家事のスキマにロードバイク!

自転車に乗れなかった私がロードバイクにハマるまでの記録。
今時主婦の非日常的趣味。

6000歩のマーチ。

2024-02-22 22:37:50 | Weblog

1日6000歩以上は歩くこと。

そう言う事にしている。

5000ではなくて6000ね。

それはスマホのアプリの関係でそう言うことになっている。

mineoが6000歩歩いたらチップゆうのんくれますねん。

それで?と言う詳しい使い方は長々長々むにゃむにゃ・・・・・。

と言うわけで、お出かけの予定のない日は近所のスーパーへ行くのにちょっと遠回り。

ウォーキングと言うほども行かない。そんな時間があったら制作に充てたいので。

BGMはデュア・リパでノリノリ。

田舎の道なので山を遠くに見ながら雪積もってないなぁ。とか思いながら歩く。

雪山登山とか自分には考えられない世界に没頭する人の見る風景をSNS越しの画像を頭の中でパッチワーク。

途中ちょっとだけ車道を通る。

距離にすると150mぐらいかな。この区間だけ走る。

この区間に後ろから車に追い越されたくない。

そう思って走るけど今日も1台の白いプリウスに追い抜かれた。ちっ

こうしてぐるっと買い物から帰ると35分しか経ってなかった。いい感じだ。

今日も無事クリアで6751歩。今月の歩数は158,595歩。

あれ?このブログずっと自転車で走った距離つけてたのに。

全然自転車乗ってないやん。

介護生活がきっかけだったなぁ。

もう長距離も乗る気は無いし、通勤も無いけど、ちょっと乗りたいなぁ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

咲いた咲いた桜が咲いた。

2024-02-20 21:10:57 | Weblog

すっかり冬に飽きてしまった。

とにかくめんどくさい事が多すぎる。

まず朝から手足が冷えすぎて絵も描けないので体を温める必要がある。

動画サイトの先生の真似をしながらドタバタとエクササイズだ。

こういう動きのことを昔は「美容体操」と言ったものだ。ああ、なんかしっくりくる。

何をするにも時間がかかる。

そんなことを思っているとここ2〜3日は暖かい。

近所の学校の桜が咲いていた。え?早すぎないか?

きっと種類が違うんだろう。色々と。

とはいえ、学校の桜は入学式に合わせて咲くものではないのか?

金網が写らないように写真を撮るのは難しかった。

昔鈴鹿サーキットの金網に無理やり望遠レンズをねじ込んで所々に菱形ではなくまぁ〜るい穴が空いてたっけ。

もう今はそんな金網はないんだろうけど。

 

そして火曜日は図書館の日だ。

また図書館かと笑われるので「図書委員なので」と言ってみた。

米澤穂信の「Iの悲劇」を返して貴志祐介の「秋雨物語」を借りた。

春やゆうてんのに秋雨の本借りてもた。

その前には姫野カオルコの「昭和の犬」「彼女は頭が悪いから」。

金曜ロードショーでやってた「かがみの孤城」も読んだ。

その前は伊坂幸太郎の「オー!ファーザー」、面白かったなぁ。

本友と映像化するなら、、、って勝手にキャストで盛り上がった。

こうして読んだ本は忘れないように小さな読書ノートにつけることにしている。

記録はアナログで。ペンは三菱ユニボールSignoのブラウン0.38で。下手くそな字で。

 

春雨が続いて、また寒の戻りがあるらしい。

あーやだやだ寒の戻り。嫌い嫌い。

2月長いなぁ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネンイチ手話教室。

2024-02-17 15:11:33 | Weblog

毎年恒例となり4回目という教室。

ご依頼主の方も「1年に1回じゃなぁ、せめて3ヶ月に1回とか、、、」と。

色んなご事情がおありの事なんでしょう。と言うわけで1年ぶり。

ざっと内容を記しておく、と。

第1回 ユニバーサルコミュニケーション、ワンポイント手話

第2回 指文字、数字、固有名詞 

第3回 基本単語

第4回 時の流れ

90分の講座で30分は前回までの復習。3歩進んで2歩下がる方式。

覚えてくれている単語もある。「けれども」「気を付ける」

どうしても混同してしまう単語もある。

「好き・嫌い」「得意・苦手」「上手・下手」「できる・できない」

よく使う単語なので指導するがどうしても誰もがつまずく。鬼門である。

ひとつの手話で複数の手話。

「今日」と「今」は同じ手話だ。

「不便」と「不味い」も同じ手話。

「あのお蕎麦屋さんは不便な場所だよね」は注意が必要。

講師だなんて、指導だなんて、偉そうにね。

とは思うが、圧倒的に少ない中、25年も手話で仕事してきて誰がやるんだい?って事でさせていただいてます。

 

どうもありがとうございました。

またのご依頼を心よりお待ちしております。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日のブーム。

2024-02-11 13:35:22 | Weblog

ネンキンと聞くと年金と脳内変換しちゃうお年頃。

粘菌の方ね。
単細胞生物だけどかしこんじゃねって事でコンピューターになったとさ。
「難しいことはわからないけど」、と言う枕詞が常につく私の話ね。
研修者の中垣俊之教授は2008年と2010年に2度のイグ・ノーベル賞を受賞。すごい!
2008年と言うのが論文を出してから8年も経ってからの受賞というのにもびっくり。
そんなにかかるの?その間にまた随分研究が進んじゃうんじゃ?とか色々思ったり。
実はもっと昔から研究されてた。
どんな実験がされてたのかというと、、、。
単細胞生物である粘菌は栄養を求めてじわじわと触手のような自分自身を伸ばしていってどんどん成長していく。
そこでその才能を利用して迷路に挑戦させてみた。
じゅわ〜っと広がった粘菌の一部をピンセットでちぎっては少しずつ迷路の途中に置いて、餌であるピーナッツを迷路の端っこに置く。
すると餌に向かってじわぁーーーーーっと血管のように伸びていく。
そこからの成長の凄いところは遠回りになった経路は毛細血管のように細くなってやがて消える。
そして正解の経路のは動脈のように太く成長し、よく見ると角を曲がる時のコーナリングも無駄なくインをついている事がわかる。
この実験結果を麗しき数式にするところが萌えポイントね。
物理学と生物学の見事なコラボからコンピューターが生まれたのです。ドドーン!
生物の先生と化学の先生って全然タイプ違うじゃん(あくまで個人の感想です)って思ってたけどねぇ。
とにかく「粘菌コンピュータ」というワードが私の心を掴んで離さないのだ。
なんか、、、こう、、、ねばねばのキーボードでエンターキー押したらTとYの間からゾワ〜って黄色いのが出てきてさ、、、
そんなPCのビジュアルイメージとは全く異なる着地点。
アルゴリズムのお話でした。
量子コンピュータとかスーパーコンピュータが何年もかかって演算して正しい答えを導き出す事を粘菌は短時間でやってのけると。
そして今必要なのは概算だったりするとさらにその才能(才能?知性なのか?)を発揮。
人類がやられるとしたら粘菌かも、と思う今日の私。
後ろで先生方がニヤニヤしながら「いやいやいや」っておっしゃってます。
 
写真:どうやら厳しい冬を乗り切った感の多肉ちゃんたち。
 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

北山台杉ブーム続行。

2024-02-07 23:01:01 | Weblog

実は5年ぐらい前から気にはなっていた。

そしてこの2〜3年本格的に気になって調べていた。
調べてと言っても通りがかった風景に目を光らせてみたり、ネットで画像検索するぐらい。
その正体は北山台杉という庭木。
いわゆる和風のお金持ちなお宅の塀からしゅ〜っと伸びているスマートな姿。
そしてそれがもっと前にたまたま釘付けになった画像と結びついた。
なんだこのカッコイイ樹は!!
ものごっつい個性的なビジュアル。
コレとアレが結びついてしまったからにはどうしてもその「台座」の部分を拝見したい。
とは言え、私がこれまで通勤途中やご近所で目をつけた「北山台杉」はそのお宅の中にあるわけで門の中に入らなければ叶わないわけだ。
「こんにちは、怪しいものではありませんが、お庭の北山台杉の台座の部分を見せていただけないでしょうか。」
怪しい。
見てどうしようと?本来の目的は?って、私やったら思うね。
みんな疑い深くなってる時代だよ。
「あ、どうぞー」なんて入れてくれたら逆に大丈夫か?気つけやって思っちまう。

ちなみにこの種類は花粉は飛ばないらしいので花粉症の私には安心。

当分、このブームは続くので身近な友達を巻き込んで観察活動続行のこと。

 

※ イメージスケッチです。大きさがわかるようにノームを置いときます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

茶の間に仏壇。

2024-01-30 21:59:17 | Weblog

うちにはお仏壇は無いがお線香は常備している。

近所のお墓にお参りに行くために置いている。

そのお線香を入れている観音開きの物入れの中はお線香の香り。

嫌な匂いでも無いが、何もかもがお線香の香りに染まってしまう。

ジプロック二重にしても三重にしても香る。

調べてみると匂いを漏らさない赤ちゃんやペットのうんち入れの袋がヒットした。

いや、そうかも知れんけど。

なんか抵抗あるなぁ、その中にお線香入れるの。

お線香の香りの劣化を防ぐための袋というのもヒット。

いや、逆というわけでも無いか、いいのか、でも、、、。

考え方を変えてみると無香料の線香というのが出てきた。

それはそれで愛想ないよね。

 

お線香の香りといえば子どもの頃によく遊びにというか預けられていた和歌山のお婆ちゃんの家。

玄関を開けると煮物と線香の混ざった懐かしい香り、今でも思い出す。

香りの記憶というのは鮮明に残っているものだ。

お婆ちゃんの家は子供部屋、ピアノの部屋、応接間、台所と居間。平家だった。

その居間に仏壇があった。確か床の間もあったはず。片付いてなかったけど。

みんなが集まる居間というかいわゆる茶の間に仏壇があった。

ご先祖さん、賑やかでよかったなぁ。

なんかごちゃごちゃと物の多い家で人の出入りも多い家だった。

そんな家で従姉妹に遊んでもらいながら春夏冬の長期休みをずっと過ごしていた。

長い休みだったなぁ、と時々思い出す。

びっくりすることに半世紀以上昔のことだ。うわ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夢想絵巻。

2024-01-25 22:46:15 | Weblog

アートだとか何だとか認識する前の記憶。

思えば「何とか絵巻」に妙にひかれた。それは多分幼少期。

怖いもの見たさな地獄絵図。幽霊や妖怪の類い。

ずっと尾を引く百鬼夜行。

静かで賑やか。陰の香りで陽の気配。

光と影、森羅万象。

広いはずなのに狭く深い。

とにかく頭に浮かんだ世界観を形にしようと思う。

展示する事だとか評価が付くだとか付かないだとか、考えるのは先に伸ばそう。

とにかく描きたいものを描きたい形で進めていこうと思う。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

市民健診で胃カメラ。

2024-01-17 16:29:09 | Weblog

昨日の夜からどんより。

胃カメラ検査を控えて酒が飲めない。あーつまらん。

で、今朝、いつものおうちモーニングも無し。

焼いてもらったトーストに大好きなマヨネーズを絞ってレタスとハムを乗せる。

取り分けてもらったヨーグルトとバナナ、入れてもらったインスタントコーヒー。

そう、朝はこのセットを用意してもらって毎日いただく。

この1日の始まりであるハッピーなひとときが奪われた。オーマイ!

そして胃カメラ。

雑だけど愛想は悪くない愛すべきキャラの受付嬢。

これまた今どき珍しい雑な昭和のナースが魚市場さながらのバタバタが笑える。

とにかく声がでかい。元気やからええよ。

なんかええわぁ、田舎の総合病院。

けど今まで多くの胃カメラの現場で仕事してきたけど、人がやってるのを見てるのと自分が受けるのとでは大違い。

めちゃくちゃしんどいやんか。

みんなよう平気やったよね。みんな偉いな、辛抱強いのかな。

うぇ〜げ〜ヒーふぁ〜ハフハフはふ

「はい、ちょっとしんどいけど過呼吸なったらよけしんどいからゆっくり鼻から息吐いてねー」って。

鼻!鼻?私の鼻どこいった?穴空いてる?息、息、hーhーhーふーああ、そういうことか。

胃の中をぐりぐりカメラが動き回る感じ、引っ張られる感じ。ぎゃ〜タ〜す〜け〜テ〜。

たったの7分間だったそうだ。

終わったら軽いめまいでふらふら。

もう2度とやらない。

でもお産と一緒でまた受けるんかな。

前回の胃カメラは一昨年、入院中に腸ファイバーと一緒に鎮痛剤打ってやってもらったので何にもわからない間に終わった。

つまり体に負担がない分負担額が生じた。今回は市民健診なので無料。文句は言えない。

 

やれやれ、偉い目にあったな、ありがたいこってすけどね。

ポリープも無かった事だしともあれ病院での支払いも無かった。

病院の支払いもカードでできる今、現金の持ち歩きが減った。

それでも格安スーパーは現金払いだったりする。

というわけで時々銀行へキャッシュをおろしに行く。

「引き出し」をタッチ。

カードを入れ通帳を入れる。

ガチャガチャ読み込む音が続いて「取り扱い無理なんですけどー」的な表示が出た。2回目もだめ。

窓口のおねーさんに訴えると番号を渡された。

しばらくして別のおねーさんが「通帳の磁気不良でしょうか?」と聞きにきた。

「さぁ、それはわかりませんが取り扱いできないと出ます。」と正直に答えた。

しばらくしたら「磁気不良を入れておきましたので」と通帳を返された。ヘェ〜入れてくれたんやー磁気を。

今度は通帳は入ったが出てきたお札の角が破れて欠けている。

昨今、いろんな所で支払うけどほぼ機械だよね、これ大丈夫か?と、聞きに行く。

おねーさんが「ATMから出てきたので大丈夫かとは思いますがスーパーやなんかの機械で大丈夫かどうかはちょっと、、、、」いや、それを心配してるわけ。

「かけてないのに替えてくれないんですか?」と聞くと奥の方のおっちゃんと相談してる様子。

窓口に戻って来た。書類に個人情報を書けと言う。書きましたがな。なんでやねん。そらおたくの決まりではそうなんやろうけど。替えてはくれたわけやけど。

あー、なんや今日はちょっと具合の悪い日やったなぁ。とそんな日もあります。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミニチュア萌え。

2024-01-14 20:49:13 | Weblog

芽キャベツの収穫。

地元でずっと暮らす人ってロクマルになっても幼稚園からの友達とかが居るのよね。

ちょっと羨ましい。

そんなご友人の畑。有難いわぁー、いつも感謝です。

地元か、、、私はというと生まれてからずーっと狭い範囲での謎の引っ越しを繰り返した。

親の趣味?知らんけど。

一番キツかったのは受験を控えた中3の時の引越し。

ギリギリ学区は変わらなかったけど、電車通学の中学生はとても珍しかった。

それから5年。全く馴染みのないところで迎える成人式はアウェイだろー、知らん子ばっかりやん。

ってことで成人式は全無視でバイトバイトに勤しんだ。

当時、染色が趣味だった母親が染めた振袖。柄は私が描いた。

というのが今も認知症の母親の自慢。結局成人式には着てないけどね。

 

それはそうと、芽キャベツの実り方が衝撃的。

キャベツと全然別物ですやんか。

そして1個1個丁寧に前処理。無農薬野菜は虫さんとの取り合いになるのでね。

ソーセージやベーコンと炒めたりパスタに入れたり、もちろんシチューは王道。

ああ、なんて可愛らしいんでしょう。

やっぱりこのミニチュア感がたまらんですね。

というわけで今夜は「豆盆栽」の画像に釘付け。キャハハハ〜かわゆ〜♡

 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

限定の付加価値。

2024-01-08 23:07:23 | Weblog

限定マニアっているよね。

気持ちはわかる、そのプレミアム感。

あなただけって感じでしょ。

数に限りがございますと言う売り文句なわけだ。

そしてそれが転売ヤーに利用されたり。

ドリンク類には「今だけグラス付いてます」。

季節限定のお菓子類なら栗に芋など。

ハイブランドの世界は、、、知らんけど。

星の数ほどあるカラーペンの世界にも限定カラーは多い。

いや、別にさぁ、新色って出しゃあええやんって思うけどね。

最近の流行りはくすみカラーで薄ぼんやりした色だね。

大人っぽく可愛い。手帳の書き込みにオシャレ感出したりして。

インクの世界も絵の具や色鉛筆みたいに多彩。

 

こちらはPILOTのJuice0.5 限定カラー。

限定って、、、juiceって42色からの〜ってどんどん出る。

価格帯といい、色数といい、ZEBRA の SARSAの対抗馬って事かな。

楽しいね。どんどん対抗してくださいませ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする