鉄道模型のワイズ模型店ブログ

鉄道模型専門インターネットショップワイズ模型店の最新情報をお知らせするブログです!

GREENMAX 2017年10月以降 新製品 のご案内!

2017年07月14日 17時00分00秒 | Weblog
 今回は、GREENMAX 2017年10月以降 新製品 キハ110 300番代 秋田リレー号・キハ110 200番代 飯山線 リバイバルカラー/山線の四季ラッピングのご案内でございます!

 明日から3連休となります。お出かけの際は熱中症にご注意くださいませ。

 ご予約商品の商品情報を更新いたしました!

 今回は、GREENMAX 2017年10月以降 新製品 のご案内でございます!

50585 キハ110形300番代 秋田リレー号 4両Aセット
50586 キハ110形300番代 秋田リレー号 4両Bセット
50587 キハ110形200番代 飯山線・リバイバルカラー 2両セット
50588 キハ110形200番代 飯山線の四季ラッピング M
50589 キハ110形200番代 飯山線の四季ラッピング T

 キハ110系列にカラーバリエーションが登場いたします!

50585 キハ110形300番代 秋田リレー号 4両Aセット
50586 キハ110形300番代 秋田リレー号 4両Bセット
50587 キハ110形200番代 飯山線・リバイバルカラー 2両セット
50588 キハ110形200番代 飯山線の四季ラッピング M
50589 キハ110形200番代 飯山線の四季ラッピング T

 キハ110系は、JR東日本で1991年に登場した気動車です。
 キハ100系気動車の一員で、使用線区の状況に応じて車体長や運転台のバリエーションが有ります。
それまでの気動車とは大いに違う軽快なスタイルやカラーリングが特徴で、新しい大出力エンジンや動力機構の採用でスピードアップに貢献しました。使用線区にあわせた仕様が登場し、各番号区分で分けられています。
 キハ110は、両運転台車で、キハ111・112は、片運転台車で、キハ111はトイレ付きとなっています。

 0番台は、優等列車用に回転リクライニングシートを備えた車両です。
 100番台は、プラグ式客扉を備え、1人+2人掛けの3列のセミクロスシートで通路幅を広く取り、ワンマン運転に対応した車両です。
 200番台は、客用ドアが引き戸に戻され、ステップ高さが下げられています。また、踏切事故対策の運転台強化のため、車体長が延長されています。
 300番代は、1995年度に特急用として20両が製造され、秋田新幹線開業に伴う田沢湖線改軌のため運行できなくなってしまう特急「たざわ」の代替として1996年3月30日から1997年3月21日まで運転されていた特急「秋田リレー」号に使用された車両です。「秋田リレー」号としての使命を終えると新津と長野へ転属になり、転属後に塗装と内装を200番代に準じた仕様に変更し、200番代に編入しました。

 秋田リレー号セットは、特徴的な塗装とヘッドマークを精密印刷にて再現したJRキハ110形300番代を製品化いたします。
 Aセットは、オールキハ110形(両運転台車)による4両編成をプロトタイプに模型化しました。
 Bセットはキハ111+112形にキハ110形を2両連結した4両編成をプロトタイプに製品化しました。
 いずれも前面種別は「特急秋田リレー号」が印刷済みです。
 側面行先方向幕は彫刻のみで、印刷省略されます。
 車体にはJRマーク・ロゴマークが印刷済みです。

 2017年3月より運行されている飯山線リバイバルカラー仕様と、沿線の四季をデザインしたラッピング車両をラインナップとしています。

飯山線・リバイバルカラーセットは、1991年から1997年まで運転していた飯山線の車両デザインを復刻した車両を製品化しました。
 飯山線の四季ラッピングは、千曲川(信濃川)沿いに走る飯山線沿線の四季をデザインしたラッピング車両を製品化しました。
・いずれも前面種別は「普通」が印刷済ですみ
 側面行先方向幕は彫刻のみで、印刷省略されます。
 車体にはJRマーク・ロゴマークが印刷済みです。

 キハ110系唯一の特急運用車とラッピング車をこの機会にいかがでしょうか?

   スタッフ一同皆様のご来店をお待ちいたしております!!!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KATO 2017年10月以降 新... | トップ | TOMIX 2017年11月以降 ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。