13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

司法書士|根本的に司法書士試験の特色に関しては…。

2017-12-03 12:20:00 | 日記

実際とても難しいといったように言われております司法書士試験の難易度の状況は、大層キツイ様子で、毎年の合格率もたったの2%・3%と、法的な国家資格の内でも、トップクラスのまさに難関試験とされています。
毎年9月から、来期の司法書士試験に照準を合わせて取り組み始めるという方たちも、多く存在しているかと存じます。約1年あまりに及ぶ気力&体力が求められる受験勉強においては、あなた自身にマッチする勉強法を見出す工夫も必要であります。
現実「通信教育のユーキャン」の司法書士コースについては、毎年大体2万人以上に受講がされていて、そんなに知識を持っていない方だろうと、手堅く資格が取得することができるコツや学習法を自分のものにできるといった、高品質の通信講座となっています。
基本司法書士試験におきましては、1つの教科毎で2時間に限ってしか試験時間がございません。受験する人たちはその制限時間の範囲内で、ミス無く合格点を目指さなければいけないため、当然ながら迅速な回答は必須事項です。
通学講座コースかつ通信講座コースの両方を掛け合わせて受講可能な、受験生の間でも評価が高い「資格の大原」は、優れた教材一式と、さらに頼れる教師たちで、毎回司法書士合格者の半分以上の合格者を巣立たせる信頼と実績があります。

一般的に従来から、法律知識がゼロの段階から取り組み出し、司法書士試験合格に必要とされております合計の勉強時間は、「3000時間程度」と伝えられています。実際的に一発で合格を果たした人の勉強の累計時間は、3000時間前後と発表されています。
あらかじめ法律知識ゼロにも関わらず、短期学習で司法書士試験に合格することができる先輩もいたりします。彼らの過半数以上に当てはまっているところは、自らに合う「現実に合った正しい勉強法」を選択できたということでしょう。
事実「法をベースに問題に接することが可能である人」であるかそうでないのかということを見定められているみたいな、超高難易度の法律系国家試験としていわれているのが、ここ数年の司法書士試験の状況といったように思われます。
頑張って資格を取得し、この先「自分だけのチカラで挑みたい」といった堅固な志がある受験者でありましたら、いくら司法書士の難易度が高かろうと、その大波も絶対に乗り超えることが出来るはずです。
現実30万円以上から、それともまた合計50万円以上する、司法書士試験対策の通信講座もよくあります。これに関しましては受講スパンも、一年を越す長期に及ぶ通信コースであることが、ままあります。

実際司法試験と近い勉強法で行うのは、純粋にまっさらな司法書士試験のみの専業受験生と比較して、学習量がものすごくなりがち。それだけでなく適う結末とはならず、コスト(費用)とパフォーマンス(効果)のバランスが悪いです。
毎年司法書士資格の合格率は、ザッと1.75%という結果が出ています。近ごろ、法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とする法科大学院が建てられ、そこでの教程をクリアしたら、新司法試験を受験する資格が手にできます。
司法書士試験を受けるにあたっては、詳しい受験の制約なんてなくって、学歴に関しては問われません。であるからして、これまで、法律に関しましての勉強を1回もしたことがないような方でも、優れた学校を卒業した学歴を持っていなくても、どんな方でも司法書士の国家資格は得られます。
一般的に司法書士の資格取得は、合格率の数値が6%ほどとした結果が示されており、事務系国家資格のジャンルでは、難易度高の資格に入っています。ただし、全試験問題の中で少なくとも6割正解できたら、合格できるのです。
根本的に司法書士試験の特色に関しては、成績そのものを評価する試験で行われていて、合格できる定員人数をのっけから定めていないので、一言で言うと出題された問題の難易度自体が、直接合格率に深く影響します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 司法書士|司法書士対象の講... | トップ | 司法書士|学習にかけられる... »

日記」カテゴリの最新記事