「桜井けいいち」活動報告

元宇都宮市議会議員「桜井けいいち」の活動報告

北西部地域体育施設

2022年03月27日 | Weblog
皆様こんにちは、ご無沙汰しております。

3月25日に、「北西部地域体育施設整備基本計画」の概要が発表されました。
平成19年に、多くの皆様にお世話になり政治家となったときの私の政策の一つでありました。

市内の均衡ある発展、スポーツの振興、健康づくりのために、地元地域の皆様方が行動を起こしてくださいました。
平成24年に、宇都宮市へ要望書。 平成25年に市議会へ陳情書を提出していただき、様々な関係者の皆様にご理解とご協力を
賜りまして陳情が採択され、今日に至ることが出来ました。

これにより、スポーツの振興と健康づくり、市内の均衡ある発展のスタートに立つことが出来ました。
北西部地域体育施設を創ることが目的ではありませんので、市民の皆様方には、今後とも、ご理解とご協力、ご意見を賜りますことを宜しくお願い致します。

節分、立春❣

2022年02月05日 | Weblog
皆様こんにちは!
ご無沙汰しています、9か月半ぶりの書き込みです。
旧年中は、多くの皆様にお世話になり、ありがとうございました。

今年の節分では、地元、徳次郎町の智賀都神社にて節分祭が行われ、新型コロナウイルスの関係で豆まきは中止となりました。
例年、晃陽中学校の60歳を迎える同級生が参加して厄払いを行うことが通例となっていますことから、参加をさせて頂きました。

節分、立春が過ぎ、暦の上では春を迎えましたが、まだまだ寒い日が続きますので、ご自愛ください。
皆様の本年1年が、幸多かれとご祈念いたします。
今後とも、お世話になります。

櫻井啓一

ご挨拶

2021年04月22日 | Weblog
この度の公職選挙法違反 被疑事件の件ですが
報道等にもありましたが、
昨日の21日に、宇都宮市議会議員を辞職いたしました。

この件に関しては、公職選挙法に違反すると疑われる行為を行い、
多くの皆様にご迷惑をかけてしまったことは事実であり、
様々な関係者の皆様と相談した結果、
自ら議員を辞職して、社会的責任を果たすべきと考えました。

改めて、お詫びを申し上げますと同時に、ご指導賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


令和3年第2回市議会定例会開会

2021年02月26日 | Weblog
令和3年第2回市議会定例会が2月25日に開会され、3月23日までの27日間の日程で行われている。

25日の開会日には、議員報酬5%削減の来年度1年間延長が即決で可決された。

新年度予算の概要は、一般会計規模で、2,290億円程度(昨年より160億円程度の増)
特に、新型コロナウイルス感染症の拡大防止と社会・経済活動の両立や、自然災害への対応としての治水・雨水対策を含む「安全・安心のまちづくり」、夢や希望がかなうまち「スーパースマートシティ」の実現、「ネットワーク型コンパクトシティを支える都市基盤整備」などに積極的に予算計上されたものである。

また、「誰もが生涯を通じてスポーツを楽しむ社会を実現する」ための、令和4年度の「いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会」を見据えたリハーサル大会の開催や、北西部地域体育施設の整備に向けた基本設計の実施も含まれている。

令和2年度の補正予算については、新型コロナウイルス関連による増額・減額の様々な予算の上程や、条例の制定・一部改正及び廃止、工事請負契約の締結、市民からの陳情などが議案として上程されている。

慎重に議論し、審議して参ります。

令和3年第1回市議会臨時会

2021年01月28日 | Weblog
本日1月28日、令和3年第1回市議会臨時会が開催された。

専決処分の報告1件と令和2年度一般会計補正予算(第9号)の議案1件を採択
議員案第1号として、国に提出する「新型コロナウイルス感染症対策の強化を求める意見書」を採択

補正予算については、新型コロナウイルス感染症の拡大防止などに速やかに対応するため、歳入歳出それぞれ8億6,200万円の追加計上
内容として、「救急医療対策費」「予防接種費」「中小企業対策費」「成人式費」であり、歳入については「国庫支出金」および「財政調整基金繰入金」である。

商工費についての「中小企業対策費」は、営業時間短縮要請に協力した事業者に対する協力金の支給額6億1,500万円で、栃木県を通して国からの交付金に宇都宮市の独自予算を上乗せして支給する。
又、中心部やJR宇都宮駅東西などの商店街を警察と商工関係機関、宇都宮市の合同でパトロールを実施し確認している。

新型コロナウイルス感染症の様々な対策を実施している医療関係者や民間企業、市民団体、行政の皆様に感謝を申し上げるとともに、各自お一人ひとりの危機意識と日頃の感染拡大防止対策に取り組んでいきましょう!

