日日抄録

日々の生活の中で、心にとまったものの記録です。

ショパンコンクール いよいよ最終へ

2021年10月17日 | 音楽
今月はずっとショパンコンクールの予選動画を聴いている。
日本人の演奏は、映像もチェック。
残念なことに牛田智大くんは2次予選で姿を消してしまい、とても残念・・・。
でも最終12人中に日本人2人、反田恭平さん、そして前回もファイナリストに選ばれた小林愛実さんが残った!

前回のブログを書いた次の日に小林愛実さんの演奏があって、最初に椅子の具合が違ったのか、ちょっとしたごたごたもあったが、演奏はすばらしかった。
その後、2次、3次と演奏を聴いて、これは生で聴きたい!と思うほどに惹き込まれた。
反田恭平さんもそうだが、ショパンの世界を自分でしっかりと解釈して、自分の方法で演奏している、といった印象。
ファイナルはピアノ協奏曲。
楽しみです!!

それにしても、今までコンクールの予選から動画で見る、ということをしたことがなかったので改めて感じているは、演奏者って本当にすごいな、ということ。
今回は一人でショパンの曲を一体何曲弾くんだ?というくらいにあらゆる種類のショパンの曲を弾きまくる。
一回の審査で1時間くらい弾き続けるのだ。
そして、審査員も大変。
毎日毎日くる日もくる日もショパンショパンショパンショパン・・・聴いてるだけならまだしも審査しなきゃならんわけで。

ともあれ、芸術の秋を楽しませてもらっています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第18回ショパン国際ピアノコンクール

2021年10月06日 | 音楽
5年ごとに開催されるショパンコンクール。
この大会、開催場所はワルシャワだが、配信をしていたとは!
早速注目の王子様牛田智大くん、ピアニストとして活躍中の反田恭平さん、「かてぃん」でおなじみの角野隼斗さんの3人の演奏を聴いた。
生で聴くのとは違うものの、こうして家にいながらショパンコンクールの演奏を予選から見られるなんて、すごいことだ。

第一次予選結果、どうなるのか。
私としては、牛田くんに頑張ってもらいたい!
ところで、ちょっと髪の色が茶色になってたのが気になった。
似合うんだけど・・・私は黒髪の方が好きだな。

ともあれ、楽しみ〜♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

おかえりモネ

2021年07月10日 | 雑記
たまたま初回の日に仕事が休みで見始めた朝ドラ。
今週は泣いちゃったなあ・・・。
朝ドラで泣くなんて、こどもを産むために入院中の病室で見ていた「ひまわり」以来だわ。

今回のドラマは、東日本大震災を「経験」した主人公の女の子が、静かに涙を流す、という場面がちょこちょこある。
朝ドラにありがちなわざとらしい感じではないので、好感が持てる。
でも、好青年の医者とのやりとりはわざとらしくてちょっとなあ・・・なんだけど。

1時間のドラマを定期的に見る、という元気(見るぞ!という心構えが必要)がなくなってしまったのだが、15分というのはちょうどいい。
構えなくても、ちょっと見ようかな、という感じで毎夜録画予約してあったのをちびちび見ている。
きっと、最後まで見る・・・ような気がしている。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

こどものバイエル

2021年06月17日 | 音楽


FMを聴いていたら、懐かしい曲が流れてきた。
なんだっけ・・・この曲ピアノでやったよなあ、というもの。
何曲も流れたのだが、全て覚えている!!
今まで思い出すことなんか全くなかったのに、聴くと最後までちゃんと覚えている。

それが、バイエルの曲だった。

これは小学1年生でやったはずだから、30年以上前に弾いたのだ。
しかも、何曲もあるから2週間くらい弾いて、マルをもらったら次、次、とどんどんやっていったはず。
今まで繰り返し弾いていたのなら覚えているのも当たり前だが、その小学生の練習した時以来弾くことはなかったのに覚えているのだから、幼い頃の記憶ってすごいですね!

でも、覚えていないこともたくさんあるわけで・・・。

脳科学者の本を読むと、生きるために必要と海馬が判断したら、記憶されやすい、ということらしい。
ピアノを弾くことが、あの頃の私には生きるために必要との判断だったようだ。
今は一番弾いていた頃から比べるとほとんど弾いていないと言えるかもしれない。
でも、ピアノを触らない週はないかな。日はあるけど。

そんなわけで、バイエルが染み込んでいた自分にびっくりしたのだった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

味噌づくり

2021年01月31日 | 手作り
こどもたちが学校で味噌作り体験をしてきたのが去年の1月。
その味噌を最近食べているのだが、本当においしいのだ。
手作りの味噌、いいもんだなあ〜!!

というわけで、家でも作ってみることにした。
初めてなので、試しに大豆1kgから。
近くの農協で地元の大豆を購入。
さらに県内味噌蔵産の米麹1kgと国内産塩500gを使用。

大豆を一昼夜水に浸けてふやかし、そのあとことこと5時間ほど煮て手でつぶせるくらいにやわらかくする。
あとはひたすら潰して米麹&塩とまぜまぜ。
最後にそれをおにぎりにして、空気が入らないように桶の隅からつめていく。
子供たちが味噌蔵で作った味噌もちょっと混ぜ込んで、タネ味噌にしてみた。
平らにしてラップをかけ、上に重石を載せてふたをする。
そして、1年ほど置いておく・・・・それだけ。

冬に仕込むと、ゆっくりと熟成していくからより美味しい味噌になるという。
こりゃ〜来年の冬が楽しみになってきたわい。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

たまには

2020年08月01日 | 雑記
生きています。

忙しい毎日です。

でも、久しぶりに書いてみよう。

コロナ自粛期間に、弟から「ライガーチャンネル 」が面白いよと言われ、見てみたら、懐かしくなってしまった。
大学時代に、これも弟から無理やり見せられた深夜帯の番組のビデオでハマったプロレス。
あの頃新日本と全日本からNOAH、そして、カッコいい系の闘龍門と、それなりに観ていた選手たちについて、裏話をいろいろと話しているライガーおじさん。
話がうまいのもあると思うが、面白く興味深い。
そして、やっぱりプロレスラーってすごいわ。
才能も努力も破天荒な性格も、それぞれがそれぞれに磨き上げてあのリングに立っているんだと改めて思った。

そんなわけで、BS金曜8時からやっている新日の番組を見始めたんだけど、わかっちゃいるが知らない選手ばかり。
棚橋とか永田、天山、小島、金丸あたりの、2000年頃に活躍していた人たちはわかるんだけど、今はもうそれ以降の人たちがベルトを巻いている。
まあ、当たり前だよね、2020年なんだから。
棚橋は今や新日の顔となっているが、私の中では「恋人?に背中を刃物で刺された人」という印象が強すぎて、まさかあんなふうになるとは思わなかった。
それにしても、むしろあの頃の人たちがまだ試合をやっているのが本当にエライことだというくらい、年月が経ってしまったわけだ。

で、「オカダカズチカって誰?」という新日無知レベルにまでなっていた私なのだが、最近ブイブイいわせているあたりの人たちの試合をちょっとずつ見ながら、まずは選手を知るところから楽しんでいる。

今、私が気になる選手は、高橋ヒロム選手だ。
なんだか可愛いのです。
そう思い始めた頃、たまたまライガーチャンネルでライガーも「今現役だったら戦ってみたい選手」として彼の名を挙げていた。
「色(気)がある」
という理由。
なるほど、と思った。

プロレスを楽しむには、選手同士の今に至る物語も必須で、そのあたりがまだ見えていないので、しばらくはそのあたりの情報を入手しつつ楽しもう。
それにしても、ヒロム選手が所属するユニット名がいつまでたっても覚えられない。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

これまた自粛期間中に、薬師如来と毘盧舎那仏の絵を描いて、横に短い真言を書き、コロナ退散のためにそれを唱えていた。
そのためその二尊の真言は覚えたが、このユニット名は短い真言を覚えるより難しい。

そんなわけで、ささやかな楽しみを一つでも増やし、この日々を乗り切っていきたいと思うこの頃です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あけましておめでとうございます

2020年01月04日 | 雑記
子年ということで、ねずみ(色の鳥)です。

年末に、ずっと会いに行きたかった「ハシビロコウ」にとうとう対面!!
この鳥はけっこう大型で、目つきもなんだか怖いのだが、ほとんど動かないのだ。
微動だにしないと言ってもいいくらいに。
それゆえに、「微動」でもしようもんならすごいところを見た、みたいに嬉しくなるのだが、今回は飼育員さんの餌やり時間に合わせて会いに行った結果、なんと「飛ぶハシビロコウ」まで見ることができた。
どうもハシビロコウのほうも「人がいっぱい集まってるから、いっちょ飛んでやるか」みたいな態度で、何度かお披露目してくれた。

また会いにいきたい!!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

牛田智大

2019年12月21日 | 音楽
牛田智大というかわいいピアニストがいることは知っていた。
でも、NHKの浜松国際ピアノコンクールのドキュメンタリーを見て、この人すごいんだな、と思った。

小さい頃からデビューしてもてはやされてしまうと、周りに流されて結局大成せず、ということも多い。
しかし彼はしっかり自分を持っているように見える。
プロとして活躍しながらも、自分を客観的に見つめるためにあえてコンクールに挑戦する。
そうしないと自分を見失いそうになる、ということもあるかもしれない。
でも、それを実行できるのは相当な覚悟がないとできないだろう。

今度、彼のコンサートがあったらぜひ行きたいと思っている。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

双子育児に不安な方、疲れている方へ

2019年11月15日 | 雑記
ずいぶんご無沙汰してしまいました。
ちゃんと生きています。

このブログも長く続けてきましたが、こどもも成長してきたし、そろそろ潮時かしら・・・などと思うのです。
ただ、もしこのブログの過去の記事などを見てくださっている双子育児中の方がいたら、と思うと、すぐに消すのもアレかな、などと思いつつ、ぐずぐずしていて今まできてしまいました。

多胎育児中の方、もしいたら、ぜひ適度な手抜きをしながら頑張ってください!!

私は0歳の頃が一番ハードだったな、と今でも思います。
まず、首がすわらない時期は、とにかく連れ出すのが大変!
おんぶができないのですから。
私は双子用ベビーカーを使って外出しましたが、まずそこまで二人を連れていくことが大変なのです。
二人同時に連れていくことができないので、どうしても一人は置き去りにしないといけません。
我が家は2階の部屋でエレベーターもなかったため、まずベビーカーを1階に開いて準備をします。
その準備の間、二人は部屋に置き去りです。
絶対に危険のないように、安全な状態にしておく必要があります。
そして、2階に戻るとまず一人目を抱いて1階まで降り、ベビーカーに置いて、落ちないようにシートベルトを装着。
続いてその子を置き去りにして、再び2階へ戻り、もう一人を抱いて部屋の鍵をかけて荷物も肩にかけた上で下へ。
無事二人をベビーカーへ乗せるのでした。

これを読んだ方は、1階のベビーカーに置き去りにされた赤ちゃんは大丈夫なのか?!と思われるでしょう。
ある意味危険です。
誰かに連れ去られたらどうしよう、などといった心配もあります。
しかし、階段の下(外ではない)にベビーカーを置き、なるべく急いで二人目を連れてくることで、乗り切るしかなかったのです。
そうでもしないと、首がすわるまで外出はほぼ無理でした。
これは、すぐにかけつけられる2階であったことと、小さな集合住宅であり、周囲の方とは皆顔見知りで、様子がわかっていたためにできた荒技であったと思います。
もし3階だったらできなかったと思います。
もちろん父親が家にいる場合は可能ですが、普段は働いているわけで、ほとんど家にはいないのですから、結局一人でこのようなことをしなければならないのです。

これだけでも大変でしたので、首がすわったことが本当に嬉しかったです。世界が広がるわー!!くらいに。
とにかく双子でさえこれですから、三つ子となったらどうなっちゃうのか・・・育児中の方に頭が下がります。

でも、一人家の中で過ごしていると、本当にストレスでした、私は。
とにかく近所一回りもでいいから、散歩に出てリフレッシュしました。
双子用ベビーカーはやっぱり目立つので、いろんな方が声をかけてくれます。
特に、双子関係者は高頻度でかけてくれます。
自分も双子、とか、子供が孫が・・・とか。
そこでちょっと話をして、ストレス発散!
「かわいいわねえ〜」と言ってもらって心を潤す。
私の場合はこれで乗り切りました。

もし今大変でしょうがない、という方がいたら、とにかく外に出てみることをおすすめします。
ただ、上記のようにまず出るのが大変なのでそこが越えられない、という方は、役所などに電話して、サポートを頼んでみましょう。
私の場合はありがたいことに、たまたまボランティアでやってくださる方を紹介してもらえました。
しかし、ボランティアでなくともそういったサポートの制度はどこの自治体でもあると思いますので。
本当は私が今サポートに行きたいくらいです。
もちろんボランティアで!!
だって、かわゆい多胎児の赤ちゃんと触れ合えるなんて、めったにできることではありません。
定年迎えたら、そういうことしないなあ、なんて思っています。

長くなってしまいましたが、双子育児乗り切り法を、また書こうと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

かんさい土曜ほっとタイム

2019年03月16日 | 雑記
年をまたいで久々の投稿がこれか、と思われるかもしれませんが、NHKラジオ第一の「かんさい土曜ほっとタイム」がとうとう終わってしまったのが、とってもさびしい。
名物コーナー「ぼやき川柳」は深夜便に引き継がれるようですが、この週末午後ののんびりした時間に聴けるのがよかったのに・・・。
「かんさい」に住んだことのない私ですが、流れてくる関西弁がまた温かい時間を作ってくれていました。

あー、さびしい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする