喫茶店と猫と風景と

訪ねた喫茶店の記憶

喫茶店の家具を、あなたのもとへ

2018-10-30 19:53:58 | その他
2018.9.19 ジュンク堂池袋店
『喫茶店の椅子とテーブル ~村田商會がつないだこと~』(実業之日本社)刊行記念のトークイベントがありました。
発売されてすぐに購入したかったのですか、イベントでの方が良いかと思い、待っているうちにそのイベントかとても凄い所まで来ていて、改めて尊敬して止みません。
早くも今の世の中で注目度が高い事も実感するこの頃。
村田さん、さすがです。
兎にも角にもお人柄なのでしょうか。
まわりが放っておけない人というのも凄い事だし、SNSが発展して人を繋いだとてもいい結果のように見えます。
この日も司会の方の心地良い進行のもと、簡潔に流れが掴めたトークショーになりました。

コメント

がんか食堂 卓上の天国

2018-08-25 09:02:37 | その他
2018.8.3 新宿眼科画廊
ツイッター界で喫茶店を巡る新たな一派の流れがある。
難波さんを取り囲む世界が有名な純喫茶界隈だったけれど、難波さん以外にも巡ってる人たちの多さ。
どこか難波さんのマネではない主張がそこここに感じる。
独自の喫茶店論やら独自の視点での写真やら、SNSの広がった今だからこその現象が発展している。
古くから地道に訪問記録を書き留めて来た先駆者はもう仙人の領域だけれど、これから頑張って行く人たちは試行錯誤して自分だけの自分だからの何かを見つけて、表現したいと思っているのをひしひしと感じた。

普段生活しているまわりの世界では見つけられなかった友達を今はツイッター界で知り合えたりする。
ファンが多くなってしまうと憧れや嫉妬も出てくるかもしれない。
でもそれはそれで、自分自身も一目おかれる人物になろうと努力したり、活動したりで良いことに思う。

可愛らしいバッジを見つけて買おうと思いレジまで行ったら、レジ内に6名くらい若き人たちが。
でも参加してる作家さんはその中のうち一人だけだと言う。
どんだけ皆こちらの画廊が好きなんだろう。
そんな若き世代の溜まり場なんだろうか。
歳をかなり取ってしまった私。
ツイッター界の喫茶店関連が気になりつつも距離を感じるのでありました。
コメント

ラグナヴェールOSAKA

2018-02-12 21:30:07 | その他
先日結婚披露宴に出席しました。

鮮魚のセミクルード 華やかな旬野菜と共に

フォアグラのフラン

真鯛のポワレ 魚介のソース

〜お口直し〜旬果実のグラニテ

牛腿肉の低温ロースト

レアチーズのムース

コーヒー パン
コメント

黒猫喫茶

2017-06-08 16:45:01 | その他
去年の6月いっぱいで閉店してしまった喫茶店です。
白山の駅前にありました。
猫カフェではなく、喫茶店の中に猫が3匹居ました。
3匹とも人間が大好きで、特にソファ席に座ると膝に乗ってくれたり、本当に可愛くて癒しをたくさん貰いました。
平日はいつ開いているかわからなくて、何度も歩いて歩いて行ったけれど、開いてない事の方が多かったです。
それでもひたすら通った日々が懐かしく、幻のようです。

2016.5.13.
コメント

昭和喫茶家具展

2017-05-25 20:31:22 | その他
2016.10.10.猫町アートスペース(谷中)

村田商會さんの家具の展示がありました。
マッチの展示や美味しい珈琲も頂けたり、喫茶店談議も出来たり。
新たなビジネスを好青年である村田さんが誠意を持って一人で頑張っていらっしゃいます。
いわゆる中古の家具としてではなく、愛された歴史やその耐久性と思い出をまとった家具として、ずっと大事にして行ける時間を再度作るという、すごい仕事です。
まだまだ使えるものたちが、全う出来ますように。これからも救って欲しいです。

2016.5.13.
谷中の1回目の家具展。
コメント