【甘露雨響宴】 The idle ultimate weapon

 かんろあめひびきわたるうたげ 自作涅槃長編活劇[100禁]

KEITH【6】世話好き8001

2009-12-02 | 4-0 KEITH




 KEITH【6】 


「 ...それがどう繋がる?」

「船には...1番目を凹としよう、2番目の下に付きたがるのを凸と
 する。3番目はどっちつかずだから今はどうでもいい。凹と凸は
 引合う関係。合致するからな?ナール圏では凹は凸を求め、凸は
 凹を求める。恋人と言おうが愛ではなく自利のため。慈善や善行
 と言おうが慈愛ではなく自利のため。にな。依存と共依存、双方
 合意双方利得。引力で求める相手がいないと自分が成り立たない
 恋人結婚、組織や企業の上下、医者と患者、買売...何にしてもな
 凹同士凸同士では合体出来なくて上手く行かない」

「そうだな」

「この船は凹しか乗せない。凸がいると凹の手間取られる。商売で
 言ったら売り手だけ病院で言ったら医者だけ。船の中は凸の世話
 はしない。だから船に乗れたお前は凹だろ」

「それで80000所帯が上手く回る?それでは上手く行かない
 だろう?船長が凹でシータたちクルーが凸じゃないのか?」

「解りやすく譬えただけだ。その前に俺たちはナールじゃない
 って海賊だから捕まったら地上ミ・ロアかって言うと、違う」

「 ...え」

「っと喋りすぎだ。俺たちのことは訊くな。自分だけ考えナ」

「待てよ、じゃあ、何だ?」

「今のお前に話したって意味通じない
 お前の知っているどれでもないから」

「どれでも...ない?」

「話が通じる は双方で同知識同脳共有、ではじめて通じる」

「 ...ああ」

「俺がお前の全く知らない話をしたとしよう、お前は途端に自分の
 知る範囲内の〔どれか〕を探りはじめる。そこに なかった と
 しても〔どれか〕の中の〔どこか〕に無理矢理に当嵌めて納得し
 ようとする。余裕あったら自分の知ってるものとの違いでも発見
 しようとするかな?で、俺の話は全くその〔どれか〕のどれにも
 当て嵌まらない。なのにお前たちは自分の知る中の〔どれか〕に
 無理矢理収めようとする。それを愚考愚行と言う。それでは誤解
 するだけだし、大いなる間違いの吸収 にしかならない」

「 ...新しいものの吸収とは違うのか?」

「新しいものではない。理解には経験という年月時間が要る。尤も
 俺たちはミ・ロアのお前たちにその話をしようとは思ってない」

「何故?」

「お前たちには必要ないからだ」

「 ...そうか」

シータの言うその話自体が、膨大で大袈裟な気もする。
が、首を突っ込んでは足元も見失いそうだと気づいた。

...不服あったが、納得した。

シータは表情を和らげて笑い、ノブに手を掛けた。

「だからこの船には世話好きが80000と船長がひとり。その80001は
 ナールで言うなら凹、と言うだけだ。んで、他の5人のミ・ロア
 も凹。あいつらはここに長いから、そうそう遣り合わないと思う
 が、お前ら気性の根は同じ...気をつけろ。遣り合って殺されても
 殺しても...まで至っても俺たちはミ・ロアには関与しない。死人
 が出たら宇宙に葬るだけだ」

「 ...わかった」

リアルな現実の話の方は理解した。

そして、その扉はシータによって開けられた。






シータが扉を開けて部屋に入ったとき、ふわっといい香。

それに気づいて扉周辺を見上げると、シータが笑った。

「さすが、あの組織のエリートだなあ、微かな匂いなのに」

「 ...これは何だ?それに、」

それに何かシャワーの後のようなさっぱりとした清清しさ...。

「フツウは気づかないよ、この程度では」

「 ...何かしたのか?俺に。扉にシカケが?」

「扉の上から汚れや疲労をリセットする光線が出ている
 光じゃないが、説明面倒臭いからクリアと言っている」

「クリア...?」

「兎角、この扉を入るも出るも抜けただけで風呂入りましたの状態
 汗も汚れもクリア。トイレも不要。わざわざ水浴びしたきゃ部屋
 にあるシャワー使え。病気になるウィルスに感染してたらそれも
 リセット。しかし、その人が病気でいる必要あるときはクリアは
 機能してくれない、病気でいろってことだ」

「何で?それ... 」

「知らん、船長も知らん。この船はそういうことになってる。優雅
 に風呂入る時間もない。病気なんて贅沢だ?ってこと。要は健康
 酷使しろってことだよ、あはは」

「 ...そんなことが...船のどの扉も?」






KEITHもくじ KEITH【7】につづく。





コメント   この記事についてブログを書く
« KEITH【5】人間には3種ある | トップ | KEITH【7】厨房シゴト »

コメントを投稿