岐阜市発・健康ソフティーバレーボール(ソフトバレー)
岐阜市で生まれたニュースポーツ。バレーボールとも違う・ソフティーバレーとも違うスポンジボールを使う男女混合スポーツ。
 



競技場及び用具
コート *18mx9m 5cmの区画線(ラインの幅)
*アタックラインはネットの真下より3m後方
ネット 高さは、2m20cm(中央部で測定)
ボール

「ケンコウソフティーバレーボール 210」


チームの構成
競技者 試合のときは、最低9名・最多12名。練習試合は5~6名(1チーム)で出来ます
その他 試合のときは、抗議や選手交代・タイムを取るために監督が必要。監督も選手登録があれば試合参加は可能です。
位置とローテーション

サーブ権を奪い返したとき又は、味方サーバーが3回サーブを続けたときにローテーションを行い、後衛ライトの位置についた選手がサーブを行う。 


競技の仕方
パスの制限

*相手への返球は、必ず4回のパスをもってする
*1度の返球について4回のパスのうち同一競技者は、1度しかボール
 にふれることが出来ない

*4回目のパスボールがネットに触れた時は、もう1回パスができる(そ
  の時の5回目のパスは、競技者6名のうち誰がバスをしても良い)

フロントゾーンの制限

*ジャンプして片手での返球はファール
*パスアタックの場合、ネットより下方向に打ったらファール
サービス権

*試合開始のサービス権は、トス又は、じゃんけんによって決定するが
 その後は得点を得たチームに移る
*第2セットは、第1セットの開始時にサービスを行わなかったチーム
 から行う
*第3セットは、再度トス又はじゃんけんによって決定する。

サービス順と
交代

*サービスは1回のみ
*サービスはバックライトの位置の競技者が行う
*同一サーバーが連続3点取得したら、ローテーションをして次
 サーバーに交代する。
*サーバーが途中で義務交代等によって交代した場合は、その
 残り数のみのサーブ数を代わったサーバーが打てる

競技者の
義務交代

*いづれかのチームが7点、14点を先取した段階で、両チームとも
 3名の競技者の交代をしなければならない。
*14点目の義務交代は、7点で交代しなかった競技者と交代しな
 ければならない
*第3セットに限り、義務交代のルールを適用しなくても良い

チェンジコート

*セットごとに行う
*3セット目においては、いづれかのチームが8点に達したときに行う
(チェンジコートが行われないままゲームが進行したときは、気づいた時点でチェンジコートを行い、得点はそのまま有効とする)

ゲームの勝敗

*得点は、ラリーポイント制
*第1・第2セットは、21点先取したチームがそのセットの勝者
*第3セットは15点先取したチームが勝者
*試合のセット数は、3セット
 とし、2セット先取したチームを勝者とする


プレーにおける主な反則
ドリブル サーブレシーブの時は、2回以上当たっても良い
ホールディング ボールはどの部分に当たっても良いが、必ずヒットしなければならない
タッチネット

プレーに直接影響の無い場合は、触れても良い

ポジショナル  フォールト

前後の位置は守らなければならないが、左右との前後関係は、守らなくても良い。(2006/8変更)

インターフェア-

インプレー中相手コートの人に触れたり、相手のプレーを妨害したとき

その他
サーブの試技 そのサーブで一回のみ
交替の時期 義務交代と通常交代は、同時に行える
義務交代は主審の指示による
通常交代は、チームの指示による
通常交代は、競技の再開を待たず続けて取ることは出来ない

ボールの    インアウト

ボールの接地面がラインの中央又は、内側でイン



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



   健康ソフティ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。