里婆日記

古希にもめげず、里山の暮らしを綴るブログです。

DIY・畑・造園・ますます爺化する婆~の暮らし

爽快!な空に向かって、高原のドライブ

2017年09月22日 | 里婆の日頃

    「八ヶ岳高原ライン」~141号ー清里駅周辺ー清里道の駅

    2時間の50キロ、プチドライブ

    以前は午後の4時頃に出発して、このコースを一周していたが、

    近頃は日中の畑・庭・ペンキ塗り 等、ヘトヘトなので行っていなかったが、

    車と私の脳?の為にこのコースは最適(アップ、ダウン、S字コース)

    アクセルとハンドル、ブレーキの感覚を戻せる(かなりスピード違反)

    久しぶりの高原の景色

    

    牛達もお腹イッパイ、気持イイよね~

    

    野辺山~「清里新大橋」から戻ると南アルプス連邦が一望できるが

    日の落ちる時が幻想的に変化する(又、後日に出かける事に)

 

    3週間後に「日光~一関」一昼夜の長距離に向けてウォーミングアップ

    さぼり気味の4キロ散歩も再開しなければ・・・

    実行できるでしょうか・・・    

コメント (1)

「消石灰」を朽ちかけた枕木に塗ってみる”

2017年09月21日 | 畑と庭

    東側のベランダの傾斜地面に枕木を使って居る

    緑色かび菌が付き、蟻の巣に成り、朽ちてきた

    

    

    ベランダ下にアイビーを這うままに植えていたが、

    何時も枕木が湿っている状態が、枕木の朽ちる要因か?

    アイビーを取り除き、「消石灰」に水を加えドロドロした物を塗ってみた

    

    カビ菌を死滅させれば、枕木が乾きやすくなるかも知れない? かな・・・

    天気が続きそうなので、ブラッシをかけて、乾燥状態をみる事にして・・・

    上手く行けば、下の段も「消石灰」を塗ろうか、下が先だった~ ですか?

 

    畑や花壇に「苦土石灰」や「消石灰」を撒く(酸性土の中和)と 使っていたが、

    昔の家の床下に撒いて、湿気対策に使っていた様だ~(知りませんでした)

    害の無い、「除菌剤」として今も酪農家や食品工場の出入り口に使われている様です

 

    庭木や枕木の「消石灰」効果は、どうなるでしょう・・・

コメント

猫専用ベランダの柵

2017年09月20日 | DIY婆

    畳2枚分が猫(中型犬)専用ベランダに金属柵をはめて作って在る

    

    柵の上部分も格子柵がはめてある

    今回(建てた時から8年)初めて、取り外してペンキ塗りをした

    上との連結金具が錆びて、ドライバーでは外せない”

    金属を切るのこぎりで、8か所切った”(7mm×8は大変だった~)

 

    建物の後ろ側に5間のベランダにも格子柵がはめてあるので・・・

    雑木林の中に「平屋住居」なので屋根付きベランダを湿気対策に考慮して

    自然界の動物が上がらない様に金属格子をはめたのだが、

    数年にペンキ塗りをしなければ成ら無い事まで考え及ばずでした!

 

    「DIY」は畑で野菜を育てるのとは違って結果が直ぐに出るので、

    「やる気」さえ”あれば、楽しい~

    道具も便利な物が有るので ”使いこなす” に、尽きるが・・・

    私の、持っているが使いこなせ無い工具は、生木を切る「チェンソー」

    今回、桜を切るには、ご近所の”おじさん”の手を借りた

    これだけは一人では ”やらない” と、自身に命じている

 

    「田舎暮らし」は体力勝負?・・・楽しい~ と 思う事、かな 

 

     

 

    

    

コメント

たった”樹齢30?年の桜の木を切った!

2017年09月17日 | 畑と庭

    18号台風の予兆の小雨降る土曜日、

    「白絹病」の要因と思われるソメイヨシノの木

   

   5メター位先の枝までカビ菌が這い上がっていた

   

   この桜の落葉が散り積もり「白絹菌」に侵略された と 思われる

   周りの雑木林(山桜)からの落葉で感染したのだろうか?

   3年前から落ち葉は取り除いていたが、完璧には無理な環境

   感染した傍のつるバラの葉は小さく、落葉を取り除くことは・・・

   

   今回の犠牲になってもらった、桜とつるバラ(8メータのアーチ)

   桜は30年前にこの地に家を建てた時に故夫の親友からの記念樹

   つるバラは私がバラを初めて植えた、那須の旅から持ち帰った物

   他の花木も、それぞれの思い出が在るものばかり・・・

   

   何とも”虚しい気持ち”を、激しく降る雨音が流してくれるだろうか、

   

   

 

コメント

庭の樹木の異変に気がついた事!

2017年09月16日 | 畑と庭

    3年前頃から春に咲く花木(バラ・ツツジ・草花等)

    開花の花ばかり目についていたが、花後の葉の異変に・・・?

    薔薇の黒班病?ツツジの葉ダニ?

    開花後、直ぐに変色しはじめ、新たな葉が出てこない

    梅雨時期に、雨上がりの後、樹木の泥はねがなかなか落ちない

    草花の株元の泥はねも何時までも付いている

    普通は樹木や草花の幹や葉が水分を吸い上げると泥は落ちる

    

    新たに作った花壇にはこんな現象は見られ無かった

    薬剤をかけたり、変色した葉は全て取り除いたりした

    次の年も6月~10月頃までは ”死なずんば成長は止まり” 状態

 

    今年は土壌に「白絹菌」の繁殖が源因と思われる と 考え

    「消石灰」を草花や樹木の幹にふり撒いて、様子を観察した

    「白絹菌」と思われる物は「消石灰」に付着して固まる

    普通の土壌では雨に打たれて土中に吸い込んでしまう

    まだ、素人ながら観察しているが、

    綺麗な新芽がでてきている・・・

    変色した幹や葉を取り除き、10㎝位の土を入れ替えたバラ

    花が一輪咲いた

    

    元の方は・・・

    

    寂しい~

    三年前の姿に戻るでしょうか・・・

    

    葉の病気は根の菌に侵されているのでは無いだろうか?

    まだまだ観察と「消石灰」の試みは続けてみる・・・

 

コメント (2)