺野古の工事、いまどうなっている?~北上田毅さん、山城博治さんを迎えて(12/13)

沖縄県民の強い反対にもかかわらず強行されている辺野古新基地建設事業。
11月13日、沖縄本島最北端の国頭村奥港から、辺野古への石材海上搬送がはじまりました。
また、防衛局が工事を強行しているすぐ近くでは、環境省の「レッドリスト」に掲載されている絶滅危惧種のオキナワハマサンゴなどが見つかっています。
このたび、北上田毅さん(沖縄平和市民連絡会)、山城博治さん(沖縄平和運動センター)をお迎えし、市民集会と防衛省との交渉を行います。どなたでも参加できます。
ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください。
日時  2017年12月13日(水)13:00~14:50 集会
             15:00~16:30 防衛省交渉
※12:30~13:00 ロビーにて通行証配布
会場  参議院議員会館 101 (東京メトロ永田町駅 1番出口すぐ)
内容
1.現在の工事の状況について
2.石材の海上搬送と奥港・本部港の使用について
3.大浦湾の活断層について
4.市民らが告発した違法ダンプトラック問題について
5.海上警備業務の過大積算に関する会計検査院の指摘について
発言  山城博治さん(沖縄平和運動センター)
北上田 毅さん(沖縄平和市民連絡会/抗議船船長)
資料代 500円
主催 美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会、FoE Japan
申し込み  不要
問い合わせ FoE Japan   Tel:03-6909-5983 E-mail:henokotakaengo@gmail.com

『それってホントに共謀罪?~ホントは怖い「共謀罪」』リーフレット作りました

2017-03-19 22:36:28 | 悪法撃退アクション
『テロ等組織犯罪準備罪』(組織犯罪処罰法改定案)という名で出されている、本当は「共謀罪」の名前を変えたものを安倍政権は通したがっています。
その中身をわかりやすくまとめたリーフを、「戦争しないさせない市民の会」「ピース・ニュース」と一緒に作りました。
以下がその内容です。A3判裏表で片面に下の2ページずつ印刷し、折ってA5サイズにしています。








このリーフは1部30円程度のカンパでおわけできますので、ご希望の方はFAXで、03-5225-7214までご連絡ください



辺野古および高江の現状-住民のお話を聞く会-(3/16)

2017-03-15 00:47:37 | 集会・イベント案内

辺野古および高江の現状-住民のお話を聞く会-(3/16)


さんしんの日、辺野古ゲート前にて


 辺野古・大浦湾では、新基地建設工事が再開され、フロートの設置や巨大コンクリートブロックの投下、海底ボーリング調査などが進められています。連日、キャンプ・シュワブのゲート前では市民による座り込みが、海上ではカヌーと支援船による抗議行動が続けられています。
  高江・安波では、北部訓練場の部分返還後もオスプレイ用ヘリパッドや歩行訓練ルートは完了しておらずせず、現在も工事が継続されています。住民たちは、昼夜とも工事用ゲート前で抗議行動、監視活動を続けています。
  今回、私たち環境団体は、辺野古と高江で抗議行動を続ける県民や住民の方々をお迎えし、現地の状況についてお話しをうかがい、共同声明を発表して、さらに力強く運動を進めていくために、緊急の市民集会を開催します。 皆さまのご参加を心からお願いいたします。



◆日時:2017年3月16日(木)18:30~20:30 (開場18:00)
◆会場:文京区民センター3A(東京都文京区本郷4丁目15−14:都営三田線春日駅上)
◆内容:
・辺野古からの訴え…宮城ちえ さん(辺野古カヌーチーム)
・高江からの訴え… 伊佐育子さん、安次嶺雪音さん(ヘリパッドいらない住民の会)
・環境団体声明
◆参加費:500円
◆主催:辺野古・高江を守ろう!NGOネットワーク
◇構成団体(五十音順):アーユス仏教国際協力ネットワーク/APLA/沖縄環境ネットワーク/沖縄・生物多様性市民ネットワーク/沖縄のための日米市民ネットワーク(JUCON)/環境市民/公共事業改革市民会議/国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)/国際環境NGO グリーンピース・ジャパン/ジュゴン保護キャンペーンセンタ/美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会/ピース・ニュース/ピースボート/辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ/ラムサール・ネットワーク日本 
◆申し込み不要 直接会場にお越しください。
◆問い合わせFoE Japan   Tel:03-6909-5983 E-mail:henokotakaengo@gmail.com

2016.12.19.オスプレイ墜落/高江ヘリパッド建設をめぐる政府交渉の防衛省の回答

2016-12-22 18:56:12 | 集会報告
12月19日にオスプレイ墜落/高江ヘリパッド建設をめぐる政府交渉を行いました。
当初この防衛省との交渉を設定したときは、高江のヘリパッド工事に関してと辺野古の新基地建設に関しての話で調整したいたところ、13日にオスプレイが名護市安部の海岸近くに墜落。もう一機も普天間飛行場で胴体着陸するという事故がありました。そこで、この件についても急きょ盛り込むことになったため、質問の数も多くなりました。
しかし、事前に防衛省には質問通告をしていたにもかかわらず、どの質問についても、およそまともな回答が返ってこず、何度聞きなおしても、担当者は全く回答を変えず『繰り返しになりますが』を連発。わざと質問を曲解もしくは、完全に無視しているようにしか聞こえない回答でした。(当日の回答に関して、筆者はどの回答も酷いものと思いましたが、とくにびっくりしたというかあきれたのが、「4.別のオスプレイ1機が13日夜、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)で胴体着陸をしている。今回の名護市での墜落事故、そして普天間での胴体着陸について、それぞれ何時何分に生じた事故であり、防衛省は何日何時何分に、米軍から連絡を受けたのか」という質問に対する回答でした。事前に通告しているにもかかわらず、「今手元に資料がないのでわからない」とこの墜落事故を一元的に扱っている担当官僚が答えたのです。いくらなんでもここまで人をなめた話はないと思いました、国会議員も沖縄からわざわざ上京してきている市民も同席しているのにもかかわらず、です)
結局いくつかの質問(当日追加で出された関連質問についても)に関しては文書での回答を求め、翌日には出してもらうように要請しました。
本日その回答が、19日の交渉の設定をして下さった福島みずほ参議院議員の事務所を通じて、届きました。
以下をご覧ください。