57歳から始めるレンタルカートの世界

唄う物書きアマミヤユキト57歳で人生初のレンタルカートデビュー。

沖縄チームと女子中学生レーサーに訊いて来ました

2017年07月14日 | 2017全日本選手権
全日本カート選手権が、目の前に迫っています。
今週の土曜日曜、7月15、16日です。
なにせ神戸スポーツサーキットで「全日本」
が観戦できるのは
「年に一度だけ」
すごい!!
本当にすごいイベントです。
それが、僕の住む神戸市の西区でやっている。
神戸市西区というのはねぇ、実はですね、……。
フフフ……。
あのね。
「海の見えない神戸」なのですよ。
ようするに
「ど田舎」なのです。

神戸というと「ハイカラ」で「お洒落」な港街
というイメージがあるのですが、西区の北寄り、および北区については
ほぼ、海が見えません。
これマジですよ。
神戸スポーツサーキットがある「神戸市西区伊川谷町」
というところは(僕が住んでいるところですが)むやみやたらと面積が広い。
そして山ばっかり。
あとは田畑が多いです。
そういえば、神戸ワインも西区で作られていますね。

***
さて、ぼくは今まで30年以上に渡る、モータースポーツファンです。そのレース観戦については、それなりのノウハウというか”悪知恵”があります。
みなさん、サーキットには、どの曜日に行きますか?
もちろん、F1やスーパーGTなどの超有名なレースは土曜、日曜に開催されます。サーキットは当然のごとく、ごった返す。
「ここは渋谷のスクランブル交差点か?!」
という混み具合。
そんなことは僕は熟知しております。
そこで、
僕はレースウィークの水曜、木曜、金曜日あたりをねらっていくのです。
おもしろいですよぉぉ~。
昨日、7月13日、木曜日、僕は神戸スポーツサーキットに行って来ました。
狙いはズバリ的中!!
ピットは割と空いています。
オフィシャルの皆さんは、場内整備で忙しそう。



ピットの屋根も増やしていました。


まずはレーシングチームへの取材。
沖縄から来られているチームが気になりますよね。



ワゴン車の中では、チーム監督らしき人が、パソコン画面を真剣な表情で見つめています。
カートは二、三台、待機しているようです。




すでに選手は練習走行中。

僕はすかさず、突撃取材を敢行!
「あのう、すいません、お話を聞かせてください」

フリーライターであること、ブログを書いていること、電子書籍で、カートの本を企画中であること、などを説明。
すると、監督さん、にこやかに対応してくれました。

「どうぞ、見て行ってください」

チーム名は
スクーデリア沖縄

一体、沖縄から、何時間かけて神戸に着いたんだろう?
「ああ、それね」と監督はニコニコ。
「先にトランスポーターを船便で送ったんです、僕たちは飛行機で来ました」
なるほど。全国を転戦する選手と監督。
移動だけで疲れてしまっては、本番のレースで、その実力が発揮できないこともあるでしょうね。
スポーツはやはり「体調管理」が基本です。

ワゴン車を改めて見てみます。
いろんなスポンサーさんがついている。



「監督さんにとって、スポンサーさんを集めるのって、ほんと、大変でしょうね」
と呟くようにいうと、
「ほんと、そうです。沖縄からまだ、全日本チャンピオンが出ていないんですが、今、ようやくチャンピオンを狙える若手が育って来たんですよ」
チームのエース格は
平良響選手、16歳。
全日本FS-125クラス、西地域で参戦しています。
ポイントは現在49ポイント獲得。
西地域3位につけています。
すごい!!
あらためて、いきなりすごいチームに取材しちゃった感じです。
「彼ね、他のカテゴリーでは、海外にも遠征したんですよ。ロータックスの全日本代表に選ばれたんです」
わわわっ!!
こりゃ、ほんとにすごいぞ!!
ロータックスについてはこちらからどうぞ

さらには、この数年、テレビの「スーパーGT番組」などで、ようやく「カートレース」が取り上げられるようになり、徐々に認知されて来ているとのこと。
僕もテレビ東京系列の「スーパーGT」は毎週見てます。
ところで、全日本の規則書を読んでいると、わからない点がいくつかありました。





それが「エンジンの封印」
具体的に、一体どんなことをするのでしょうか?

