グァテマラ日本人学校

日々の学校の様子をお伝えいたします。

再開

2018-08-26 17:53:15 | 日記
 このブログを立ち上げるのに非常に多くの時間がかかりましたことお詫びします。学校の停電により、パソコンがまったく機能しなくなり、その後なかなかブログ再開できませんでした。

 さて、本校では、8月中旬、まだ日本は猛烈な暑さが続いている中、第2学期が始まりました。2学期には恒例の藍染め体験学習が控えており、夏休み中に準備をしてきた子どもたちもいます。その様子は後日お知らせ致します。始業式で話したことは、本校が全国誌である、「海外子女教育」の8月号に載せていただいたことです。以前にも紹介をしていただいておりますが、最近の様子がある程度わかります。掲載した文章を紹介します。

 「北米から南米へとつながる地峡、南西に太平洋、北東にカリブ海と二つの大海に面し、深い緑の森と色鮮やかな鳥や花に恵まれた国、グアテマラ。人口約1600万人。面積は約11万平方㌔㍍で、日本の本州の約半分である。首都グアテマラシティは北緯14度と比較的赤道に近いが、標高1500㍍に位置するため、常春の穏やかな気候である。
 民族構成は、マヤ系先住民が46パーセント、そのほかの先住民が24パーセント、白人との混血であるメスティーソを含む欧州系が30パーセントと、中米のなかでも先住民の占める率が特に高い国である。
 世界的なコーヒーの産地として知られるほか、世界遺産に指定されているティカルなどの古代マヤ遺跡、コロニアル調の美しい街並みが残る古都アンティグアなど、観光資源が多い。
豊かな自然のなかで、マヤの歴史、スペインの遺産、現代文明が鼎てい立りつした多彩な文化を誇るこの国には、未来への大きな可能性が広がっている。現地の教育環境、グアテマラには、インターナショナルスクールや日本人学校をはじめさまざまな国の学校がある。現地の公立学校では、スペイン語のほかにマヤ語をはじめとした先住民の言語も指導している。これらは部族ごとに異なり、マヤ語系だけで国内で二十以上もの言語が存在する。
 公立小学校では学力向上がはかられ、日本からの技術協力でつくられた算数の教科書が国の教科書として使われている。
オンリーワンスクールを目指して 本校は開校以来今日まで40年以上の長きにわたり、熱意を持った数多くの在留邦
人や教職員の努力によって築かれてきた。全校児童生徒数は七人と小規模だが、
教育目標を知・徳・体のバランスがとれ、グローバル社会でたくましく生き抜くことができる子の育成と掲げ、少人数だからこそできることは何かをつねに念頭に置きながら、日本人としてのアイデンティティを保ちつつ広く国際社会で活躍できる人材の育成に取り組んでいる。
《目指す学校の姿》
 笑顔があふれ、仲間のよさを認め合い、自他共に大切にする学校の実現を目指して、
 合いことば グァテマラ を掲げている。
   「グァ」⋮ がんばろう! どんなことも
       「テ」  ⋮ 手をつなごう! どんなときも
          「マ」  ⋮ まっすぐな心で取り組もう
             「ラ」  ⋮ ライバルは自分自身
《本校の特色ある学校行事》
 グアテマラの染織の第一人者である児嶋英雄先生が指南する藍染め体験学習は、開校当初から続く夏の伝統行事となってる。保護者や婦人会も参加するなか、低学年は絞り染め、中高学年からはろうけつ染めでTシャツやバッグなどを作成する。自分でデザインした模様や柄が藍に染まっていく過程は、わくわくドキドキである。
 オーストリア校Instituto AusutriacoGuatemaltecoとの学校交流では継続した取り組みを行っている。互いに学校を訪問し合い、日本とオーストリア、グアテマラの文化紹介のあとは、水泳や球技等のスポーツ交流を行う。昨年度は書道体験や日本の昔遊びを行い、各自が書いた友情を手に集合写真を撮った。
 冬には、多くの在留邦人が参加するもちつき&ジャンボかるた大会がある。PTAが、つきたての餠をあんこきなこ
いそべに味つけし、秘伝のレシピによる出し汁が自慢のお雑煮をふる舞う。校庭を使ったジャンボかるた大会では、百
人一首や慣用句、スペイン語、グアテマラかるた取りで大いに盛り上がった。
 そのほかにも、こいのぼり集会、七夕集会、節分集会、ひな祭り集会など日本の季節にちなんだ行事に取り組み、日々の学校生活を充実したものにしている。」
   
 これからもよろしくお願いします。

        
コメント

交流会第2弾

2018-07-12 08:44:14 | 日記
 雨季の合間、カニクラと呼ばれる時期に入り、晴れ間が見られる日々が続いています。しかし、このようなさわやかな日は1ヶ月くらいで、また、雨の多い日が続くようです。大雨が降ると必ずといっていいほど地方で大きな水害となり、洪水のように家々が流されています。グアテマラはこんな状態ですが、日本の水害ニュースはグアテマラにも届いており被害にあった人が非常に多いと知りました。ご冥福をお祈りします。また熱帯夜が予想されるとも聞きました。当地、グァテマラシティは1500mの高地にあるため、30度を超すことはほとんどなく、25度くらいが最高温度です。ですから、熱帯夜ということはなく、ほとんどのアパートにはエアコンはありませんし、日本のような蒸し暑さはありません。冬場は寒いと感じる時はありますが、肌が乾燥することはありません。日本にいるときは、よく手の指や足の裏などにヒビができることがありましたが、こちらでは一度もありません。

さて、昨日は恒例のオーストリア校との交流会でした。5月に相手校に訪問しましたので、今度は本校が受け入れました。
両校校長挨拶のあと、日本文化紹介をしました。なじみのあるアニメなどを中心に、折り紙や相撲、日本食紹介などをスライドを使って説明しました。そして、実際にアクティビティとしてこれらの活動を行いました。折り紙は難しい折り方のはやめて、ポケモンやキティなど親しみのあるものの作り方を教えました。それから「妖怪ウオッチ」の体操を運動場で行いました。とても楽しく踊りました。それから相撲です。運動場に石灰で円を描いて順番に取り組みました。どれにもみんな元気よく行い、笑顔が絶えない活動になりました。
 昼食は、日本食レストランで頼んだ弁当で、箸付きです。意外にも箸の使い方が上手な子もたくさんいました。中には、珍しい和食弁当をママに見せるといって、そのまま持ち帰る子もいました。みんな日本の文化に魅力を感じてくれたようです。
 とても充実した時間を過ごせました。また来年もやろうね、と約束して見送りました。

                                         
コメント

業間活動

2018-06-19 08:34:41 | 日記
 日本の大阪地震では、死傷者が出たとのニュースは、ここグァテマラにも届いています。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。今後の余震や他地域での地震が心配されます。グァテマラも、地震の心配がありますが、防災に対する意識は低い気がします。日本であれば、防災グッズなどあちこちで売られていますが、コーナーを設けてまで販売している様子は見たことがありません。自分の観察が足らないかも知れませんので、もっとそのあたりをよく聞いて確かめたいと思います。
 さて、子どもたちですが、突然の大雨や雲空に負けないで、明るく元気に生活しています。業間マラソンも毎週続いています。小学生なのに中学生を追い越すくらい頑張っている頼もしい子もいます。先日卒業生が来校し、当時の様子を語ってくれましたが、今のように週1回ではなく、毎日走っていたそうです。「その時間が来る前は、いつも雨が降らないかなあと考えるくらい、いやなときがありましたが、やっていて良かったと今は思います。」という話にみんな驚いていました。
 今季のプール実習も終わりました。交流校のオーストリア校のプールは低学年用、大人用の大きなプールがあります。大きなプールは、だんだんと深くなり、最も深いところではなんと3㍍以上もあり、飛び込みの練習ができます。最終日には、溺れそうになったとき、あわてることなく浮く練習をしました。ペットボトルやビニール袋を使って浮くなんて信じられなかった子どもたちですが、こつを教えてもらい上手に浮くことができるようになりました。
日本で勤務していた学校でも、着衣水泳で、ペットボトルを使って浮く練習をしていたことを思い出しました。

           

      
        
コメント

6月長雨 そして 火山噴火

2018-06-06 16:00:38 | 日記

 このところ、曇り空が続いています。毎日すっきりとしない天気で、日本の梅雨を思わせます。
特に午後から強い雨が降ると、大渋滞が起き、自宅に着くまでにかかる時間は普段の2倍、3倍になってしまいます。
先日起きたフエゴ火山噴火の被災地では、雨で流れてきた火砕流が溶け出して、二次災害が起きるのではないかと心配されます。死亡者、行方不明者が相当な数に上っています。日本も火山国です。同様のことがいつ起きるとも限りませんので、このような天災は人ごとではありません。
 学校は離れた場所にあり、付近も火山灰こそ降りましたが、短時間で掃除できる程度で済みました。日本で応援してくださっている皆様には、ご心配をおかけしました。児童生徒も教員もみな無事です。
 この災害に対し、グアテマラ国内もすぐに支援の呼びかけがありました。当国日本人会からも支援要請があり、多くの方々が協力し、食料、日用品を提供しています。私もわずかながらも協力しました。一刻も早い復旧が望まれます。






  
コメント (1)

雨季です

2018-05-24 15:25:29 | 日記
 学校は停電続きで、電話が不通になったり、メールが受信できなかったりと困ってしまうことが何回かありました。もう40年以上使っている校舎は、あちらこちらに老朽化の影響が出てきています。職員室も校長室も停電になると、真っ暗で仕事が滞ってしまいます。専門業者が壁を壊して、配電盤を替えましたが、その後の処理が適当で、唖然としています。私が学生時代に工芸の教官から厳しく言われていた言葉があります。「クラフトマンシップ」です。職人気質と訳されていますが、当時は、「隅々まで徹底して仕上げなさい」と注意されました。その事もあって、いかにもやりっぱなしの状態には驚きました。

 グアテマラの生活も1年が経ち、さあ、今年は去年よりもしっかりと進めようと意気込んでいたのですが、体調を崩したり、けがをしたりして、ブログが滞りがちになってしまいました。いつも読んで下さる皆様にお詫びいたします。
 
 5月半ばから、雨の日が増えてきました。主に夜間にザーと降り、日中は晴れて暑いくらいです。しかし、本日は昼間に大雨になりました。小一時間強い雨が降りましたが、日本のようにじめじめと長雨にはなりません。雨季の期間は10月まで続きます。非常に長い期間ですが、昨年の様子からすると、午前中は晴れ、午後から降ることが多いようです。下校時に大雨になると、スクールバスは大幅に予定時刻を越えてしまします。なぜなら大渋滞になるからです。渋滞が日常茶飯事のこの街が、さらに渋滞になるのです。慢性的な問題ですが、一向に解決しません。

 さて、今月の話題はオーストリア校との交流会です。この学校との付き合いは、長い歴史があります。まず、こちらから相手校を訪問します。オーストリアの学校の紹介や、グアテマラの遊びをいっしょに学びます。その後は自慢のプールで交流です。今年は、対象年齢を本校に合わせて下さり、お互いに和気あいあいと楽しく活動ができました。交流には言葉の問題を避けて通る訳にはいきません。事前にスペイン語を教師もいっしょに学習しておきました。相手校の教師には、日本語の勉強をしている方も見えます。ここグアテマラも、日本のアニメが子どもたちをつなぐ役割を果たしています。私も、挨拶の中で礼にあげて話したところ、グアテマラの子どもたちはよく知っています。「ナルト」、「妖怪ウオッチ」、「ドラゴンボールZ」。意外としられていなかったのは、「ドラえもん」でした。「サムライ」、「ニンジャ」、「すもう」はどの子も知っていました。言葉で説明しにくいことも、絵を見せれば簡単に理解してくれました。
 オーストリアの遊びのあとはプールでした。水しぶきをあげながら、楽しみました。その後、軽食をいただきながら、会話を積極的にしました。
有意義な交流会になりました。コミュニケーション力が随分ついてきたように思いました。今度はこちらに来てもらいます。準備万端にしておきたいものです。

 


  








  
  















コメント