機械加工屋です。

精密機械加工業をやってます。
記録簿的なことをグダグダ書いてみます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新規設備と今後の課題

2017-12-24 15:46:57 | お仕事
2017年も年の瀬になりました。

EMOの内容を書こうと思いましたが、やめときます。

加工業に携わっていて現状の仕事に満足していない、疑問を持っている人は行ったほうがいいです。

私も、その一人でした。

ここ数年は、受注も好調で業績も悪くはありませんでした。

それも、景気の良さにうまく乗れただけです。

うまく乗れただけではあのクソみたいなド不景気が来たら、またしんどい思いをするだけ。

そう考えながら今後の方向性を模索してきました。

日本の製造業が世界一を言われながらも、生産性が低いのはなぜか。

生産性が低いから、零細企業は利益率が上げられない。

景気に左右されやすいこの商売。どうにか底堅くしたい。

そんな疑問を持ちながらEMOに行きました。ただ機械が見たかっただけではないです。

自分の目で感じて実感しました。

そして、方向性も固まりました。よかったです。

疑問を持っている方は是非、海外の展示会を見に行くことをすすめます。


そして、もう当分機械を買わないと思っていましたが

注文しました。

10月発注で3月納入ですから、今時の納期としては早くしていただいたと思います。

3月に牧野フライス D300 が納入されます。




主な仕様としては、2パレット仕様 ATC60本 HSK2万回転主軸 0.05μスケールフィードバック です。

これで、3タイプの5軸加工機が揃いました。

単発、超特急対応時に段取り時間が早い NMV5000
中型ワークの少量多品種運転可能な a61nx-5E
手のひらサイズのワーク、微細サイズの加工ワーク対応の D300

で、更なる短納期の高精度な試作加工により特化していきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« EMOショーに行ってきた | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お仕事」カテゴリの最新記事