風景写真家 縄手英樹のブログ

車とバイクで日本各地を撮影しています

日本風景写真家協会のトップページスライドショー担当

2022年01月09日 | 写真
日本風景写真家協会のトップページスライドショーを1月9日から1月15日まで担当します。今回のテーマは「光射す風景」です。海岸沿いでは雲の隙間から射し込む光、滝そのものが木漏れ日を受け光芒になっているもの、朝霧漂う渓谷に光が射し込むものなど、これまで撮りためた光が射し込む風景で構成してみました。ちなみに、この写真は山から流れ込んだ滝雲が海上にまで達し、山の合間から朝日が射し込んだ風景です。どうぞ心ゆくまでご覧ください。
日本風景写真家協会 http://fuukei-shashinka.com/

風景写真家 縄手英樹 https://nawatephoto.com/

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年版キヤノンカレンダー

2021年12月01日 | 写真
この度、2022年版のキヤノンカレンダー「世界遺産を訪ねて」に私の作品が2点採用されました。
なお、このカレンダーは非売品タイプのものなので、キヤノン様へのお問い合わせはご遠慮頂けますようお願いいたします。
風景写真家 縄手英樹 https://nawatephoto.com/

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

晩秋

2021年11月01日 | 写真
朝日に照らされた裏磐梯の山の斜面から、前日の雨が蒸発し雲が沸き上がっていた。紅葉は見頃を過ぎていたが、早朝からスタンバイし、雲の隙間からスポット光のように斜面を照らしたり、雲が湧いては消えるのを繰り返しながら、辺り一帯の斜面がダイナミックに表情を変えていくさまを堪能した。
風景写真家 縄手英樹 https://nawatephoto.com/

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鳥海山の湧水

2021年10月01日 | 写真
鳥海山の湧水がおよそ20年かけてこの海岸に流れ込んでいる。その湧水が二ヶ所から湧き、二つの流れが一つになり、その先に夕日が沈んでいく。空は夕焼けに染まり、海岸の岩がアクセントとなり、いい塩梅の潮位により砂浜に空が映り込む。この写真を描いているそれぞれの要素に感謝をしながら、暗くなるまで撮影を続けた。
風景写真家 縄手英樹 https://nawatephoto.com/

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

光芒

2021年09月06日 | 写真
三陸海岸で陸地の方向を朝から撮影していたが、中々太陽が顔を出してくれず、陽が射すまで粘って待とうと思っていた。そんな時、振り返って海の方向を見てみると、見事な光芒が太平洋を照らしていた。時々、貨物船が横切りそれはそれで絵になり楽しませてくれたが、陸地方向は一向に陽は射さず撤退することになった。
風景写真家 縄手英樹 https://nawatephoto.com/

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カキツバタ

2021年08月01日 | 写真
先日、広島でカキツバタの群落を見つけたのだが、望遠で寄って撮ろうとすると、花が傷んでいたり蕾だったりバックの花と重ならないようなアングルを決めるのに、思いのほか苦労することになった。しかし、花曇りという言葉が似合うカキツバタの撮影に絶好の天気には恵まれた。
風景写真家 縄手英樹 https://nawatephoto.com/

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本風景写真家協会HPのトップページスライドショーを担当

2021年07月11日 | 写真
7月11日から1週間、日本風景写真家協会HPのトップページスライドショーを、私が担当いたします。今回は、滝をテーマにしてみました。ガラス質の地層の縞模様が綺麗な岩肌に囲まれたもの、虹がかかったものや、滝そのものが光芒になったり、苔に覆われた洞窟に流れ込むもの、氷瀑など、日本全国の魅力的な滝風景を選んでみました。心行くまでご覧ください。
日本風景写真家協会 http://fuukei-shashinka.com/


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

静と動

2021年06月01日 | 写真
一見平穏で静かな海の夕暮れ。しかし過去を遡れば、この一枚の写真に静と動が混在しているとも言える。海底から津波により運ばれてきた津波石により、一時の激しい動きを想像させるからだ。今は静かに佇む巨石と凪いだ海に夕暮れの雲が映り込む。自然の恐ろしさと美しさが混在している写真とも言える。 風景写真家 縄手英樹 https://nawatephoto.com/

