「建築家と作る木の家」 produced by みまさか木の家 岡山普及会

岡山の清流「旭川」 その旭川上流に位置する「真庭」で育まれた「美作材」で家を建てよう。

総社市のちょっと田舎の家、構造見学ができます

2024-01-18 | 現場見学会

企画型住宅、「真壁造りのローコスト住宅」を販売いたします

一段下の記事をお読みください

**************************************************************************************

 

土壁の伝統工法の家、腕のいい大工さんによって工事が進んでいます

 

 

栗の無垢板を一枚ずつ貼り付けているところ

床、壁、天井、建具に至るまで工場で作られた既製品を使わず、自然素材の物で

手作りしていきます

 

 

LDKの吹抜

施主Tさんが望まれた風通しがよく、明るい広々とした空間となります

東面には薪ストーブも設置いたします

 

 

大屋根のおおらかな外観 

左官屋さんがコテを使ってモルタルを塗っていきます

 

ジョリパットの色によって外観がどう見えるか、立面図に彩色してシミュレーションします

 

矢掛町のポツンと一軒家に続き、真壁造りのローコスト住宅のプロトタイプとなります

個別に構造見学ができますので、遠慮なく下のお問い合わせフォームからどうぞ

「建築家と作る木の家」

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「真壁造りのローコスト住宅」、販売いたします

2024-01-18 | 企画住宅

「プロヴァンスの家」を企画販売したところ大きな反響をいただき、ローコスト住宅を

求められる声が非常に多いことが分かりました

建築家と作る木の家では、プロヴァンスの家で好評だった自由度の高いプランを元に、

よりローコスト化を目指して「真壁造りのローコスト住宅」を企画し販売いたします

 

ローコスト住宅ですが、柱梁を隠してしまったハリボテの大壁造りではなく、

柱梁を現した伝統工法の真壁造りです

家の中はまるで森の中にいるような木の香りに包まれます

真壁造りのイメージ画像

真壁造りのローコスト住宅のコンセプト

 

プランは家の中心に24㎝角という大きな大黒柱、家族の心のよりどころとなります

高性能な断熱材を外周外側に張る「外張り断熱工法」を採用した「高気密・高断熱」の住宅です

2024年から始まる新しい省エネ基準の断熱等性能等級4以上の性能を有し、ゼロエネルギー住宅

総称されるZEH(ゼッチ)ZEB(ゼブ)そして長期優良住宅にも対応します

内部仕上げについては、柱梁以外にも床は無垢板、天井も板張りと、木をふんだんに使用

全て人にやさしい自然素材で、調湿にも優れます

外観はコスト削減のため総2階建てのシンプルなキューブ型です

外壁は耐候性に優れたサイディングが標準仕様ですが、お好みによりモルタル塗も可能です

 

外壁の色も自由に選んでいただけます

 

ハイクォリティな真壁造りの家を、建築家の創意工夫で1,500万~というローコスト住宅

として販売いたします

企画型住宅ですが、敷地の形状、お客様の好みにより自由にプランしていただく事も可能です

 

ちょっとした質問だけでも結構ですので、下をクリックして遠慮なくお問い合わせください

パンフレットもお送りします

「建築家と作る木の家」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年、謹賀新年

2024-01-06 | その他

新年明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします 

 

「建築家と作る木の家」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

矢掛町のポツンと一軒家、完成見学会を行います

2023-12-23 | 完成見学会

真壁造りのローコスト住宅として「建築家と作る木の家」とグループ工務店の

「サイエンスホーム」で工事を行っていた矢掛町のポツンと一軒家、完成間近です

 

 

外張り断熱の高気密高断熱でありながら、1,500万円台のローコスト住宅です

屋根はローコスト住宅では主流となっているガルバリウム鋼板ではなく、平板瓦葺き

瓦屋根は断熱性もさることながら、耐久性にも優れます

 

 

外壁の黒い部分は焼杉板、既製品の機械焼きでなく職人が一枚づつ手焼きした本焼杉板

杉板の内部まで炭化しているので数十年以上持ちます、2階の白い部分はモルタル塗に

リシン吹付という昔からあるやり方です

黒と白のツートーンが裏山の杉林に映えます

 

 

柱、梁は地域材のヒノキとマツ、集成材は使っていません

プランは1階、2階ともワンルームで、空間は勾配天井でつながります

この家の用途はセカンドハウス、みんなでこのポツンと一軒家で集まって会食をしたり

カラオケをしたりする予定です

 

 

床は今養生シートで隠されていますが、無垢板のフローリングです

奥に見えるストリップ階段は90度3段割の難工事

 

 

1階の4分の1を占める土間

土間の中心に例のダルマストーブを据え、冬場はダルマストーブを中心にみんなが

集まります

 

