天照ス AMATERASITAL  ~ 言葉は万華鏡 千変万歌す ~

~言葉は万華鏡 鏡面反転で歌遊びする~
まわりうた・回文歌、ともゑうた・巴表裏歌、鏡歌・かがみうた、いろはうた

ご挨拶(常設) 更新 7/24  (2)

3031-01-31 13:29:30 | お知らせ
当ブログへお越しいただきありがとうございます。2012年より、まわりうた・回文歌、ともゑうた・表裏文歌を創って発表しています。31音の言葉の万華鏡の宇宙を楽しんでいただければと思います。いろは歌も楽しんでいます。日本語の驚異的世界を共に驚き素晴らしさを共有でき楽しんでいただけたら大変嬉しいです! 声優の活動もしています。専用ブログがこちら声三昧です。ぜひご覧いただけると嬉しく思います。 . . . 本文を読む
コメント

いろはうたについて

2030-07-11 02:31:11 | 48音~ヨハネ~いろはうた
あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも や ゆ よ らりるれろ わゐ ゑを     ん ひらがな47音+んの48音の創作いろはうたを創っています。 いろはうた…すべての仮名を重複させずに使って作られた誦文(ずもん)のこと。 「色は匂へど散りぬるを…」の47音のいろはうたが「~のいろは」等と既に代名詞として広く使われている事からも「いろはうた」とは . . . 本文を読む
コメント

かみよたえぬやなみのねを  神代たえぬや波の音を

2024-05-22 06:22:00 | 96音いろはうた~50音二倍~
      かみよたえぬやなみのねを  神代たえぬや波の音を めさめてつつくてんけむゐ  目覚めて続く天下無為 ひとやとほすそゆゐろしに  人や通すそ唯路次に    うもれりわれをよあけまへ  埋もれり我を夜明け前 ゆるすせんこふおはるうゑ  許す善業終はる餓ゑ    あきらしらせにふりむきぬ  明知らせに振り向 . . . 本文を読む
コメント

しることのかぎりにそびゆかみのかべしるのとたんにきちをゆさぶる

2024-05-03 05:09:28 | 和歌
    知ることの限りに聳ゆ神の壁 知るの途端に既知を揺さぶる                 おぼえがき 和歌。ここ数日動画で集中して量子力学のおさらいをしていました。なんど視聴しても分からなかった部分が大分理解でき新たな知識もたくさんあり素晴らしい体験となりました。最近素 . . . 本文を読む
コメント

とりのへし ことはなみとひ よひかけか ひよひとみなは とこしへのりと 四連作

2024-04-06 03:27:48 | まわりうた 回文歌
      とりのへし ことはなみとひ よひかけか ひよひとみなは とこしへのりと 鳥述べし 言葉波飛び 呼びかけが 日呼び富なば 常しへの理と(常しへ祝詞)   とりのよき たまはなみとひ よひかけか ひよひとみなは またきよのりと 鳥の佳き 魂は波と霊 呼びかけが 霊よ日と見なば 全き世の理と(全きよ祝詞)   むなてたよ こ . . . 本文を読む
コメント

ひさかたの とりはひしやうの  ときをゆく

2024-04-04 11:50:16 | 俳句ともゑうた
    おぼえがき 18音のともゑ句-頭尾を逆に読むと違う文になっています-です。 2016年の酉の年に出来た句を改変しました。 . . . 本文を読む
コメント

うらのゆふへにはくめいの 浦の夕べに薄明の~ 改変

2024-04-04 00:04:05 | 96音いろはうた~50音二倍~
    うらのゆふへにはくめいの 浦の夕べに薄明の     ひかりたなひきおろすおき 光棚引き降ろす沖     まそてやくもゐよりたちぬ 真袖や雲居より立ちぬ   めかみよもすそあらはしむ 女神よ裳裾現しむ     むけゑんせんとえいされる 無碍婉然と詠ざれる    あまつぬほこにわれてうみ 天つぬぼこに割れて海   ふゆちわさなるゐやをねへ 浮ゆ地業なる礼を音 . . . 本文を読む
コメント

ひろきかの きしよみにちの いまさんけ すなのいたくす かさもひもしよ

2024-03-29 03:44:53 | ともゑうた 巴表裏歌
  この歌は2016年3月12日に沿岸の町が更地になった映像に衝撃を受けた時 思わずその砂を掬い上げ抱きしめてしまう行為が伴う幻視が起こり多くの犠牲者の御霊を癒す鎮魂の歌にしたいと思って作りましたものです  表では「砂の意託す」:押し寄せた海に一瞬にして広大な砂地に変わった  全てが砂に帰したけれど 砂には意思があり心があり そこに生きた全ての人と土地の息吹と全ての先祖の意思 . . . 本文を読む
コメント

ちるさくら のるかせかるの らくさるち

2024-03-29 00:09:11 | 575の回文句
  おぼえがき 良寛和尚の「散る桜残る桜も散る桜」にインスパイアされ咲く 「らくさるち」は他に「楽ざる地」「楽去る地」の三通りの意味の三重奏になっています 音だけは「落差屡次」とあるので るじ・屡次‥たび重なること となり「たび重なる盛衰落差激しいこの世を楽しんで乗りこなして渡ってゆこう」という感じを観ています   この作品は、2017年2月23日に出来た句です。 . . . 本文を読む
コメント

ぬけとこか はりとけとりは かことけぬ

2024-03-26 05:01:46 | 575の回文句
  ぬけとこか はりとけとりは かことけぬ   抜けどこが 玻璃と化鳥は 籠解けぬ (玻璃:水晶のこと 鳥籠=閉じた世界と捕われた心 脱出口と成ったのは結晶化した鳥=心だったよ   貫けどこが 玻璃遂げ鳥は 籠解けぬ (貫いた一本が水晶の心へと見事成し遂げ心の自由自在へ解放した   貫けと古歌 玻璃遂げ鳥は 籠解けぬ (心の真を貫けと . . . 本文を読む
コメント

むらくもは ねをのしふくふ あみしろし みあふくふしの をねはもくらむ

2024-03-15 16:18:12 | 重奏連歌
むらくもは ねをのしふくふ あみしろし みあふくふしの をねはもくらむ   叢雲は 嶺を載し葺く布 網白し 見仰ぐ富士の 尾根はも眩む  網目も白く布引の雲に頂を載せ上半分の富士の尾根が輝いている下半分は編みがかったような雲の中だはも:は‐も [連語]《係助詞「は」+係助詞「も」》感動・詠嘆を表す。…はまあ。…だなあ。   斑雲羽根を伸 . . . 本文を読む
コメント

みなさないと いはきなさいと いはふけふ はいといさなき はいといさなみ

2024-03-07 18:37:12 | まわりうた 回文歌
  みなさないと いはきなさいと いはふけふ はいといさなき はいといさなみ 皆再度 結はきなさいと 祝う今日 拝と伊弉諾 拝と伊弉冉             おぼえがき これは 投稿日:2016年 3月21日(月)20時58分47秒 と記録が残っている昔の作です。 見直そうと思って下げたまま忘れていま . . . 本文を読む
コメント

結論から

2024-03-01 01:54:49 | Amazonアカウントとセラー活動で起こった事
今回の事では、アマゾン側の姿勢に、心底から落胆と悲しい傷が残りました。 連続して起こり続けた、さらなる大きな大問題が隠れていると感じずにはいられない、そのほんの一部が、尻尾が、連続した針の孔を通すように奇跡的に現れたのだと直感せずにはいられない、大問題の顕在化だと、これはAmazonにとっても重要な事だと、むしろAmazonの為にも良いことと思い、 あまりにも不可解な、あまりにも奇妙な問題の数 . . . 本文を読む
コメント

剝き出しの五億年前白亜紀とカンブリアの間丸木橋ある

2024-02-29 03:48:38 | 和歌
    剝き出しの 五億年前 白亜紀と カンブリアの間 丸木橋ある       この画像は、2023年5月に御岩神社へ参拝しカビレの峰まで登頂参拝したときの写真です。 手前が白亜紀の地層、向こう側がカンブリア紀の地層です。 ここの場所が日本で最古の地層が露出していることが確認されている場所です。 今年の1月15日に再訪が叶いま . . . 本文を読む
コメント

わらへうたにそ   童歌にぞ  しるすゆめ   記す夢

2024-02-29 00:34:19 | 48音~ヨハネ~いろはうた
      わらへうたにそ   童歌にぞ  しるすゆめ   記す夢  てんゐやかこの   天為や籠の   とりふせぬ   鳥伏せぬ   ゑもひろはれつ   慧も寛晴れつ   よあけまえ   夜明け前   むねをいさなく   胸をいざなぐ  おほきみち   大き道           . . . 本文を読む
コメント