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

月光

2021年05月02日 | 写真
暗いうちから山を一時間ぐらいかけて登り、夜明け前の山並みの向こうにそびえる富士山と満月を狙ってみた。空には薄っすらと雲がかかっているが、それはそれで朝焼けを期待させてくれる。写真家は、それぞれの現場でそれぞれの条件に合わせて、ベストなアングルとアイディアを浮かべながら撮影をすることになる。この日もそれらを具現化しながら朝を迎えたが、やがて雲は厚みを増していった。 風景写真家 縄手英樹 https://nawatephoto.com/

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

浮かび上がる樹木

2021年04月01日 | 写真
梅林でメインエリアの被写体から外れた所を歩いていたら、新緑の葉が半逆光のなか浮かんでいるように見えたので、梅の木を前景にして構図を決めてみた。これはこれで面白い写真が撮れて良かったが、メインエリアの条件はあまり良くなかった。なかなか全てはうまくいかない。
風景写真家 縄手英樹 https://nawatephoto.com/

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ホームページのリニューアル

2021年03月01日 | 写真
この度、風景写真家 縄手英樹のホームページをリニューアルいたしました。トップページのスライドショーには、新たに4枚の写真を加え、各ギャラリーにも多数の写真を新たにアップロードしています。また、ギャラリー2には新たに「空洞風景」のカテゴリーを追加しました。空洞風景とは、鍾乳洞や洞窟内部の風景、木や岩や山などに出来た窪みや穴にフォーカスした、一風変わった風景になっています。岩や鍾乳石、氷の造形美を堪能したり、洞窟内の川を歩いたり、探検しているような気分を味わいながらの撮影でした。日本国内で数年に亘って撮りためたものです。是非ご覧ください。
風景写真家 縄手英樹 https://nawatephoto.com/

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京雪景

2021年02月11日 | 写真
東京と言っても奥多摩ではあるが、雪が降ればこのような風景に出会える。レアな条件ではあると思うが。
全体に雪が積もるというより、雪が葉より枝に多く付着し際立っていて面白い。冷え込みが強ければ霧氷のような状態も考えられるが、それほど気温が低いわけでもないのでそのような状況にはない。常緑樹の緑の葉と雪とのコラボレーションを暫し堪能した。
風景写真家 縄手英樹 https://nawatephoto.com/

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

霧氷

2021年01月08日 | 写真
この冬は冷え込むとの予報通り、日本の各地で雪が降っているようだ。写真家としては、災害にならない程度に雪が降って欲しいとは思うが、自然相手にそれは無理な文なのだろう。この写真は、九州の大分で撮影したものだが、雪というより霧氷のような状態になっている。葉の縁が白く彩られ、枝も真っ白になっている。この場所には数日間滞在したが、冷え込みを期待して待った甲斐があったというものだ。
風景写真家 縄手英樹 https://nawatephoto.com/

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

八幡平の森

2020年12月11日 | 写真
この秋、八幡平の森を歩いていて出会ったもみじ。普通なら全体が徐々に緑から赤に色付いていくが、こんなにもはっきりとした色で緑と赤が混在するのは珍しいのではないだろうか。写真的には面白いが、何故このような現象になるのか、考えさせられる一枚になった。
風景写真家 縄手英樹 https://nawatephoto.com/

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本風景写真家協会 トップページスライドショー

2020年11月08日 | 写真
11月8日~11月14日まで日本風景写真家協会のトップページスライドショーを私が担当致します。
今回は「木」をテーマにしてみました。過酷な場所や条件で懸命に生きる木や、造形美、樹肌に注目して選んでいます。最後の10枚目の写真は、正確には「木」の分類には入りませんが、「竹木」という事で選んでみました。竹の成長は早いものの、鉄道好きの私には哀愁を感じさせるお気に入りの写真として載せています。是非ご覧になって下さい。
日本風景写真家協会 http://fuukei-shashinka.com/


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする