57歳から始めるレンタルカートの世界

唄う物書きアマミヤユキト57歳で人生初のレンタルカートデビュー。

全日本カート選手権第3戦、直前レポート!

2017年07月13日 | 2017全日本選手権

7月15日(土曜)16日(日曜)
神戸スポーツサーキット

では、すごいイベントが控えてます。

「全日本カート選手権」第3戦です。

ぼくはもう、興奮気味。
なにせ、今年、5月1日に人生初カートデビューしたばかり。
何もかも初めて。
そんな時に巡って来た「全日本」というイベント。
とりあえず、本番、一週間前の7月8日、土曜。
「たぶん、全日本クラスの人は、練習に来ているだろう」
とおもって、ぼくはオンボロスクーターで、神戸スポーツサーキットへ向かいました。
着いてみると……

ワォォォ!!




えっ、うそでしょ!!
車がめっちゃ多い!!




沖縄から来てるよぉぉぉ~!!
予想以上の盛り上がりでした。





ピット内も、本番ムード。
ちょっとピリピリしてます。



全日本クラスともなると、チーム体制がすごいですね。
全国を転戦するので、ピット設営も慣れたもの。


この日は暑かったのです。
慣れたチームは暑さ対策も万全です。


こちらはチームサクシードさん。


いかにも強豪チームの雰囲気。トランスポーターや、機材が
「金かかってんなぁ~!」というのが第一印象。
お許しを得て、チームテント内を撮影させていただきました。



ドライバーは可愛い女の子です。
メカニック二人が車を整備中。

さて、こちらは、たしか、ヤマハのチーム



監督さんと、まだ若いレーサーでしょうか。
厳しい表情でミーティング中。
エントリー表を見ると、ヤマハレーシングはFP-125クラスに一台エントリーしていますね。(エンジンは水冷単気筒、2サイクルエンジン、X30、はっきり言ってスーパーカーです)

全日本のトップ争いをするチームというのは、厳しい競争にさらされます。
ましてや、メーカーやスポンサーの名前が表に出ている。

つまり、レースで表彰台に立てないと、はっきりいって
「そんな弱いチームはサポートしない」
と、来季のチーム体制自体が、ゆるぎかねません。
それはもう、F1などを見慣れた方ならお分かりのはず。
それが、モータースポーツの入門カテゴリーである「レーシングカート」の世界においても、実にシビアな戦いが行われているのです。

***

さて、僕が住んでいるのは神戸市西区伊川谷町。
神戸スポーツサーキットも、同じく神戸市西区伊川谷町にあります。
僕は神戸生まれの神戸育ち。
18年間仕事で名古屋に勤務。2008年に神戸に戻りました。
しかし、まさか、自分の同じ町内に、こんなすごいサーキット、
そして、
「全日本格式」のレースが行われる、なんて、全く知りませんでした。
「全日本」という言葉の重み。
カートをやるみなさんはわかりますよね。
どれだけすごいことか。
ところがです……。
同じ町内で、この
「全日本格式のレースが行われる」
ということを知っているのは、おそらく、ほんの数人。
ましてや、神戸市や、新聞、ラジオ、テレビなどでも、全く取り上げられません。
地元のスポーツ紙でも、一面トップは必ず阪神タイガースです。
あとはご丁寧に「競馬」「競輪」「競艇」「釣り」「パチンコ・スロット」そして人気アイドルの情報。
まあ、確かにマスコミは、ビジネスです。
新聞記事は商品です。ナマモノです。
売れなきゃ意味がない。
それにしても……。
今回の「全日本カート選手権」は、野球に例えれば
「甲子園」と「社会人野球」が同時に行われるようなものです。
まだまだ、「モータースポーツ」は文化として根付いていないのだなぁ~、と痛感します。

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

『モータースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レンタルカートを活用しよう | トップ | 沖縄チームと女子中学生レー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017全日本選手権」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。