ご挨拶

2020年12月29日 | Weblog
この度の一連の新聞報道等におきまして、慎重性が足りず、多くの皆様にお詫びを申し上げます。

深く反省し、今後は信頼を取り戻して参りたいと考えておりますので、ご指導賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

櫻井啓一 

令和2年第5回定例会開会

2020年12月01日 | Weblog
11月30日本年第5回定例会が開会し、12月23日の期間で開催される。
給与改定の減額等に伴う補正予算が即決で可決され、その後、市長選挙後初めての議会で、佐藤市長の所信表明があった。今後とも、二元代表制としての議会活動を実施していく。

定例会の概要は、下記の通り。
一般会計の補正額は、6億7,332万円余の増額補正
特別会計の補正額は、1,257万円余の増額補正、総額で6億8,589万円余
指定管理者の指定については、45の施設であり令和3年4月1日から開始となる。
10ブロックに編成された子どもの家の施設と市営住宅も対象となっており、重要な議案のため慎重に議論していきたい。

徳次郎町の呼び名の変更や工事請負締結、市民からの陳情も慎重審議していく。

新型コロナウイルスの拡大防止に努めながら、議長としての職責を努めて行きますので、よろしくお願いします。

とちぎテレビの「なるほど うつのみや市議会」のテレビもご覧ください。


令和2年度第4回定例会

2020年08月26日 | Weblog
第4回定例会(9月議会)が、8月26日に開会した。
今回の議案は23件で、人事案2件、予算案3件、条例案6件、その他の事件議決案12件である。
予算案の1件は、一般会計16億2,264万円余の追加補正
・その内訳は、民生費として、来年4月1日までに生まれた新生児1人当たり10万円の給付金配布(新型コロナウイルス対策費)やキッズゾーンにおける安全対策の実施
・衛生費として、全世代の市民に対し、インフルエンザ予防接種費用の助成
・災害復旧費として、令和元年度台風19号の農地・農業用施設災害復旧工事の追加工事など
* いずれも本市独自の事業である!
補正予算その他2件は、介護保険特別会計と競輪特別会計である。

その他、市民からの陳情審査と、昨年度の一般会計決算及び13件の特別会計決算の認定と、上・下水道事業会計決算と中央卸売市場事業会計の余剰金の処分及び決算の認定がある。

新型コロナウイルスの感染対策を行いながら、慎重審議に努めて参ります。

8月(葉月)

2020年08月02日 | Weblog
8月に入ると同時に梅雨が明けた! 例年より10日ほど遅い。
また、日照不足と雨による農業の被害も多く、農家と消費者への悪影響、さらには、屋外で仕事をする業種の方々も能率が悪く、様々な影響も出ている。
また、梅雨前線の停滞による、全国的な災害が発生し、お見舞いを申し上げる。今後の復旧・復興が進み、台風の発生と上陸が無いことを祈る。

新型コロナウイルスの感染拡大が、残念なことに発生しており、一人ひとりの感染防止対策と危機管理は重要である。
例年の夏祭りやイベントが中止となり、また、お盆を迎え故郷に帰省できないことも想われ、誠に残念であると考えている人も多いのではないか。
小・中・高校も夏休みが短く、複雑な気持ちであるが、何か一つ思い出に残る夏休みにしていただきたい。

梅雨明けと同時に、セミの鳴き声が変わり、自然と動物の素晴らしさに感動した。
8月7日には、暦の上では立秋となるが、まだまだ暑い日が続きますので、熱中症に気を付けてお過ごしください。

8月26日からは、9月定例会が開会し、その準備が来週頃から動き出します。
熱い、暑い夏を健康でお過ごしください。

令和2年第3回定例会閉会

2020年07月04日 | Weblog
7月1日定例会が閉会しました。
新型コロナウイルス感染症対策基金の条例制定や、その為の追加補正予算
当初補正額は、157億2047万円余、閉会日には更に追加補正として、19億3823万円余を採択し、
一般会計・特別会計総額として、4473億9776万円余となりました。

内訳は、国の補正予算に伴う対応として、ひとり親世帯臨時特別給付金、金融対策費、GIGAスクール構想の前倒し、小・中学校保健衛生費などで、
本市独自の対応として、中小企業対策費、プレミアム飲食券など様々な内容の補正予算です。

また、鶴田第2、宇大東南部第2、岡本駅西土地区画整理事業の追加補正、工事の請負契約の締結などと、市民からの陳情などを慎重に審議しました。

今回は、新型コロナウイルス感染対策のため、議会への傍聴人数の制限や、3密を避けた席の設定と換気、一般質門の時間短縮や人数制限を実施し、無事閉会になりました。

新型コロナウイルスの感染が収束しない現在、改めて危機感を持ちながら生活していきましょう。