 

この家の中心となるキッチン 土間から直接アクセスできます

メーカーのシステムキッチンではなく、木製カウンターにシンクとIHヒーターを

取り付けた造付キッチン 大幅なコストダウンになります

キッチンの内側とカウンター側で18㎝の段差があるおかげで、カウンターで座って

食事をとることができます

 

 

2階のロフト

用途を限定せず、寝室、趣味室、物置等多用途に使えます

壁は化粧をせず、あえて合板のまま 

工作の得意な施主Kさんが、棚を釘打ちしたり自由に内装を変えていく予定です

 

高気密高断熱の家ながら、建築家の創意工で実現した真壁造りのローコスト住宅の

プロトタイプですので大変参考になると思います。

完成見学会を開催いたしますので、下をクリックしてお問い合わせください

 

「建築家と作る木の家」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

総社市のちょっと田舎の家上棟、構造見学のお誘い

2023-11-17 | 現場見学会

*企画型住宅「プロバンスの家」をご提案しています

一段下の記事をご覧ください

 

***********************************************************************************

総社市郊外の「ちょっと田舎の家」、といっても総社インターから5分程度  

まだまだこんなところがあるのです

 

 

施工は総社市の腕のいい大工集団「畑本建築」さん

クレーン操縦者含み9人だけで、てきぱきと組みあげていきます

 

 

 

 

LDKに入りました  右半分はダイニングキッチン、左半分は吹抜です

正面には立派な大黒柱が見えます

 

 

シンプルな大屋根の家、高台の広々とした敷地に似合っています

図面も貼り付けておきましょう

 

 

薪ストーブは国産の「アグニ」、国産メーカーのものを使うのは初めてなので楽しみです

そしてなぜか人気の矩計図

 

この家は竹で小舞を組んで土を塗る土壁の伝統工法の家です

伝統工法や土壁に興味がある方やそうでもない方も、構造見学ができますので遠慮せずに

下をクリックしてお問い合わせください

「建築家と作る木の家」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

企画型住宅「プロヴァンスの家」をご提案し、販売いたします

2023-10-20 | 企画住宅

「プロヴァンスの家」、多数のお客様から問い合わせをいただき、ありがとうございます

お問い合わせの中でローコストな家を求められる声が多く、「建築家と作る木の家」では

企画住宅の第2段として、ローコストであることを主目的にした家を企画中です

ローコストでありながら、国交省が定める基準以上の高気密高断熱、集成材を使わない

無垢の地域材を使ったクォリティの高い「ローコスト住宅」を目指しています

近々、当ブログで発表いたしますのでご期待ください

 

********************************************************************************************

 

「建築家と作る木の家」は、今まで和風の家というイメージが強かったと思いますが

今の時代にあったシンプルな洋風の家を求める消費者の声も多く、建築家としての目線で

考えた 地域材で建てる企画型住宅「プロヴァンスの家」を企画・販売いたします。

 

 

間口7.28m(4間)X奥行6.37m(3.5間)、延べ床面積28坪

断熱仕様はZEH相当とし、外張り断熱で魔法瓶のように外郭全体で囲み 建物内部は

フルオープン可能なスタイルとします。

 

1階は基本的にワンルームとし間仕切、建具を最小限におさえてコストダウンを図っています

必要に応じて、フレキシビリティに間仕切を増やすことも可能です。

ZEH、長期優良住宅についてはオプションで対応可能です。

 

2階も間仕切・建具を最小限に抑えてコストダウンを図っています。

必要に応じて、間仕切を設け、将来の家族構成の変化に対応することも可能です.

小屋裏空間はオプションとなりますが、収納、趣味室ほか利用価値は高くお勧めです。

或いは、屋根勾配を急にして、天井高を確保し 追加の子供室とすることも可能です。

シンプルな切妻の総2階建て、テラコッタ風の瓦屋根と、ジョリパット塗の外壁という

南仏プロヴァンス地方の家の特徴を活かしています。

内装は勿論 木と自然素材 を生かした民家調仕上げです。

外壁の色は、色見本で自由に選んでいただけます。

ベンガラ色の外壁を選ぶと、ずいぶん印象が変わりますね。

 

今回、企画住宅「プロヴァンスの家」をモニター価格として 税抜¥2,000万円で販売いたします。

「建築家と作る木の家」は、建築家を中心に、良心的な地元工務店まで含んだグループですので、

設計から施工、引き渡しまで責任をもって行います。

諸費用、外構工事、地盤補強以外は全て含んだ金額ですので、超ローコスト住宅となっております。

 

質問だけでも結構ですので、「建築家と作る木の家」までお気軽にご連絡ください

 

