uso

雑記いろいろ
★書いてある内容に保証は一切ありません。
 ご自身で判断をしてください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

[server] OpenSSHとputty

2010-07-23 01:32:56 | インポート

今更ながら、SSH通信方法

■ VMのCentOSにログイン・・・しようとしたらrootパスワードを忘れた・・・

  login:
  で画面が止まってしまい、本当に困った。

  VMを消してOSを入れ直そうかと思ったが、余計大惨事になりかねないので、冷静にGoogle先生に聞いた。
  「シングルモードで起動しろ」
  だったので、起動方法を調べる。
  ブートローダーによってやり方が違うので注意。今回はGRUB。

  ① ロゴ画面で、何かキーを押せ
     →「login : 」の状態からどうやって再起動しろと?
     
     VM(CentOSか?)は「alt + Ctrl + Del」で再起動するらしい。これを調べるにかなり時間がかかった。。
     そして、再起動後、適当にキーを押すも、普通に起動する。何回やっても同じ。
     何で!?
     と焦っていたが、よく見ると、VMは「alt + Ctrl」でVMの操作を抜ける。 再起動後、VMをクリックして
     キーを押すと、ちゃんとBoot選択画面が出てきた(^_^;)

  ② 気を取り直して、次に、出てきた1行目選択した状態で「e」を押す。
     「e」=「Enter」の略、なんて思い込むと痛い目にあう。何度も再起動して気が付く。。。

  ③ 次に出てきた画面で「kernel~」と記述がある行を選択して「e」

  ④ 次の画面で「s」を入力しEnterキーを押す

  ⑤ 起動の最初の画面に戻ってくるので「b」を押す

  ⑥ 普通に起動してる?と一瞬思ったが、ユーザ名のところに「sh-3.2#」と出ていればOK

  ⑦ rootのパスワードをpasswdコマンドで変更(コマンド入れて、2回新しいパスワード入れる)

  ⑧ 「init 3」と入力すると普通のモードになる

  後は普通にログイン。大変に時間がかかった・・・。
  この辺とか参考になるかな http://www.obenri.com/_operation/singleuser.html

■ OpenSSHで鍵の作成



コメント
この記事をはてなブックマークに追加