きままな無線日記 JS1XQX・サイタマMS118

アマチュア無線・市民無線・特定小電力に関することを書き綴っています。

リベンジSV2018 勝手に8.5移動大作戦 顛末記

2018年08月08日 | 日記

SV2018は台風の影響で移動運用ができなかったので、振替として今回移動運用を行いました。

移動先は埼玉県秩父郡小鹿野町両神山(1723m)。

6時過ぎに日向大谷より登山開始しますが、もうすでに暑い。

会所までは比較的なだらかな道、その後は何度か沢を横断しながら清滝小屋に到着。

ここからは鎖場も出てくる悶絶タイム、日差しもいよいよ厳しくなり滝のような汗が噴出します。

バテバテになりながらようやく山頂にたどり着くことが出来ました。

Eスポも出ているようで違法局のQRMも非常に厳しく、取りきれない場面もあり難儀しました。

振替の山岳移動局を期待していましたがそれほど多くなかったようで少々残念でした。

下山時も暑さは相変わらずで、1か月分の汗を1日でかいたような気がします。

夏場の登山はさすがにしんどいですね。

 

 

<移動地考察>

登山口までのアプローチも結構不便で、一般的な登山ルートの日向大谷からのルートでも

標高差1000mとなかなかハードな道のりです。

山頂は非常に狭いため、春秋のシーズン中の運用は苦労すると思います。

関東平野方面には十分開けていますので、問題なく飛んで行ってくれます。

北・中央・南アルプスも見通し範囲ですので、山岳回折も期待出来そうです。

【総評】 山自体は山岳信仰の荘厳な雰囲気で面白いのですが、無線目的なら

     同じくらいのタイムで登れる甲武信ヶ岳、大弛峠からショートカットで登れる

     金峰山や国師ヶ岳・北奥千丈岳の方をおすすめします。

  

  

  

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« リベンジSV2018 勝手に8.5移... | トップ | 2018年 秋の一斉オンエ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