監督さん、気さくにも、その「封印された」エンジンを見せてくれました。


エンジンは、
IAME PALILLA X30 
水冷2ストローク単気筒。確かイタリア製のはず。

車体から外され、木箱の中へ。



金属の細いワイヤーで縛られているのがオフィシャルによってなされる封印です。
つまりは『違法な改造は許しませんよ』ということです。
なお、エンジンのヘッドには「JPN」の刻印が。
う~ん、泣かせますね。
このエンジンで世界を転戦しましょうかね。

さて、シャシーについても質問。
「いろんなシャシー、フレームの『銘柄』がありますが、何が、どこが、どう違うんですか?」
と全くの素人質問。
それについても監督さん、それに平良選手まで一緒に、丁寧に解説してくれました。
「メーカーによって、フレームの性能、特性は、まるで違うんです」
だから、選手自身の好み、フィーリング、サーキットレイアウト、タイヤや、エンジンとの相性、等々を考えて、最適なフレームを選ぶそうです。
もう一つ質問。
「カートはワンメイクレースですよね。では、どこを、どのようにセッティングを変えるのですか?」
カートはF1やスーパーGTのように、「空力パーツ」や「サスペンション」すらありません。
監督が説明してくれました。
「カートのセッティングは、スタビライザーと車高調整をやるんですよ」
車高調整をやるだけでも、だいぶフィーリングは違うそうです。
いろんなことが聞けました。
お礼を言って次の取材へ。



***

さて、もうひとチームに取材。
こちらのワゴン車は福岡ナンバー。
40代ぐらいの男性にお話を聞きます。
「いつ福岡を発たれたんですか?」
「うん、今日ですよ」
「えっつ、マジですか? 何時間かかったんです?」
「う~ん、休憩含めて7時間ぐらいかな」
はぁぁ~、本当にご苦労様です。
それでもう、朝からカートの整備などをやっている、本当に頭が下がります。
このチームは、親子チーム。
そしてドライバーは、なんと
中学三年生の
女子中学生レーサー
坂上真海(まみ)さん。15歳。チームはAKILAND RACINGに所属。



FP-Jrクラスに参戦しています。
前回、中山サーキット戦で15ポイント獲得しています。ただいまジュニアカート選手権 西地域ランキングで8位! 
これはすごいぞ!! 
ベストテンに入ってる。
これまた、すごい選手に声をかけちゃったなぁ~、という感じ。
だから言ったでしょ。
「サーキットは”平日”が美味しいのです」

真海さんに直接お話を聞きます。
「カートを始めたきっかけは?」
「10歳の時にレンタルカートに乗って、それからです」
そのとき、男の子たちに抜かれて、とても悔しかったらしいのです。
お父さん曰く、真海さんは
「超がつくほどの負けず嫌い」とのこと。
「学校では、カートレースについて、何か言われたりしますか?」
「クラスでは、先生が、私がカートレースをやっていることを、みんなに話してくれたんです。だから、そんなに偏見はないですね。ただ、カートを始めた頃は『アイツ、遊園地のゴーカートに乗ってるらしいぞ』なんて、思われてました」
所属するチーム「AKILAND RACING」はあの、スーパーGTで活躍する”道上龍さん”率いるチームなのです。

今や、カート界のスーパーヒーロー、阪口晴南くんも所属しているチーム。
こりゃ、マジですごいぞ!!
もうワクワクです。
真海さん、今回のレース
「神戸スポーツサーキットはまだ2回目です。早くコースに慣れて、いいタイムを出したいです」
練習走行のデータをノートに書き写す姿が、なんともいいですね。





取材の終わりに真海さん
「もっと女性レーサーが増えて欲しいし、女子だって”ここまで出来るんだぞ”ってところを見せたいです」とキリッとした表情で、話されてました。
しっかりした中学三年生だなぁ~。
僕がこの年頃の時は、鼻水垂らしてたもんなぁ~、なんておもいつつ、記念写真をパチリ。


う~ん、全日本選手の風格。
いいね!!
レース頑張ってね!!

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

『モータースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全日本カート選手権第3戦、直... | トップ | 全日本カート選手権土曜日午... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。