goo

太陽と旋律

 歌はエイジアの「ミッドナイト・サン」

 

 2017年になってやっと付きまとい(と思われる)人物がいなくなったみたいなのでこちらのブログを復活させたんですが、このブログの方向性がなかなか定まらないです。今ここで「夢の能楽堂」を復活させてもよかったのだけれど、今ではもう「まぼろし能楽堂」のほうが完全にメインのブログになっていて、いまさら「夢の能楽堂」を復活させる意味がないし、ここでは何か本家とは別のことをたまにやろうかなと思ってます。

 

 「夢の能楽堂」を終わらせた当時は以下の文献を参考にしました。モラルハラスメント(モラハラ)や自己愛性人格障害に関する研究サイトなどもいろいろ調べました。

 

・「ストーカーの心理 治療と問題の解決に向けて」

(ミューレン、パテ、パーセル、サイエンス社)

・「ストーカーの心理」(荒木創造、講談社+α新書)

・「パーソナリティ障害」(岡田尊司、PHP新書)

・「境界性パーソナリティ障害」(岡田尊司、幻冬舎新書)

・「人格障害の時代」(岡田尊司、平凡社新書)

・「ぼくが最後のクレーマー クレーム攻防の方法」(関根 眞一、中央公論新書)

・「インターネット依存症 ネトゲからスマホまで」(岡田尊司、文春新書)

・「性犯罪者の頭の中」(鈴木伸元、幻冬舎新書)

・「ザ・ジグソーマン 英国犯罪心理学者の回想」(ポール・ブリトン、集英社)

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

不思議の国のアリーチェ

イメージ:ヤン・シュヴァンクマイエルの「アリス」

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東の妖精

名は天章院。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

i o u

本家ブログより抜粋

アラン・ホールズワース Allan Holdsworth(1946-2017):

 イギリス・ヨークシャー出身のギタリスト。イギンボトムでデビュー。ソフト・マシーンやテンペスト、ゴングなどのさまざまなグループを渡り歩いた後、ソロとして活動。

 

語録

「…コードやハーモニーの捉え方が学校で習うようなのとは違うんだ。スケールにも他の人とは全く違う名前を付けている。名前っていうよりシンボルを付けているんだけどね」※1

 

「普通はメロディと言ってもよく使われるアベイラル・ノートのスケールを基準にしているわけだけど、私の場合はその並び方が少し違うんだ。これまでのピアノを基準にしたスケールとは、ひとつひとつのスケールの音の並び方が違うんだよ。全部ギターのフレット上を基準にした、視覚的な音の配列がなされているんだ」※3

 

「情報っていうのはコードやスケールの使い方、ハーモニーとの関係など自分で勉強したことなんだ。たくさん知っていればいろいろなことができるんだよ。数学のようなものだね」※1

 

「例えばペンタトニックなら12345、12346、12347という風に、全ての組み合わせを書き出した。6音スケールも、7音スケールも、すべて同じことをやったんだ。その中から半音が4つ以上続くものを除外してから研究した。わかったことは、コードというのはスケールの一部だということだ。固定されたボイシングというよりネック上の音の配列として見た」

(教則ビデオより)

 

※1「PLAYER」93・8

※2「MARQUEE」046

※3「ギター・マガジン」93・3

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

追悼

心よりご冥福をお祈りいたします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

さくらもち、香る

甘い花の香り。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

モモローグ

モモトロ皇子と3匹の傭兵たち

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ロックンロール・ドリーム

そいつは見かけ通りじゃない。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

テスト投稿 ~はじめに

 あらかじめお断りしておくと、決してブログ「夢の能楽堂」を復活させたわけではない(おそらくそれはもうできない)。今後ここで待ち伏せ投稿されずに活動できるかどうかを、少しテストしてみたい。

 

 2013年9月のこと、私はgooのブログ「夢の能楽堂」を泣く泣く閉鎖せざるをえなくなってしまった。

 これにはいろいろ事情があるが、最大の理由は当時、見ず知らずの人間から執拗に待ち伏せ投稿(そうとしか思えない)されていて、ひどく苦しんでいたからだった(私の側から何かをしたという事実は一切ない。というか、こっちは読んですらいなかった)。Gooでは記事を出せる場所が限られていて、逃げようにも逃げる場所がなかった。「夢の能楽堂」の活動をあきらめざるをえなかった。とても悲しかった。

 

 中途半端な形でほったらかしにしてしまったこのブログをどうするのか気にかかっていた。完全につぶすのか、「夢の能楽堂」を完全復活させるのか、以前とはつながりのない活動をするのか。

 現時点においても以前の状況がいつ再燃するかわからない状態なので、復活させたくてもさせることができない。このブログを今後どうするのかについてはしばらくここで試験的にやりながら考えていきたい。

 

今後どうするか、しばらく様子を見てみたいと思います。 夢の能楽堂

 

本家のブログはこちらです。 → まぼろし能楽堂

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ブログ移転先のお知らせ

 ブログ「夢の能楽堂」は2013年9月をもって活動を終了いたしました。

 その最大の理由は当時「夢の能楽堂」がつきまといを受けた可能性があったからですが、その状況から逃れるため、当時ブログの移転先を公表することができませんでした。今では状況がいくらか変わってきたようなので、ここにお知らせいたします。

 

 2013年の秋から「夢の能楽堂」は以下のブログで活動を継続しておりますので、興味がありましたらご訪問いただけると嬉しく存じます。これまで「夢の能楽堂」に投稿したイラストやマンガなどはこの新しいブログに投稿しなおしていく予定でいます。移転先の紹介までに1年以上もかかってしまったことをお詫び申し上げます。長い間ありがとうございました。

 

→移転先

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )