Zechoesの旅

旅行のエピソードと写真

ビートポップス (大橋巨泉さん)

2016-12-31 17:32:15 | Weblog

◎子供の頃、テレビっ子だったチチはテレビ三昧の生活を
送っていたのですが、特に中学生の時夢中で見ていた
「ビートポップス」は50年経った今でも覚えているのですから
記憶力の悪いチチとしては余程インパクトのあった番組
だったのですね。
しかし社会人(一応)になってから、周りの人に「ビートポップス」の
話をしてもみんな知らないと言うのです。
(今まで知っていたのは一人だけ)
前々からブログにアップしようと思っているうち司会をされていた
大橋巨泉さんが今年亡くなられたので、本年中にこの番組を
紹介したほうが良いと思い、ぎりぎりの12月31日投稿となりました。

◎この「ビートポップス」は洋楽のザ・ベストテンのような
テレビ番組ですが外国のアーティストが来れる訳がないので
ランキング順に音楽を流すだけです。
このように書くとラジオでも良いと思われますが、
・巨泉さんのダジャレ
・星加ルミ子さん、木崎義二さんによる楽曲及び時代背景の解説、
・小山ルミさん達がフロアーで踊るのです。(ディスコ風)
・おおっと藤村俊二さんの(振り付け)など
ラジオでは表現できない、当時としては(今でも)画期的なTV番組
だったのです。

◎この時代はビートルズが全盛で上位3曲が常にビートルズの曲で・・・
記憶がはっきりしないのですが1~10位まで全てビートルズの曲
だったような時もあったような?
また巨泉さんのコメントが鋭く、スタッフに岡さんと言う人がいたらしく
「フール・オン・ザ・ヒル」の曲紹介の時「オカのバ〇」と直訳したり
今では放送事故になりかねない発言を平気で言っていました。
そして同じくビートルズの曲「タックスマン」を「現金徴収員」と
言ったりして。

◎このような物事をはっきり言う巨泉さんが大好きでした。
(完全無口なチチとは正反対ですが!!!)
そして今年は大大大ファンだったELP(エマーソン・レイク&パーマ)の
二人が亡くなってしまったのです。
天才シンセサイザー奏者のキース・エマーソンさんとベース&ボーカルの
グレッグ・レイクさんです。
ちょうど二十歳の学生の時は毎日ELPをヘッドフォンで聴いていました。
(還暦をとっくに過ぎた今でもガンガン聴いているけどね)
また、シンセサーザつながりで富田勲さんが今年亡くなられたのも
ショックでしたね。

◎今年もブログを見ていただき、ありがとうございました。
2017年も眼に負担をかけない程度にUPしますので
よろしくお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黄斑上膜手術 その5 | トップ | 2017年 あけましておめでと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL