時々囲碁日誌+

プロ棋士藤澤八段ブログ。教室、道場の話中心ですが、ガンダムやニコ動他そういう話題も・・・

王座戦最終局

2018年12月13日 | 読み物
第66期王座戦第5局は、井山王座の白番中押し勝ち、王座防衛、五冠を維持しました。一力挑戦者、七大タイトルに後一歩でした。七大タイトル最多獲得記録がかかる天元戦最終局は19日、「幽玄の間 」にて生中継、御時間の有る方、御覧頂ければと思います。

SGW杯結果

2018年12月09日 | 読み物
第1期SGW杯優勝決定戦は林漢傑八段の黒番中押し勝ち、となりました。解説会は趙名誉名人、聞き手は奥田あや三段でした。
教室には急遽、飛田二段が来て後輩達と打ってくれました。

SGW杯決勝

2018年12月09日 | 読み物
SGW杯優勝決定戦は三連勝の林漢傑八段VS安斎七段になりました。市ヶ谷本院で二時~、大盤解説会、解説趙名誉名人、入場無料ですので御時間の有る方、御覧頂ければと思います。

新人王就位式

2018年12月06日 | 読み物
一昨日、広瀬新人王就位式。新人王は将棋と合同開催ですので、藤井新人王と。報道陣が凄かったです。
今回新人王優勝した数日後、広瀬くんから「碁を教わった幼稚園に御礼に行こうと思います」と電話が有りました。彼は6歳の時、5級くらいで新宿教室に来る前住んでいたのは広島。二泊で指導対局して来ました。感謝の気持ちは大切ですね。有難う御座いました。
対局で欠席の飛田二段以外全員集合でした。

広瀬新人王「碁ワールド12月号」

2018年12月03日 | 読み物
更新が遅く写真が多数溜まりましたので、多めです。現在発売中の「碁ワールド12月号」広瀬新人王の表紙&特集記事が掲載されています。本人も嬉しかった様で後輩に勧めていたとの情報もありますので、是非ご覧頂ければと思います。
遅くなってしまいましたが「ヒカルの碁鑑賞会」ご覧頂いた方々、有難う御座いました。今回から番組形式が変わり、解説がアニメ終了後になりましたが、時間に融通がきく様になり、メールも多く読める様になり良かったです。次回も宜しくお願い致します。
先日の駒場祭、TLPのあげオレオ、中学まで教室生だったO君も東大生、サークル活動をエンジョイしていました。久し振りの再会で嬉しかったです。囲碁ブースには教室生も打ちに来ていましたが緊張気味でした。有難う御座いました。

明日ヒカルの碁鑑賞会

2018年11月24日 | 読み物
明日25日13時~ニコニコ生放送にて「ヒカルの碁鑑賞会」です。明日は一挙放送並の18話分です。御時間の有る方、是非御覧頂ければと思います。前回の写真。
今日の教室。明日は三の酉、前夜祭で今日も凄い人です。

高尾検

2018年11月23日 | 読み物
今週は高尾九段検討会。有難う御座いました。
滅多に日程が合わない飛田二段ですが今回は在京
教室で後輩の指導対局もしてくれました。
弟子達の協力、有り難いですね。

関東三大酉の市

2018年11月14日 | 読み物
新宿20時半。教室近くの花園神社、今日は二の酉、凄い人出です。毎年数十万人が集まる(前夜祭含めて)賑わい。今年は三の酉まで有りますが、江戸時代は「三の酉まで有る年は火事が多い」と言われていたそうですが根拠は不明です。
例年酉の市の時期になると、もう夜は肌寒いです。風邪等ひかれない様お気をつけください。

西日本復興チャリティ

2018年11月10日 | 読み物
今日は日本棋院で「西日本復興チャリティ」が有り、多くの方にご参加頂きました。私は前半のイベントでなく、後半の指導対局だけでしたが有難う御座いました。最近はブログ更新頻度が下がっていたのですが、対局した方に「ブログ読んでます」と言われたので何とか今日中にと・・・サルスベリの止め方完璧でした。有難う御座いました。

名人戦最終局(結果追記)

2018年11月02日 | 読み物
3勝3敗で迎えた名人戦第7局二日目、熱闘中です。名人戦、天元戦、王座戦、とタイトル戦3っつ掛け持ちの井山名人。以前羽生永世七冠との対談で永世七冠がハードスケジュールについて「朝起きた時、何処に居て何戦を戦っているのか」と思う事があったら危険信号と話されていましたが、移動、対局、帰京(帰阪?)、移動、対局、の無限ループ状態の様な井山名人は大丈夫でしょうか。張九段との激闘楽しみです。「幽玄の間」「ニコニコ生放送」にて生中継中、2時45分から、名人戦新聞解説で現地にいる本木八段がニコニコ生放送で解説。お時間のある方、ご覧頂ければと思います。
(追記)挑戦者張九段の白番4目半勝ち、名人奪還となりました。5年前、棋聖戦で井山挑戦者に敗れ無冠になった時に記者に心境を問われ「また獲ればいい」と呟く様に語っていましたが、有言実行。凄いですね。両対局者、御疲れ様でした。そして有難う御座いました。