興味津々ギャラクシー100ドンブカBlog

興味津々にギャラクシー100掘り下げてブログに書いていきますね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鼻血

2012-09-24 09:55:31 | ファッション
鼻血には、高血圧や動脈硬化症、肝炎などの影響でおこる、原因のわかっている症候性と、突然に出血して、原因が不明の特発性とがあります。

鼻血は、鼻の粘膜の下を通る血管が破れておこるものです。

女装子は鼻の粘膜が弱いかも女装子出会い

とくに、粘膜が薄くて、すぐ下が、かたい軟骨や骨のような部位におこります。

鼻血の原因で最も多いのが、鼻の穴から指が届く付近を指で傷つけてしまうことです。

子どもなどは、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などに、かかって、気になり鼻をほじることでおこります。

もし、片側の鼻から前のほうにポタポタ出る程度なら、普通は心配いりません。

小鼻をおさえて、止血し、心配ならば、耳鼻科を受診しましょう。

しかし、片側からでも、流れ落ちるつづけ、のどにも回り、吐きだしつづける場合は、かなりの出血です。

この場合は、早急に、耳鼻科に行くようにします。

鼻血が出た場合、大切なことは、周囲の人たちが、落ち着くことです。

鼻血が、出たからと、大慌てする必要はありません。

鼻血が出た人を、仰向けに寝かせないようにし、坐らせるか、頭を高くするようにします。

のどに回った血は飲み込まず、吐き出させます。

高齢者では、高血圧などの全身性の病気や、まれに鼻の腫瘍の場合もあるので、鼻血がでたら、一度は、耳鼻科で診断してもらいましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加