マリアのぶろぐ ~山形聖マリアこども園~

山形市中心部にある幼保連携型の認定こども園です。
こどもたちの楽しそうな声が聞こえてきますよ。

やさしさプレゼントのお礼がきました

2019年02月27日 | 日記
園児の皆さんが、昨年がんばって貯めて、クリスマス礼拝式でイエスさまに捧げられたやさしさプレゼントが、2月初めに千原園長がフィリピンに訪問したとき、ダミアンセンターに届けられました。

ここは、マニラ郊外のカロオカン市バゴンシラン地区にある子どもたちのためのカトリック教会の施設で、子ども食堂や乳児のためのミルクセンター、無料の薬局などがあります。
毎日80人以上の子どもたちのために、あたたかいお昼ごはんが提供されています。
また、経済的な理由で学校に行けない何らかの障がいを持った子どもたちのためのモンテッソーリの教室も開かれています。
これらの活動はすべて国内外からの寄付によって成り立っています。

山形の子どもたちのやさしい思いとフィリピンのバゴンシランの子どもたちの祈りの心がつながります。




(翻訳)
千原通明神父様

「新しく生まれた命」の地(=教会の名前)から、あいさついたします。
聖ダミアン・センターの食事提供プログラム(子ども食堂)のために10万円のご寄付をいただきましたことに、祈りと共に感謝いたします。
このご寄付で1300人の子どもたちのためにミルクを一杯ずつ1ヶ月にわたり提供することができます。
また「マンナ」という栄養食品を70人の子どもたちのために1ヶ月食べてもらうことができます。
そして、300グラムのミルクを栄養失調の乳児たちに毎週提供できます。
山形聖マリアこども園の皆さんが思いやりの心でお金を貯めてきてくださったことに、心から感謝いたします。

イエスさまとマリアさまのみこころが、雪国の皆さんの活動を祝福してくださいますように。
キリストのうちに
シスター・アレハンドラ

あけましておめでとうございます

2019年01月01日 | 日記
皆さま、新年あけましておめでとうございます。

2018年、平成30年が無事に終わり、新しい年が始まりました。
この年も、神さまの祝福で満たされ、世界中の子どもたちが守られ、みんなが本当の幸せに生きることができますように祈ります。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

クリスマス会

2018年12月20日 | 日記
聖マリアこども園のいちばんの行事であるクリスマス会が、12月18日、山形テルサのアプローズで開かれました。
これまで一生懸命練習してきた園児の皆さん。
本番は多くの方々の前で緊張もあったと思います。
が、一人ひとり本当によくがんばって、すばらしいクリスマス会となりました。
きっと神さまもイエスさまも喜んでくださっていることと思います。

ご協力いただいた委員の皆さま、お疲れさまでした。
そして、どうもありがとうございました。

神さまの祝福が園児とおうちの皆さんの上に豊かにありますように。

写真は、リハーサルの風景から。上は年長児さんの聖劇。


聖劇のマリアとヨセフ。



これは、たんぽぽ組(満3歳児)さんの踊り。



年少児さんのおゆうぎの後の歌。



これは年中児さんの合奏の後の歌。

ひかりの子

2018年10月31日 | 日記
おかげさまで、先日のマリア祭は好天に恵まれ、すばらしい一日となりました。
園児の皆さんも、卒園児の皆さんもお友だちも、とても楽しんでいましたね。
ご協力いただいた皆さまに心から感謝いたします。

さて、当園が所属する日本カトリック幼児教育連盟の発行物に「ひかりの子」があります。
この9・10月号の表紙は、当園の千原園長による「家族の祈り」が掲載されました。

ご家庭でも、子どもたちといっしょにお祈りしてみてくださいね。


*************************
神さまのまなざしは光
たくさんの葉っぱにそそぐお日さまのよう

神さまのまなざしはいつくしみ
かわいた土にしみこむ雨のよう

神さまのまなざしは喜び
小枝ををやさしくゆらす風のよう

神さまのまなざしは祝福
小さなわたしたちを力づけてくださる
*************************

マリア祭(バザー)お知らせ

2018年10月12日 | 日記
10月13日(土)10時から13時まで、山形聖マリアこども園とカトリック山形教会の合同バザー「マリア祭」が開かれます。

こども遊び広場や、手作り品コーナー、焼きそばやカレー、飲み物などもあります。

地域の皆さんはもちろん、こども園に興味のある皆さんも園内に入ることができますので、どうぞお気軽にお越しください。
お待ちしております。