フォトグラファー(をめざす?)ナカヤのナカナカブログ

ななつ星やEF81貨物列車、ヘリコプターを追いかけています。そしてうすき竹宵など大分の風景も。写真は無断転載使用厳禁。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本一?ホットな大分の「鉄」

2014-09-02 00:05:11 | railway
 ご承知の通り、ナカナカな無類の鉄道ファンでございます。最近では鉄道雑誌にもよく写真が掲載されているほどです。
 たまに、○○○出身なのになんで鉄道好きなの?と聞かれてることもありますが(笑)。

 さて、そんな私がフィールドとしているのは大分県です。その大分の鉄道は、今、日本一ホットだといえるでしょう。
 
 まずは、なんと言っても「ななつ星in九州」
ななつ星は、「目的地から目的地へ」という従来の鉄道の概念を根本から覆すだけでなく、超豪華車両といい、大きな話題となりました。
大分には火、金、日の週三回入線し、実質的に最大のメーンとなっています。


由布岳バックの定番ポイントを走るななつ星in九州。営業運転開始前の試運転にもかかわらず、各地から数十人のファンが集結しました。(久大本線由布院-南由布、大分県由布市湯布院町)

 一方、鉄道ファンに人気が高いのは、日豊本線の貨物列車、通称延岡貨物です。とくに、4075レは、2013年春のダイヤ改正でEF81牽引に変わり、全国的にも注目されるようになりました。銀釜の日なんかは、平日でも30人以上集結することもざら。関東関西からの遠征組もかなりいます。
 EF81-304(銀釜)はすでに運用離脱しているものの、ことしになってから、富山機関区からEF81-717、さらには716までが門司機関区に転属し、すでに日豊運用にもついています。

 そして、国鉄色485系のDo32編成。
 さらには、ゆふいんの森号も根強い人気があります。

 いつまでも、追いかける被写体が残ってくれるといいですねえ。
コメント