建築家と作る木の家ホームページ

  ↓

「建築家と作る木の家」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

矢掛町のポツンと一軒家、上棟しました

2023-10-19 | 工事の途中経過

ポツンと一軒家までの曲がりくねった細い道、ナビを頼りに来るしかないのですが、

すっと一発で来られる方もおれば、道を間違える方も続出

私は2度も間違って、施主Kさんに迎えに来てもらったこともあります

おおむねスマホのナビのほうが確かなようです

 

 

道が狭いので、クレーン車が入るか心配しておりましたがなんとかセーフ

 

 

吹抜けとなる部分

8寸(240㎜)角の大黒柱とヒノキの登梁が力強く屋根を支えます

 

 

テキパキと野地板兼天井となる杉板を張っていきます

 

 

ここまでくれば外観がよく分かりますね

図面を下に貼っておきます

 

 

広い敷地の大半が畑です

畑側から現場を見ると・・・  文字通りポツンと一軒家ですね

 

 

集成材ではなく地域材を使った木の家、今なら構造材がよく見えます

興味のある方は、ご案内しますので下のホームページよりお問い合わせください

次は総社市郊外の、ちょっと田舎の暮らし家の上棟をリポートします

 

建築家と作る木の家ホームページ

  ↓

 「建築家と作る木の家」

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

総社市郊外で「ちょっと田舎暮らしの家」着工いたしました

2023-09-13 | 工事の途中経過

建築家と作る木の家で進めている「ちょっと田舎暮らしの家」、総社市郊外で着工いたしました

 

 

造成する前の土地の様子

古家があり、樹木がうっそうと茂りとてもいい住環境とは思えませんね

 

 

樹木を伐採するとかなりすっきりとしました

この時点でいい土地になりそうな予感がします

 

 

造成をして掘方、型枠、配筋を経てベタ基礎が打ちあがりました  

採光と眺望を優先して東西に長い家になります

やっかいだった裏山の樹木が借景になります

 

 

高台となるので、眼下に田畑が広がります

施主Tさん、工務店の畑本建築棟梁とも「こんなにいい土地だったけ」と声を揃えました

 

 

東西に長い切妻の大屋根 

奇をてらわずおおらかな外観が特徴です

竹で小舞を組んで土を塗って壁を作る伝統工法の土壁の家です

 

 

そして矩計図(かなばかりず)

矩計図は当ブログでは大人気で、また特集を組もうと思います

 

ではまた報告させていただきますね

 

建築家と作る木の家ホームページ

  ↓

 「建築家と作る木の家」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

矢掛町のポツンと一軒家、着工いたしました

2023-08-26 | 工事の途中経過

古い町並みで観光スポットとなっている矢掛町、そこから延々と山の中へ入った

文字通りポツンと一軒家、着工いたしました

 

 

周囲500m以上民家がありません

施主はこの地でネギ、サツマイモ他、四季折々の作物を育てられています

 

 

施主は街中に住まわれていて、週に1回左隣にある母屋に仲間が集まってカラオケに

興じられていました

周りに家がないので誰にも迷惑がかかりませんね

今回建築する家はその離れとなり、土間と一体化したアイランドキッチンが仲間との

楽しい会食の場となります

 

 

本日は基礎の配筋検査でした

 

 

建築家と作る木の家では、真庭市蒜山の別荘地、笠岡市の漁港前、総社市郊外他

「ちょっと田舎暮らしの家」を計画中です

岡山中心部では土地が高くなりすぎて、土地+建築費で4,000万越えが普通になりました

土地の安い、ちょっと田舎暮らしはいかがですか

土地探しからお手伝いいたしますのでご相談ください

 

建築家と作る木の家ホームページ

  ↓

 「建築家と作る木の家」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木の家 無料相談会

2023-07-22 | 住宅相談会のご案内

新築、リフォーム、住まいの困りごと等、住宅に関することであれば何でもご相談ください。
長期優良住宅、認定低炭素住宅等の認定により補助金を受けることができます。
当日は国交省の「地域型グリーン化事業」補助金についての説明会も開催します。
土地がある方はご希望によりプラン提案をつくってもらうこともできます。
その他、住宅に関することであれば何でもお気軽にご相談ください。

 
・日時:   8月 5日(土)、6日(日)
                         2日共 10:00~16:00
・会場:  YONEYAMA1級建築士事務所 (岡山市中区東川原161-1-204)
・担当:  米山
 当日の対応のため、事前にご連絡をお願いします。(090-3378-8254)

 

                 
             
          米山 敏夫    

                    
    
住宅相談会のお申し込み・お問い合わせコチラ↓↓↓まで
 
建築家と作る木の家ホームページ   

 


 「建築家と作る木の家」

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする