るるぴんの高等遊民日記

高等遊民を目指し日々努力する姿の記録。微妙に虚飾が混じります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

朝青龍の引退について

2010年02月15日 | 雑記
朝青龍が引退しました。とても残念です。まだまだ現役でいてほしかった。
私はとにかく協会がよくないと思います。たとえ有罪判決で収監されたって、本人が出所後の土俵復帰を希望するなら、5年でも6年でも休職扱いにして待っていてやるのが本当でしょう。まして今回は立件すらされていないのに。
朝青龍に限らず、力士の不祥事に対し協会が独自の処分を下すのは、私的制裁とか人民裁判の類に他ならないと思います。

2009年の不労所得

2010年02月15日 | 雑記
2009年の不労所得は集計していません。今後は気がついたら大金になっていたということを楽しみにしていくつもりです。

2008年の不労所得

2010年02月15日 | 不労所得
2008年の不労所得は端数切捨てで300万円ちょうどでした。

10月の不労所得

2008年11月07日 | 不労所得
10月の不労所得は12万円です。

9月の不労所得

2008年10月27日 | 不労所得
9月の不労所得は15万円です。

川崎昌平は高等遊民です

2008年09月05日 | 高等遊民
久しぶりに「高等遊民」をgooブログ限定で検索しました。そうしてあるブログが目に留まり、紹介されていた本を購入してみました。

「若者はなぜ正社員になれないのか」(川崎昌平 ちくま新書)

本書の内容については上記ブログを見てください。
川崎氏は東京芸術大学を卒業した26才の若者で、本書を入れてすでに3冊の本を書いています。しかもそれぞれ一定の話題を集めたようですので、相当な実力者なのでしょう。
本文を読んでいる限り、読者は就職活動に奮闘する川崎氏を応援するでしょうし、感情移入もできると思います。しかし後書きを読むと一挙に失望させられます。川崎氏は、この本を書くためだけに多くの会社の入社試験を潜入取材したにすぎないということがわかるからです。
で、なぜ川崎氏が高等遊民なのかというと、大学院卒業後の2年間、特に何もせず、ただフラフラとすごしていたという本人の弁、随所に見られる衒学的な表現、極めて優秀なのであろうと思われる多くの友人達との会話、これからも無職を貫くという宣言などが理由です。
「我輩は猫である」に美学者迷亭が登場します。川崎氏こそ現代の迷亭だと思いました。専攻も同じですし。

8月の不労所得

2008年09月04日 | 不労所得
8月の不労所得は24万円です。

7月の不労所得

2008年09月04日 | 不労所得
7月の不労所得は11万円です。

6月の不労所得

2008年09月04日 | 不労所得
6月の不労所得は18万円です。

5月の不労所得

2008年06月01日 | 不労所得
5月の不労所得は10万円です。感謝感謝。
(ちょっと強がり言っています)

4月の不労所得

2008年06月01日 | 不労所得
4月の不労所得は13万円です。
前年同月で比べると悲しくなってしまいますが、あくまでも不労所得なのですから、どんなに少なくてもありがたいと思わなくては。

3月の不労所得

2008年04月27日 | 不労所得
3月の不労所得は52万円(と端数)です。
ドル債が40万弱、駐車場が10万弱、その他が数万という内訳です。
うれしいのはやはり駐車場ですね。私は性根が下賎ですし、極端な吝嗇家でもありますので、10万弱もあれば一月の小遣いとしてはもう十分です。ありがたや。

2月の不労所得

2008年03月10日 | 不労所得
2月の不労所得は9万円です。
昨年の2月は13万でしたから大幅減額となりました。私個人の今年の不景気を暗示しているようです。

1月の不労所得

2008年03月09日 | 不労所得
1月の不労所得は16万円です。
おそらく今年の不労所得は昨年よりかなり低くなると思われます。理由は円高です。私は外債を多く買っています。円高は直接私の財布に響くのです。

2007年の不労所得

2008年01月17日 | 不労所得
2007年の不労所得は551万円です。
昨年に比べて倍以上になり、ブログを続ける意欲がなくなるほど嬉しいことでした。
内訳をほんの少し明かしますと、世界資源株ファンドが三分の一強、インド株ファンドが四分の一弱、その他のファンドが四分の一強、残りは各種外債、配当金、駐車場の家賃収入です。
なお売買収入は不労所得に算入していませんが、こちらは四捨五入して千万円です。

どうか2008年も潤沢な不労所得がありますように。