科学絵本

国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータたちが楽しい科学絵本を企画&ご紹介します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

かこさとしさん ふるさと絵本館

2018-05-08 19:47:54 | 旅行

 

こんにちは、科学絵本分科会のkakoです。

 

昨日、絵本作家のかこさとしさんの訃報がありました。

だるまちゃんシリーズやからすのパンやさんなどの楽しい絵本から、星座や地球、宇宙といった科学絵本まで、様々なジャンルの絵本を書かれていたかこさん。

私も小さいころから大好きでした。

 

かこさんが亡くなられた3日後、訃報が発表される2日前の5月5日。

折しも私は福井県越前市にある「かこさとし ふるさと絵本館 砳(らく)」を訪ねていました。

 

絵本館の外からすでに広がるめくるめくだるまちゃん&からすさんワールド。

だるまちゃんとおともだちが描かれた車と空飛ぶからすさん。

 

ちょっとした遊具もあったり。

 

だるまちゃんとてんぐちゃんの1ページのレリーフの傍らにヤツデが植えられていたり。

 

そして中に入るとだるまちゃん、てんぐちゃん、かみなりちゃんがお出迎え!

この3次元化、かなりクオリティ高いです。

 

中の原画は写真撮影禁止でしたが、幼少期にこの町で過ごされたんだなぁと思いながら見ると

端々に故郷の景色が描かれているような気がしました。

 

昨年オープンした隣の武生中央公園ももかこさとしさんの世界観にあふれていました。

太陽系をデザインした広場。

 

他にも、だるまちゃん顔はめパネル、からすの飛ぶ小道、だるまちゃんのけんけんぱゾーンなどなど。

公園のいろんなアイディアはかこさんご提案のものだそうです。

 

素敵だなぁさすがだなぁ。

いつかお会いしてみたいなぁ。

 

そんなことを思っていました。

 

今回、連休でかこさとしさんの絵本館に行こう!と思い立ったのは4月末。

なにか虫の知らせがあったのかもしれません。

 

 

小さい頃の私はだるまちゃんシリーズはもちろん読んでいましたが、同時に科学絵本も楽しんで読んでいました。

ある時、あれっ、だるまちゃんの人とほしのほんの人、同じ人だ!と気づいた感動は今でも覚えています。

「かこさとし」さんというお名前も、自分の名前と似ていて認識しやすかったのかもしれません。

 

最後に、私が小さいころよく読んでいた本もご紹介しようと思います。

ふゆのほし (偕成社, 1985年)

四季あるほしのえほんシリーズはなぜか冬だけ我が家にありました。

小さい頃は眼鏡をかけていなかったので夜空を見ても星を認識できなかったのですが、遠い星の世界にわくわくしていました。

 

地球 (福音館書店, 1975年)

じめんのすぐ下の世界から、地球の奥深くまでを描いた絵本。

身近なものの先に壮大な世界が広がっていることや、細かく描かれた数字のはてしなさが楽しかったです。

 

かわ (福音館書店, 1966年)

川の上流から下流まで、自然のうつりかわりと人々の暮らしを描いた絵本。

小さい頃は自分のまわりだけがその世界の全てなのに、つながった先の世界を想像できる素敵な絵本でした。

 

 

私事になりますが、満天の星空を見てみたくて中学・高校と天文部に入りました。

きれいな星が見える地球を守りたいなと思って環境問題を勉強できる大学に進学しました。

そして水環境の汚染を調べるために、今も川の水をよく取りに行っています。

 

あれれ、全部つながってる⁇

そう思ったら、私を構成する要素の源は、かこさんなのかもしれません。

 

これまで育ててくれてありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。

コメント

あついあつい ひ

2017-07-29 21:41:56 | 本のご紹介

 

こんにちは、科学絵本分科会のほろ酔い1号です。

 

梅雨明けした地域も増えてきて、いよいよ夏本番ですね!

むわっとした重い空気、抜けるような青空と、にょきにょきの入道雲。

今日はそんな季節にぴったりの絵本をご紹介します 

タイトルもずばり、「あついあつい ひ」。

 

ある暑い日に、突然降り出した大雨と、

その雨を楽しむ生き物の姿が描かれています。

 

私が面白いなと思ったのは、絵の表現です。

鉛筆と水彩絵の具で描かれたようなシンプルな絵ですが、

虫眼鏡で拡大して、ハイスピードカメラで撮影したような表現で

地面に叩きつける雨粒の勢いや、カエルやミミズの踊るような喜びがとてもリアルに描かれています。

地面スレスレの目線で描かれた世界からは、今にも土のにおいがしてきそうです。

 

そういえば子供の頃、雨上がりに公園の花壇の下を覗いては、カタツムリやミミズを探していたことを思い出しました。

 

これからの季節は突然の夕立も多いですが、普段とは違う生き物たちの姿を想像してみると、

そんな夕立も楽しめるかもしれません

雨が上がったら、普段は隠れている生き物を探しに出かけるのも面白そうですね!

