プルサーマル計画を憂慮する有志の会

愛媛県伊方発電所3号機におけるプルサーマル発電の問題を考える有志の会です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チェルノブイリ原発事故死 100万人

2011年04月13日 | 日記
チェルノブイリ事故の影響について、著書「チェルノブイリ〜大惨事の環境と人々へのその後の影響」に寄稿されたジャネット・シェルマン博士氏(共著はヤブロコフ博士ほか2名)へのインタビューを、室生端人さんが、翻訳元を整形されブログで公開されていますので、抜粋・引用させて頂きます。

「この本は公開された医学的データに基づき、事件の起きた1986年から2004年までに、98万5千人が亡くなったとしています。死者数はさらに増え続けています」、「チェルノブイリ原発事故の死者は100万人ということで」、「癌や心臓病、脳障害、甲状腺ガンなど死因はさまざまでした。何より多くの子どもが死にました。母親の胎内で、または生後、先天性障害でです」、「ヤブロコフ博士たちは5千以上の文献にあたりました。それは英文の文献に限りませんでした。また実際に現場にいた人たちの声をもとにしています。現場にいた医療従事者、科学者、疫学者など地域の人々の病状を見ていた人たちです」

「WHO世界保健機構でさえ、チェルノブイリの真実を語っていない」、「WHOは IAEAと協定を結んでおり、発表することができない」、「1959年に両機関のあいだで結ばれた協定は、一方がもう一方の承諾を得ることなしに調査書を発表することを禁じてい」ますが、「事態は私が思っていた以上に深刻でした。人々が癌や心臓病で命を落とすだけでなく体中のすべての臓器が毒されたということが衝撃でした。免疫機能、肺、皮膚などすべての器官が放射能の影響を受けたのです。しかも人間だけではありません。調査した全ての生き物、ヒト、魚、木々、鳥、バクテリア、ウイルス、狼、牛、生態系のすべてが変わってしまいました。例外なくです」、「バンダシェフスキーという科学者は 研究で子どもたちの体内のセシウム137が、実験動物と同じ値になっていて、それが心臓にダメージを与えていることに気づきました。この研究結果を発表したことで、彼は投獄されてしまいました」

「放射能がもっとも集中したのは前述の三国ですが、最大量の50%以上は北半球全体に行きわたった、「放射性物質が浄化されるには千年はかかる。セシウム137 ストロンチウム90だけでも、半減期は30年。少なくとも3世紀は残ります」、「最大の被害は最初の数ヶ月、いや数週間で起きた」そして「今でも原子炉から水へと漏れ出しています。原子炉の周りの構造も今もって平穏ではありません。もし地震でもあれば建物が崩壊する可能性もあります。原子炉は安全に覆われ 漏れもないとは到底言えません」

「チェルノブイリの真実を語るこの本は、権威ある NY科学学会による発行です」、「原子力の御用学者たちは 隠し通せると思っていた」、「事故直後の3年間、ソ連政府は情報の隠ぺいを続けました。一般に真実を知らせまいと データ収集もしませんでした。ヤブロコフ博士はそれを知り、情報収集を始めました。世に出た文献の数は15万以上でしたが、この本の執筆には5千点が使われました。これら5千点の資料は英語に訳されたことの無い、ウクライナ語、ロシア語、ベラルーシ語の文献でした。こうした情報が西側世界の目に触れるのは初めてです」
「メカニズムはどれも同じです。放射能同位体への露出により、人や鳥、動植物が受ける影響は、細胞が破壊されダメージを受けるということ。DNAへの損傷をもたらし、遺伝メカニズムがダメージを受けるという点で同じです。細胞を破壊するのであれば、癌にはなりませんが、細胞にダメージが与えられると癌になります。もしくは先天性障害の原因となります。人や鳥だけでなく植物にさえ先天性障害が出ます」

「ベラルーシの子どもたちの8割が、チェルノブイリ以前のデータと比べると、健康でない状態だということです。医学的に健康でないだけでなく、知的にも標準以下となってしまっているのです」、「放射性同位体が体内に入ると、母体を通じて生まれる前の子どもに届き、心臓や肺、甲状腺、脳、すべての細胞免疫系統にダメージを与えたのです。こうした子どもたちは未熟児で生まれつき健康状態が悪い、死産の率も非常に高く、それは被曝がもたらした結果です」

「本は医学的データに基づき 死者数は98万5千人と結論づけました。でもあくまで1986年から2004年のみのデータです」、「もし放出されたのが少量だったなら、低レベルの放射性物質は極めて危険ということですし、もしそれが大量に放出されたのだったら、その甚大な被害の規模をみなければなりません。しかし私たちはいまだに真相を知らないのです。なぜなら 原子炉に残されている」

「チェルノブイリ事故の最大の教訓は、汚染されたすべての生き物が影響をこうむるということ。例外はないのです」、「放射性同位体のおかげで チェルノブイリ周辺の生命体は、すべて失われた可能性もあることが分かったのでした。いまだに居座る放射能が すべての種を抹殺しかねない」、「一度遺伝子が損傷を受けると 何世代にも引き継がれます。ヒトや鳥 植物に遺伝子の損傷が起きていますが、それぞれの種にとって良くなることはありえません」、「脳や心臓 肺への影響 腕のない子どもたち・・・ヨウ素は甲状腺に ストロンチウムは骨や歯に行きます。特にまだ胎内にいる人々の・・・セシウム137は心臓、筋肉です」

「チェルノブイリ事故による死者はわずか数千人」、これは史上最大の嘘の一つだとわかります」、「かれらは追及もされず ぬくぬくやっています」、「国際原子力機関と世界保健機構のみならず、ここ米国の原子力規制委員会もまた、放射性物質の影響を過小評価しようとしています」、「米国民に対しては何十年間も放射能のもたらす害について、秘密と嘘が貫かれました。隠蔽、データの書き換えがおこなわれ、多少の放射能なんか大丈夫と吹聴された。しかし、原発では メンテナンス不足のせいで炉心が格納容器の中で溶けたことがわかっています。米国でなくとも世界のどこかで、ふたたび原発事故が起きるかどうかは時間の問題です」

「収録を行ったのは2011年3月5日でした。日本の福島原発大惨事がはじまる6日前です」・・・

*私のコメントは必要ないかと思います。どう受け止められるかは、読者の方々に委ねさせて頂きます・・・(尚全文は、室生端人さんのブログでどうぞ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NO GOVERNMENT NO CONTROL | トップ | 政府は東電幹部の刑事告発を »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (室生端人)
2011-04-20 21:47:43
 すみません。室生端人です。ブログにも書いていますが、この訳は、引用元にもともと翻訳されており、私は「整形」しただけです。大した事もせず、人の仕事を横取りしているようで心苦しいので、訂正をお願いします。
済みませんでした。 (ブログの管理人です。)
2011-04-25 05:47:31
室生さん、訂正遅くなり申し訳ありませんでした。

私の勘違いで、ご心配、誤迷惑お掛けしました。今後また、室生さんのブログを引用させて頂く折には、正確を期するよう気をつけます。どうぞご容赦下さい。
レベル8の日本体制の正体 (李得実)
2011-05-25 10:55:21
“民主党政権がなにも特別に悪いのではない?…、これが“多重のレベル8の日本の体制全域の正体であり、世界最悪の猛毒の“核汚染の垂れ流し策(“無差別大量傷殺群&“未必の故意罪など)が“談合オール体政党下(日本体制の母体)で平然と出来る「“多重のレベル8の日本体制巨悪賊」=地方と中央政府とその三権(立法&行政&司法)制度賊と“手先賊側の、そのままの姿であり、ただ、原発事件により、偽装し続けていたものが、ぼろ隠しがはがれて“むき出しに正体をさらけ出しただけで、自民政権であろうが、民主政権であろうが、連立政権であろうが、どこの党の政権であろうが、“日本体制巨悪賊の本質も正体も、世界の凶器の「“多重のレベル8の日本体制巨悪」に、ほとんど変わりようがない?…(※全文例外を含む)李得実
09032755519 ririmurata@docomo.ne.jp rimurata3@yahoo.co.jp

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。