 

   

あついあつい ひ

佼成出版社 2002年発行

作・絵: しのづかゆみこ

対象:雨の日のお散歩が楽しめるようになった子ども〜大人まで

コメント

絵本作家・宮西達也さんと恐竜の世界

2017-05-22 14:14:35 | イベント

こんにちは。はるです。

先日、名古屋市科学館特別展「恐竜の大移動」のイベントに参加してきました!

内容が・・・

 

絵本作家・宮西達也さんと恐竜の世界

 

 

個人的に大好きな作家さんなので、行く前から興奮は2倍!

 

宮西達也さんは「ティラノサウルスシリーズ」でご存知の方も多いかと思います。

わたしは「ウルトラマンシリーズ」が大好きです!

 

会場はもちろん親子が多かったのですが、

おなじみのティラノサウルスのパペットを持っているお子さんがいてびっくり!

何アレ、かわいい。わたしも欲しい!

 

さて、イベントが始まり、宮西達也さんが登場!

パワーポイントで自己紹介から始めましたが・・・

子どもたちの爆笑が止まらない!!!

話は割とリズムよくポンポン進んで行くのですが、

ずーっと子どもたちがゲラゲラと笑っていて、とても面白い空間でした。

 

例えば宮西さんのお住まいの話をするとき。

「おじさんは富士山がよく見えるところに住んでいます。」と、

おうちから撮ったであろう、富士山の写真を出しました。

「どのくらいよく見えるかというと、これくらいです!」というと、

富士山からひょっこりと宮西さんの顔写真が出てきました。

ただそれだけのことなのですが、宮西さんの一言ひとことに

子どもたちがずっと声をあげて笑っていました。

小さい子どもにとってどういうこと・ものが、面白い・楽しいのかというのを、

うま~く掴んでいるのだなぁと感じました。

しかしながら、時々大人も笑えるような(ブラック)ジョークも織り込んでいて、

本当に親子で楽しめるトークイベントでした。

 

自己紹介や最近お出かけした場所のお話が終わると、宮西さんの絵本の読み聞かせタイムです。

今回読んでくれたのは、この3冊でした!

 

おかあさん だいすきだよ

 

おまえ うまそうだな

 

ドロドロドロンキーとゆうすいくん

 

 

読み聞かせと言っても、ただの読み聞かせではありませんでした。

1つめの「おかあさん だいすきだよ」は、今回の特別展担当の名古屋市科学館の学芸員さんが、

2つめと3つめの「おまえ うまそうだな」と「ドロドロドロンキーとゆうすいくん」は、

会場にいた宮西さんのお友達の方が、それぞれ登壇して、

宮西さんと二人で役を分けて読み聞かせをしてくれました!

 

科学館の学芸員さんは、「お母さんの役だから、お母さんっぽく読んでください!」と

宮西さんにリクエストされ、終始裏声でセリフを読んでいました。

しかしその裏声を、宮西さんが「変ですねー」や「気持ち悪いですね~」と、

ツッコミを入れていて、またまた子どもたちは大爆笑。

「読み聞かせ」と言いつつ、絵本のセリフ以外のアドリブのようなものもあり、

新しい読み聞かせを見た!と感じました。

学芸員さんの裏声と宮西さんのツッコミが相まって、笑いが耐えずにお話が進んでいったのに、

最後には胸が締め付けられる、でも優しい気持ちになれる、しっとりした終わり方でした。

わたしも「さっきまで笑ってたのになんで!?」と思いながら、思わず涙ぐんでしまいました。

 

「おまえ うまそうだな」と「ドロドロドロンキーとゆうすいくん」を読んでくれた方は、

声のバリエーションが豊富な上に、セリフのテンポや間の取り方が上手で、プロのようでした。

こちらも宮西さんのツッコミがありながら進んでいき、おそらくこの会場にいた子どもたちは

「おまえ うまそうだな」は読んだことがあるのでしょうが、前のめりで楽しそうに聞いていました。

絵本を描いた本人が、こんな風に読み聞かせをしてくれる機会はなかなかないので、

とてもいい経験でした!

 

最後は、宮西さんのイラスト制作!

真っ白なボードに宮西さんが、ティラノサウルスを描いていきます。

サラサラ~と簡単そうに描いていきます。見入ってしまいます。

しかしここでも「ほら、みんな!静かにならないで!ほら、なにか喋って!」と、宮西さん。

すると子どもたちが、宮西さんに向かって、わーわー喋りかけます。

宮西さんは絵を描きながら応えていきます。

『火山かいて~』「はーい、ちょっと待ってね~」

『トリケラトプスかいて~』「トリケラトプスはね~、明日かくんだよ~(笑)」

『じょうずだね!』「上手!?そりゃそーだ!!!」

子どもたちの直球のコメントがおかしかったですが、一つ一つに優しく応えてくれました。

 

「トリケラトプスは明日描く」と宮西さんが言ったものですから、

『明日はトリケラトプス描くって!

 ねーねーお父さん!明日も来ようよ!!ねーねー!!明日も!!!』

と言い出すお子さんが近くにいました。

宮西さん人気、本当にすごい!!

 

子どもたちの気持ちを掴んでいく様や、あんなに自由な読み聞かせを見られたことは、

本当に楽しかったし、勉強になりました。

とても楽しくて、幸せな空間でした。

宮西さんは今回のような講演会などを、割と頻繁に行っているようなので、

また機会があれば足を運びたいです!

 

 

今回のイベントがあった、特別展「恐竜の大移動」は今週末までです!

宮西さんがイベントで制作したティラノサウルスとトリケラトプスのイラストも、展示されています!

お近くの方、遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

名古屋市科学館ホームページ http://www.ncsm.city.nagoya.jp/

特別展「恐竜の大移動」公式ホームページ http://www.ctv.co.jp/event/kyoryu/

 

 

はる

コメント

NHKスペシャル 足元の小宇宙Ⅱ 科学絵本関連の番組紹介

2017-04-02 21:56:18 | 日記

こんにちは☆AYAです

NHKスペシャルで絵本作家の甲斐信枝さんの特集をしていたので、ご紹介いたします

甲斐信枝さんの絵本は、身近な植物の観察や科学に基づいて作られる科学絵本です。

皆さんもこの綺麗な絵を一度は、ご覧になったことがあるのではないでしょうか?

 

NHKスペシャル「足元の小宇宙Ⅱ 絵本作家と見つける“雑草”生命のドラマ」では、

甲斐信枝さんの科学絵本作りへのこだわりがたっぷり紹介されていました!

みのがした!という方、4月4日(火)深夜に再放送予定です

 

NHKスペシャル「足元の小宇宙Ⅱ 絵本作家と見つける“雑草”生命のドラマ」

【再放送予定】NHK 総合2017年4月5日(水)午前0時10分~0時59分(4日深夜)

 

『のげしとおひさま』

甲斐信枝 さく

福音館書店 2015年

 

『雑草のくらし-あき地の五年間-』

甲斐信枝 さく

福音館書店 1985年

 

コメント

【日記】 絵本「11ぴきのねこ」の町に行ってきました

2017-03-26 21:16:16 | 日記

「11ぴきのねこ」の町に行ってきました。

絵本「11ぴきのねこ」の作者、馬場のぼるさんは、
青森県三戸郡三戸町出身。

それにちなんで、三戸町では11ぴきのねこによる町おこしをしています。

三戸町にある三戸郵便局では、
毎年、2月22日の「ねこの日」の前後に、
11ぴきのねこデザインの小型印(消印)を押すサービスをしています。

毎年ニュースで観るたびに気になっていましたが、
とうとう行ってきました。

盛岡から銀河鉄道~青い森鉄道で三戸へ。
青い森鉄道のゆるキャラがかわいいです。

三戸駅では下りずに、少し先の北高岩駅まで行きました。
なぜかというと、
1日1往復だけ走る「11ぴきのねこラッピングバス」に乗るためです。
待つこと20分。

外も中も、ねこだらけです。

つり革にもねこ。

観光客で満員で乗れなかったらどうしよう…と心配していましたが、
お客さんは地元の方と思われる数人しかいませんでした。

 

郵便局でも、ねこが呼んでいます。

中では、とらねこたいしょうがねこ局長として窓口で働いていました。

お客さんは2,3人ほど。
こちらも混んでいませんでした。

馬場のぼるさん直筆の色紙が飾られていました。


無事消印を押してもらい、
郵便局で発売中の11ぴきのねこグッズを買いそろえました。

帰りに、公民館内にある馬場のぼる資料室にも行ってきました。

町中はとにかくねこだらけ。
郵便ポストにもステッカーが貼ってありました。
11ぴきのねこ好きには、たまらない街歩きでした。

ふるさと納税のおかげで、11ぴきのねこ関連物が増えているようです。
これからもっと「ねこの町」になるかもしれません。
また行ってみたいです。


関連情報:

ねこ局長ツイッター
https://twitter.com/necokyokutyou

アップルドームほのぼの館
http://www.town.sannohe.aomori.jp/kanko/kanko-appledome/kanko-appledome.htm

「11ぴきのねこ」消印で手紙/三戸郵便局、19~24日サービス
https://this.kiji.is/205140832881591801?c=62479058578587648

南部バスの車体に「11ぴきのねこ」
https://this.kiji.is/154535813334745093?c=62479058578587648

「11ぴきのねこ」返礼品に/三戸ふるさと納税
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-18113723-webtoo-l02

プレスリリース「11ぴきのねこグッズ」の販売開始
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/00_honsha/0201_01.html

プレスリリース オリジナル フレーム切手
「絵巻えほん 11ぴきのねこ マラソン大会 ゴール編」
の販売開始と贈呈式の開催http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/02_tohoku/0125_01.html

コメント